【誰にお願いする?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ13選 | 履歴書,ES添削の有料サイトも

【内定者が選んだ】エントリーシート(ES)添削サービスおすすめ13選

こんにちは。「就活の教科書」編集部の神山です。
今回は、就活生みんなが使っているES(エントリーシート)の添削サービスについて紹介します。
みなさんは、どんなES添削サービスがあるか知っていますか?

「就活の教科書」編集部 神山

就活生ちゃん

あんまり知らないです。ES添削サービスを利用したことがないので。

就活生くん

Matcherとかですかね。一度Matcherを利用してES添削してもらったことがあります。
MatcherなんかもOB・OGに頼むとES添削をしてくれるね。
けど、他にもES添削サービスは数多くあるんだ。

「就活の教科書」編集部 神山

そこでこの記事では、多くのES添削サービスを利用してきた「就活の教科書」編集部の神山が

多くの就活生が利用しているES添削サービスを13個を紹介します。

各サービスの特徴や、それぞれどんな学生に向いているのかまで徹底的にまとめました。

これから就活やインターンを控えている学生はもちろん、就活中の学生も読んでおいて損はないですよ。

「ES添削をしてもらいたいけど、どのサービスがいいのかな」と悩む学生は、ぜひ読んでみてくださいね。

先に結論を伝えておくと、おすすめのエントリーシート添削サービスはキャリアチケットです。

キャリアチケットは、個別に就職活動の相談に乗ってくれるサービスで、内定までサポートしてくれます。

ES添削はもちろん、自己分析のサポート、面接練習、あなたに合った企業の紹介など、大学生は無料で就活支援を受けられますよ。

「就活の教科書」編集部 神山

 

エントリーシートが無料で見れるサイトについては、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

エントリーシートの添削をしていないと選考に落ちやすい

就活生くん

そもそもエントリーシートを添削しないと、どうなるんですか?

エントリーシートを添削してないと、企業の選考に落ちる可能性が高めです。

添削していないエントリーシートは、客観性に欠けることが多いです。

客観性に欠けると、面接官に志望動機などの内容が伝わりづらいので落選しやすくなります。

エントリーシートは、面接官が確認するものです。
自分にとっては分かりやすい文章でも、第三者から見た時に内容が伝わらないとダメです。

「就活の教科書」編集部 神山

 

エントリーシート添削サービスとは

ESを添削してもらうなら、エントリーシートの添削サービスを利用すると便利です。

就活生のみんなは、就活添削サービスがどんなものか知っていますか?

「就活の教科書」編集部 神山

就活生ちゃん

ESを添削してくれるサービスですよね!

 

エントリーシート添削サービスとは、その名の通りESを添削してくれるサービスです。

エントリーシートのよくある項目「自己PR」「学生時代頑張ったこと(ガクチカ)」「志望動機」や、企業ごとの個別項目を、就活のアドバイザーが添削してくれます。

自分一人だけでエントリーシートを書いてしまうと、どうしても客観的に表現できず、面接官に突っ込まれやすい文章になってしまいます。

エントリーシートの添削サービスを利用することで、ESの内容や細かい表現を訂正してくれ、就活で評価されるESを作り上げることができますよ。

 

エントリーシート添削サービスは、無料・有料の2種類に分けられます。

それぞれにメリットがあるので、自分に合ったサービスを利用するようにしましょう。

  • 無料のエントリーシート添削サービス
  • 有料のエントリーシート添削サービス
ちなみに僕は、全部無料でエントリーシートを添削してもらいました。

それでは次から、ES添削サービスを無料・有料合わせて13個紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 神山

 

無料のエントリーシート添削サービス10選

無料のエントリーシート添削(ES添削)サービスは、下の10個です。

「就活の教科書」編集部 神山

それでは、無料のES添削サービスを一つずつ紹介していきます。

 

キャリアチケット

キャリアチケット

無料のES添削サービス1つ目は、「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営している新卒向け就活サポートサービスです。

「入社後のキャリアを見据えた、本質的な就活」をキーワードに、新卒向けの就活サポートサービスを運営しています。

個別で就職支援のアドバイザーが完全無料でサポートしてくれ、プロのアドバイザーが一人一人に合ったES添削をしてくれます。

キャリアチケットは、人材事業に特化した会社が運営しているため、信頼度は抜群ですよ。

✔︎ キャリアチケットのES添削
  • 就活アドバイザーが一人一人に合ったES添削
  • ES添削に加えて、就活相談、面接練習など、完全無料で就活サポート
  • 人材事業に特化した会社が運営しているため、信頼度は抜群

キャリアチケットは、就活アドバイザーが個別にエントリーシートを添削してくれます。

添削したエントリーシートを元に企業を提案してくれ、早い人は1週間で内定が出るほど、スピード感を持って就職活動を行うことができます。

キャリアチケットは早めに内定が欲しいという学生にもオススメです。

「就活の教科書」編集部 神山

キャリアチケットの無料ES添削サービスを見てみる

 

キャリアチケットの就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

ジョブスプリング(JobSpring)

JobSpring(就活エージェント)

無料のES添削サービス3つ目は、ジョブスプリング(JobSpring)です。

株式会社Rootsの就活エージェントであるジョブスプリングは、ES添削に加えて自己分析や面接対策、企業紹介などのサポートをしてくれます。

ジョブスプリングでは「AI(人工知能)を使った企業とのマッチング」が最大の特徴です。

AIによる分析結果をもとに客観的な視点からES添削をしてもらえるため、確実に良いエントリーシートに仕上がります。

✔︎ ジョブスプリングのES添削
  • AIによる分析結果をもとに、客観的な視点からES添削
  • 人工知能を使ったAIマッチングが強み
  • AIマッチングのおかげで最短2週間で内定獲得、早期離職率0.01%
JobSpringでは、AIを使ってES添削してもらえるため、最短2週間で内定獲得した実績もあります。

「就活の教科書」編集部 神山

ジョブスプリングの無料ES添削サービスを見てみる

 

ジョブスプリングの就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

キャリアトリップ

おすすめ就活エージェント③:キャリアトリップ(学生目線を徹底、キャリア支援に熱い)

無料のES添削サービス2つ目は、キャリアトリップ(CareerTrip)です。

キャリアトリップは、社長メシなどをリリースしている株式会社ユナイテッドウィルが運営する就活サポートサービスです。

登録すると個別で就活相談に乗ってくれ、キャリアトリップの就活アドバイザーにES添削をお願いできます。

またキャリアトリップで面談した学生には、厳選された「優良/成長企業300社」の特別選考ルートの紹介もしてくれます。

✔︎ キャリアトリップのES添削
  • ES添削など就活支援に熱く、徹底した学生目線を掲げている
  • ES添削の他にも、面接対策や企業紹介もしてくれる
  • 厳選された優良/成長企業300社の特別選考ルートへ紹介してくれる
「気軽にES添削をお願いしたい」「ES添削の他にも就活全般サポートしてほしい」という学生にオススメです。

「就活の教科書」編集部 神山

キャリアトリップの無料ES添削サービスを見てみる

 

「キャリアトリップ」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

ES添削.me

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス4つ目は、「ES添削.me」です。

ES添削.meは、株式会社LIMHAUSが運営している無料ES添削サービスです。

企業名とエントリーシートの設問、回答を書いて添削依頼をすると、最大でも3営業日以内に返信が来ます。

その後は、チャット形式で疑問点を質問ができるので、オンラインで完結できるようになっています。

またES添削.meは、面接時の質問の回答の添削も行ってくれます。

✔︎ ポイント
  • 最大でも3営業日以内に添削結果が返ってくる
  • 面接時の質問の回答も添削してもらえる
  • 利用料がずっと無料
オンラインでES添削が完結するので、気軽に添削を頼みやすいですよね。
就活生はぜひ利用してみるといいと思います。

「就活の教科書」編集部 神山

ES添削.meを見てみる

 

ES添削カメラ

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス5つ目は、「ES添削カメラ」です。

ES添削カメラは、株式会社ベネッセi-キャリアが運営しているdoda新卒エージェントのES添削サービスです。

カメラでESを撮って送るだけで、就活のプロがあなたのESを添削してくれる非常に便利なサービスになっています。

添削結果がスマホに送られてくるため、いつでも添削結果を見れるのが便利です。

またES添削カメラは、観点別でエントリーシートを評価してくれるので、強み・弱みがすぐわかります。

✔︎ ポイント
  • カメラでESを撮って送るだけで添削してくれる
  • スマホでいつでも添削結果を見れる
  • 観点別評価をしてくれるので、強み・弱みがすぐ分かる
スマホで簡単に添削してくれるため、「効率的にES添削したい」という就活生にオススメです。

「就活の教科書」編集部 神山

ES添削カメラを見てみる

 

就活SWOT

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス6つ目は、「就活SWOT」です。

就活SWOTは、株式会社エイリストが運営している就活情報サイトです。

ESの書き方や面接対策、GD対策まで就活情報を幅広く紹介しています。

そんな就活SWOTは、機械によるES自動添削機能・文字カウント機能によるES添削をしてくれます。

自分が書いたESに「就活生がよくやってしまう間違い」があった場合、自動的にそれを発見して、修正のアドバイスをしてくれます。

✔︎ ポイント
  • ESの書き方や面接対策、GD対策まで就活情報を幅広く紹介するサイト
  • 機械によるES自動添削機能・文字カウント機能によるES添削
  • 「就活生がよくやってしまう間違い」を発見して修正のアドバイスをしてくれる
このサービスを利用した後に、就活エージェントやOB・OGにESを添削してもらうとより良いESが出来上がると思います。

「就活の教科書」編集部 神山

就活SWOTを見てみる

 

マイナビ

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス7つ目は、「マイナビ」です。

マイナビは、株式会社マイナビが運営している新卒求人紹介サイトです。

言わずと知れた新卒求人紹介サイトで、掲載企業数25,961社(2019年11月時点)と多くの企業が登録しています。

そんなマイナビですが、無料のES添削を行っています。

添削内容は3日前後で返ってくるのでスピーディーです。

ただ、実施期間が決まっているで、添削を受けたい学生はマイナビホームページで期間をしっかり確認しましょう。

✔︎ ポイント
  • 言わずと知れた新卒求人紹介サイト
  • 掲載企業数25,961社(2019年11月時点)と多くの企業が登録
  • 無料のES添削(実施期間が決まっている)
マイナビで就活している学生は、このES添削サービスも利用してみるといいですよ。

「就活の教科書」編集部 神山

マイナビを見てみる

 

マイナビについてはこの記事で詳しく解説しています。

 

ビズリーチ・キャンパス

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス8つ目は、「ビズリーチ・キャンパス」です。

ビズリーチ・キャンパスは、株式会社ビズリーチが運営しているOB・OG訪問サイトです。

普通のOB・OG訪問サイトとは違い、大学別にOB・OGを探せます。

オンラインかつ無料でOB訪問の申請ができるので、手間いらずなのもポイント。

OB・OG訪問ができたら、ES添削をしてもらいましょう。

また、登録者限定にインターンやOB/OGとの交流会、就活対策セミナーも行っています。

✔︎ ポイント
  • 大学別にOB・OGを探せるサイト
  • OB・OG訪問時にES添削をしてもらおう
  • 登録者限定にインターンやOB/OGとの交流会、就活対策セミナー
大学別のOB・OG訪問なので、上手くいけば志望企業の採用担当者を紹介してもらい、そのまま内定をもらえるなんてこともありそうですね。

「就活の教科書」編集部 神山

ビズリーチ・キャンパスを見てみる

 

ビズリーチ・キャンパスについてはこの記事で詳しく解説しています。

 

Matcher

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス9つ目は、「Matcher」です。

Matcherは、Matcher株式会社が運営しているOB・OG訪問サイトです。

気になるOB・OGの方に気軽に連絡ができ、就活相談やES添削をお願いできます。

現在、16,817人(2019年11月時点)のOB・OGの方が登録しており、OB訪問ならマッチャーというほど人気のサービスです。

✔︎ ポイント
  • 気になるOB・OGの方に気軽に連絡できる
  • 16,817人(2019年11月時点)のOB・OGの方が登録している
僕の友人もみんな使っていたOB・OG訪問サービスです。
「OB・OG訪問ってどうすればいいの」と悩んでいる学生は、ぜひMatcherを利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 神山

Matcherを見てみる

 

Matcherについてはこの記事で詳しく解説しています。

 

digmee

ES_TENSAKU

無料のES添削サービス10つ目は、「digmee(ディグミー)」です。

digmeeは、 Micoworks株式会社が運営している新卒就活サイトです。

LINEで自分に合った企業を探せる就活サービスとして話題です。

また、DigmeeTryoutという合同選考会などの就活イベントも開催しています。

イベント前には、ES・履歴書添削、面接の練習などのサポートをしてくれることもポイントです。

✔︎ ポイント
  • LINEで自分に合った企業を探せる就活サービス
  • 合同選考会などの就活イベントも開催している
  • ES・履歴書添削、面接の練習などのサポートをしてくれる
LINEで就活できるため、非常に便利なサービスです。僕もよく利用していました。

「就活の教科書」編集部 神山

digmee(ディグミー)を見てみる

 

digmeeについてはこの記事で詳しく解説しています。

 

有料のES添削サービス

次は、有料のES添削サービスを2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 神山

それでは、有料のES添削サービスを一つずつ紹介していきます。

 

 INTERNGATE

ES_TENSAKU

有料のES添削サービス1つ目は、「INTERNGATE(インターンゲート)」です。

INTERNGATEは、株式会社フィールズが運営しているインターンシップ紹介サイトです。

国内だけでなく、海外のインターンシップも紹介するなど幅広くインターンシップを紹介しています。

そんなINTERNGATEですが、ES添削サービスも充実しています。

 

5000人以上の学生の面談、ES対策をしてきたプロによるES添削をしてくれます。

1設問のみES添削だと3,000円(税別)、1社分のES添削だと8,000円(税別)になります。

また、ES添削だけでなく就活の相談や自己分析、面接対策までしてくれます。

✔︎ポイント
  • 5000人以上の学生のES対策をしてきたプロによるES添削
  • 1設問のみES添削だと3,000円(税別)、1社分のES添削だと8,000円(税別)
  • ES添削だけでなく就活の相談や自己分析、面接対策も
「第一志望企業のエントリーシートはどうしても通過したい」「エントリーシートがうまく書けない」と悩んでいる就活生は、ぜひINTERNGATEを利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 神山

INTERNGATEを見てみる

 

ココナラ

ES_TENSAKU

有料のES添削サービス2つ目は、「ココナラ」です。

ココナラは、株式会社ココナラが運営している個人同士で知識・スキル・経験を売り買いできるサービスです。

似顔絵やイラスト、キャッチコピーといったスキルを売り買いできるサービスになっています。

もちろん、有料でES添削もしてくれます。

例えば、「現役素材メーカー社員があなたのESを添削します」は1000円で添削してくれます。

価格帯は1000〜3000円なので、安価でES添削をしてくれるのも良心的です。。

また、業界も幅広いため、お金に余裕がある就活生は利用してみるといいでしょう。

✔︎ポイント
  • 知識・スキル・経験を売り買いできるサービス
  • 1000~3000円でES添削をしてくれる
  • 幅広い業界のES添削が受けられる
ココナラでは、1社分のES添削を1000円で行ってくれるOBの方もいます。
興味がある就活生は利用してみるといいでしょう。

「就活の教科書」編集部 神山

ココナラを見てみる

 

就活の教科書

就活の教科書 ES添削サービス

有料のES添削サービス3つ目は、当メディア「就活の教科書」です。

就活の教科書では、ESを書き慣れた当メディア編集部の20卒内定者がES添削を担当するので、就活生に最も近い目線でES添削できます。

返却後には内定者レベルのESに仕上がっているので、そのまま企業にESを提出できます。

設問2つを4,800円で添削するので、低価格で気軽に申し込みできるのも特徴の一つです。

✔︎ポイント
  • 20卒内定者が添削する
  • 4,800円で設問2つを添削
  • 添削するESは3〜5営業日で返却

「就活の教科書」ES添削サービスを見てみる

 

設問別のエントリーシート添削は以下の記事で詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

 

就活生自身で社会人の方にエントリーシート添削をお願いすることもできます。
その場合に気をつけることは【どう依頼する?】エントリーシート(ES)添削のお願いメールの書き方,例文 | トラブル対処法もで詳しく解説しています。

自分に合ったエントリーシート添削サービスを利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 神山

 

エントリーシートの添削が必要な理由5つ

就活生くん

エントリーシートの添削が必要な理由をもっと教えて欲しいです。

エントリーシートの添削が必要な理由は、以下の5つがあります。

「就活の教科書」編集部 神山

ES添削が必要な理由
  • 理由①:採用される可能性を上げられるから
  • 理由②:読みやすい文章かどうか分かるから
  • 理由③:自分で気づけなかった客観的な意見をもらえるから
  • 理由④:自分史に活用できるから
  • 理由⑤:誤字脱字を防げるから

それでは、エントリーシートの添削が必要な理由をそれぞれ解説します。

「就活の教科書」編集部 神山

 

理由①:採用される可能性を上げられるから

エントリーシートの添削が必要な理由1つ目は、採用される可能性を上げられるからです。

就職活動を経験した社会人は、エントリーシートをたくさん書いた経験があるはずです。

そのため、社会人にエントリーシートを添削してもらうと、採用される確率が大きく上がります。

社会人はどんなエントリーシートを書けば採用されやすいのか理解しているはずです。

エントリーシートを添削してもらい、企業の選考に通る可能性を上げましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

理由②:読みやすい文章かどうか分かるから

エントリーシートの添削が必要な理由2つ目は、読みやすい文章かどうか分かるからです。

添削をしていないエントリーシートは、自分にしか理解できない言い方になっています。

第三者を介したときに、相手が読みやすい文章かどうか明確になります。

自分で書いたエントリーシートは、どんな人でも客観性に欠けてしまう傾向があります。

エントリーシートを添削してもらうことで、誰が読んでも意味の通る文章を完成させましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

理由③:自分で気づけなかった客観的な意見をもらえるから

エントリーシートの添削が必要な理由3つ目は、自分で気づけなかった客観的な意見をもらえるからです。

エントリーシートを自分ひとりでを書くと、どうしても主観的なエントリーシートになりがちです。

自分では良いと感じているエントリーシートも、客観的に見たら良くない場合もあります。

誰が見ても読みやすいエントリーシートを作るためにも、他人から添削してもらう必要があります。

他人に添削してもらうことで、自分1人では分からなかった視点で意見がもらえます。
相手に自分の新しい魅力を表現してもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

理由④:自分史に活用できるから

エントリーシートの添削が必要な理由4つ目は、自分史に活用できるからです。

自分史とは、自分の人生を歴史の年表のように順に書いたものです。

そのため、自分が育ってきた環境や過去を振り返る必要があります。

エントリーシートを添削してもらうことで、第三者からの客観的な情報が得られ、自分史にも活かせます。

エントリーシートが上手になるうえに、自分史も作れるなんて一石二鳥ですね。

「就活の教科書」編集部 神山

 

理由⑤:誤字脱字を防げるから

エントリーシートの添削が必要な理由5つ目は、誤字脱字を防げるからです。

添削してもらうことで、エントリーシートの誤字脱字に気づくことができます。

自分はエントリーシートの内容を理解しているため、どんなに気を付けていても流すように読んでしまいます。

エントリーシートに誤字脱字があると、相手に悪い印象を与えてしまいます。

エントリーシートを添削してもらい、間違った文章になっていないかを確認してもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

自分でエントリーシートを添削する時のポイント5つ

就活生ちゃん

私は、最初はエントリーシートを自分で添削してみたいです。

エントリーシートを自分で添削するときに、気にしたら良いことなんかががあれば知りたいな。

分かりました、エントリーシートを添削するときのポイントを紹介します。

自分でエントリーシートを添削するときに参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 神山

自分でESを添削するときのポイント
  • ポイント①:簡潔な文章になっているか
  • ポイント②:書き出しが結論から始まっているか
  • ポイント③:根拠を書いているか
  • ポイント④:就職後の目標を書いているか
  • ポイント⑤:主語と述語の関係が分かりやすいか

それでは、自分でエントリーシートを添削をする時のポイントをそれぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ポイント①:簡潔な文章になっているか

自分でエントリーシートを添削する時のポイント1つ目は、簡潔な文章になっているかです。

エントリーシートを自分で添削するときは、まとまりのある簡潔した文章を心がけましょう。

一文があまりに長くなってしまうと、何を伝えたいのかが意味がぼやけてしまいます

退屈なエントリーシートだと思われてしまう可能性もあり、面接官の印象も悪くなります。

エントリーシートの文章が長くなっている場合は、1つの文章を2つの文章に分けて添削してみるのも良い方法です。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ポイント②:書き出しが結論から始まっているか

自分でエントリーシートを添削する時のポイント2つ目は、書き出しが結論から始まっているかです。 

エントリーシートは、結論から書きはじめましょう

結論を最初に伝えることで、上手にアピールを進められます。

「◯◯に挑戦したい」「私は◯◯を頑張った」という自分の意思などが結論に書かれていることで、アピール内容を明確にできますし、志望理由を正確に伝えられます

エントリーシートは、結論から書きはじめて、面接官にアピールしましょう。

また結論から書くことで、志望動機全体も簡潔にまとまりますよ。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ポイント③:根拠を書いているか

自分でエントリーシートを添削する時のポイント3つ目は、根拠を書いているかです。

エントリーシートは、結論に対しての根拠もしっかり書きましょう。

結論の根拠が書いてないと、志望理由に説得力が生まれません

書き出しに書いた結論に対して、根拠を述べることをセットにしてエントリーシートを添削しましょう。

他の企業と差別化を図るためにも、志望している企業にしかない特徴をアピールできているかもチェックして添削しましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ポイント④:就職後の目標を書いているか

自分でエントリーシートを添削する時のポイント4つ目は、就職後の目標を書いているかです。

エントリーシートには、就職した後の具体的な目標を書きましょう。

企業は会社に入ってから、活躍できる人材を採用します。

そのため、エントリーシートには、企業で成長できること、成長意欲が高いことを書きましょう。

エントリーシートを自分で添削するときには、就職後の目標にまで触れているか確認しながら添削しましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ポイント⑤:誤字脱字がないか

自分でエントリーシートを添削する時のポイント5つ目は、誤字脱字がないかです。

自分でエントリーシートの文章を添削する時も文中に誤りがないか確認しましょう。

先ほども述べたのですが、誤字脱字があると面接官に悪い印象を与えてしまいます

エントリーシートの文章を隅から隅までチェックしてください。

「就活の教科書」編集部 神山

 

ESの添削サービス以外でエントリーシートを上手に書く方法はこちらを参考にしてください。

 

ES添削には就活エージェントもおすすめ

就活生ちゃん

ES添削サービスの良さはわかりました。
でも、エントリーシートを添削してもらった後のフィードバックも知りたいな。

そんな就活生の方は、ES添削サービスだけでなく「就活エージェント」も利用するのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 神山

就活エージェントとは「専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで就活生を支援してくれるサポート」のことです。

就活エージェントではエントリーシートを添削してもらった後、丁寧なフィードバックをもらえるのが特徴です。

就活の面接では、エントリーシートの内容を聞かれることもあります。
就活エージェントでは、エントリーシートの添削だけでなく、面接対策もしてもらえるので内定に大きく近づけますよ。

「就活の教科書」編集部 神山

 

就活エージェントについてはこの記事で詳しく紹介しています。

 

まとめ:自分に合ったES添削サービスを使ってみよう

いかがでしたか。

この記事では「就活の教科書」編集部の神山が、就活生みんなが使っているESの添削サービスを紹介しました。

また、エントリーシートを添削する理由や、自分でエントリーシートを添削するポイントについて解説しました。

 

ES添削について、この記事で解説した内容を改めてまとめておきますね。

◆ エントリーシートの添削をしていないと選考に落ちやすい

◆ エントリーシートの添削が必要な5つの理由

  • 理由①:採用される可能性を上げられるから
  • 理由②:読みやすい文章かどうか分かるから
  • 理由③:自分で気づけなかった客観的な意見をもらえるから
  • 理由④:自分史に活用できるから
  • 理由⑤:誤字脱字を防げるから

自分でエントリーシートを添削する時の5つのポイント

  • ポイント①:簡潔な文章になっているか
  • ポイント②:書き出しが結論から始まっているか
  • ポイント③:根拠を書いているか
  • ポイント④:就職後の目標を書いているか
  • ポイント⑤:誤字脱字がないか

エントリーシートは第三者に添削してもらうことでどんどん良くなります。

クオリティの高いエントリーシートを作って、うまく就活を進めましょう。

「就活の教科書」編集部 神山

 

この記事で紹介したES添削サービスを改めてまとめておきますね。

他にも数多くのES添削サービスがありますが、この記事で紹介したES添削サービスで有名どころはほとんど網羅しているはずです。

自分にあったESの添削サービスを利用し、内定を獲得しましょう!

「就活の教科書」編集部 神山

 

就職活動で役立つその他のサービス

就職活動を有利に進めるために、様々な就活支援サービスを利用しましょう。

「就活の教科書」編集部が選んだ、おすすめの就活支援サービスを以下の記事にまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本

新着記事