【短所じゃない!】自己肯定感が低い人に向いてる仕事13選 | 仕事をする時の注意点も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

みなさんこんにちは、就活アドバイザーの京香です。!

この記事では自己肯定感が低い人に向いてる人の仕事についてご紹介します。

就活生の皆さんには、「自己肯定感が低い人の仕事に興味がある」「自分が自己肯定感が低い人の仕事をできるの?」など考えている人がいるのではないでしょうか。

就活アドバイザー 京香

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

こんな人におすすめ
  • 自己肯定感が低い人の仕事に向いているか知りたい
  • 自己肯定感が低い人の仕事が何かを知りたい
  • 自己肯定感が低い人の仕事をできるか不安

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自己肯定感が低い人に向いている仕事の特徴とは?

就活生ちゃん

自己肯定感が低い人に向いている仕事の特徴ってどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく教えてください!

確かに自己肯定感が低い人に向いている仕事の特徴について気になりますよね・・・

では以下の項目で説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

◆自己肯定感が低い人に向いている仕事の特徴2選

  • 特徴①:成果が目に見える仕事
  • 特徴②:人の役に立っていることを実感できる仕事

それでは見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴①:成果が目に見える仕事

自己肯定感が低い人に向いている仕事の特徴1つ目は、「成果が目に見える仕事」です。

自己肯定感が低い人は、成果に対する自分の貢献度を過小評価する傾向にあります。

チームでやる仕事では、「自分の力なんてほとんどない」と、考えてしまうことも多々あります。

なので、自己肯定感が高まる仕事環境に身を置いていれば、仕事をしながら効率よく自己肯定感を高められる可能性があります。

人の性格は環境で変わると言うように、まずは「自分から自己肯定感を高めることが出来る環境を作る」ことが大事ですね!

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:人の役に立っていることを実感できる仕事

自己肯定感が低い人に向いている仕事の特徴2つ目は、「人の役に立っていることを実感できる仕事」です。

人の役に立っていると実感できるといえると、「自分には存在意義がある」と自分のことを認めやすくなります。

誰かの役に立つということは、モチベーションも上がるので自己肯定感が低い人にとっては、きつい仕事も踏ん張ることが出来ると思われます。

モチベーションを保つことは仕事をやるうえで重要になってくるので、人の役に立っている実感があることはいいことですね。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

自己肯定感が低い人に向いてる仕事13選

就活生ちゃん

自己肯定感が低い人に向いている仕事が何かわからないです。

自己肯定感が低い人に向いている具体的な仕事を聞かせていただきませんか?

分かりました。

それでは自己肯定感が低い人に向いている仕事13選を説明していきます。

就活アドバイザー 京香

◆自己肯定感が低い人に向いている仕事13選

  • 仕事①:Webライター/Webデザイナー
  • 仕事②:マーケター
  • 仕事③:営業職
  • 仕事④:動画制作/動画編集
  • 仕事⑤:エンジニア/プログラマー
  • 仕事⑥:経営者
  • 仕事⑦:美容師
  • 仕事⑧:ネイリスト
  • 仕事⑨:各種カウンセラー
  • 仕事⑩:医師/看護師
  • 仕事⑪:介護士
  • 仕事⑫:塾講師
  • 仕事⑬:コンサルタント

 

仕事①:Webライター/Webデザイナー

自己肯定感が低い人に向いてる仕事1つ目は、「Webライター/Webデザイナー」です。

Wevライター・Webデザイナーは、成果が目に見えやすい成果のため、自己肯定感が低い人にとっておすすめです。

今の時代では、WebライターとWebデザイナーの仕事に就くことは決して難しくありません。

具体的なWebライターとWebデザイナーの具体的な仕事内容について以下に示します。

Webライターの具体的な仕事
  • セールスライティング
  • SEOライティング
  • コピーライティング
  • 情報収集や取材活動
  • 文章の構成案作成
  • 画像の挿入や記事の入稿作業
Webデザイナーの具体的な仕事
  • Webサイトの構成とレイアウトを決める
  • Webサイトのデザインを作る
  • Webサイトのコーティングを行う

勤める制作会社や企業によって任される業務範囲は異なります。

副業やフリーランスでは、自身の持つスキルの幅によって仕事内容は変わるので注意してください

就活アドバイザー 京香

 

仕事②:マーケター

自己肯定感が低い人に向いてる仕事2つ目は、「マーケター」です。

マーケティングの専門職に従事する人」を マーケターと呼びます。

企業のマーケティング部門のほか、マーケティング支援会社でもマーケターとして働くことができます。

マーケターの仕事は、企業の経営戦略に基づいて売れる仕組みを作り、実践し、実際に成果を上げることです。

そのため、他の職種と比べると成果が見えやすいため、自己肯定感が低い人にとって向いている職種であると思います。

マーケターは成果が見えやすい一方、責任も相応に伴うため注意が必要ですね。

しかし、「短期間でスキルアップすることが可能な職種」でもあると思われます。

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:営業職

自己肯定感が低い人に向いてる仕事3つ目は、「営業職」です。

営業職は、自社のサービスや商品を売り込み、企業の課題を解決に役立ててもらう仕事です

営業職には、相手が何を求めているのか、どのようなサービス・商品が欲しいのかを瞬時に理解し提案する力が求められます。

また、利他的動機に基づく商品を提供していく必要があります。

そのため、人の役に立っている実感を感じやすいとともに、成果も目に見えやすい職種であるため、自己肯定感が低い人にとってぴったりの職種であると思います。

 

仕事④:動画制作/動画編集

自己肯定感が低い人に向いてる仕事4つ目は、「動画制作/動画編集」です。

動画制作/動画編集もクリエイター関連の仕事も成果が目に見えやすい仕事です。

現在の世の中は、クリエイティブで溢れているので、「自分の制作物が世に放たれた」と感じられる場面も多く、満足感は高いと思います。

現在は、動画制作や動画編集について学べるスクールなどもあるようなのでそちらで自己投資するのもいいかもですね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑤:エンジニア/プログラマー

自己肯定感が低い人に向いてる仕事5つ目は、「エンジニア/プログラマー」です。

エンジニアやプログラマーは成果が目に見えやすい仕事です

IT人材の不足が2030年には最大79万人にも上ると言われている現在、エンジニア、プログラマーになることは、将来的にも需要が高い職種に就いたと言えます。

エンジニアを含むITには多くの職種があるため、以下に示します。

IT職種
  • セキュリティエンジニア
  • データサイエンティスト
  • プロジェクトマネージャー
  • クラウドエンジニア
  • loTエンジニア

IT系の職種で気になった職種がある方はぜひ調べてみてください。

就活アドバイザー 京香

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑥:経営者

自己肯定感が低い人に向いてる仕事6つ目は、「経営者」です。

成果が目に見える仕事といえば、自営業である経営者になることを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

経営者になるメリット、デメリットをそれぞれ示します。

  • メリット
    自然と責任感が身につく
    頑張った分だけ年収アップ
    成果がはっきり目に見える
    継続力が身に付きやすい
  • デメリット
    収入が不安定になる
    頑張らなければ、年収ダウン
    成功も失敗もすべて自分の責任
    プレッシャーに負けることもある

現在、独立する人も昔に比べるとかなり増えてきました。

自己肯定感が低い人にとっては、将来起業してみても面白いかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑦:美容師

自己肯定感が低い人に向いてる仕事7つ目は、「美容師」です。

美容師とは、美容室に来店されたお客様の髪の毛のカット、セット、カラーリング、パーマなど、髪の毛のお手入れ全般の美容術を行う職業のことです。

美容師の多くは、お客様から感謝されることが一番のやりがいだと感じており、人の役に立っていることが実感できる職業であると言えます。

また、成果も目に見えやすく、お客様のイメージ通りカットやカラーリングを施すことは困難ですが、頑張れば頑張るほど美容師としてのスキルやセンスが磨かれます。

お客様から感謝されたりやりがいを感じることができるため、美容師は自己肯定感が低い人に向いていると言えます。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑧:ネイリスト

自己肯定感が低い人に向いてる仕事8つ目は、「ネイリスト」です。

ネイリストとは、ヒトの爪の手入れをしたり、デザインをしたり、より爪を美しく見せる仕事です。

ネイリストとして働くとき、具体的には、「ネイルケア」「ネイルカラー」「ネイルアート」の3つの仕事が存在します。

ネイリストも美容師と同様に、お客様の笑顔と感動に立ち会えることができ、感謝されることにやりがいを感じるようです。

お客様の笑顔と感動に立ち会えることができ感謝される点から、ネイリストは自己肯定感が低い人に向いていると言えます。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑨:各種カウンセラー

自己肯定感が低い人に向いてる仕事9つ目は、「各種カウンセラー」です。

カウンセラーとは、広義では助言者・相談員のことです。

様々な分野でカウンセラーを名乗る職業がありますが、一般的には心理カウンセラーのことを指し、人の精神をサポートする仕事です。

近年は、電話のみならず、インターネットやSNSを活用したカウンセリングも増えてきており、需要も高まっています。

日本にいる外国人の増加に伴い、外国語でのカウンセリングのニーズも増えてきているようです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑩:医師/看護師

自己肯定感が低い人に向いてる仕事10つ目は、「医師/看護師」です。

医師・看護師ともに人のために働いていることが実感される場面も多いため、自己肯定感が低い人にとってはやりがいがある職業であると考えます。

しかし、医師も看護師も国家資格が必要となるため、その医学部に所属して専門的に勉強していないとなることは難しいと思われます。

就活生くん

特に医者になるためには大学に入るまでもそうですが、入った後も厳しいと聞きます。

しかし、その分医師になったら周りから尊敬もされますし、やりがいも感じることが出来る職業です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑪:介護士

自己肯定感が低い人に向いてる仕事11つ目は、「介護士」です。

介護士は高齢者や障がいを持つ人々の生活支援を行います。

身体介助、食事の補助、排泄のサポート、日常生活の援助、健康状態のモニタリングなど患者や利用者の日常生活全般にわたる支援を提供しています。

きついことも多いと思いますが、その分やりがいなども多い職業です。

また、日本ではさらに少子高齢化社会が進んでいくため、介護士の需要はさらに高まっていくと思います。

介護士になるためには、介護職員初任者研究(ヘルパー2級)介護福祉士の資格が必要とされています。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑫:塾講師

自己肯定感が低い人に向いてる仕事12つ目は、「塾講師」です。

塾講師は、塾で生徒の学習指導を行う仕事です。

目標とする高校や大学行きたい生徒に対しサポートを行い、生徒の頑張りや成長を間近で見届けられる特徴があります。

また、成績が伸び悩む学生に対し精神的なサポートも行うこともあり、人を様々な面からサポートしていきたい方におすすめの職業です。

 

仕事⑬:コンサルタント

自己肯定感が低い人に向いてる仕事13つ目は、「コンサルタント」です。

コンサルタントの仕事は、課題を抱えている企業や機関に対し、解決に向けた全般的なサポートを行うことです。

コンサルタントは、企業の成長をサポートする仕事なので、人をサポートする仕事として分類できます。

また、平均年収は1030万円と非常に高くなっており例年就活生から非常に人気の高い業界です。

コンサルタントは、東京大学や慶應義塾大学、早稲田大学など難関大学からの志望者が多いです。

そのため、「学力に自信がない…」という就活生の皆さんはコンサルタントに求められるスキルを磨いておくようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴

就活生ちゃん

自己肯定感が低い人に向いている仕事が何かは分かりました。

逆に自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴を聞かせていただきませんか?

分かりました。

それでは自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴を説明していきます。

就活アドバイザー 京香

◆自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴3選

  • 特徴①:単純作業やルーティンワークが多い仕事
  • 特徴②:不得意な分野の仕事
  • 特徴③:ノルマが厳しすぎる仕事

 

特徴①:単純作業やルーティンワークが多い仕事

自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴1つ目は、「単純作業やルーティンワークが多い仕事」です。

単純作業やルーティンワークが多い仕事は、会社へ貢献している実感がわかないといったことが多いようです。

会社へ貢献していないと感じるため、自己肯定感が下がります

単純作業やルーティンワークが多い仕事について以下に示します。

ルーティンワークが多い仕事
  • 事務
  • 受付
  • 工場での作業
  • 運転手
  • コールセンター

もし、単純作業やルーティンワークが多い仕事をすることになったら、目的意識をもって取り組むことで仕事のやりがいなども出てくると思います。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:不得意な分野の仕事

自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴2つ目は、「不得意な分野の仕事」です。

不得意なことに挑戦することは、とても良いことで成長にもつながりますが、一方で挫折する可能性も高く、自己肯定感の低下になりかねません。

しっかり、自己分析をして自分の不得意分野を就職する前に見つけられるとよいですね。

自己分析について紹介しているので、以下の記事を読むのをおすすめします。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:ノルマが厳しすぎる仕事

自己肯定感が低い人に向いていない仕事の特徴3つ目は、「ノルマが厳しすぎる仕事」です。

ノルマに追われる仕事は、常に強いストレスにさらされてしまいます。

人によっては病んでしまうこともあり、自己肯定感がさらに低くなる要素も多いです。

自己肯定感が低い人にとって見るべき指標の一つにノルマがどのくらいなのかは重要だと思います。

OB訪問などを通して理解するとよさそうですね

OB訪問について紹介しているので、以下の記事を読むのをおすすめします。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

自己肯定感が低い人が仕事をする上での注意点

就活生ちゃん

自己肯定感が低い人に向いている仕事に就く上での注意すべき点は何かありますか?

それでは、自己肯定感が低い人が仕事をする上での注意点についてご紹介します。

就活アドバイザー 京香

  • 注意点①:完璧主義になりすぎないこと
  • 注意点②:しんどいときは周りに頼ること
  • 注意点③:趣味やプライベートの時間も大切にすること

 

注意点①:完璧主義になりすぎないこと

自己肯定感が低い人が仕事に就く上での注意点の1つ目は「完璧主義になりすぎないこと」です。

自己肯定感が低い人は、理想が高すぎるため、完璧主義になりやすいです。

しかし、ビジネスにおいて完璧主義は頑張りすぎてしまういつも気を張っている自分に自信が持てない0か1でしかとらえられないなどデメリットが多く発生してしまいます。

完璧主義になりすぎないために意識すべきことを以下に示します。

完璧主義になりすぎないために意識すべきこと
  • 目標を明確にする
  • 重要なタスクを優先する
  • デリゲーション
  • 進捗を確認する
  • フィードバックを受け入れる
  • 失敗を許容する

 

注意点②:しんどいときは周りに頼ること

自己肯定感が低い人が仕事に就く上での注意点の2つ目は「しんどいときは周りに頼ること」です。

自己肯定感が低い人は、しんどい時に周囲に相談すれば、「ただの甘えだ」と思う人も多く、相談できずに悩んでしまう傾向にあります。

しかし、周りに頼ることで解決できることは多くあります。

また、頼ることで他者から学べる事もあり、自立した大人のライフスキルともいわれています。

頼ることをネガティブにとらえすぎないようにすることが大事ですね

就活アドバイザー 京香

 

注意点③:趣味やプライベートの時間も大切にすること

自己肯定感が低い人が仕事に就く上での注意点の3つ目は「趣味やプライベートの時間も大切にすること」です。

自己肯定感が低い人限りませんが、社会人として趣味やプライベートの時間を大切にすることはさまざまなメリットがあります。

  • リラックスとストレス解消
  • クリエイティビティの向上
  • 健康の促進
  • ワークライフバランスの維持
  • 人間関係の構築
  • 自己成長と学び

これらのメリットからも分かるように、趣味やプライベートの時間を大切にすることは、「仕事においてもポジティブな影響」を与える可能性があります。

バランスを取りながら働くことで、より充実した人生を築きましょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自己肯定感が低い人に向いてる仕事に関するよくある質問

就活生ちゃん

自己肯定感が低い人に向いている仕事について、理解が深まりました!

最後に、これは知っていたら良いことは何かありますか?

そうですね。

それでは最後に、自己肯定感が低い人に向いている仕事に関するよくある質問を3つご紹介します!

就活アドバイザー 京香

◆ 自己肯定感が低い人に向いている仕事に関するよくある質問

  • 質問①:自分の自己肯定感の高さをチェックする方法は?
  • 質問②:自己肯定感が低い人は優秀ってホント?

質問①:自分の自己肯定感の高さをチェックする方法は?

自己肯定感が低い人に向いている仕事に関するよくある質問1つ目は、「自分の自己肯定感の高さをチェックする方法は?」です。

以下にチェック方法を示します。

ただし、これらは、目安であり、自分自身の感情や思考をよく観察し、必要に応じて専門家のサポートを受けることも重要です。

自分の自己肯定感の高さをチェックする方法
  1. 自己評価の仕方
  2. 困難への対処
  3. 他者との比較
  4. 自分への言葉づかい

自己評価の仕方

自己評価の仕方とは、自分の達成や成功に対する評価方法を考えてみることです。

自己肯定感が高い人は、ポジティブな面に焦点を当て達成を喜び、逆に自分を否定的に見ることが多い場合は、改善の余地ありです。

困難への対処

困難や失敗に対処する際の姿勢を確認してみることです。

自己肯定感が高い人は、挑戦や困難に立ち向かうことができ、失敗から学び、成長することができます。

他者との比較とは、自分を他者と比較する癖があるかどうかを確認してくみることです。

自分を他者と比較する

自分を他者と比較することは、「自己肯定感を低下させる可能性」があります。

自分自身を尊重し、他者とは異なる価値観を受け入れることが大切です。

自分への言葉づかい

自分に対する内向きの言葉づかいを観察してみてください。

肯定的な言葉で自分自身と対話することができれば、それは自己肯定感の向上につながります。

自分への自己肯定感の高さを知るために、他にも挑戦への意欲がどのくらいあるか他者からのフィードバックも一つの手段になると思うので、気になる方はぜひやってみてください。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:自己肯定感が低い人は優秀ってホント?

自己肯定感が低い人に向いている仕事に関するよくある質問2つ目は、「自己肯定感が低い人は優秀ってホント?」です。

結論、自己肯定感が低い人が優秀かはわかりません。

しかし、自己肯定感が低い人が優秀であると言われている理由を3つ示します。

自己肯定感が低い人は優秀であると言われる理由3選
  1. 努力と向上心がある
  2. 他者への気配りができる
  3. 慎重な仕事ぶり

自己肯定感が低い人が優秀であるかどうかは、その人自身の特性や状況に依存します。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:自己肯定感が低い人に向いてる仕事を参考に、自分に合った仕事に就こう!

本記事では『自己肯定感が低い人に向いてる仕事』や、『自己肯定感が低い人が仕事をする上での注意点』について解説していきました

就活を通して、様々な壁にぶつかって大変なこともあると思いますが、その壁を乗り越えてください。

「就活の教科書」はあなたのことを応援しています。

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。