>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【低学歴でも大丈夫】Fラン大学生が就職活動で勝ち組になる方法|企業の選び方も

5305ffe97eb7c66812bb673460be9765

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • Fラン大学生が就活で不利な理由は学歴フィルターの存在が大きい
  • Fラン大学生が勝ち組になるための心得6つ
  • Fラン大学生におすすめの就活サービス

こんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
今回は、Fラン大学生が就職活動で勝ち組になる方法について解説します。
就職活動をしていると、高学歴の学生たちと同じ場での選考になり、「学歴がない自分でも内定をもらえるんだろうか」と不安になることも多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

Fラン大学生は就職活動で不利ってよく聞くけど本当?

就活生ちゃん

私は低学歴だけど、楽して内定をもらって勝ち組になりたい!

高学歴でも内定がない就活生(NNT)もいるし、Fランでも就職活動をうまく終えている就活生もいます。

この記事では、①そもそもFラン大学生は就職活動で不利なの?②Fラン大学生が就職活動で不利な理由③Fラン大学生が就職活動で勝ち組になるコツ④Fラン大学生の企業選びのポイントを紹介します。

この記事を読めば、「Fラン大学生だから内定をもらえなかった…」「Fラン大学生だから就職活動に失敗した…」なんてことを避けられます。

就職活動に不安を抱えているFラン大学生は、この記事を読んで就職活動に対する自信をつけましょう!

また、この「Fラン大学生が就職活動で勝ち組になる方法」の記事は、Youtube動画でも解説しています。お好きな媒体で学んでくださいね。

 

そもそもFラン大学生は就職活動で不利なの?

まず結論から言うと、Fラン大学生は就職活動で不利になることが多いです。

就職の幅が狭まり、高学歴の学生に比べて内定がもらいにくいことも事実です。

しかし、早い時期から就職活動に向けてしっかりと準備をすれば、Fラン大学生でも内定をもらえます。

では次に、Fラン大学生が就職活動で不利な理由を紹介します。

日東駒専の就活生は、下記の記事で就活事情と狙い目の優良企業について解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Fラン大学生が就職活動で不利な3つの理由

就活生くん

Fラン大学生はなんで就職活動で不利なの?

Fラン大学生が就職活動で不利な理由は、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生が就職活動で不利な理由
  • 理由①:学歴フィルターの存在
  • 理由②:就職活動に関する情報が少ない
  • 理由③:筆記試験がある

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由①:学歴フィルターの存在

Fラン大学生が就職活動で不利な理由1つ目は、学歴フィルターの存在です。

学歴フィルターとは、一定レベル以下の大学に所属している学生をエントリーの時点から落第させるフィルターのことです。

学生のエントリー数が多い大手企業は、エントリーする学生全員を相手にすると膨大な時間がかかるために、学歴フィルターを導入していることがあります。

最近では、学歴で判断する企業は減ってきていますが、それでもまだ学歴フィルターが存在しているのは事実です。

学歴だけで就活生を判断しない企業を受けるのも、就職活動をうまく終えるためのひとつの手段です。

就活での「学歴フィルター」については、【内定者が教える】学歴フィルターの基準はどこまで? 大学ランク,突破方法もの記事で解説していますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由②:就職活動に関する情報が少ない

Fラン大学生が就職活動で不利な理由2つ目は、就職活動に関する情報が少ないことです。

周りの学生がフリーターとして働くなど、そもそも就職活動をしないケースも多いです。

就職活動は情報戦と言っても過言ではなく、学生同士やOBとの情報共有が多ければ多いほど就職活動は円滑に進みます。

就職活動をうまく終えるためにも、情報がたくさん得られる環境を作りましょう。

周りの学生が就職活動をしない場合は、就活掲示板を見て情報を得る方法もありますよ。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由③:筆記試験がある

Fラン大学生が就職活動で不利な理由3つ目は、筆記試験があることです。

就職活動では基本的に、選考を受ける中で筆記試験が実施されます。

筆記試験は中学校から高校レベルの国語、数学を中心にした問題ですが、勉強に自信のない就活生は対策が必要です。

Fラン大学生こそ筆記試験前にはしっかりと勉強し、対策することが必要です。
では次に、Fラン大学生が就職活動でコツ3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴に自信がないけど優良企業に就職したい方は、就活エージェントを活用してみましょう。

たとえばジールコミュニケーションズだと、最短1週間で内定がもらえるサポート体制が整えられています。

厳選された優良企業700社の中から、自分に合った企業を紹介してもらえますよ。

人事さん

ジールコミュニケーションズを見てみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための6つの心得

就活生くん

Fラン大学の特徴や、なぜ就職が厳しいのかは理解できました。

今までの内容をから考えると、Fラン大学からでも大手企業に就職して勝ち組になることはできないのでしょうか。

いいえ、可能性は低いですがFラン大学からでもお手企業に就職して勝ち組になることはできます。

これからは、Fラン大学でも就職で勝ち組になるためのポイントを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学でも就職で勝ち組になるためのポイント
  • 勝ち組の心得①:勉強以外のことに積極的に打ち込む
  • 勝ち組の心得②:周囲の学生の「無気力」に巻き込まれない
  • 勝ち組の心得③:2年生のうちに就活の情報を集めておく
  • 勝ち組の心得④:早期に動き出し、夏インターンシップに参加する
  • 勝ち組の心得⑤:就活支援団体に入る
  • 勝ち組の心得⑥:就活友達を作る

以上の6つにわけて、Fラン大学でも就職で勝ち組になるための心得を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

勝ち組の心得①:勉強以外のことに積極的に打ち込む

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための1つ目の心得は「勉強以外のことに積極的に打ち込む」です。

Fラン大学生はとにかく「無気力」な傾向があるため、いざ就職活動になってもなにも話す内容がなくて困る場合が多いでしょう。

いざ就職活動になっても困らないために、勉強以外のことでアルバイトやサークル、ゼミ活動などに打ち込むようにしましょう。

Fラン大学での好成績や学業での活動は、独自性がうすく上位大学の学生に負けてしまうからなので、もし独自性が強い内容ならば勉強であっても大丈夫ですよ。

単に「勉強を頑張りました」では高学歴の学生にあっさりと負けてしまいます。

何か独自の研究で論文を発表したり、ビジネスコンテストで優勝するなどわかりやすい経歴が大事です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

勝ち組の心得②:周囲の学生の「無気力」に巻き込まれない

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための2つ目の心得は「周囲の学生の無気力に巻き込まれない」です。

Fラン大学の学生はとにかく無気力な傾向があると言いましたが、もし就職を成功させたいならばこういった「無気力」は天敵です。

「無気力」な人ほど本気で何かに頑張っている人を馬鹿にするような傾向があるため、努力していることが「恥ずかしい」かのように感じてしまうからです。

大学生活を全力で楽しみ、何かに打ち込み努力をするためにも周囲の学生の「無気力」に巻き込まれないように気を付けましょう。

無気力が一番の天敵です。

なにかに打ち込み、楽しんで学生生活を送るようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

勝ち組の心得③:2年生のうちに就活の情報を集めておく

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための3つ目の心得は「2年生のうちに就活の情報を集めておく」です。

この記事で解説したとおり、高学歴層の学生とFラン大学生の間にはとても大きな情報格差が存在しています。

Fラン大学生は高学歴の学生よりも早い段階から情報を集めないと追いつけないため、早いうちから就活を始めるのが必須です。

就職活動が本格化するより前から自己分析業界研究などをすることで、周りの就活生よりも時間に余裕が生まれます。

就職活動で勝ち組になるために、高学歴層の学生が就活をはじめる3年生の6月より前の2年生の夏~冬の段階で情報を集めるように心がけましょう。

早い時期から行動するのはしんどいですが、その分就職活動で勝ち組になれる可能性は広がります。

また、就活の始め方がわからないというFラン大学生も多いと思います。

就職活動の始め方はこの記事で詳しく解説しているので、「就職活動は何から始めたら良いのかわからない…」と不安なFラン大学生は、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

勝ち組の心得④:早期に動き出し、夏インターンに参加する

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための4つ目の心得は「早期に動き出し、夏インターンに参加する」です。

近年は夏のインターンに参加する学生の割合は増加して、約90%の学生が夏インターンに参加しています。

インターンに参加すれば業界・企業・仕事内容などについて理解が深まるだけでなく、インターンの選考で経験を積むことができます。

また、インターンシップに参加すると、特別選考を受けられる可能性があります。

特別選考は本選考が始まるまでに内定をもらえることもあり、その場合、就職活動を周りの就活生よりも早い時期に終えられます。

特別選考を実施していない企業でも、エントリーシート(ES)の提出免除、ウェブテストの受験免除など、インターンシップ参加者に優遇している企業は多いです。

早期に動き出して選考がある夏インターンに参加し、就職活動を有利に進めるようにしましょう。

インターンシップに参加することはメリットしかないため、多くの学生が参加します。

自分がなんとなく興味がある業界だけでいいので、学歴を気にせず応募してみましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

インターンに参加すればいいのはわかったのですが、夏のインターンに参加すると早期に動き出していることになるのでしょうか?

就活のスケジュールがいまいちわからず具体的にいつ何をすればいいのかわかりません・・・

いつ動き出せば周りの就活生に差を使られるのか今の段階だと全く分からないですよね。

では、就活のスケジュールについて解説した記事をご紹介するので、ぜひ記事を読んで就活のスケジュールについて把握してみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

勝ち組の心得⑤:就活支援団体に入る

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための5つ目の心得は「就活支援団体に入る」です。

就活支援団体とはエンカレッジやirodasなど、企業から協賛金をもらって学生の就活を支援するために活動している団体です。

4年生の内定者や社員の方が中心となって学生と面談したり、就活イベントを開催したり、非公開の求人枠を紹介して学生の就活を支援しています。

Fラン大学は学生同士のつながりも薄くキャリアセンターもあまりあてにならないため、就活支援団体に入って就活を有利に進めましょう。

就活支援団体に入っている周りの学生は、みんな就職活動に本気です。

そのため、焦りが生まれて無気力な状態にもなりづらいですよ。

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

就活支援団体といっても、そもそもどんな団体があるのかもわかりません・・・

優良の就活塾がたくさんあるという話も聞くのですが、エンカレッジという団体は無料なんでしょうか?

いきなり団体に入れと言われても良く分からないですよね。

そこで、エンカレッジについて解説した記事をご紹介します。

就活支援団体ってなに?と疑問に思っている就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

勝ち組の心得⑥:就活友達を作る

Fラン大学でも就職で勝ち組になるための6つ目の心得は、就活友達を作ることです。

就活友達を作ることで、就職活動に関する情報を共有でき、自分ひとりで就職活動をするよりも断然に効率が良くなります。

また就活友達と一緒に面接練習をしたり、就職活動の相談をすることで、選考を受ける時の自信にもつながります。

大学の友達や、インターンシップ先で知り合った仲間と連絡先を交換し、就職活動に関する情報を共有しましょう!

僕は就職活動で行き詰まったとき、大学の友達に相談していました。
困ったときは友達に助けを求めてみましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Fラン大学生におすすめの就活サービス3選

就活生ちゃん

私は選考を落ちてばかりで、本当に内定をもらえるか不安です…
安心して就活をするためにも、1つは内定をもらいたいのですが、どうしたら良いですか…?

就活で安心したい気持ち、わかります。
僕も就活中は、内定がない状態でずっと就活をしていたので不安でした。
そこで就活を安心して進めたいFラン大学生に、僕が利用して良いと感じた就活サービス3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス①:就活イベント「Meets Company」

Fラン就活生 おすすめサービス Meet Company

Fラン就活生におすすめの就活サービス1つ目は、就活イベント「Meets Company(ミーツカンパニー)です。

「Meets Company」は、株式会社DYMが運営している就職マッチングイベントです。

イベント内容は、企業の社長や人事と直接話せる座談会形式の選考で、大手企業やベンチャー企業が1日最大8社参加します。

「1日のイベントでたくさんの企業の選考を受けたい!」そんなFラン大学生には「Meets Company」がおすすめです。
就活イベント「Meets Company」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス②:就職エージェント「キャリアスタート」を使う

 

Fラン就活生におすすめの就活サービス2つ目は、就職エージェント「キャリアスタートです。

「キャリアスタート」とは、キャリアスタート株式会社が運営する就職支援・新卒紹介サービスです。

経験豊富なプロのアドバイザーが、一人ひとり個別で完全無料で内定までサポートしてくれます。

「短期間で優良企業から内定をもらいたい!」そんなFラン大学生には「キャリアスタート」がおすすめです。
就職エージェント「キャリアスタート」については、以下の記事で網羅的に解説しています、合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス③:逆求人サイト「Offer Box」

Fラン就活生 おすすめサービス OfferBox

Fラン就活生におすすめの就活サービス3つ目は、逆求人サイト「Offer Box(オファーボックス)です。

「Offer Box」は、学生側のプロフィールを見た企業がオファーをくれる、画期的な逆求人サービスです。

普段エントリーシートに書いている、「学生時代頑張ったこと(ガクチカ)」「自己PR」などをそのままコピペするだけで、企業からオファーがもらえます。

「企業を調べるのは面倒だけどオファーが欲しい!」そんなFラン就活生には「Offer Box」がおすすめです。
逆求人サイト「Offer Box(オファーボックス)」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Fラン大学生の企業選びのポイント3つ

就活生くん

Fラン大学生だけど就職活動で勝ち組になりたいよ、
「Fランでもいい企業」って、どんな企業なの?
Fラン大学生におすすめの企業があれば、教えて欲しい!

では最後に、Fラン大学生が企業を選ぶ際のポイントを解説しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生が企業を選ぶ際のポイント
  • ポイント①:自分の性格に合う企業
  • ポイント②:学歴フィルターのない企業
  • ポイント③:大手企業のグループ会社

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント①:自分の性格に合う企業

Fラン大学生が企業を選ぶ際のポイント1つ目は、自分の性格に合う企業を選ぶことです。

その理由は、企業は「その企業っぽい人」を採用することが多いからです。

例えば「新しいやり方を好む性格の人」が多い企業を「保守的な性格の人」が志望しても、その企業の雰囲気に合わないので、採用される可能性は低いでしょう。

自分の性格を踏まえて志望企業を選ぶことは非常に大切です。

自分と似た性格の人が多い企業かどうかは、企業の新卒採用ページを確認したり、OB訪問をして社員に聞くなどしましょう。
確認するのに少し時間がかかりますが、選考を通過する確率は高くなります。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント②:学歴フィルターのない企業

Fラン大学生が企業を選ぶ際のポイント2つ目は、学歴フィルターのない企業を選ぶことです。

学歴フィルターのない企業を選ぶことで、他の就活生と学歴以外の面で勝負できます。

企業に学歴フィルターがあるかどうかは、Openwork(旧Vorkers)などの口コミサイトで調べてみましょう。

Openwork(旧Vorkers)については、以下の記事で網羅的に解説しています。
合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント③:大手企業のグループ会社

Fラン大学生が企業を選ぶ際のポイント3つ目は、大手企業のグループ会社を選ぶことです。

グループ会社は学歴フィルターのない企業が多く、エントリーする学生も大手企業に比べると少ないです。

またグループ会社は福利厚生や年収なども大手企業と大差ないので、とてもオススメです。

グループ会社で成果を出せば、大手企業へ異動できる可能性もありますよ!

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Fランでもオファーがくるスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

僕は学歴に自信がなく、内定までの道のりが遠く感じます。

僕みたいなFラン大学生でも就活をうまく進められる方法ってあるのかな。

Fラン大学生でも上手に就活を進める方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは学歴ではなく、あなたの人柄や経験を見た企業からスカウトが直接届きます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、あなたの人柄を評価してくれる企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 
メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、Fラン大学生にもオファーがくる、スカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

まとめ:Fラン大学生は就職活動に向けて早い時期から行動しよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のコータが、①そもそもFラン大学生は就職活動で不利なの?②Fラン大学生が就職活動で不利な理由③Fラン大学生が就職活動で勝ち組になるコツ④Fラン大学生の企業選びのポイントを紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

まず、Fラン大学生が就職活動で不利な理由についてお話しました。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生が就職活動で不利な理由
  • 理由①:学歴フィルターの存在
  • 理由②:就職活動に関する情報が少ない
  • 理由③:筆記試験がある

次に、Fラン大学生が就職活動で勝ち組になるコツについてお話しました。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生が就職活動で勝ち組になるコツ
  • コツ①:早い時期から就職活動に向けて行動する
  • コツ②:就活仲間を作る
  • コツ③:インターンシップに参加する

最後に、Fラン大学生の企業選びのポイントについてお話しました。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生が企業を選ぶ際のポイント
  • ポイント①:自分の性格に合う企業
  • ポイント②:学歴フィルターのない企業
  • ポイント③:大手企業のグループ会社

Fラン大学生でも、就職活動に向けて早い時期から行動し、しっかりと対策をすることで、内定はもらえます。
自分が納得のいく就職活動ができるよう、「Fラン大学生が就職活動で勝ち組になるコツ」や、「企業選びのポイント」などを参考にしてみてください。

「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を掲載しています。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ