>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【就活で全落ちしたらどうする?】具体的な対処法教えます | 落ちる就活生の原因,特徴も

【就活で全落ちしたらどうする?】具体的な対処法教えます | 落ちる就活生の原因,特徴も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 就活で全落ちしたら、求人を募集している企業を探してみよう
  • 就活で全落ちしてしまう人は、倍率が高い企業しか受けていないことが多い
  • 就活で内定をもらうためにまずは自信を持とう
  • 就活で全落ちしてしまい内定が無い時のメンタルの回復方法3つ

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事を読んでいる就活生は、「企業に全落ちするんだけど、どうして?」「企業に全落ちしたらどうすればいいの?」「企業に全落ちしてメンタルがもたない・・・就活のことを考えたくない!」などの悩みをもっているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

志望企業に全部落ちてしまいました・・・。

これからどうすればいいんだろう・・・。

就活生ちゃん

私も受けた企業にことごとく落ちてしまいました。

もう辛いです・・・。

僕も志望企業に全落ちして、鬱寸前になっていた時があります。

エントリーした企業に全落ちするのってとても辛いですよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、志望企業に全落ちしたときの対処法について解説します。

加えて、企業に全落ちしてしまう人の特徴、内定をもらうためにやるべきこと、内定が無い時のメンタル回復方法、就活で全落ちしてしまうとどうなるのかについて解説します。

この記事を読めば、志望企業に落ちたら今後はどうすべきなのかについて理解できますよ。

「企業に全落ちするんだけど、なんで?」「企業に全落ちしたどうすればいいの?」「企業に全落ちしてメンタルがもたない・・・」などの悩みを抱えている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

就活で企業に全落ちしてしまう理由

就活生くん

就活をしているのですが、全落ちしてしまって内定がゼロの状態です。
なんでなんだろう・・・

就活で企業に全落ちしてしまう理由として以下の5つが考えられます。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活で企業に全落ちしてしまう人理由5つ
  • 倍率が高い企業しか受けていない
  • 自己分析が甘い
  • 面接対策ができていない
  • 受けている企業の数が少ない
  • 企業の求める人物像とマッチしていない

就活で企業に全落ちしてしまう理由についてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理由①:倍率が高い企業しか受けていない

就活で企業に全落ちしてしまう理由の1つ目は、倍率の高い企業しか受けていないからです。

大企業や有名ベンチャー企業など、倍率の高い企業ばかりを受けているとエントリーしている就活生が多いため、競争が激しく内定をもらいにくいです。

大企業を受ける場合には、滑り止めで倍率がそこまで高くない企業を受けて、内定を持っておくのがおすすめです。

そうすることで、「内定をもっているから、大企業に全落ちしても大丈夫」という精神的な余裕が生まれ、前向きな気持ちで就活をすることができます。

大企業は倍率が高く、受かりにくいので、大企業ばかり受けずに、滑り止めでベンチャー企業や中小企業の内定を持っておきたいですね。

内定を1社でも持っておきたい人は、内定がもらいやすい企業/業界を紹介しているので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理由②:自己分析が甘い

就活で企業に全落ちしてしまう理由の2つ目は、自己分析が甘いからです。

自己分析が甘いと、そもそも自分に合っていない企業を受けている可能性があります。

志望理由がすぐに出てこない会社は本当に行きたい会社なのでしょうか?

自己分析をして、自分の性格や長所を活かせる企業はどこなのかをじっくり考えたいですね。

自己分析のやり方について詳しく知りたいという就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

理由③:面接対策ができていない

就活で企業に全落ちしてしまう理由の3つ目は、面接対策ができていないからです。

企業から内定をもらえるかどうかは面接で決まる程、面接の重要度は高いです。

面接では最低限以下の項目は言えるようにしておくのが望ましいです。

面接で最低限言えるようにしておくべきこと10選
  • 自己PR
  • 自分の長所・短所
  • 企業の志望動機
  • 学生時代に力をいれたこと
  • チームで何かをした経験
  • 自分から働きかけて周りの人を動かした経験
  • 過去の挫折経験とその挫折をどう乗り越えたか
  • 5年後、10年後どうなりたいか
  • 周りの人からどのような人だと言われるか
  • 大学でどのような事を学んでいるか

以上のことは最低限言えるようにしておきたいです。

面接が不安で対策したいという就活生は、以下の記事が役立つので読んで面接対策してみてくださいね。

 

理由④:受けている企業の数が少ない

就活で企業に全落ちしてしまう理由の4つ目は、受けている企業の数が少ないからです。

大企業であれば、企業倍率が10倍は普通であり、10人に1人しか受からないことになります。

普通に考えれば、10社エントリーして1社受かるかどうかのレベルです。

また、受ける企業を絞りすぎてしまうデメリットは、全部落ちた時に焦ってメンタルがやられてしまうことです。

内定が無い状態で企業を受け続けても、内定が無い焦りから、本来の自分のパフォーマンスが発揮できないことがあります。

そこまで志望度が高くない企業でも内定を複数社保持しておくことはメンタル面でとても大切なのです。

よって、30社くらいの企業にエントリーするようにしましょう。

とりあえず内定を持っておくと、「落ちても内定持っているから大丈夫」という安心感があるため、メンタルに余裕ができますよ。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

理由⑤:企業の求める人物像とマッチしていない

就活で企業に全落ちしてしまう理由の5つ目は、企業の求める人物像とマッチしていないからです。

内定がもらえない就活生は、ガクチカや自己PRで企業が求めていない強みや長所をアピールしている可能性があります。

例えば、チームプレイを大事にしている会社に自分一人の力で結果を出したエピソードを話しても企業にマッチしていない人だと思われてしまいます。

まずは、企業の求める人物像を企業のHPを見て理解し、企業が求める人物像にあった強みをアピールすることが大切です。

企業のHPに求める人物像は記載されていることが多いので、最初に確認するようにしてください。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

志望企業に全落ちしたときの対処法3つ

就活生くん

志望企業に全落ちしてしまって、もう持ち駒がありません・・・。
早く内定ほしいけど、どうすればいいのかわかりません・・・。

持ち駒が無いかつ内定も無い時ってとても辛いですよね。
そういう時の対処法は以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 もとき

志望企業に全落ちしたときの対処法
  • 求人をしている企業を探す
  • 就活エージェントを利用する
  • 就職留年をする

志望企業に全落ちしたときの対処法についてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

対処法①:求人をしている企業を探す

志望企業に全落ちしたときの対処法の1つ目は、求人をしている企業を探すことです。

求人をしている企業の探し方としては、リクナビやマイナビを使うのがおすすめです。

リクナビやマイナビであれば、年間を通して、多くの企業を掲載しているため、自分に合った企業を探しやすいからです。

「もう自分は全落ちしたからいける企業がない・・・」、という就活生でもリクナビやマイナビを使えば、まだエントリーできる企業をたくさん探せますよ。

リクナビやマイナビについて詳しく知りたいという就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

求人をしている企業を探すと言っても難しいですよね。

そんな時は、企業側から声をかけてくれる逆求人サイトに登録し、企業側から声をかけてもらうようにしましょう。

逆求人サイトについて知りたい人は、逆求人サイトのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

対処法②:就活エージェントを利用する

志望企業に全落ちしたときの対処法の2つ目は、就活エージェントを利用することです。

就活エージェントとは、就活のプロ(エージェント)が無料で内定までサポートしてくれるサービスです。

有名な就活エージェントには、レバレジーズ株式会社が運営するキャリアチケットなどがあります。

就活エージェントは自分に合った企業を探してくれるので、とにかくすぐに内定が欲しいという就活生にはおすすめです。

就活エージェントについて詳しく知りたいという就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

対処法③:就職留年をする

志望企業に全落ちしたときの対処法の3つ目は、就職留年をすることです。

就職留年とは、もう一年新卒で就活をするためにわざと留年することです。

就職留年をするメリットとしては、圧倒的に時間の余裕が生まれるため、就活対策に時間をかけられることです。

また、就活対策だけでなく、留学や長期インターンに参加したりして有意義な時間を過ごせば、面接時にプラスになることもあります。

僕も留年(休学)を経験していますが、面接時に留年についてはあまり言及されませんでした。
留年すると不利になるという噂がありますが、正当な理由をつければ、マイナス評価になることはないと思いますよ。

就職留年・就職浪人について知りたい人は、留年と浪人の違いやメリット・デメリットが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

就活で内定をもらうためにやるべきこと3つ

就活生くん

就活で全落ちしている僕でも内定をもらう方法ってあるのかなぁ・・・
内定を早くもらいたいです・・・

内定をもらうためにやるべきことはシンプルです!
就活で内定をもらうためにやるべきことは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

就活で内定をもらうためにやるべきこと3つ
  • 自分に自信をつける
  • 主体性を身に付ける
  • 自己分析を徹底して行う

就活で内定をもらうためにやるべきことについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと①:自分に自信をつける

就活で内定をもらうためにやるべきことの1つ目は、自分に自信をつけることです。

自分に自信があるかないかで、面接でのメンタルや言動がかなり変わります。

自分に自信をつける簡単な方法5つを以下にまとめました。

自分に自信をつける方法5つ
  • 一日の終わりに自分を褒める
  • 何でもいいので小さな成功体験を作る
  • 筋トレをする
  • ネガティブな言葉を使わない
  • 完璧主義を捨てる

特に一日の終わりに自分を褒めることはおすすめです。

褒めることがない時は、「今日も一日がんばって生きた自分すごい」くらいのことでも大丈夫です。

これらのことを積み重ねていくだけで、自信がついていきますよ。

僕は毎日一日の終わりに自分を褒めて、ネガティブな言葉が少なくなりました。

どうしても自信が持てない人は、就活で自信がない時の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと②:主体性を身に付ける

就活で内定をもらうためにやるべきことの2つ目は、主体性を身に付けることです。

面接を経験した僕が思ったことは、面接官は主体性があるかどうかをかなり見ていることです。

「自ら周りを巻き込んで何かをした経験」「リーダーシップを発揮した経験」、など主体性があるかどうかを確認する質問が多かったです。

主体性がとても重要ということなので、主体性を身に付ける方法3つを以下にまとめました。

主体性を身に付ける方法3つ
  • とにかくやってみる・チャレンジする
  • 自分の考えを持つ
  • 周りの意見で自分に意見を変えない

興味がある・面白いと思ったことに対して、すぐやってみることを繰り返すと主体性が身に付きやすいです。

失敗することはいいことなので、とにかく何でもやってみよう!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

やるべきこと③:自己分析を徹底して行う

就活で内定をもらうためにやるべきことの3つ目は、自己分析を徹底して行うことです。

自己分析を徹底して行わないと、志望動機や自分の強みなどをうまくアピールできません。

その結果、面接官からの印象は薄くなり、不合格になってしまいます。

志望動機や自分の強みをしっかり面接官に伝えるためにも、自己分析をする必要があります。

おすすめの自己分析方法として適性診断AnalyzeU+(OfferBoxの自己分析ツール)があります。

「適性診断AnalyzeU+」はOfferBoxが提供している適性診断であり問題数も251問と多く、かなり本格的な自己分析ができます。

自己分析をして自分に合った企業の選考を受けることで、就活で企業に全落ちすることは避けられます。

「就活で全落ちしないようにきちんと自己分析したい!」そんな就活生には「適性診断AnalyzeU+」がおすすめです。
「適性診断AnalyzeU+」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

自己分析のやり方について詳しく知りたいという就活生は以下の記事も参考にしてみてください。

 

内定が無い時のメンタルの回復方法3つ

就活生くん

僕は今持ち駒もないし、内定も無い状態です。
辛すぎます・・・。
メンタルが持ちそうにないです・・・。

僕も内定がない時は、本当に辛くて死にたくなった時もあります。
そんな僕がメンタルを回復するために行った方法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

メンタルの回復方法3つ
  • 大学の心理カウンセラーに相談してみる
  • 感情を紙に書き出す
  • 実は何回でも挑戦できることを知る

それぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

回復方法①:大学の心理カウンセラーに相談してみる

内定が無い時のメンタルの回復方法1つ目は、大学の心理カウンセラーに相談してみるです。

内定が無い時に、友達に相談するのって恥ずかしいし、友達にバカにされる、とか思ったりして相談しづらくないですか?

僕は内定が無いことを友達に相談するのは恥ずかしくて、相談できませんでした。

そこで、僕は大学の心理カウンセラーの人に相談して話を聞いてもらいました。

大学の心理カウンセラーの人であれば、絶対にバカにしてこないし、むしろ適切な助言をしてくれます。

今の辛い状況を話すだけでも、メンタルが回復することが多いです

僕は就活以外でも辛いことがあれば、心理カウンセラーの人に相談するようになりました。

他にも就活の相談相手で悩んでいる人は、相談相手のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

回復方法②:感情を紙に書き出す

内定が無い時のメンタルの回復方法2つ目は、感情を紙に書き出すことです。

感情を紙に書き出すだけでも、スッキリすることがあります。

また、頭の中で思っていることを紙に書き出して、見えるようにすることで、次どうすればよいのかもわかるようになります。

悩んでいるときは、とにかく思っていることを全て書き出してみてください

僕は悩んだり、落ち込んだりしたときは、毎回紙にその時の感情を書き出しています。
とても効果がありますよ!

「就活の教科書」編集部 もとき

 

回復方法③:実は何回でも挑戦できることを知る

内定が無い時のメンタルの回復方法3つ目は、実は何回でも挑戦できることを知ることです。

今行きたい企業に落ちたから、もうその企業には行けないと考える人が多いと思います。

しかし、就職留年をすればもう一度その企業を受けられます。

また、一旦他の会社に就職し、実力をつけてから行きたい企業を受けることもできます。

行きたい企業に一度落ちても、再度行きたい企業を受けられるんです。

このことを知っておくだけで気分が楽になりますよ。

僕も有名企業に入れなかったら、もう人生終わりだと考えていましたが、何度でも挑戦できることを知ってからは気持ちが楽になりました。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

「就活がつらい」「就活がしんどい」と感じている人は、こちらの記事を読んでみてください。

 

無い内定から抜け出したいなら就活のプロに相談してみよう

就活生くん

僕はまだ内定が無くて、不安な気持ちでいっぱいです。

なんとかして、内定をもらえる方法ないかな・・・

無い内定を抜け出すためには、就活のプロに相談してみましょう。

就活エージェントなら就活相談はもちろん、あなたに合った企業の紹介や選考対策ができます。

ジョブスプリング」なら、早期離職率0.1%というマッチング精度の高い、最適な企業を選ぶことができます。

また、「キャリアチケット」であれば、厳選されたホワイト企業に最短2週間で内定をもらえますよ。

気軽に面談ができるので、まずは就活エージェントに相談してみましょう。

人事さん

>> ジョブスプリングを見てみる

>> キャリアチケットを見てみる

 
メモ

ちなみに早めに内定がほしいなら、合同選考イベントに参加するのがおすすめです。

たとえば「ミーツカンパニー」は、1回最大8社の選考を同時に受けられ、早ければ1週間で内定をもらえますよ。

まとめ:まだ間に合う!いますぐ内定をもらうために行動しよう

 

本記事の、【就活で全落ちしたらどうする?】具体的な対処法3つ教えます! | 原因,特徴も はいかがだったでしょうか?

この記事では、志望企業に全落ちしたときの対処法について解説しました。

加えて、企業に全落ちしてしまう理由、内定が無い時のメンタル回復方法、内定をもらうためにやるべきこと、就活で全落ちしてしまうとどうなるのか、についても解説しました。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もとき

この記事のまとめ

◆就活で企業に全落ちしてしまう理由

  • 理由①:倍率が高い企業しか受けていない
  • 理由②:自己分析が甘い
  • 理由③:面接対策ができていない
  • 理由④:受ける企業の数が少ない
  • 理由⑤:企業が求める人物像とマッチしていない

◆志望企業に全落ちしたときの対処法3つ

  • 対処法①:求人をしている企業を探す
  • 対処法②:就活エージェントを利用する
  • 対処法③:就職留年をする

◆就活で内定をもらうためにやるべきこと3つ

  • やるべきこと①:自分に自信をつける
  • やるべきこと②:主体性を身に付ける
  • やるべきこと③:自己分析を徹底して行う

◆内定が無い時のメンタルの回復方法3つ

  • 回復方法①:大学の心理カウンセラーに相談してみる
  • 回復方法②:感情を紙に書き出す
  • 回復方法③:実は何回でも挑戦できることを知る

まとめ:まだ間に合う!いますぐ内定をもらうために行動しよう

企業に全落ちして内定が無くても、まだ間に合います。
この記事を見て、今自分がやるべきことは何かが理解できたはずなので、今すぐ内定獲得のために行動しましょう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

最後に、就活で全落ちしている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。