【例文あり】IT業界の志望動機を魅力的に伝える書き方 | おすすめ構成も

この記事からわかること
  • IT業界に関する基礎知識
  • IT業界に就職するための職種別志望動機例5つ
  • IT業界に就職するための志望動機の構成の仕方
  • IT業界で活躍している職種5つ
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、キャリアセレクトの利用が一番おすすめ

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回は、IT業界への就職を志望する際の志望動機の作り方や例文をご紹介させていただこうと思います。

就活生の皆さんは、志望動機を作るのに悩んでいることはありますか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

僕はプログラマーとして働きたいと考えているのですが、どうやったら志望熱意をうまく伝えられるのかわからず悩んでいます…。

就活生ちゃん

私はなんとなくIT業界で働きたいなと思っているのですが、自分の気持ちを言語化するのが難しくて困っています。

自分の気持ちを言語化して伝えることって、実は非常に難しいことですよね。

しかし、企業は採用選考の際に就活生の志望動機を非常に大切にしています。

「就活の教科書」編集部 はるな

と言うわけで、今回はIT業界に就職するための志望動機例や志望動機の構成の仕方をご紹介します。

併せてIT業界の職種をいくつか簡単にご紹介します。

  • 「IT業界に就職したい」という就活生の皆さん
  • 「志望動機の作成の仕方がわからない」という就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはキャリアセレクトの利用がおすすめです。

キャリアチケットを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

すでに多くの就活生がキャリアセレクトを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアセレクトを見てみる(無料)

【ざっくり解説】そもそもIT業界とは?

就活生くん

そもそも、IT業界ってどんな業界なのか整理しておきたいです!

ではまず、IT業界を整理することから始めましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

DXが進む中で、今最も需要が高まっている業界の1つ

IT業界はDX(Digital Transformation|デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、今最も需要が高まっている業界の1つです。

DXとは、ITやIoT、ビックデータなどの技術を用いてビジネスや社会、生活の形・スタイルを変えることを指します。

今後のさらなるDX推進のために、「コンピューターに関する技術を取り扱う企業」であるIT企業のさらなる活躍が期待されています。

IT企業の行う事業にはさまざまな種類があり、以下の様な業種が主なものと言えるでしょう。

  • webやインターネット
  • ソフトウェア
  • ハードウェア
  • 通信
  • 情報処理サービス(sler)

以下の記事ではIT業界や企業について詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

IT業界の志望動機は書き分けるのがおすすめ

IT業界で活躍している職種には様々なものがあります。

◆IT業界で活躍している職種

  • プログラマー
  • 通信系エンジニア
  • セールスエンジニア
  • ITコンサルタント
  • IT営業
  • プロジェクトマネージャー
  • WEBデザイナー

職種によって仕事内容や必要となるスキルが大きく異なると考えられます。

またIT業界と一口に言っても、企業によって業務内容や必要としている人材の特徴も異なるでしょう。

そのため、IT業界の志望動機は書き分けるのがおすすめです。

「エンジニアになりたい!」「エンジニアとしての就活って?」という方には、IT系に特化した就活サイト/エージェントの利用をおすすめします。

【内定者が選んだ】ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れます。

ちなみに、未経験からエンジニアなりたい就活生はキャリアセレクトを使うのが一番おすすめです。

サイトやエージェントによっては、無料プログラミング学習や逆求人などのサポートもありますよ。

就活アドバイザー 京香


【職種別】IT業界で評価される志望動機の例文5選

就活生ちゃん

IT業界で働きたいなと思っているのですが、この気持ちを企業に伝えるにはどのように志望動機を作成すればいいんでしょうか…。

どんな志望動機を作ればいいのか、イメージも湧いてきません…。

では、IT業界に就職するための例文をいくつか職種ごとにご紹介します。

実際にIT企業に就職するとしたら、どんな職種で働きたいのかを考えながら読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆IT業界に就職するための志望動機例文

  • 例文①:プログラマー
  • 例文②:通信系エンジニア
  • 例文③:セールスエンジニア
  • 例文④:ITコンサルタント
  • 例文⑤:営業

例文①:プログラマー

〔結論〕

私は貴社の「機械の苦手な人でも使えるソフトウェアを開発し、暮らしをもっと便利にしたい」という姿勢に共感し、貴社のプログラマー職に就くことを志望しています。

〔プログラマー職を希望するようになったきっかけ/理由〕

私自身、機械が苦手な人間でIT関連の仕事に就こうなどとは思ってもいませんでした。

しかし、アルバイト先で会議の議事録をまとめたり、会議で使う資料を作成する際に使用した貴社の開発したソフトウェアを使う機会があり、簡単な操作で効率的に作業を行うことを可能にしてくれるサービスの存在を知りました。

これをきっかけにソフトウェア関連に興味を持って調べていく中で、貴社が現代を生きるために必要不可欠なITの力を社会全体にいきわたらせようと尽力していることに感銘を受け、私も機械が苦手な人でも使える生活を豊かにできるソフトウェアづくりに携わりたいと考えるようになりました。

〔プログラマー職に就くために努力してきたこと〕

そのため、大学でプログラミングに関わる授業を積極的に受講するようになり、自己学習も毎日欠かさずに行って基本情報技術者の資格を取得しました。

〔入社した後の展望〕

私が貴社に入社できた際には、プログラマーとしてのスキルを高めていくことはもちろん、貴社が目指す「機械が苦手な人でも簡単に使える」ソフトウェアの開発に貢献していきたいと思います。

  1. プログラマーを目指す理由
  2. プログラマーになるための努力
  3. 入社した後の展望

の3つから構成された志望動機例となっています。

企業/会社の事業やサービスに対する思いをアピールしたり、企業/会社の理念やコンセプトへの共感を絡めて伝えると、よりその企業/会社に就職したいと言う気持ちが伝わる志望動機になると思います。

最後は、「入社後にどんなことをするのか」というビジョンをしっかり持っていることをアピールして締めくくりましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文②:通信系エンジニア

〔結論〕

私は現代の人々の生活を支える安定した通信システムを構築しその発展に寄与したいと考え、貴社を志望させていただきました。

〔通信系エンジニア関連の事柄に興味を持ったきっかけ〕

私の身の回りにはスマートフォンやパソコンなどが当たり前に存在し、今までその恩恵を当たり前のものとして受けてきました。

しかし20○○年に××社でシステムトラブルがあり通信が遮断されてしまった際に、今私が当たり前に思っている通信サービスは当たり前のものではなく、誰かが開発して運営してくださっているために使うことができているということを強く感じました。

〔企業を志望する理由〕

それから通信系のシステムやサービスに興味を持ち、調べていく中で、貴社が「常に安定した、障害の起きない通信の実現」を目指してシステムの開発を行っていることを知り、私もその開発に携わりたいと思うようになりました。

技術的にはまだまだ未熟な私ですが、貴社の技術以上にやる気を重視し、社員一人一人の成長を後押しできるよう教育環境を整えるという姿勢を知り、ますます貴社に入社したいと言う思いが強くなりました。

〔今後の展望〕

将来的には、システム障害や不正アクセスなどからネットワークを守り、影ながら社会を支えていけるエンジニアに必ず成長しようと考えております。

通信系サービスの開発・提供することに興味をもったきっかけが、志望企業とはあまり関係がない場合の志望動機となっています。

仕事について調べる中で企業について知り、志望するようになったと言う過程がわかりますね。

  1. 通信系の仕事に興味を持ったきっかけ
  2. 企業を志望する理由
  3. 今後の展望

の3つから構成されている志望動機例となっています。

企業/会社の社員に対する姿勢などにも着目すると良いですね。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文③:セールスエンジニア

〔結論〕

私が貴社を志望する理由は、貴社の「新しいを当たり前に、もっと暮らしを支えよう」という考え方に共感し、エンジニアと顧客の間に立って貴社の製品を最適な形で社会に広めていきたいと考えているからです。

〔最適な形で使うことの大切さを知った経緯〕

最適な形でお客様に使用していただくことの大切さを知ったきっかけは、大学2年生の時にアルバイトしていた喫茶店のコーヒーに、おいしく飲むための特別な飲み方があったことです。

お客様のもとにコーヒーを運んで行った際においしい飲み方を説明するのですが、アルバイトを始めてすぐの頃は上手に説明することができず、どのように飲んでいただきたいのかがお客様に伝わらないことが多々ありました。

そのような中で、店長から実際に私自身も自己流の飲み方とおいしい飲み方とを比べてみる機会をいただき、その違いを実感したことでどのように説明すればわかりやすいかを研究するようになりました。

その結果、お客様のコーヒーを飲んだ後の笑顔を見る回数が増えました。

〔企業を志望する理由〕

貴社の製品を購入した際に、販売員さんが丁寧な説明をしてくださったことが印象的で、私の経験と通じるものがあると感じて興味を持ちました。

調べていく中で、セールスエンジニアと言う職業があることや貴社の「新しいを当たり前に、もっと暮らしを支えよう」という思い、貴社の製品の質の良さを知り、貴社の良いところを社会に広めていくことに貢献したいと思うようになりました。

〔入社後の展望〕

私が貴社に入社できた際には、どのように伝えればお客様にとって製品の利便性を最大化できるのかを常に考え、セールスエンジニアとして貴社の製品を理想的な形で社会に広めていきたいと思います。

  1. 最適な形で使うことの大切さを知った経緯
  2. 企業を志望する理由
  3. 入社後の展望

の3つから構成されている志望動機例となっています。

「セールスエンジニア」と言う職業になぜ興味を持つに至ったのかという経緯が細かくわかるような志望動機ですね。

「貴社の製品の質の良さを知り」という記述に関しては、どのような根拠で企業の製品は品質が良いと考えたのか面接で問われても、すぐに回答できるように準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文④:ITコンサルタント

〔結論〕

私は介護の現場や保育の現場など、今もっとも必要とされている分野へのITの導入をサポートして社会をより良い方向へ変えていきたいと思い、貴社を志望させていただきました。

〔企業・職種を志望する理由〕

きっかけは、祖母が入居している福祉施設で介護士の方々が働いているところを見たときに、介護用の最新型ベッドがテレビ番組で紹介されていたことを思い出したことです。

祖母の介護を請け負ってくださっている介護士の方に話を聞いたときには、人手不足で休む暇なく働かなくてはならず悩んでいることを教えてくださいました。

介護現場のように、現在最も社会から必要とされているのにも関わらず人手不足で困っている現場はたくさんあると考え、そのような現場を助けるお手伝いがしたいと思うようになりました。

そのような中で、貴社が特に介護や保育へのITの活用を焦点にあてた製品の開発や、ITを活用してクライアント企業の課題解決をサポートするITコンサルタントサービスに力を入れていることを知り、貴社の社会の内情を見据えてニーズにこたえていく姿勢に感銘を受けました。

〔今後の展望〕

貴社に入社できた際には、ITコンサルタントとしてクライアント企業に寄り添い、企業が抱える課題を見つけて解決していらっしゃる先輩社員の方々から学んで、最適なソリューションを提供してクライアント企業の課題解決に貢献できるようになりたいと考えています。

  1. 企業・職種を志望する理由
  2. 今後の展望

の2つから構成されています。

志望企業の強みや力を入れている分野に言及していることで、その企業についてきちんと知っているというアピールになっています。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文⑤:営業

〔結論〕

私が貴社を志望する理由は、貴社が社会のニーズを見つける工程を大事にしていて、実際にそのニーズに応えるための製品やサービスを提供することに尽力していると感じたからです。

〔ITに興味を持ったきっかけ/企業を志望する理由〕

私が大学の学生委員会に所属していた時、貴社の製品である××というサービスを利用してオンラインで会議をしたり議事録をとったりしていました。

××を導入するまで議事録はノートにとっていたのですが、その保管場所が分からなくなってしまったり、オンラインで行う会議を忘れてしまう人がいたりして、思うようにプロジェクトが進まずに困っていましたが、このサービスを導入することで会議に関する様々な問題が解消されました。

これをきっかけにITを利用したサービスに興味を持つようになり、調べていく中で、貴社が特に顧客のニーズを重要視したサービスの開発・提供を行っていることを知り、感銘を受けました。

加えて、貴社のインターンに参加して社員の人と面談をする機会をいただいた際に、社員の方々がどのように顧客のニーズに応えていくか、そのために自分の出来ることは何かを真剣に考えていることを知り、大変魅力に感じました。

〔自分の強み・希望〕

私は、人と関わることが好きでコミュニケーション力が強みであると感じています。

貴社について詳しく調べていくうちに、この強みを活かして顧客に寄り添った貴社の製品やサービスを社会に広めていきたいと強く思うようになりました。

〔入社後の展望〕

貴社に入社できた際には、顧客のニーズに合った製品を提案できるように、コミュニケーション力、ヒアリング力、知識などの必要な力をいち早く身に付けて、貴社の製品やサービスで社会の人々の暮らしを便利にするお手伝いができるようになりたいと思います。

  1. ITに興味を持ったきっかけ/企業を志望する理由
  2. 自分の強み・希望
  3. 入社後の展望

の3つから構成された志望動機となっていますね。

志望動機を作成された方の心は、

IT業界に興味を持つ⇒志望企業に興味を持つ⇒自身の得意なことを考慮に入れて営業職を目指す

という流れで動いていることがよくわかる志望動機になっています。

自分の「志望企業に入社したい」という思いを伝えることも大事ですが、自分が志望企業に対してどのように貢献できるのかをアピールすることも重要です。

「就活の教科書」編集部 はるな

【優良版】ITエンジニア就職/転職に使えるおすすめサービス

ITエンジニア就職や転職を目指しているけど「どのような企業が自分に合っているのか」「どのようなキャリアを歩みたいのか」など悩みがありますよね。

そこで特別に、ITエンジニア特化のおすすめサービスを就活生向けと転職者向けに分けて紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

ITエンジニア特化のおすすめ就活エージェント

\ エンジニア就職に役立つサービス /

就活生向け:キャリアチケット

キャリアセレクトのおすすめポイント
  • ポイント①:Web・ゲーム・ソフトウェアに特化した就活ができる
  • ポイント②:1人ひとりに専属アドバイザーが付き選考をサポート
  • ポイント③:企業の非公開情報・公開されていない選考対策法が知れる

>> キャリアセレクトを見てみる

「キャリアセレクトってどうなんだろう…」と不安な方は、以下の記事も合わせて読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

 

転職者向け:レバテックキャリア

レバテックキャリアのおすすめポイント
  • ポイント①:転職成功率96%・年収アップ率80%など実績がある
  • ポイント②:IT職種別の専門アドバイザーとカウンセリングができる
  • ポイント③:毎年3,000件の企業訪問の中から選ばれた優良企業の紹介がもらえる

>> レバテックキャリアを見てみる

IT業界で評価されやすい志望動機の構成

就活生くん

IT業界に就職するための志望動機例をいくつか見て、イメージはなんとなくつかめたような気がします。

ですが、いざ自分で作るとなるとうまく作れる自信がありません…。

それでは一つ一つ整理していきましょう。

まず、貴方はどのような形でIT業界に携わりたいと考えていますか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

顧客の要望や社会のニーズに合わせたシステムを開発することで、誰もが豊かに安心して暮らすことの出来る社会の実現に貢献したいと考えています。

職種で考えると、プログラマーやシステムエンジニアなどが気になっていますね。

なるほど。

今後の展望としては、プログラマーとして実務経験を積んだ後に、システムエンジニアとして社会をより良くするためのシステムの設計に携わるというイメージでしょうか。

続いて志望企業について、なぜ気になったのか、なぜその企業に就職したいのかを明確化してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

志望している企業を知ったきっかけは、〇〇という製品です。

僕の祖母は足が悪く、電気をつけに行ったりカーテンを閉めたりといった動作をするのも大変でした。

しかし、〇〇と言う製品を使うことで移動することなくスマートフォンを使って電気をつけたりカーテンを閉めたりすることができるようになったのです。

〇〇について詳しく調べる中で、〇〇を開発した企業の「誰もが何不自由なく暮らせる社会を作りたい」という考えや、遠く離れた家族を見守るためのシステムやサービスに力を入れていることを知り、僕もその企業の一員として社会に貢献したいと思うようになりました。

そうだったんですね。

では、今後どうなりたいのかという将来についての具体的なビジョンを持っていることそのために今何をしているのかをアピールできるようにまとめてみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

大学でもプログラミングに関連する授業を積極的に受講するようにしています。

また、学外でもプログラミング言語の勉強を毎日最低一時間はするように心がけていて、先日C言語プログラミング能力認定試験3級を取得しました。

将来的には、社会のニーズを開拓して新しいシステムを創造することで世の中に貢献できる人材になりたいと思っています。

それでは今までの、「志望する職種」「その企業を志望する理由」「今後の展望」をまとめて、志望動機の文章を作成してみましょう

「就活の教科書」編集部 はるな

例)就活生君の志望動機

〔志望する職種〕

私は顧客の要望や社会のニーズに合わせたシステムを開発することで、誰もが豊かに安心して暮らすことの出来る社会の実現に貢献したいと考え、貴社を志望させていただきました。

〔企業を志望する理由〕

貴社に興味を持ったきっかけは私が高校3年生の時、足の悪い祖母のために貴社の製品である〇〇を購入させていただいたときです。

それまで電気をつけるために移動するのも大変だった祖母でしたが、〇〇のおかげで彼女自身でできることが増え、祖母の笑顔を見ることが増えました。

〇〇について詳しく調べる中で、「誰もが何不自由なく暮らせる社会を作りたい」という考えや、遠く離れた家族を見守るためのシステムやサービスに力を入れていることを知り、僕もその企業の一員として社会に貢献したいと思うようになりました。

〔努力してきたこと〕

それから、大学でプログラミングに関わる授業を積極的に受講するようになり、自己学習も毎日欠かさずに行って、C言語プログラミング能力認定試験3級の資格を取得しました。

〔今後の展望〕

貴社に入社できた際には、日々新しい技術を学び、それを活用して自分の技術にして、将来的には社会のニーズを開拓して新しいシステムを創造することで世の中に貢献できる人材になりたいと考えています。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

IT業界の分類一覧

就活生ちゃん

IT業界と言っても、様々な企業があるので迷ってしまいますね…。

IT業界という大きな枠組みの中には、様々な業種が含まれます。

IT業界に関わる業種を整理してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆IT業界に関わる業種

  • ①:IT
  • ②:ソフトウェア
  • ③:インターネット
  • ④:通信
  • ⑤:クラウド

①:IT

IT業界に関わる業種1つ目は、ITです。

IT業界とは、コンピュータやインターネットを使った情報技術(Information Technology)を利用したサービス全般を提供する企業を指します。

②:ソフトウェア

IT業界に関わる業種2つ目は、ソフトウェアです。

ソフトウェア業界とは、コンピュータ上でさまざまな処理を行うプログラムであるソフトウェアを開発・提供する企業を指します。

パソコンで使用する文字入力ソフトや図表作成ソフトをはじめ、スマート家電やソフトウェア定義自動車などのハードウェアとソフトウェアが一体となった製品の開発などを行っています。

※ソフトウェア定義自動車…主にソフトウェアによって機能が実現された自動車のことを指す

◆ソフトウェア業界企業

  • 日本オラクル
  • トレンドマイクロ
  • オービック
  • サイボウズ
  • ジャストシステム
  • ピー・シー・エー

③:インターネット

IT業界に関わる業種3つ目はインターネットです。

インターネット業界とは、インターネットを介して社会が便利になるサービスを提供している企業を指します。

法人向けにウェブサイト制作やインターネット広告運用、SNS運用を行ったり、消費者向けに検索エンジンやECサイトの運営、コンテンツ配信を行ったりするなど、様々なサービスを提供しています。

◆インターネット業界企業例

  • 楽天グループ株式会社
  • ヤフー株式会社
  • 株式会社サイバーエージェント
  • アマゾンジャパン合同会社
  • 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
  • 株式会社ぐるなび

④:通信

IT業界に関わる業種4つ目は、通信です。

通信業界とは、電波を活用したサービスを消費者に提供している企業のことを指します。

通信業界には、大きく分けて電波や回線を提供する通信業、電波を介して情報提供を行う放送業、インターネット上に空間を提供するデジタルプラットフォーム事業の3つの業種が含まれます。

◆通信業界企業

  • 株式会社NTTドコモ
  • 日本電信電話株式会社
  • KDDI株式会社
  • ソフトバンク株式会社

⑤:クラウド

IT業界に関わる業種5つ目は、クラウドです。

クラウド業界とは、インターネット上でデータを管理・処理するクラウドサービスを提供する企業を指します。

◆クラウド業界企業(クラウドサービス名)

  • Microsoft (Azure)
  • Google(GCP)
  • Amazon(AWS/AmazonWebServices)

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

IT業界の職種一覧

就活生くん

IT業界で活躍している職種は様々なものがあるんですよね?

どんなものがあるんでしょうか?

IT業界で活躍している職種をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆IT業界の職種

  • ①:システムエンジニア(SE)
  • ②:プログラマー
  • ③:ITコンサルタント
  • ④:セールスエンジニア
  • ⑤:プロダクトマネージャー

①:システムエンジニア(SE)

IT業界の職種1つ目は、システムエンジニア(SE)です。

システムエンジニアは、システム開発における設計を担うのが仕事です。

クライアントにヒアリングを行って要求分析・要件定義を行い、クライアントの要求を実現するシステムの設計を行います。

また、プログラミングが終了してシステムが形になった後で、システムがきちんと設計通りの動作をするかテストする工程にも関わります。

クライアントの要求を聞き出すためのコミュニケーション力や、システムを設計するための技術的な能力、システム開発の際のスケジュール管理や人員管理のマネジメント力などが求められます。

②:プログラマー

IT業界の職種2つ目は、プログラマーです。

プログラマーの仕事は、システムエンジニア(SE)が作った設計に基づいて、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを実際に作成することです。

またシステムエンジニアの設計通りに作っても正しく動作しない場合もあるため、テストを繰り返してバグを発見・処理していき、不備のない状態で納品できるように修正することもプログラマーの仕事です。

プログラマーになるためには、プログラミングのスキルだけでなく、コンピューターに対する命令を順序立てて論理的に構築していくための論理的思考力も求められます。

③:ITコンサルタント

IT業界の職種3つ目は、ITコンサルタントです。

ITコンサルタントとは、ITを活用して企業の課題を明らかにして、解決のための助言や提案を行う専門家です。

ITコンサルタントの仕事は、クライアント企業からのヒアリングやデータの分析による企業のIT戦略の策定からシステムの見直し、新システム導入の提案システムの最適化や動作検証まで多岐に渡ります。

クライアント企業の課題を正確につかむための理解力や課題解決に役立つ企画を考える論理的思考力が求められます。

④:セールスエンジニア

IT業界の職種4つ目は、セールスエンジニアです。

セールスエンジニアの仕事は、エンジニアとしての専門的な技術や知識を活かして、営業現場で製品の説明や提案、実演を行うことで受注などのセールス活動に貢献することです。

自社製品・サービスの説明だけでなく、デモ実演してプレゼンテーションを行ったり、顧客が製品やサービスを購入した後のアフターサポートを行ったりすることもセールスエンジニアの仕事となります。

自社製品についての知識や技術だけでなく、営業スキルも持ち併せていることが求められます。

⑤:プロダクトマネージャー

IT業界の職種5つ目は、プロダクトマネージャーです。

プロダクトマネージャーの仕事は、製品開発やビジネスモデルの設計、価格設定、マーケティングなど、製品を中心としたあらゆるマネジメントを担うことです。

社会や市場のニーズを発掘するための洞察力やプロダクトの設計や計画立案に関する知見、プロダクト開発に関連する人材、コスト、情報などを管理するためのマネジメント力など、様々なスキルが求められます。

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

IT業界の志望動機に関するよくある質問

就活生ちゃん

IT業界に就職するための志望動機やIT業界そのものについての理解が深まったような気がします!

IT業界の志望動機について他に知っておくべきことはありますか?

それでは、IT業界の志望動機に関するよくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

IT業界の志望動機に関するよくある質問2つ
  • 質問①:「なぜIT業界を志望したのか?」に対して、文系学生はどのように答えればいいの?
  • 質問②:未経験からIT業界に転職できるの?

質問①:「なぜIT業界を志望したのか?」に対して、文系学生はどのように答えればいいの?

IT業界の志望動機に関するよくある質問1つ目は、「「なぜIT業界を志望したのか?」に対して、文系学生はどのように答えればいいの?」です。

IT業界では、技術力だけでなくコミュニケーション力やマネジメント力なども求められており、多くの文系出身者の方々が活躍しています。

◆文系学生がアピールすべきポイント

  • IT業界への興味・関心を伝える
  • 特定の業種への興味・関心を伝える
  • 志望企業や志望職種にまつわる感銘を受けた出来事を伝える
  • 熱意や向上心を伝える
  • 今後の展望を伝える

基本的なITスキルを保有していることを証明することができる「ITパスポート」や基本情報技術者試験などの資格の取得に挑戦してみると、技術面の不安を解消することができるでしょう。

資格取得には至っていない勉強途中の状態であっても熱意があることの根拠となります。

就活アドバイザー 京香

「IT業界へ進みたい」「志望企業に就職したい」という自分の思いを志望動機としてしっかり伝えることができるよう準備しておくことが重要です。

「就活の教科書」編集部 はるな

質問②:未経験からIT業界に転職できるの?

IT業界の志望動機に関するよくある質問2つ目は、「未経験からIT業界に転職できるの?」です。

未経験でもIT業界に転職することは可能です。

未経験からIT業界に転職する際には、「知らないものでも積極的・主体的に学ぼうとする意欲やチャレンジ精神」をアピールするようにしましょう。

IT業界は日々急速に発展しているため、次から次へと新しい技術や知識が生まれてきます。

そのため、毎日知識を取り入れて自分を成長させようとする向上心が大事であると考えられます。

意欲を伝えるには、応募先の業務に役立つ資格の取得も大きなアピール要素の一つとなると思います。

勉強中であっても、「自主的に勉強を始めるほど意欲がある」ということを示す根拠になりますよ。

就活アドバイザー 京香

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:IT業界の志望動機では「ITを活用して何がしたいのか」をしっかりと伝えよう

いかがでしたか。

今回はIT業界に就職するための志望動機についてご紹介しました。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

最後に、今回の記事の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】そもそもIT業界とは?

  • DXが進む中で、今最も需要が高まっている業界の1つ
  • IT業界の志望動機は書き分けるのがおすすめ

◆【職種別】IT業界で評価される志望動機例文5選

  • 例文①:プログラマー
  • 例文②:通信系エンジニア
  • 例文③:セールスエンジニア
  • 例文④:ITコンサルタント
  • 例文⑤:営業

◆IT業界で評価されやすい志望動機の構成

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆IT業界の一覧

  • ①:IT
  • ②:ソフトウェア
  • ③:インターネット
  • ④:通信
  • ⑤:クラウド

◆IT業界の職種一覧

  • ①:システムエンジニア(SE)
  • ②:プログラマー
  • ③:ITコンサルタント
  • ④:セールスエンジニア
  • ⑤:プロダクトマネージャー

◆IT業界の志望動機に関するよくある質問

  • 質問①:「なぜIT業界を志望したのか?」に対して、文系学生はどのように答えればいいの?
  • 質問②:未経験からIT業界に転職できるの?

◆まとめ:IT業界の志望動機では「ITを活用して何がしたいのか」をしっかりと伝えよう