【底辺職とは?】底辺の仕事ランキング一覧 | 特徴,デメリット,回避方法も

teihensyoku

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 世間一般的での底辺職ランキング一覧
  • 底辺職と呼ばれている仕事の特徴
  • 底辺職で仕事をするデメリットは年収が低いこと
  • 底辺職を回避するための方法4つ
  • 未経験でも採用されやすい職種/業種一覧
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

 

就活生のみなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では、一般的に言われている底辺職業ランキングについて解説していきます。
就活生の皆さんは、自分の進路を決める時に、底辺職について考えたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

僕は「底辺職」と呼ばれている職業には付きたくないです。
世間一般的に底辺職と呼ばれている職業は何なのだろうか?

就活生ちゃん

就活に失敗してこのままだと世間一般的に言われている「底辺職」にしか就けなくなります。
底辺職を避けたいのですが、何か良い方法はないのかな…
世間一般的に言われてる「底辺職」を避ける就活生は多いです。
「就活に失敗してこのままだと、底辺職にしか就職できないの?」と不安になる方もたくさんいます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では、世間一般的に呼ばれている底辺職業ランキングについて解説していきます。

合わせて、底辺職の特徴やデメリット底辺職を回避する方法について紹介していきます。

この記事を読めば「底辺職ってどんな職業なんだろう?」「就活に失敗してこのままでは底辺職にしか就職できなくなる」という不安や疑問を解消できます。

世間一般的に言われている底辺職業ランキングや、底辺職に就職することを避ける方法を知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

【まず初めに】何を底辺職と思うのかは人それぞれ

この記事を読む前に知ってもらいたいことがあります。

「就活の教科書」編集部 潤

それは、何を底辺職だと思うのかは人それぞれだということです。

実際に、底辺職と呼ばれる仕事で土木・建築作業員がよく挙げられていますが、土木・建築作業員の方がいないと、皆さんが住んでいる建物は作れません。

また、トラック運転手なども底辺職として挙げられていますが、トラック運転手の方がいないと、皆さんのもとにモノが届いていません。

 

この方のように、本気で介護職をされている方もたくさんいます。

そのため、何を底辺職と思うのかは人それぞれです。

しかし、底辺の仕事を馬鹿にすると「物事を肩書でしか見れない」と自分でアピールしているようなものなので、やめておきましょう。

一般的に底辺職と呼ばれている仕事は、社会を下から支えている仕事です。
そのような方がいるからこそ、今の自分があるのだということには気づきましょう。

「就活の教科書」編集部 潤

 

世間一般での底辺職業ランキング一覧

就活生くん

世間的に底辺職業だと言われている仕事は何なのでしょうか?
就活でできるだけ避けたいです。
ほとんどの就活生が、底辺職と一般的に呼ばれている仕事を避けていますね。
では、世間一般的に呼ばれている底辺職業についてランキング形式で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

世間一般での底辺職業ランキング一覧
  • 底辺職①:土木・建設作業員
  • 底辺職②:警備スタッフ
  • 底辺職③:工場作業員
  • 底辺職④:倉庫作業員
  • 底辺職⑤:コンビニ店員
  • 底辺職⑥:清掃スタッフ
  • 底辺職⑦:トラック運転手
  • 底辺職⑧:ゴミ収集スタッフ
  • 底辺職⑨:飲食店スタッフ
  • 底辺職⑩:介護士
  • 底辺職⑪:保育士
  • 底辺職⑫:コールセンタースタッフ
  • 底辺職(例外):株・FXトレーダー
それでは、世間一般での底辺職業ランキング一覧について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職①:土木・建設作業員(平均年収369万円)

世間一般での底辺職業ランキング1つ目は「土木・建築作業員」です。

土木・建設作業員が底辺職扱いされる理由は、中学や高校で悪さをしていた人が多く、親方たちの荒い言動があるからです。

土木・建設作業員の仕事内容
  • 道路や河川、ダムなどでの工事
  • 工事に必要な道具や資材の運搬
  • アスファルトを剥がして再度整備

など

 

土木・建設作業員の仕事は、きつい・汚い・危険の3Kが揃っています。

しかし、土木・建設作業員の方がいないと、道路が整備されなかったり、高速道路がなかったり、家も建てることができません。

土木・建設作業員を底辺職だと思うのは人それぞれですが、馬鹿にするのはやめましょう。

土木・建設作業員の平均年収は約369万円となっています。

建設業界や土木業界の就職偏差値ランキングを知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職②:警備スタッフ(平均年収313万円)

世間一般での底辺職業ランキング2つ目は「警備スタッフ」です。

警備スタッフが底辺職扱いされる理由は、スキルなしで何歳でもなれて高齢者が多い職業と思われているからです。

警備スタッフの仕事内容
  • 監視、誘導、出入管理、防災管理
  • 決められた場所で立って行う警備
  • 施設の出入り口での警備
  • 建物内の巡回警備
  • 人や交通の警備

など

 

上記が警備スタッフの仕事内容となっています。

警備スタッフを底辺職だと思う方もいますが、警備スタッフがいるからこそ、皆さんは安全に通勤・通学できています。

警備スタッフを底辺職として扱うのかは自由ですが、警備スタッフに守られているのだということを覚えておいてください。

警備スタッフの平均年収は313万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職③:工場作業員(平均年収350万円)

世間一般での底辺職業ランキング3つ目は「工場作業員」です。

工場作業員が底辺職扱いされる理由は、単純作業が多く、学歴・年収が低く、きつい・汚い・危険な仕事だと思われているからです。

工場作業員の仕事内容
  • ベルトコンベアで流れてくる商品に対する単純作業
  • 食材のカット
  • 盛り付け
  • 溶接
  • 塗装
  • ピッキング

など

 

工場作業員の仕事内容は上記のようになっています。

工場作業員でも土木・建設作業員よりかは楽な仕事が多く、結婚する人も多いので、底辺職ではありません。

工場作業員を底辺職扱いする方は、工場作業員がいるからこそ皆さんが物を普通に使えているのだと思ってみてください。

工場業員の平均年収は約300万円~400万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職④:倉庫作業員(平均年収341万円)

世間一般での底辺職業ランキング4つ目は「倉庫作業員」です。

倉庫作業員が底辺職扱いされる理由は、誰でもできて、中高年や高齢者が多いイメージがあるからです。

倉庫作業員の仕事内容
  • ピッキング
  • 検品
  • 仕分け
  • 不良品チェック
  • 出荷しやすいように荷物を分別
  • 梱包

など

 

倉庫作業員の仕事内容は上記のようになっています。

倉庫作業員を底辺職扱いする人は多いですが、倉庫作業員がいるからこそ、皆さんの元に綺麗に商品が届いています。

倉庫作業員は働きやすく精神的に楽な仕事です。

倉庫作業員の平均年収は341万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑤:コンビニ店員(平均年収374万円)

世間一般での底辺職業ランキング5つ目は「コンビニ店員」です。

コンビニ店員が底辺職扱いされる理由は、誰でもできて、給料が安い仕事だと思われているからです。

コンビニ店員の仕事内容
  • 接客
  • レジ打ち
  • 品出し
  • 陳列
  • 商品の発注
  • 簡単な調理

など

 

上記がコンビニ店員の仕事内容となっています。

コンビニ店員を底辺職だと思う方はたくさんいますが、そのコンビニを皆さんは利用しています。

コンビニ店員を底辺職とするの人それぞれですが、コンビニ店員がいるからこそコンビニが便利な場所になっていることを覚えておきましょう。

コンビニ店員の平均年収は374万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑥:清掃スタッフ(平均年収328万円)

世間一般での底辺職業ランキング6つ目は「清掃スタッフ」です。

清掃スタッフが底辺職扱いされる理由は、誰でもでき、汚い仕事で給料も少ないからです。

清掃スタッフの仕事内容
  • 駅やビル、学校などの清掃全般
  • ホテルなどの窓拭き
  • 床掃除
  • ベッドメイキング
  • トイレ掃除

など

 

清掃スタッフの仕事内容は上記のようになっています。

清掃スタッフは誰でもできるため、底辺職と見なす人が多いです。

しかし、清掃スタッフの方がいないと町や建物は汚いままなので、社会にとって必要な仕事だと言えます。

清掃スタッフの平均年収は328万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑦:トラック運転手(平均年収419万円)

世間一般での底辺職業ランキング7つ目は「トラック運転手」です。

トラック運転手が底辺職扱いされる理由は、賃金が安く、免許さえあれば誰でもできる仕事だからです。

トラック運転手の仕事内容
  • 大型/中型/小型のトラックを運転して配送や宅配、引越しの業務を行う
  • 集荷、荷積み、荷下ろし、配送、配達、梱包や伝票作成
  • ルート配送時に顧客や近隣へのセールス

など

 

トラック運転手の仕事内容は上記のようになっています。

トラック運転手を底辺職だと思う方もいますが、トラック運転手がいないとネットショッピングも実現不可能です。

そのため、トラック運転手がいるからこそ、今の生活ができているのだと思いましょう。

トラック運転手の平均年収は419万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑧:ゴミ収集スタッフ(平均年収329万円)

世間一般での底辺職業ランキング8つ目は「ゴミ収集スタッフ」です。

ゴミ収集スタッフを底辺職扱いされる理由は、ゴミを扱う仕事で誰もやりたくないと思う方が多いからです。

ゴミ収集スタッフの仕事内容
  • ゴミ集積所を回ってゴミを収集車に詰め込む
  • 積んだゴミを清掃工場などの処分場に搬入
  • 分別されているかどうかの確認
  • ゴミ収集車の清掃

など

 

ゴミ収集スタッフの仕事内容は上記のようになっていますが、意外と人気の職業でもあります。

なぜなら、ゴミ収集スタッフの平均年収は329万円ですが、500万~600万円ほどは稼げると言われているからです。

皆さんの住んでいる町が綺麗なのも、ゴミ収集スタッフの方のおかげなので、底辺職だと思わないことが重要です。

ゴミ収集スタッフの方がいないと、町はゴミで溢れかえってしまいます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑨:飲食店スタッフ(平均年収300万円)

世間一般での底辺職業ランキング9つ目は「飲食店スタッフ」です。

飲食店スタッフが底辺職扱いされる理由は「飲食店スタッフ=誰でもできる仕事」と思われているからです。

飲食店スタッフの仕事内容
  • 来客、接客対応
  • レジ打ち
  • 電話対応
  • 在庫管理
  • 配膳

など

 

飲食店スタッフの仕事内容はアルバイトの仕事と大きく変わりません。

また、高校生や大学生でもアルバイトとして飲食店スタッフを体験できるので、底辺職と思う方も多いです。

しかし、飲食店スタッフがいないと外食ができないので、店員の方には、感謝の気持ちを持ちましょう。

飲食店スタッフの平均年収は200万~300万円となっています。

飲食業界の就職偏差値を知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑩:介護士(平均年収340万円)

世間一般での底辺職業ランキング10つ目は「介護士」です。

介護職が底辺職扱いされる理由は、誰でもでき、給料が安く、きつい仕事と思われているからです。

介護職の仕事内容
  • 利用者の方の身の回りのお世話
  • お風呂での洗髪、トイレでの介助
  • ベッドから車いすなどへ移動する介助
  • 食事、更衣介助
  • 洗濯や調理、掃除

など

 

介護職の仕事内容は上記のようになっています。

介護職を底辺職だと思う方は多いですが、高齢者が増えてきた社会では、必須の職業だと言えます。

自分が将来お世話になるかもしれない職業を底辺だと馬鹿にするのはやめておきましょう。

介護職の平均年収は340万円となっています。

介護業界・福祉業界の就職偏差値を知りたい就活生は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑪:保育士(平均年収363万円)

世間一般での底辺職業ランキング11つ目は「保育士」です。

保育士が底辺職扱いされる理由は、学歴が重視されず、給料が低く、肉体労働が多いからです。

保育士の仕事内容
  • 子供の生活全般のお世話
  • 食事や睡眠のお世話
  • 子供たちの社会性を育むサポート

など

 

保育士の仕事内容は上記のようになっています。

保育士を底辺職扱いする方は多いですが、保育士の方がいないと、子育て中に仕事に行けないことになります。

多くの方に保育士が必要とされているため、底辺職ではありません。

保育士の平均年収は363万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職⑫:コールセンタースタッフ(平均年収320万円)

世間一般での底辺職業ランキング12つ目は「コールセンタースタッフ」です。

コールセンタースタッフが底辺職扱いされる理由は、誰でもできて、スキルがほとんど身に付かない仕事だからです。

コールセンタースタッフの仕事内容
  • 電話を通してお客様とやり取りする
  • 商品やサービスの問い合わせ対応
  • 商品を売り込む

など

 

コールセンタースタッフの仕事内容は上記のようになっています。

コールセンタースタッフを底辺職扱いする方は多いですが、コールセンタースタッフがいるからこそワクチンなどの予約ができるようになります。

そのため、コールセンタースタッフは底辺職ではなく、社会インフラの一部です。

コールセンタースタッフの平均年収は320万円となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

底辺職(例外):株・FXトレーダー(平均年収675万円)

世間一般での底辺職業ランキング例外は「株・FXトレーダー」です。

結論から言うと、株・FXトレーダーは底辺職ではありません。

なぜなら、社会的地位や知名度が低いだけだからです。

しかし、株・FXトレーダーは無職でニートが多いイメージがあるため、底辺職と言われることがあります。

株・FXトレーダーの仕事内容
  • 株やFXの売買
  • 情報収集

など

 

株・FXトレーダーの仕事内容は上記のようになっています。

株・FXトレーダーは、上手くいけば短時間でかなり稼げる仕事なので、底辺職ではありません。

株・FXトレーダーの年収は人それぞれですが、平均年収は675万円程度と言われています。

次は、底辺職業の特徴について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【これを確認しよう!】底辺職業の特徴3つ

就活生くん

将来、底辺職業と呼ばれる仕事には就きたくありません。
底辺職業の特徴を教えて欲しいです。
わかりました。
では、底辺職業の特徴を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

底辺職業の特徴3つ
  • 特徴①:肉体労働である
  • 特徴②:誰でもできる仕事である
  • 特徴③:同じことの繰り返しであることが多い
それでは、底辺職業の特徴3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴①:肉体労働である

底辺職業の特徴1つ目は「肉体労働である」ということです。

底辺職と呼ばれる仕事として、土木・建設作業員やトラック運転手などの肉体労働系の仕事があるからです。

例えば、土木・建設作業員では、資材を運んだり組み立てたりして肉体的にきついことがたくさんあります。

そのため、底辺職業の特徴として、肉体労働が挙げられます。

肉体労働は、若い間は良いですが、歳をとってくるとかなりきつい仕事になります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴②:誰でもできる仕事である

底辺職業の特徴2つ目は「誰でもできる仕事である」ということです。

底辺職業と呼ばれる仕事には、コンビニ店員や清掃スタッフのように誰でもできる仕事があるからです。

コンビニ店員などは、高校生でもアルバイトとしてできますよね。

このように、誰でもできる仕事は底辺職扱いされることが多くなっています。

誰でもできる仕事は価値がなく、給料も安く設定されています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴③:同じことの繰り返しであることが多い

底辺職業の特徴3つ目は「同じことの繰り返しであることが多い」ということです。

なぜなら、同じことの繰り返しは単純作業と同じで、ロボットでもできる仕事だからです。

倉庫作業員のように、単純作業の仕事は底辺職扱いされます。

単純作業の仕事は、将来人工知能やロボットに置き換わる可能性が高いため、より底辺と見られることがあります。

単純作業はスキルが全く身に付かないので、転職することも難しくなります。

次は、底辺職で仕事をするデメリットについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

底辺職で仕事をするデメリット3つ

就活生くん

底辺職の職業や、底辺職の仕事はわかりました。
ですが、底辺職で仕事をするデメリットって何でしょうか?
底辺職で仕事をするデメリットはたくさんあります。
そこでここでは、底辺職で仕事をするデメリットを3つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

底辺職で仕事をするデメリット3つ
  • デメリット①:年収が低い
  • デメリット②:結婚の時に苦労する
  • デメリット③:体力を消耗する
それでは、底辺職で仕事をするデメリット3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

デメリット①:年収が低い

底辺職で仕事をするデメリット1つ目は「年収が低い」ことです。

底辺職は、誰でもできて、単純な作業が多いため、年収も低くなっています。

例えば、土木・建設作業員であれば369万円、コンビニ店員であれば374万円となっており、全体の平均年収よりもかなり低いです。

そのため、底辺職に就職するデメリットとして、年収が低くなることが挙げられます。

年収が400万円未満の職業を底辺職と見なす方が多い印象です。

平均年収の高い業界や企業を知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

デメリット②:結婚の時に苦労する

底辺職で仕事をするデメリット2つ目は「結婚の時に苦労する」ことです。

なぜなら、底辺職と呼ばれる職業は社会的地位や年収が低く、結婚時の不安要素になるからです。

また、底辺職の方と結婚すると、自分も底辺だと勘違いする異性もたくさんいます。

そのため、底辺職に就職すると、結婚の時に苦労する可能性が高くなります。

底辺職の方と結婚すると、友達や家族・子供に誇れないと感じる異性も多いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

デメリット③:体力を消耗する

底辺職で仕事をするデメリット3つ目は「体力を消耗する」ことです。

なぜなら、底辺職は肉体労働が多いからです。

肉体労働が多い職業として、土木・建設作業員が挙げられますが、この仕事はかなり肉体労働がたくさんあります。

若い間は肉体労働をしても大丈夫ですが、歳をとると体力が消耗するため、少しずつきつくなっていきます。

このように、底辺職に就職すると、体力を消耗するデメリットがあります。

若いうちは底辺職と呼ばれる仕事に就職しても大丈夫ですが、歳をとった後のことも考えると早めに転職することをおすすめします。

次は、底辺職に就かない方法や抜け出す方法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【簡単にできる!】底辺職に就かない方法/抜けだす方法4つ

就活生くん

底辺職の仕事や底辺職に就くデメリットは理解できました。
そこで、底辺職に就かない方法や抜け出す方法について教えて欲しいです。
わかりました。
では、底辺職に就かない方法と抜け出す方法を4つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

底辺職に就かない・抜け出す方法4つ
  • 方法①:就活エージェントを利用する
  • 方法②:逆求人サイトを利用する
  • 方法②:ハローワークを利用する
  • 方法③:稼ぐスキルを身に付ける
それでは、底辺職に就かない・抜け出す方法4つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法①:就活エージェントを利用する

底辺職に就かない・抜け出す方法1つ目は「就活エージェントを利用する」ことです。

今、就活生で就活に失敗してしまった方は、就活エージェントを利用することで、底辺職への就職を回避できる可能性があるからです。

就活エージェントは、就活生の就職活動についてのサポートをしてくれます。

就活生で就活エージェントを利用している方はたくさんいます。

そこで、1番おすすめの就活エージェントはキャリアチケット(career ticket)です。

キャリアチケットはそれぞれの選考対策ができ、対策後の内定率が39%もUPしています。

そのため、就活生で底辺職に就職したくない方は、キャリアチケット(career ticket)を利用してみてください。

その他の就活エージェントや、就活エージェント利用者の口コミを見たい方は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法②:逆求人サイトを利用する

底辺職に就かない・抜け出す方法2つ目は「逆求人サイトを利用する」ことです。

今就活生で、内定がもらえない方は、逆求人サイトを使うことで底辺職を回避できます。

逆求人サイトは、企業側から就活生にオファーを出すサイトで、一部選考が免除になる特典がついています。

逆求人サイトは以下の3つのサイトを同時に利用することで、就活の効率や内定取得効率を高められます。

同時に使うべき逆求人サイト3選
  • OfferBox
    ー オファーの質が良く、上場企業からもスカウトが来る
    ー 人気No.1、利用学生数125,000人
  • キミスカ
    ー オファーの量が多く、多様な企業からスカウトが来る
    ー かなり詳細な自己分析ができる
  • dodaキャンパス
    ー オファー受診率98%、大手企業からもスカウト
    ー 利用学生数35,6000人、企業数6,200社

 

これらの逆求人サイトからくるオファーは優良企業が多いです。

底辺職への就職を回避したい就活生は、上記の逆求人サイトを利用してみることをおすすめします。

実際に僕も利用していますが、ほぼ毎日オファーが来ています。
また、書類選考免除やSPI免除、一次面接免除が多い印象です。
各サイトの評判や感想が知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法③:ハローワークを利用する

底辺職に就かない・抜け出す方法3つ目は「ハローワークを利用する」ことです。

ハローワークを利用することで、底辺職から抜け出せる可能性はあります。

しかし、ハローワークはブラック企業が多いです。

そのため、ハローワークを利用する時は底辺職を回避できる可能性はありますが、ブラック企業の可能性があるので、しっかりと検討することが重要です。

ハローワークを利用する時は、ブラック企業かどうかを意識しながら探してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

方法④:稼ぐスキルを身に付ける

底辺職に就かない・抜け出す方法4つ目は「稼ぐスキルを身に付ける」ことです。

自分で稼ぐスキルを身につければ、底辺職を抜け出せるからです。

スキルがあれば転職もできます。

稼げるスキル例
  • Webライター
  • プログラミング
  • マーケティング
  • Webデザイン
  • Youtuber
  • 動画編集スキル
  • 資格取得

など

 

これらのスキルを身につければフリーランスとして稼ぐことができます。

また、副業としても稼げるので、本業と副業をすることで、底辺職を脱出できます。

そのため、自分でも稼げるスキルを身につけておくことをおすすめします。

プログラミングやプログラミングスクールについて知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

次は、未経験でも採用されやすい職種について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

未経験でも採用されやすい職種

就活生くん

底辺職を回避できる・抜け出す方法について理解できました。
どのような職種が採用されやすいのでしょうか?
わかりました。
では、未経験でも採用されやすい職種について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

未経験でも採用されやすい職種
  • 職種①:営業
  • 職種②:現場系統の仕事

それでは、未経験でも採用されやすい職種2つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

職種①:営業

未経験でも採用されやすい職種1つ目は「営業」の仕事です。

なぜなら、商品を販売する時に必要となる知識や技術は、就職してから身に付けることができるからです。

また、営業職は求人が多いため、就職できる可能性が高くなります。

そのため、底辺職が耐えられない方は、営業職を目指せるようにしましょう。

営業職で身に付けたコミュニケーションスキルは違う分野でも活かせるのでおすすめです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

職種②:現場系統の仕事

未経験でも採用されやすい職種2つ目は「現場系統の仕事」です。

現場系統の仕事は、求人が多く、最初のうちは単純作業が多いからです。

また、教育制度が整っている場合は、未経験採用に積極的です。

そのため、底辺職から抜け出したい時は、現場系統の仕事を狙うことをおすすめします。

現場系統の仕事は、資格を取って経験を積めば年収UPも目指せます。

次は、未経験でも採用されやすい業種を一覧で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

未経験でも採用されやすい業種一覧

就活生くん

未経験でも採用されやすい職種はわかりました。
では、未経験でも採用されやすい業種は何なのでしょうか?
教えてください。
わかりました。
では、未経験でも採用されやすい業種を一覧で紹介していきます。

「職種未経験歓迎」の割合が多い職業は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

職種 割合
美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
販売・フード・アミューズメント 93.6%
技能工・設備・配送・農林水産 90.3%
保育・教育・通訳 90.1%
医療・福祉 84.9%
管理・事務 83.3%
公共サービス 83.1%
企画・経営 81.4%
医薬・食品・化学・素材 80.1%
コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%
営業 78.4%
クリエイティブ 73.1%
電気・電子・機械・半導体 70.0%
建築・土木 69.2%
WEB・インターネット・ゲーム 57.1%
ITエンジニア 48.6%
未経験でも採用されやすい職種は上記のようになっています。
底辺職と呼ばれている職業に就いている方で、転職しようと思っている時は、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:底辺職は誰でもできるような仕事が多い

そこでこの記事では、世間一般的に呼ばれている底辺職業ランキングについて解説しました。

合わせて、底辺職の特徴やデメリット底辺職を回避する方法、未経験でも採用されやすい職種や業種についても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

就活に失敗して底辺職と一般的に呼ばれている職業に就きたくない方は、ぜひ最後に復習してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

◆ 【まず初めに】何を底辺職と思うのかは人それぞれ

◆ 世間一般での底辺職業ランキング一覧

  • 底辺職①:土木・建設作業員
  • 底辺職②:警備スタッフ
  • 底辺職③:工場作業員
  • 底辺職④:倉庫作業員
  • 底辺職⑤:コンビニ店員
  • 底辺職⑥:清掃スタッフ
  • 底辺職⑦:トラック運転手
  • 底辺職⑧:ゴミ収集スタッフ
  • 底辺職⑨:飲食店スタッフ
  • 底辺職⑩:介護士
  • 底辺職⑪:保育士
  • 底辺職⑫:コールセンタースタッフ
  • 底辺職(例外):株・FXトレーダー

◆ 【これを確認しよう!】底辺職業の特徴3つ

  • 特徴①:肉体労働である
  • 特徴②:誰でもできる仕事である
  • 特徴③:同じことの繰り返しであることが多い

◆ 底辺職で仕事をするデメリット3つ

  • デメリット①:年収が低い
  • デメリット②:結婚の時に苦労する
  • デメリット③:体力を消耗する

◆ 【簡単にできる!】底辺職に就かない方法/抜けだす方法4つ

  • 方法①:就活エージェントを利用する
  • 方法②:逆求人サイトを利用する
  • 方法③:ハローワークを利用する
  • 方法④:稼ぐスキルを身に付ける

◆ 未経験でも採用されやすい職種

  • 職種①:営業
  • 職種②:現場系統の仕事

◆ 未経験でも採用されやすい業種一覧

この記事では、世間一般的に言われている底辺職について解説しましたが、何を底辺職と呼ぶのかは人それぞれです。
しかし、底辺職と呼ばれている仕事は、誰でもできる仕事である場合が多いです。
今現在就活生で、就活を失敗してこのままだと底辺職に就職してしまう方は、就活エージェントや逆求人サイトを今すぐに利用してみることをおすすめします。
また、底辺職を馬鹿にする方も実際多いですが、底辺職と呼ばれている方がいるからこそ、今の自分があると考えるべきです。
底辺職と呼ばれる仕事に就きたくない方は、転職したり、スキルや資格を身に付けることが重要です。

「就活の教科書」編集部 潤