>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【オヤカクとは】就活生の親に企業が入社確認を取る理由 | 内定者が教えます

【オヤカクとは】就活生の親に企業が入社確認を取る理由 | 内定者が教えます

この記事で分かるオヤカクの全て
  • ①:オヤカクとは何なのか
  • ②:企業がオヤカクをする理由
  • ③:企業のオヤカクによる内定辞退の対策法

 

皆さん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の西川です。

突然ですが、皆さんは「オヤカク」という言葉を聞いたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

オワハラなら聞いたことありますが、オヤカクは知らないです。

オヤカクって何ですか?

就活生ちゃん

そういえば、この前ニュースでオヤカクって言葉を見ました。

オヤカクって何なんですか?

最近、就活業界ではオワハラに続き、「オヤカク」(親確)という言葉が流行りだしています。
そんなオヤカクについて知らない就活生の方も多いのではないでしょうか。
この記事で、オヤカクのすべてを説明しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、オヤカクについて徹底的に調査してきた西川が、

①:オヤカクとは
②:オヤカクがなぜ必要になったのか
③:企業のオヤカクによる内定辞退の対策法

など、オヤカクについて解説します。

この記事を読めば、オヤカクについて理解できるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

オヤカクは最近、注目されているだけあって、意外と重要な考えです。

この記事でオヤカクについて理解を深めて、就活友達に教えてあげて下さいね。

では、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

オヤカクとは

さっそく、オヤカクとは何なのかを説明します。

オヤカクとは簡単に言うと、内定者の親に対する確認のことです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

内定者の親に向けた、内定承諾の確認

オヤカクとは、内定者の親に向けた内定承諾の確認です。

内定者の親に対して「子どもさんがウチの内定を承諾する事を認めますか?」という確認です。

オヤカクは、内定者の親に直接連絡する場合もありますし、内定者を通じて確認を取られる場合もあります。

現代の少子化社会の中で、子供に対する親の教育指向が過去に比べて格段に向上しています。

そのため就職活動でも、大学受験と同じように、親の意向が企業選びに強く影響してきているのです。

就活生くん

でも親の意向が企業選びに強く影響してきているからといって、「オヤカク」なんてする必要があるんですか?
就活生も立派に成人している大人ですし、ちょっと過保護な気もします。
そう考える気持ちも分かります。
しかし企業としては、オヤカクをしなければ、金銭面や時間的に損をしてしまう場合があるのです。

そこで次の項目では「企業がオヤカクをする理由」について説明しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業がオヤカクをする理由

ここでは、企業がオヤカクをする理由について説明します。

企業がオヤカクをするのは、以下の理由があるからです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

親の意向で内定辞退する就活生がいるから

企業がオヤカクをするのは、親の意向で内定辞退する就活生がいるからです。

そもそも企業は、新卒を1人採用するのに平均50万円ほどかけています。

内定辞退されてしまった場合、採用費用である約50万円が無駄になり、企業としては大きな損失です。

そして、この内定辞退の理由として多いのが「親の反対による内定辞退」です。

親に就職を反対されがちな企業は、以下の特徴に当てはまることが多いです。

親に反対されがちな企業の特徴
  • 将来性に不安のある企業
  • 有名ではない企業
  • 中小・ベンチャー企業
  • 労働環境が悪いと噂される企業
  • 親元から離れざるを得ない遠方の企業

企業側からすれば、お金と時間をかけて選んだ学生に内定辞退されると、これまでの過程が全て無駄になってしまいます。

そのため、親の反対による内定辞退を予防するために、企業は「オヤカク」を実施します。

ここまで企業がオヤカクをする理由について説明しました。

企業がオヤカクをするのは、就活生のためよりも「自社のために」行っています。

就活生を過保護にしているというよりかは、「変化する環境に適応するためにやらざるをえなかった」という意味合いの方が強いですね。

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

企業が自社のためにオヤカクを行っているなら納得です。
でも結局、親が確認した上で「この会社はダメだ!」と判断され、内定辞退する就活生もいますよね。

企業は、オヤカクによって内定辞退されないよう対策してるんですか?

良いところに目をつけましたね。

では次の項目で、企業がオヤカクによって内定辞退されないようにしている対策について説明しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業のオヤカクによる内定辞退の対策法

オヤカクをして、無事に内定承諾の確認が取れればいいですが、もちろん反対されてる場合もありますよね。

そこでこの項目では、企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」を紹介します。

紹介する企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」は、以下の6点です。

「就活の教科書」編集部 西川

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」
  • 企業案内や自社商品を親へ送付する
  • 採用HPに「親向け」説明ページを開設する
  • 親向けの企業説明会を開催する
  • 内定式の様子が分かる写真を親へ送付する
  • 内定者懇談会に親も招待する
  • 経営者や採用担当者による家庭訪問を実施する
それぞれ簡単に説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策法①:企業案内や自社商品を親へ送付する

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」の1つ目は、「企業案内や自社商品を親へ送付する」です。

親が就職を反対する理由として大きいのが、「その企業を良く知らないため」です。

そのため企業は、親向けに企業案内や自社商品を送り、自社についてよく知ってもらおうと努めます。

内定辞退防止の目的でなくても、内定後に改めて、企業パンフレットや商品を送ってくれる企業もあります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策法②:採用HPに「親向け」説明ページを開設する

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」の2つ目は、「採用HPに『親向け』ページを開設する」です。

親が反対する理由として、「企業のことは知っているけど、何となく信用が無いから反対する」パターンも良くあります。

そのため企業は、採用HPに「親向け」ページを開設し、親に向けたメッセージを送ることで信頼を得ようと努めます。

あなたは親に「今なんていう企業を受けているの?」と聞かれることがありませんか?
あなたが企業名を答えた後、ほとんどの親がこっそり企業の採用ページを見て、企業について調べています。
その時に、親に向けられたメッセージがあることで、企業への信頼感を獲得できる場合があるのです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策法③:親向けの企業説明会を開催する

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」の3つ目は、「親向けの企業説明会を開催する」です。

親向けの企業説明会を開くことで、企業の真摯なスタンスを親にアピールできます。

さらに、親も自分で企業説明を聞くことで、企業に対する納得度も上がります。

就活生ちゃん

親向けの企業説明会なんて本当にあるんですか?

ちょっと信じられないです。

確かに親向けの説明会なんて、あまり聞き馴染みがないですよね。

しかしこちらのツイートを見ると、実際に親向けの企業説明会が行われ、テレビに取り上げられていることが分かります。

「就活の教科書」編集部 西川

親向けの企業説明会は、多くの企業が実施しているわけでは無さそうです、

しかし、実施している企業は確実にあります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策法④:内定式の様子が分かる写真を親へ送付する

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」の4つ目は、「内定式の様子が分かる写真を親へ送付する」です。

内定式の様子が分かる写真を親へ送付することで、親もこれから子どもが働く環境が分かり、安心できます。

また最近では、企業公式のFacebookやWantedlyから、部外者も内定式の様子をなどを確認できる企業もあります。

僕の内定先であるアイレップも、FacebookやWantedlyで情報を発信しています。

企業公式SNSが気になる就活生は、試しに見てみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策法⑤:内定者懇談会に親も招待する

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」の5つ目は、「内定者懇談会に親も招待する」です。

内定者懇親会に親を招待し、企業説明や会社の雰囲気を感じてもらうことで、企業への安心感を得ようとしています。

就活生ちゃん

内定者懇親会に親を呼ぶ企業って、本当にあるんですか?

はい。本当にあります。
実際にとある企業で、親を招待した内定者懇親会が行われた様子が新聞に掲載されていましたよ。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策法⑥:経営者や採用担当者による家庭訪問を実施する

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」の6つ目は、「経営者や採用担当者による家庭訪問を実施する」です。

人事担当者などが家庭訪問をすることで、企業の真摯なスタンスを感じてもらい、親からの信用を得ようとします。

企業の「オヤカクによる内定辞退の対策法」を6つ紹介してきました。
オヤカクによる内定辞退の多くは、主に企業に対する信用不足から起きています。
そのため企業は、信用を得られるような対策を行っているようですね。

僕は、実際に社長・役員クラスが内定者の家庭訪問をする、企業の役員の方とお話しさせて頂いた経験があります。
その方は、両親からの信頼を得るのはもちろん、両親と対面することで「この方達が大事に育てられてきたお子さんを預かる」という気持ちを引き締める意味でも家庭訪問をしている、と述べられていました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:企業がオヤカクをするのは内定辞退を防ぐため

今回の「【オヤカクってなに?】企業の意図から対策法まですべて解説 | 知らなきゃ遅れてるかも」はいかがだったでしょうか。

この記事では、オヤカクについて徹底的に調査してきた西川が、

①:オヤカクとは
②:オヤカクがなぜ必要になったのか
③:企業のオヤカク施策の例

など、オヤカクについて完全解説してきました。

この記事であなたのオヤカクに関する悩みは全て解決できたハズです。
最後に一度、この記事で紹介してきたことをおさらいしますね。

「就活の教科書」編集部 西川

この記事で紹介してきたオヤカクについて

オヤカクとは

  • 内定者の親に向けた、内定承諾の確認

なぜ企業がオヤカクをするのか

  • 親の意向で内定辞退する就活生がいるから

企業のオヤカクによる内定辞退の対策法

  • 対策法①:企業案内や自社商品を親へ送付する
  • 対策法②:採用HPに「親向け」説明ページを開設する
  • 対策法③:親向けの企業説明会を開催する
  • 対策法④:内定式の様子が分かる写真を親へ送付する
  • 対策法⑤:内定者懇談会に親も招待する
  • 対策法⑥:経営者や採用担当者による家庭訪問を実施する

最後まで読んで頂きありがとうございます。
この記事であなたの疑問を全て解決できたハズです。
当サイト「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事をたくさん更新していきます。
また読みに来てくださいね。
あなたの就職活動が上手くいくことを心から応援しています。

「就活の教科書」編集部 西川