【例文あり】WEB業界の志望動機を魅力的に伝える書き方 | おすすめ構成も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • WEB業界で活躍している職種一覧
  • WEB業界に就職するための志望動機例文
  • Web業界の志望動機のNG例
  • WEB業界に就職するための志望動機作成のポイント
  • 「CyberAgentやDeNAなどのIT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーの利用が一番おすすめ

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回は、Web業界への就職を志望する際の志望動機の作り方や例文をご紹介させていただこうと思います。

就活生の皆さんは、志望動機を作るにあたって悩んでいることはありますか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

僕はなんとなくWEB業界で働きたいなと思っているのですが、自分の気持ちを言語化するのが難しくて困っています。

就活生ちゃん

私はWEBデザイナーとして働きたいと思っているのですが、志望動機を作成するにあたって、どのようなことを書けば良いのでしょうか…?

自分の気持ちを言語化して伝えることって、実は非常に難しいことですよね。

しかし、企業は採用選考の際に就活生の志望動機を非常に大切にしています。

ちなみに、エンジニアとして難関IT企業の内定をもらうには、ITエンジニア特化の就活サポートをしてくれる「レバテックルーキー」などの支援サービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

と言うわけで、今回はWeb業界に就職するための志望動機例や志望動機の構成の仕方をご紹介します。

併せてWeb業界の職種をいくつか簡単にご紹介します。

  • 「Web業界に就職したい」という就活生の皆さん
  • 「志望動機の作成の仕方がわからない」という就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【ざっくり解説】Web業界とは?

就活生くん

そもそも、Web業界ってどんな業界何ですか?

では、まずWeb業界について整理するところから始めましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

Web業界はIT業界の一部

Web業界とは「コンピューターに関する技術を取り扱う企業」であるIT業界の中に含まれる、WebサイトやWebサービスの制作事業を行う企業を指します。

1990年代半ばのWindows95の発売やYahoo!検索エンジンの登場によって、パソコンやインターネット回線の家庭への普及が進んだことから歴史が始まり、1998年にはGoogle社が設立されました。

2007年のiPhone発売をきっかけとしたスマートフォンの普及により、Web業界が提供するサービスは増加し、より身近な物となりました。

現在でもWeb業界の市場規模は年々拡大していて、今勢いに乗っている業界の一つと言えます。

Web業界のサービス例

Web業界のサービスは、大きく分けて以下の8つに分類することができます。

◆Web業界のサービス

〈ポータル〉

ポータルの由来は英語の「Portal」(入口、玄関の意)であり、検索エンジンを提供し多くのサイトへアクセスする窓口を提供するWebサイトを指します。

例:Google、Yahoo!

〈SNS〉

情報を発信したり検索して取り入れることができる、インターネットを使った人との交流を促進するWebサービスです。

例:Twitter、Facebook、Instagram

〈ソーシャルゲーム〉

SNSをプラットフォームとするゲームを指します。専用のクライアントソフトウェアを必要とせずに、SNSアカウントとWebブラウザのみで誰でも楽しむことが可能となっていることが特徴です。

〈eコマース〉

eコマース(電子商取引)とは、インターネットを通して売買や契約を行う取引形態を指します。

例:Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング

〈Web広告〉

SNSやブログなどのインターネット上の媒体に掲載される広告サービスです。検索エンジンに連動して表示される「リスティング広告」や、成果報酬型の「アフィリエイト広告」が知られています。

〈eラーニング〉

パソコンやスマートフォンを利用して学ぶ学習形態を指します。時間や場所を問わずに受講者の都合のよいタイミングで学習に取り組めるため学習効果の向上を図ることができるとともに、今までの学習方法に比べて学習コスト削減も期待できるとして注目されています。

〈電子書籍〉

電子書籍とは電子化された書籍を指す言葉で、モバイル端末で本の内容を読むことができるサービスです。

例:ebookjapan、honto、楽天Kobo、Kindleストア、dブック

〈キュレーション〉

キュレーションはインターネット上の情報を収集・選別・編集し、提供するWebサービスです。インターネット上にある膨大な情報から、必要な情報を集めて編集してから提示してくれます。

例:グノシー、NewsPicks、食べログまとめ

Web業界の職種一覧と仕事内容

Web業界では、以下の様な職種の人々が活躍しています。

Web業界の職種一覧

  • Webエンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • Webプランナー
  • Webマーケター
  • Webディレクター
  • Webプロデューサー

・Webエンジニア

Webエンジニアの仕事は、システムエンジニアやWebデザイナーが作成した設計書に沿って、Webサイトやサービスをプログラミング技術を活用して開発することです。

・Webデザイナー

Webデザイナーは、「Webクリエイター」「ホームページデザイナー」と呼ばれることもあります。

企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイト・サービスのデザインをすることが仕事となります。

・Webライター

Webライターとは、Webサイト上の文章を書く人を指します。

文章力に加えて、Webライターには検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められ、雑誌や新聞などの紙面のライターとは異なる知識・スキルが必要となります。

・Webプランナー

Webプランナーの仕事は、クライアントと打ち合わせをしながら、webサイト・サービスのコンテンツを企画することです。

クライアントの要望やイメージを十分に聞きとるためのコミュニケーション能力が求められます。

・Webマーケター

Webマーケターとは、Webサイト・サービスを成長させるための戦略を立案・実行することを請け負う人を指します。

具体的には、検索エンジンの上位に表示させるために行うSEO対策やネット広告などの集客であったり、顧客の購買意欲が冷めないような誘導を行います。

・Webディレクター

Webサイト・サービス制作のプロジェクトを指揮して、関わる人員やスケジュール・進捗の管理を行うことが仕事となります。

WebエンジニアやWebデザイナーなどのプロジェクトに関わるスタッフ達をまとめ、クライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げることが求められます。

・Webプロデューサー

Webプロデューサーの仕事は、Webサイト・サービス制作のプロジェクトを指揮するディレクター業務に加え、プロジェクトを進めるために必要なお金の管理・折衝を行うことです。

企画の立ち上げからクライアントへの営業やプレゼンテーション、予算設定や人材の適切な配置、Web制作現場の監督、納品後のアフターフォローなど、最初から最後までプロジェクトに幅広くかかわることになります。

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

Web業界で評価される志望動機の例文

就活生ちゃん

Web業界で働きたいなと思っているのですが、この気持ちを企業に伝えるにはどのように志望動機を作成すればいいんでしょうか…。

どんな志望動機を作ればいいのか、イメージも湧いてきません…。

では、Web業界に就職するための例文をいくつか職種ごとにご紹介します。

実際にWeb企業に就職するとしたら、どんな職種で働きたいのかを考えながら読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆Web業界に就職するための志望動機例文

  • 例文①:Webエンジニア
  • 例文②:Webデザイナー
  • 例文③:Webライター
  • 例文④:Webプランナー
  • 例文⑤:Webマーケター

例文①:Webエンジニア

〔結論〕

私は貴社の「24時間365日人々の生活を支えるライフインフラであり続ける」という企業理念に共感し、貴社のWEBエンジニア職に就くことを志望しています。

〔Webエンジニア職を希望するようになったきっかけ/理由〕

日々の生活でWebサイトやWebサービスを利用する中でその仕組みに興味を持ち、調べていくうちにWebサイトを使って必要な情報をすぐに手に入れたり、ほしいものを購入したりできることは決して当たり前のことではなく、システムを支えてくださる方々がいらっしゃるおかげだということを知りました。

〔企業を志望する理由〕

その過程で貴社の〇〇と言うサービスに興味を惹かれて調べたところ、貴社が「人と人、人とサービスの距離を縮める手段となる」という使命を掲げてサービスの開発・改良を続けていることを知り、私も人々の生活を支えるライフインフラ作りに携わりたいと思うようになりました。

〔WEBエンジニア職に就くために努力してきたこと〕

それから貴社に入社したいと言う思いを胸に、独学でプログラミングを学習し、簡単なアプリケーションを自作するようになりました。

現在はITパスポートを取得するために勉強を続けています。

〔今後の展望〕

私が貴社に入社できた際には、WEBエンジニアとしてのスキルを高めていくことはもちろん、貴社が目指す「24時間365日人々の生活を支えるライフインフラ」の運営・発展に貢献していきたいと思います。

  1. Webエンジニア職を希望するようになったきっかけ/理由
  2. 企業を志望する理由
  3. WEBエンジニア職に就くために努力してきたこと
  4. 今後の展望

の4つから構成された志望動機例となっています。

企業/会社の事業やサービスに対する思いをアピールしたり、企業/会社の理念への共感を絡めて伝えると、よりその企業/会社に就職したいと言う気持ちが伝わる志望動機となるでしょう。

最後は、「入社後にどんなことをするのか」というビジョンをしっかり持っていることをアピールして締めくくりましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文②:Webデザイナー

〔結論〕

私は、Webサイトのデザインで大企業からベンチャー企業まで高く評価されている貴社でWEBデザイナーとして働きたいと思っています。

〔WEBデザイナー職を希望するようになったきっかけ/理由〕

学生の時に独学でWEBサイトの制作について学び、wordpressを用いて実際にWEBサイトを作成していました。

PhotoshopやIllustratorのようなデザインソフトを使用してWEBサイトのデザインを行ったり、SEOやアクセシビリティを意識したりして、試行錯誤しながら制作をつづけ、PV数を少しずつ伸ばしていきました。

このような経験を通して、デザイン制作を「楽しい」と実感したことが、WEBデザイナーとしてWEB業界で働きたいと思ったきっかけです。

〔企業を志望する理由〕

貴社のインターンに参加した際には、貴社が大手有名企業から中小企業まで様々なWEBサイトの制作を請け負い、それぞれに合ったものを作り上げることで高く評価されていると知り、感銘を受けました。

またWEBサイトの制作現場を見せていただいた際に、チームで和気あいあいと作成している先輩社員の方々を見て、私もチームの一員として働きたいと強く思うようになりました。

〔今後の展望〕

私が貴社に入社できた際には、WEBデザイナーとして必要な知識や技術をいち早く身につけ、WEBサイト制作チームの一員として、貴社に貢献できるような働きをしたいと思います。

  1. WEBデザイナー職を希望するようになったきっかけ/理由
  2. 企業を志望する理由
  3. 今後の展望

の3つから構成されている志望動機例となっています。

WEBデザイナー職を目指すきっかけを自身の経験と織り交ぜて話すことで、自分のできることをアピールすることにつながっていますね。

また、「独学でWEBサイト制作を試みた」経験からは、チャレンジ精神も感じられる志望動機となっていると思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文③:Webライター

〔結論〕

私は、御社の「必要な情報を必要としている人に、わかりやすく」という姿勢に共感し、御社のWEBライター職に就くことを志望しています。

WEBライター職を希望するようになったきっかけ/理由

私は文章を書くことが好きで、学生時代に趣味でブログを書いていました。

その日にあったことや嬉しかったことを日々つづっていく中で、様々な人が閲覧してくださるようになり、ある方が「私の書いた文章が楽しみで毎日過ごせている」というコメントを寄せてくださいました。

私の文章で人の心を動かすことができることを知り、文章を書く仕事がしたい、もっと多くの人に私の文章を読んでいただきたいと思うようになり、ライター職を志すようになりました。

〔企業を志望する理由〕

そのような中で御社のWEBサイトを閲覧し、知りたい情報が読みたくなる文章で描かれていると感じて、興味を持ちました。

御社について調べていくうちに、御社の「必要な情報を必要としている人に、わかりやすく」という考え方や、ユーザー行動分析を重要視して記事を作成していく姿勢を魅力的に思い、御社で働きたいと思うようになりました。

〔今後の展望〕

御社に入社できた際には、ユーザーが求める文章とは何かを学び、自身で企画したり編集に携わるなど、ステップアップをしていきたいと考えています。

上記の志望動機例は

  1. WEBデザイナー職を希望するようになったきっかけ/理由
  2. 企業を志望する理由
  3. 今後の展望

の3つから構成されていますね。

希望職種であるWEBライター職に関わる経験や類似した経験をアピールすると良いですね。

どのようにキャリアアップ、スキルアップしていきたいかを伝えることも大きなポイントとなると思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文④:Webプランナー

〔結論〕

私は、御社が企業の良さを最大限に魅せるようなWEBサイトを制作していることに感銘を受け、御社でWEBプランナーとして働きたいと思っております。

企業を志望する理由

私が学生の時に姉が結婚式を挙げたのですが、その時に利用したウェディングコンサルタント会社の決め手は、御社が制作していた〇〇会社のWEBサイトでした。

数あるウェディングコンサルタント会社のWEBサイトの中でも、ひときわ目を引く洗練されたデザインと、知りたい情報をわかりやすく提示してくれる点に魅力を感じました。

姉も、契約前にWEBサイトを通じてわからないことを質問できるシステムを利用して、事前に必要な情報を集めてからウェディングコンサルタント会社を決定することができたので、安心してその会社に任せることができたと申しておりました。

御社が作ったWEBサイトは企業の良さを最大限に魅せることができるように設計されているように感じて、私も御社で働いて様々な企業の魅力を多くの人々に知っていただくお手伝いがしたいと思うようになりました。

希望職種・今後の展望について

私は人とコミュニケーションをすることや、アイデアを考えることが好きなので、御社でWEBプランナーとして働かせていただきたいと思っております。

クライアント企業から要望や魅力をヒアリングするスキルを向上させ、Web制作に関する知識や経験を積んで、ゆくゆくは企画から制作までを管理するWEBディレクターにスキルアップしていきたいと思います。

  1. 企業を志望する理由
  2. 希望職種・今後の展望について

の2つから構成された志望動機となっているようです。

「WEBプランナーからWEBディレクターへスキルアップしていきたい」という、今後の展望への明確な意思を示すことで、向上心や熱意をアピールすることができているように感じます。

「就活の教科書」編集部 はるな

例文⑤:Webマーケター

〔結論〕

私はWEBマーケティングで人々の生活をより便利にできるWEBサイト作成に携わりたいという思いから御社を志望します。

〔WEBマーケター職に興味を持ったきっかけ/理由〕

WEBサイトは今や人々の生活に欠かせないモノになり、人々の生活レベルの向上に直結していると感じています。

人々の生活を支えるWEBサイトに関係するしたいと考えていたところ、検索ユーザーの検索意図や求めている情報を読みとって、より検索ユーザーに寄り添ったサイト構築を行うWEBマーケターという仕事を見つけました。

「WEBサイトとは検索すると自分が探している情報が見つかる便利なものである」と思っていられるのは、WEBマーケターの方々が支えてくださっている仕組みのおかげだと気づき、私もその仕組みを支えるような働きがしたいと思うようになりました。

〔WEBマーケター職に就くために努力してきたこと〕

WEBマーケターになりたいと決めてから、WEBに関連する知識や技術を得ようと思い、独学で勉強を始めWEB検定を取得しました。

〔企業を志望する理由〕

御社は〇〇という大規模なWEBサイトを運営されており、数あるWEBサイト関連会社の中でも社会に大きな影響力を与えているように感じ、非常に魅力的に思います。

〔今後の展望〕

御社に入社できた際には、より検索ユーザーに寄り添ったサイトを構築をするためにはどうすればよいかを常に考え、さらに多くの人々の生活を支えられるWEBサイトの運営に携われるようになりたいと思っています。

  1. WEBマーケター職に興味を持ったきっかけ/理由
  2. WEBマーケター職に就くために努力してきたこと
  3. 企業を志望する理由
  4. 今後の展望

の4つから構成された志望動機例となっています。

「数あるWEBサイト関連の企業の中でも応募先企業を志望する理由」を明確に伝えることができていますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

以下の記事では、より詳しくWEBマーケターとして働くための志望動機の伝え方やポイントを解説しています。

ぜひ参考にしてください!

就活アドバイザー 京香

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

Web業界の志望動機のNG例

就活生くん

WEB業界に就職するための志望動機について、なんとなくイメージができたような気がします。

ところで、志望動機で避けた方が良いポイントってあるんでしょうか?

志望動機で避けた方がよいポイントを知っておくことは重要ですね。

では避けた方が良い志望動機の例文をいくつか見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

【避けた方が良い志望動機の例文】

  • 情熱・意欲が感じられない
  • 応募先企業を選んだ理由がわからない
  • 自分の都合を前面に押し出している
  • 具体性に欠けている

◆情熱・意欲が感じられない例文

私はWEBデザイナーとして働きたいと考え、WEBデザイナー職を募集していた貴社に応募いたしました。

上記の例文は「なぜWEBデザイナーになりたいのか」がわからない文章になっています。

また、企業にWEBデザイナーとして働けるならどこでもよいという印象を与えてしまう可能性も高いと言えます。

このような文章からは、「絶対にWEBデザイナーになりたい」「その企業でどうしても働きたい」という情熱・意欲が感じられません。

◆応募先企業を選んだ理由がわからない

私が貴社を志望した理由は、WEBデザインを通じて企業の課題解決を行いたいと考えたからです。

学生時代、カフェでアルバイトをしている時にホームページの運用を任されたことがありました。

ホームページのデザインを変更してみると、アクセスが大幅に上昇して、カフェに足を運んでくださるお客様が増えました。

この経験から、WEBデザインで企業の集客や売上に貢献できるのではと考え、WEBデザインを通じて企業の課題解決をしたいと思うようになりました。

御社に入社できた際には、WEBデザイナーとして必要な知識や技術を早く身に着けて、御社ひいては社会に貢献できるようになりたいと思います。

結論から書き出し、業界を志望する理由もしっかり示されていますが、応募先企業を志望している理由が分からない志望動機となっています。

上記のような内容だと「うちじゃなくてもWEB業界なら、どこでもいいんじゃないか?」と思われ、「どうしてもその企業に就職したい」という熱意が伝わりません

◆自分の都合を前面に押し出している

貴社は福利厚生制度の構築に力を入れており、プライベートも充実させたいと考えている私にとって理想的な職場だと感じて応募させていただきました。

職場選びにおいて福利厚生制度は大きな決め手となる場合がありますが、この文章では「福利厚生制度にもっと力を入れている企業が見つかれば、すぐにやめてしまうのではないか」と思われてしまします。

企業の仕事に対する姿勢や、提供している商品やサービスなど、仕事内容に関連する事柄について言及する志望動機を考えてみましょう。

◆具体性が欠けている例文

貴社に入社できた際には、私はWEBマーケターとして貴社に貢献したいと考えています。

WEBマーケターとして「どのように貢献するか」という大事な部分が欠けてしまっているため、薄っぺらい言葉に聞こえてしまいます。

自分のスキルや将来のビジョンについてアピールする際には具体性を意識して志望動機の文章を作成することを心がけましょう。

続いてWEB業界に就職するための志望動機を書く際のポイントをいくつかご紹介します。

上記のようなNGな志望動機の作成を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

IT業界への就職に役に立つ記事一覧

「IT業界に就職したい」という就活生には以下の記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、IT業界への就職で知っておくべきことが分かり、効率よくIT業界の対策ができるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                                                   

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法

就活生くん

IT業界の自分に合う企業でエンジニアやデータサイエンティストとして働きたいのですが、どのように対策していけば良いのでしょうか?

ITエンジニアやデータサイエンティストになるためには、どのように就活をしていけば良いのか難しいですよね。

そこで、IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法を解説していきます。

先に結論を伝えておくと、IT業界/企業に特化した就活のプロと一緒に対策したり、優良企業を紹介してもらうのが一番おすすめですね!

就活アドバイザー 京香

タイトル
  • 対策法:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう
  • 対策法:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう
  • 対策法:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

それでは、それぞれ解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう」ことです。

就活生はIT業界にどんな種類があって、どんな優良企業がどんなレベルの人材を求めているのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

IT業界のことにかなり詳しい就活のプロから紹介してもらうことで、自分と合わないIT企業への就職を防げます。

そこで、プログラミング経験者で自分に合う隠れ優良IT企業を教えてもらうなら、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキー

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • レバテックルーキーを使うと、IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
\ 有名IT企業内定も可能! /
 お試しに適職を診断する
(レバテックルーキー)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

レバテックルーキー「8,000社以上の中からあなたに合う優良企業を紹介してくれて、ES通過率90%以上」という非常に良い実績があるので、信頼性も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう」ことです。

IT業界の企業に入社できたとしても、自分が希望する職種に就けなかったらモチベーションも下がる場合がありますよね。

そのため、「IT業界の優良企業で希望職種で働きたい!」という方は、自分の強みや専攻、希望職種などのプロフィールを入力するだけで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらえるOfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを使えばあなたの希望に合う優良企業から特別オファーGET

  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! /
 大手優良企業から特別スカウト
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

私もOfferBoxを利用していますが、かなり有名な企業の特別スカウトをもらったことが複数回あるので、就活生なら使っていて損はないサービスですね。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「選考通過できるように内定者のESを確認しておく」ことです。

IT業界の企業では、自己PRやガクチカ以外にもIT系の分野に特化した内容を聞かれることがよくあるため、事前に内定者の回答を見ておくことで、ESを簡単に書けるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中! /
 無料で選考通過ESを見てみる
(選考通過ES)

*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。

あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

Web業界ではどのような志望動機が重視されるの?

就活生ちゃん

WEB業界に就職するための志望動機のイメージはなんとなくつかめたような気がするので、実際に私も作成してみようかなと思います。

WEB業界では、志望動機のどのような部分がポイントとなるのでしょうか?

WEB業界に就職するための志望動機を作成する際に注意すべきポイントをご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

Web業界のESでは職種ごとに志望動機を書きわけよう

WEB業界では様々な職種の方々が活躍されており、その職種によって仕事内容や必要となるスキルは大きく異なると考えられます。

またWEB業界と一口に言っても、企業によって業務内容や必要としている人材の特徴も異なるでしょう。

そのため、WEB業界の志望動機は書き分けるのがおすすめです。

志望動機からWeb業界の人事が知りたいこと

就活生くん

WEB業界の人事の方は、志望動機のどのポイントに注目していらっしゃるのでしょうか?

WEB業界の人事の方が注目するポイントは、主に以下の4つです。

  1. Web業界で働きたい理由
  2. 応募先企業を選んだ理由
  3. Web業界で活かせる経験やスキル
  4. Web業界で今後どのように活躍したいか

就活アドバイザー 京香

・WEB業界で働きたい理由

なぜWEB業界で働きたいのかは、志望動機において非常に重要なポイントとなります。

数ある業界の中でも「なぜWEB業界がいいのか」「なぜWEB業界でなくてはならないのか」を明確に伝えられるようにしておくことが重要です。

WEB業界を志望する理由を見つけるためには、Web業界の基本的な情報や、業界に関わるニュースなどの情報収集が欠かせません。

就活アドバイザー 京香

・応募先企業を選んだ理由

企業にとっては、就活生が数あるWEB業界の企業の中から、なぜその企業を選んで応募したのかという理由も注目ポイントの一つです。

企業は、就活生の「なぜ応募先企業を選んだのか」という応募先企業を選んだ理由から、就活生の価値観や就活生のモチベーションを測ろうと考えています。

志望する企業の商品やサービス、経営理念などと絡めて伝えると良いと思います。

志望する企業の商品やサービスをユーザーとして利用しておくと、魅力を感じたポイントや理由を伝える際に、よりリアリティを持たせることが可能になると思いますよ。

また店舗に行く、パンフレットを読む、企業情報を調べるなどの情報収集も重要です。

就活アドバイザー 京香

・Web業界で活かせる経験やスキル

志望動機では、希望職種に就くために自分がやってきたことや、その職種に役立つ自分の長所をアピールすることも重要です。

例えばWEBエンジニアを志望している場合は、WEBアプリを作った経験やITパスポートなどの資格を取得したこと、学校でプログラミングの授業を受講したことなどがわかる文章を盛り込みましょう。

実際の経験を語ったり、言葉でアピールしたりするだけでなく実際に成果物を提出しても良いと思います。

就活アドバイザー 京香

・Web業界で今後どのように活躍したいか

志望動機で、入社してからしたいことや今後のキャリアパスをどう考えているかなど、Web業界で今後どのように活躍していきたいか「将来のビジョン」を持っていることを示すことも重要です。

企業は就活生の将来のビジョンから、その就活生はどのようなポテンシャルを持っているのか、将来にわたって活躍してくれそうかといったことを測ろうと考えています。

企業は志望動機から、「将来的に自社に貢献できる人材かどうか」「自社の社風や文化、理念にマッチする人材かどうか」を測りたいと考えています。

  1. Web業界で働きたい理由
  2. 応募先企業を選んだ理由
  3. Web業界で活かせる経験やスキル
  4. Web業界で今後どのように活躍したいか

の4つを含んだ志望動機を準備して、「どうしても志望企業に入社したい」と言う思いをしっかり伝えられるよう準備しておきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

Web業界の今後の動向・将来性

就活生くん

Web業界って今は非常に話題になっている業界だと思うのですが、今後はどうなんでしょうか?

Web業界を目指す方の中には、業界の将来性が気になる方もいらっしゃいますよね。

早速確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

2022年時点においてWEB業界は将来有望と考えられています。その理由は以下のとおりです。

  • IT業界自体が発展し続けている
  • AIやオンラインサービス、IoTなどの新技術が世界のトレンドである
  • インターネット関連技術は社会インフラとして欠かせないものになっている
  • ビジネスのDXが世界的に進んでいる

今後もさまざまな技術が開発され、WEB業界の重要性はますます高まると予想されています。

また、WEB業界の発展・拡大により、業界で活躍する人材の必要性も高まっています。

新しい技術が次々と開発されて普及していく業界なので、自分自身もスキルや知識を日々アップデートして、スキルアップしていくことが大切です。

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

Web業界の志望動機に関するよくある質問

就活生ちゃん

WEB業界に就職するための志望動機について、だんだんわかってきたような気がします。

他にWEB業界への志望動機について知っておくべきことありますか?

それでは最後に、Web業界の志望動機に関するよくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

Web業界の志望動機に関するよくある質問
  • 質問①:IT業界の中でも、特にWeb業界で働く魅力はなに?
  • 質問②:Web業界に入るにあたって、アピールできる資格はあるの?

質問①:IT業界の中でも、特にWeb業界で働く魅力はなに?

Web業界の志望動機に関するよくある質問1つ目は、「IT業界の中でも、特にWeb業界で働く魅力はなに?」です。

面接で「なぜWEB業界を志望しているのですか?」と聞かれることも考えられるので、自分にとってのWEB業界の魅力を整理しておくことは大切です。

考えられるWEB業界の魅力として以下の様なものがあると思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

  • 最先端の専門スキルが身につく
  • SEOやマーケティングなどの戦略の結果が数字で細かく分かる
  • インターネット関連技術が人々の生活に必要不可欠となっていく現代で、WEB業界はより人々の生活に密接した業種である

皆さんも自分にとってWEB業界の魅力的な点はどこにあるか、ぜひ考えてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

質問②:Web業界に入るにあたって、アピールできる資格はあるの?

Web業界の志望動機に関するよくある質問2つ目は、「Web業界に入るにあたって、アピールできる資格はあるの?」です。

WEB業界で役立ちそうな資格としては以下の様なものがあります。

就活アドバイザー 京香

【WEB業界 職種別 役立つ資格】

◆WEBエンジニア

  • 基本情報技術者試験(FE)…ITエンジニアにとって基本の資格で、経済産業省が認定する国家資格
  • PHP技術者認定試験…Web制作で多用されるスクリプト言語PHPの知識・スキルを認定する試験
  • HTML5プロフェッショナル認定試験…フロントエンド開発において必須言語であるHTML5・CSS3・JavaScriptのスキルを認定する試験

◆WEBデザイナー

  • ウェブデザイン技能検定…ウェブデザインに関する知識・技能を身に着けることができる
  • アドビ認定エキスパート(ACE)…アドビシステムズ社製品(Adobe Photoshop、Adobe Illustratorなど)の利用スキルを証明する、入門者や初心者向けの資格

◆WEBライター

  • SEO検定…SEOの基礎知識から実践的な知識までを身に着けることができる
  • Webライティング能力検定…WebライティングやSEO、法律に関する知識を身に着けることができる
  • 文章読解・作成能力検定…「相手に伝わる文章作成スキル」を身に着けることができる

◆WEBプランナー

  • Webクリエイター能力認定試験…Webサイトの構成・設計の知識やHTML・CSSを扱うスキルを身に着けることができる
  • ウェブデザイン技能検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定…特定の業種や業界にとらわれない共通マーケティング知識が得られる資格

◆WEBマーケター

  • ネットマーケティング検定…売り上げの拡大・ブランディング・業務効率化といったインターネット・マーケティングの知識を身に着けることができる
  • ウェブ解析士…ウェブ解析データを活用したアクセス解析のスキルが得られる資格
  • マーケティング・ビジネス実務検定

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

まとめ:Web業界のことをよく知って、人事に響く志望動機を書こう

いかがでしたか。

今回はWEB業界に就職するための志望動機について、志望動機例や志望動機を作成する際のポイントなどをご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

最後に、今回の記事の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】Web業界とは?

  • Web業界はIT業界の一部
  • Web業界のサービス例
  • Web業界の職種一覧と仕事内容

◆Web業界で評価される志望動機の例文

  • 例文①:Webエンジニア
  • 例文②:Webデザイナー
  • 例文③:Webライター
  • 例文④:Webプランナー
  • 例文⑤:Webマーケター

◆Web業界の志望動機のNG例

◆Web業界ではどのような志望動機が重視されるの?

  • Web業界のESでは職種ごとに志望動機を書きわけよう
  • 志望動機からWeb業界の人事が知りたいこと

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆Web業界の今後の動向・将来性

◆Web業界の志望動機に関するよくある質問

  • 質問①:IT業界の中でも、特にWeb業界で働く魅力はなに?
  • 質問②:Web業界に入るにあたって、アピールできる資格はあるの?

◆まとめ:Web業界のことをよく知って、人事に響く志望動機を書こう