【内定者が教える】業界研究のやり方4STEP | 就職活動でよく聞く業界の種類一覧も

この記事でわかること
  • 業界研究の目的は、自分に適性がある業界を発見すること
  • 業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選
  • 正しい業界研究のやり方4STEP
  • 業界研究で絶対にやるべきこと5選
  • 就活の人気業界ランキング・全業界一覧まとめ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では、業界研究(業界分析)について解説します。

就活生の皆さんは、業界研究をきちんとできていますか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

そもそも業界研究とは何かがあまり分かりません・・・

なぜ業界研究をしないといけないのかが分からないし、どこまで研究したらいいかも分からないです。

就活生くん

僕は業界研究ができていないので、どの企業にエントリーすれば良いか分かりません。

面接やエントリーシートでも、業界研究をして理解した上で、上手く志望理由を伝えられるようになりたいです。

業界研究を苦手に感じる就活生は多いですよね。

僕も業界研究が苦手でしたが、数々の方法で業界を研究し続けた結果、業界研究のコツがわかりました。

この記事で、皆さんの業界研究がより進むように、お手伝いしますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では、業界研究のコツを体得した川北が「業界研究のやり方を完全解説します。

合わせて、「業界研究が簡単にできる裏技」「就活の人気業界ランキング一覧」も紹介しています。

この記事を読めば、「違う方法で業界研究をすればよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

業界研究で悩んでいる就活生は、効率的に業界研究を進めるためにも、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

そもそも業界研究とは?

就活生ちゃん

そもそも業界研究とはなんですか?

業界研究のゴールや目的を理解しないと、どのように進めたら良いのか分かりません。

確かに、業界研究は「会社を選ぶ就活」と考えると、少し遠回りな気がするかもしれません。

しかし、業界研究のゴールや目的を理解して、きちんと業界研究を行えば、納得する就活ができるので、まずは前提を確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究とは、世の中の業界の構造や動向を理解すること

業界研究とは、「世の中の業界の構造や動向を理解すること」です。

就活を始めると、知らない業界や業務内容が分からない業界がたくさんあります。

例えば、「商社」や「証券」という業界の名前はよく聞きますが、ビジネスモデルや今後の動向まで理解していますか?

業界理解が出来ていないと、自分に適性がある業界も理解することができないのです。

そのため、会社を選ぶ前の段階で、「自分にマッチした業界」を探すことが業界研究なのです。

簡単に言うと、業界研究は「世の中にある業界の全体像と特徴を理解する」ことですね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究の目的は、自分に適性がある業界を発見すること

業界研究の目的は、自分に適性がある業界を発見することです。

自分にマッチする会社を選ぶ前に、その会社が属する業界の特徴や今後の動向を理解し、自分との適性があるかを確認が必要だからです。

社風や会社のビジョンに共感したとしても、業界のビジネスモデルや産業自体に適性がなく、3年以内に辞めてしまう人がたくさんいます。

納得する就活をするためにも、業界研究を行った上で、企業研究をするという順番を大切にしましょう。

「業界研究:ビジネスモデルや業務内容等の理解」×「自己分析:自分の性格や強みの理解」=「自分にマッチした業界の発見」

この方程式を完成させるために、業界研究は就活において必須の行動なのです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選

就活生くん

業界研究といっても、難しいので何をすれば良いか分かりません。

僕は時間がないので、とにかく早く簡単に業界研究がしたいです。

業界研究は、正しいやり方を丁寧にすると時間がかかってしまいますが、実は業界研究が簡単にできるやり方の裏技がありますよ。

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選
  • 裏技①:とりあえず業界研究セミナーで情報収集する
  • 裏技②:業界情報がまとまった就活サイトを一通り読む
  • 裏技③:社会人におすすめ業界を3つ紹介してもらう

とにかく業界研究のやり方が分からない人は、まずは1つずつ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

裏技①:とりあえず業界研究セミナーで情報収集する

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選1つ目は、とりあえず業界研究セミナーで情報収集することです。

業界セミナーに行けば、業界研究のやり方も、実際に業界で働いている人の声も聞けるので、業界研究を1日で網羅できるからです。

例えば、大学主催の業界研究セミナーもあるので、授業のような感覚で業界研究をすることができるのです。

実際に大学のOBが企業スタッフとして話をしてくれるので、企業との距離もセミナーですよ。

業界研究で何をすれば良いのか分からない人は、まずは大学主催の業界研究セミナーに参加してみてくださいね。

業界研究セミナーに行く人は、業界研究セミナーの内容やメリットが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

裏技②:業界情報がまとまった就活サイトを一通り読む

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選2つ目は、業界情報がまとまった就活サイトを一通り読むことです。

手軽に業界比較や業界情報を集めることができるからです。

具体的には、業界の最新ニュースが載っている「日経新聞」や業界ごとのまとめ記事が載っている「ワンキャリア」がおすすめです。

手軽に手に入る業界の情報から、自分の業界に対するイメージを膨らませていきましょう。

ネットではなく、本から情報を集めたい人は、『会社四季報業界地図』がおすすめです。

業界の最新事情だけでなく、今後の動向予想まで1冊にまとまっているので、ぜひ読んでみてくださいね。

就活サイトを活用する人は、業界研究に役立つ就活サイトのおすすめが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

裏技③:社会人におすすめ業界を3つ紹介してもらう

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選3つ目は、社会人におすすめ業界を3つ紹介してもらうことです。

業界研究のスタートダッシュを、知識と経験のある社会人に助けてもらうことで効率的に進めることができるからです。

僕は業界研究の初期段階で、身の回りの大人やOBの人と話す時に、「おすすめの業界を3つ教えてください」と言っていました。

そうすることで、今注目されている業界やその業界がおすすめな理由を聞くことができるので、業界研究を深めることができました。

親や身内の人だけの声だけを参考にしてしまうと意見が偏ってしまうことがあるので、OB訪問をして多くのの社会人と業界研究をしていきましょう。

OB訪問をする人は、OB訪問のやり方やOB訪問に役立つマッチングアプリ/サイトが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 木村

 

正しい業界研究のやり方4STEP

 

就活生ちゃん

私は時間をかけてでも、正しく丁寧に業界研究を進めていきたいと考えています。

正しい業界研究のやり方や順番を教えてくれませんか?

 

業界研究は正しいやり方でやらないと会社選びを失敗してしまう可能性がありますよ。

正しい業界研究のやり方はこちらの4STEPです。

「就活の教科書」編集部 木村

正しい業界研究のやり方4STEP
  • STEP①:業界を「絞らない」で全体像を把握する
  • STEP②:業界ごとの特徴を理解する
  • STEP③:自分にあった業界を2,3個に「絞る」
  • STEP④:業界の成長性・将来性を調べて、業界を「決める」

それでは1つずつ確認して、正しい業界研究のやり方を身に着けていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP①:業界を「絞らない」で全体像を把握する

正しい業界研究のやり方1STEPは、業界を「絞らない」で全体像を把握することです。

余計な先入観なく、フラットな状態で、たくさんの業界を知ることができるからです。

例えば、旅行が好きだから旅行業界という風に業界を絞ってしまうと、研究できる業界・企業の数も少なくなります。

また、他の業界の業務内容や今後の動向まで詳しく理解できません。

まず初めは、世の中にどんな業界があるのかという視点で業界の全体像を把握していきましょう。

初期段階では業界を絞らないで、とにかくたくさんの業界を知り、理解を深めることが大事ですね。

しかし、就活で最後まで業界を絞らないことには、デメリットもあるので、業界を絞らない正しい方法を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP②:業界ごとの特徴を理解する

正しい業界研究のやり方2STEPは、業界ごとの特徴を理解することです。

業界を絞る際に、業界それぞれを差別化する「判断軸」を持つためです。

業界ごとに「平均年収」や「扱う商品やサービス」等を比較しながら、業界の特徴を理解していきます。

そして自分の「就活の軸」と照らし合わせて、自分に合った業界を探していきましょう。

業界研究で調べるべきポイントは、この記事の後半で解説しているので、読み進めてくださいね。

また、志望業界がない人は、どのように業界研究を進めると志望業界が見つけ方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP③:自分にあった業界を2,3個に「絞る」

正しい業界研究のやり方3STEPは、自分にあった業界を2,3個に「絞る」ことです。

ある程度、業界を絞ることが「会社選びの第一歩になる」からです。

例えば、「1000社の中から1社」と「100社の中から1社」を選ぶのでは、業界・企業研究できる深さが変わります。

自己分析で理解した自分の性格や強みから、自分にあった業界を探しましょう。

そして、STEP2で理解した業界ごとの特徴と照らし合わせて、業界を2,3個に絞ってみましょう。

業界を絞る行動は、言い換えると、進路の選択肢を絞る行動なので勇気が必要です。

業界の絞り方に不安がある人は、絞る時期やってはいけないことも分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP④:業界の成長性・将来性を調べて、業界を「決める」

正しい業界研究のやり方4STEPは、業界の成長性・将来性を調べて、業界を「決める」ことです。

就活では1社を選ぶことが最終ゴールなので、最終的には業界も決める必要があるからです。

その時に、業界ごとの成長性や将来性を加味して、長期的な視点で業界を選ぶことを意識しましょう。

業界研究は「浅く広く」始めて、だんだんと「狭く深く」できるのが理想ですね。

業界選びで不安がある人は、業界選びの注意点や人気業界も分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

また、志望業界が決まらない・見つからない人は、対処法が分かるので、合わせてご覧ください。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究で絶対にやるべきこと5選

就活生ちゃん

業界研究の流れや正しいやり方は分かりました。

それでは早速始めたいのですが、具体的にどんなことをやっていけば良いですか?

業界研究に役立つツールはたくさんありますよ。

業界研究で絶対にやるべきことはこちらの5つです。

「就活の教科書」編集部 木村

業界研究で絶対にやるべきこと5選
  • 行動①:業界研究の本を活用して、全体像を把握する
  • 行動②:業界研究セミナー・業界研究フェアで現場の声を聞く
  • 行動③:業界研究ノートを作成し、業界の比較検討をしやすくする
  • 行動④:就活サイトを活用し、情報を網羅する
  • 行動⑤:合同説明会に参加し、効率よく業界・企業を知る

業界研究で何をやれば良いか分からない人は、①から順番に試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動①:業界研究の本を活用して、全体像を把握する

業界研究で絶対にやるべきこと1つ目は、業界研究の本を活用して、全体像を把握することです。

業界研究の本は、目的別に必要な知識や情報を効率的に吸収することができるからです。

僕のおすすめは『会社四季報業界地図』です。

『会社四季報業界地図』は、全国大手書店各社調べで10年連続売上1位・累計180万部の人気業界研究本です。

各業界の提携関係・シェア・市場規模などをわかりやすく地図の形で表現しており、ひと目で業界の全体像を把握できます。

業界の最新事情だけでなく、今後の動向予想まで1冊にまとまっている『会社四季報業界地図』をぜひ活用してみてくださいね。

他にも業界研究に役立つ本はたくさんありますよ。

本を中心に業界研究を進める人は、業界研究に役立つ本ランキングTOP5が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動②:業界研究セミナー・業界研究フェアで現場の声を聞く

業界研究で絶対にやるべきこと2つ目は、業界研究セミナー・業界研究フェアで現場の声を聞くことです。

実際に業界で働いている人の声を参考にして、多くの業界を比較しながら、業界研究を進めることができるからです。

1日で多くの業界の人の話を聞いて、自身の知識や情報が合っているのかをすり合わせすることができます。

また、オフラインイベントもあるので、その場でしか分からない業界の雰囲気を知ることもできます。

地方や大学ごとにも、業界研究セミナー・業界研究フェアは開催されているので、ぜひ活用してみてくださいね、

業界研究セミナーについてもっと知りたい人は、業界研究セミナーの内容やメリットが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動③:業界研究ノートを作成し、業界の比較検討をしやすくする

業界研究で絶対にやるべきこと3つ目は、業界研究ノートを作成し、業界の比較検討をしやすくすることです。

業界研究ノートは、業界ごとの特徴をまとめ、比較検討をしやすくするために作ります。

また業界研究ノートを作ることで、数字の比較やデメリットも相対的に考えやすくなるので、おすすめです。

業界研究ノートの作り方を知りたい人は、業界研究ノートを作る手順や必要要素が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動④:就活サイトを活用し、情報を網羅する

業界研究で絶対にやるべきこと4つ目は、就活サイトを活用し、情報を網羅することです。

就活サイトは、業界情報が網羅的なまとめてあるから、すぐに役立つ情報を手に入れられるからです。

また、過去の選考通過したESを参照できるので、どのレベルまで業界研究をすればよいかも分かります。

自分にあった就活サイトを活用して、情報を集めましょう。

就活サイトを活用したい人は、目的別に就活サイトを紹介しており、あなたに合った就活サイトを見つけることができるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動⑤:合同説明会に参加し、効率よく業界・企業を知る

業界研究で絶対にやるべきこと5つ目は、合同説明会に参加し、効率よく業界・企業を知ることです。

合同説明会では、多くの会社が1度の機会に会社説明をするので、業界・会社ごとの特徴を理解し、比較検討がしやすいです。

僕がおすすめする合同説明会は「MeetsCompany」です。

「MeetsCompany」は、経歴を書いた履歴書1枚で8社の選考も受けられるので効率よく、業界・企業研究できます。

また、イベント参加後に個別で業界研究を一緒に進めてくれるリクルーターがつくのも魅力的です。

無料で参加できる「MeetsCompany」をぜひ活用して業界研究をしてみてくださいね。

\ イベント参加者の96%が満足!! /

meets company(ミーツカンパニー)

* 登録無料、1分で参加できます

 

他にも、業界研究に役立つ合同説明会はたくさんありますよ。

もっと合同説明会を知りたい人は、参加した就活生の口コミやおすすめ合説が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活の人気業界ランキング一覧

就活生くん

業界研究ではやるべきことが多いので、効率的に作業を進める必要がありますね。

ところで、就活生から人気の業界はありますか?

たくさんの業界の中で、人気・不人気業界はありますよ。

ここでは、就活の人気業界ランキング一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 木村

就活の人気業界ランキング一覧
  • 1位:メーカー
  • 2位:商社
  • 3位:IT・情報通信
  • 4位:金融・保険
  • 5位:コンサル
  • 6位:広告・マスコミ
  • 7位:不動産
  • 8位:人材

(参考:unistyleに登録している20卒・21卒の学生)

やはり「安定」や「好待遇」で有名なメーカーや商社が人気ですね。

もっと人気・不人気業界について詳しく知りたい人は、平均年収や狙い目企業まで分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

また項目別の業界ランキングも分かるので、離職率や内定のもらいやすさが気になる人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活でよく聞く全業界一覧まとめ

就活生くん

業界によって、就活生から人気・不人気あることがよく分かりました。

他の企業も含めた全業界についても教えてほしいです。

ここでは、全業界を一覧にしてまとめたものを紹介します。

ぜひ、自分の行きたい業界はどの分野に含まれているのかを確認してみてくださいね。

ここに書かれている業界とビジネスモデルは一般的なものなので、自分が行きたい業界が見つかれば、自身の業界研究を始めてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

全業界一覧まとめ

金融分野の業界一覧

  • 銀行業界【お金の賃借の利子から利益を得る】
  • 証券・ネット証券業界【株や債券などの売買に関する手数料から利益を得る】
  • 生命保険業界【人に対する保険金から利益を得る】
  • 損害保険業界【危険なモノや機会に対する保険金から利益を得る】
  • クレジット業界【会員と加盟店から手数料から利益を得る】
  • リース業界【モノやお金の賃借の賃料から利益を得る】

IT分野の業界一覧

  • 通信サービス業界【通信インフラに対する通信費から利益を得る】
  • ソフトウェア業界【開発した無形製品に対する利用料から利益を得る】
  • インターネットサービス業界【インターネットを利用した広告や販売から利益を得る】

メディア分野の業界一覧

  • ネット広告・広告業界【他社製品を売る広告料から利益を得る】
  • テレビ業界【テレビに掲載する広告料から利益を得る】
  • 出版業界【書籍代と広告料から利益を得る】
  • 新聞業界【販売料と広告料から利益を得る】

建設・不動産分野の業界一覧

  • 建設業界【建設請負から利益を得る】
  • 不動産業界【建物の開発・賃借・投資などから利益を得る】
  • 住宅業界【家の販売料から利益を得る】

輸送・運送分野の業界一覧

  • 航空業界【飛行機の利用料から利益を得る】
  • 鉄道業界【電車の利用料から利益を得る】
  • 海運業界【船の運搬料から利益を得る】

エネルギー・素材分野の業界一覧

  • 電力業界【電気の使用量から利益を得る】
  • 化学業界【化学資源の製造費や販売から利益を得る】
  • 鉄鋼業界【鉄鋼資源の製造費や販売から利益を得る】

自動車・機械分野の業界一覧

  • 自動車業界【自動車の販売から利益を得る】
  • 機械業界【機械の販売から利益を得る】

電機・電子分野の業界一覧

  • 電気機器業界【電気機器の販売から利益を得る】
  • 電子部品業界【電子部品の販売から利益を得る】

食品業界【食品の販売から利益を得る

小売・卸売り分野の業界一覧

  • 総合商社業界【様々な分野のトレーディングから利益を得る】
  • 専門商社業界【特定の分野のトレーディングから利益を得る】
  • 百貨店業界【他社製品を販売する手数料から利益を得る】

生活関連分野の業界一覧

  • 医薬品業界【医薬品の販売から利益を得る】
  • 化粧品業界【化粧品の販売から利益を得る】
  • アパレル業界【衣服の販売から利益を得る】

サービス分野の業界一覧

  • 人材業界【人材を紹介/派遣する紹介料から利益を得る】
  • 教育業界【教育サービスの利用料から利益を得る】
  • コンサルティング業界【課題解決サービスの利用料から利益を得る】

娯楽分野の業界一覧

  • 旅行業界【旅行の企画や実施から利益を得る】
  • ゲーム・玩具業界【ゲームや玩具の販売や使用料から利益を得る】
  • 映像・音楽業界【映像や音楽の利用料から利益を得る】

多くの業界からビジネスモデルを理解して、自分にあった業界を探していきましょう。

各業界をもっと詳しく知りたい人は、今後の動向や業界規模も分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究で調べるべき項目5つ

就活生ちゃん

世の中にはたくさんの業界があるのですね。

実際に、業界研究をする時の調べるべき項目があれば教えてほしいです。

業界研究では絶対に調べるべき項目がありますよ。

業界研究で調べるべき項目は5つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

業界研究で調べるべき項目5つ
  • 項目①:ビジネスモデル
  • 項目②:市場規模の成長性・将来性
  • 項目③:扱う商品やサービス
  • 項目④:平均年収・平均年齢
  • 項目⑤:業界内の勢力関係(順位)

5つの項目を網羅して、業界研究の質を高めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

項目①:ビジネスモデル

業界研究で調べるべき項目1つ目は、ビジネスモデルです。

どのように価値(モノ・サービス)を提供し、収益を出しているかが、業界ごとに大きく異なるからです。

例えば、メーカー業界は、自社製品を売ることが利益に繋がりますが、広告業界では、他社製品を売ることが利益に繋がります。

また、他社製品を売るよりも、自社商品を売る方が、利益率が高く、その結果、会社としても好待遇であることもあります。

このように業界研究ではビジネスモデルを理解し、自分がどのようなビジネスに携わりたいかと照らし合わせる必要があるのです。

『会社四季報業界地図』では、各業界のビジネスモデルが解説されているので、ぜひ活用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

項目②:市場規模の成長性・将来性

業界研究で調べるべき項目2つ目は、市場規模の成長性・将来性です。

業界の動向や景気は常に変化しているため、中長期的な視点での業界研究が必要だからです。

特に、市場規模が成長するか、衰退するかによって、今後の仕事量やチャンスが自分に巡ってくる回数が変わったりします。

具体的には、たばこ業界は世の中の禁煙化により、どんどん市場規模が縮小していますが、通信業界は5GやIoT化により、ますます市場が拡大しています。

このように市場規模の成長性や将来性を加味して、中長期的な視点での業界研究を進めていきましょう。

転職を視野に入れて就活を進めている人は、特に新卒でどの業界を選び、市場価値を高めていくかが重要になっています。

市場が成長して、必然的にチャンスが多くなっている業界を探していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

項目③:扱う商品やサービス

業界研究で調べるべき項目3つ目は、扱う商品やサービスです。

顧客に届ける価値である商品やサービスは、業界によって様々だからです。

例えば、メーカー業界は機械や製品の「モノ」を扱いますし、通信業界は電波回線やアプリなどの「無形商材」を扱います。

他にも、人材業界は「人が商品」、旅行業界は「プランと機会提供が商品」と業界によって様々です。

自分がビジネスとして扱いたい商品やサービスでないと、離職してしまう可能性が高まるので、業界選びの際は扱う商品やサービスを理解しておきましょう。

複雑なビジネスモデルの業界ほど、扱う商品やサービスも複雑になるので、分からないことがあれば社員やOBなどに聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

項目④:平均年収・平均年齢

業界研究で調べるべき項目4つ目は、平均年収・平均年齢です。

業界ごとに年収や年齢が大きく異なり、必然的に待遇やチャンスの数が決まってしまうことがあるからです。

具体的には、コンサルティング業界や総合商社などは、参入障壁が高く、平均年収も高い代わりに、平均年齢も高いです。

一方で、介護業界や教育業界は、営業利益率が低いので、必然的に平均年収も低くなってしまうのです。

平均年収・平均年齢は数年で変わることのない数字なので、業界研究の際は必ずチェックするようにしましょう。

平均年収には、隠された落とし穴も存在します。

冷静に数字を見て判断したい人は、平均年収が高い企業の特徴や落とし穴が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

項目⑤:業界内の勢力関係(順位)

業界研究で調べるべき項目5つ目は、業界内の勢力関係(順位)です。

業界1位の企業とそれ以外の企業では、巡ってくるチャンスの量や規模に大きな違いがあるからです。

例えばあなたが、とにかくインターネットに広告を出したいと考えると、「信頼と実績がある業界1位の企業にお願いをしたい」と思いますよね。

同じようにどの業界でも、「業界1位かそれ以外か」は企業選びでも大切な基準になるので、業界研究の段階で業界内の勢力関係(順位)は理解しておきましょう。

『会社四季報業界地図』では、業界内の順位が企業ごとに書かれているので、効率的に業界研究をしたい人は、ぜひ活用してみてくださいね。

業界研究と同時に企業研究もしたい人は、企業研究のやり方が網羅的に分かるので、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究をする時の注意点3つ

就活生くん

業界研究での調べるべき項目を理解することができました。

業界研究を進める時に、注意しておくべき点はありますか?

業界研究は正しいやり方をしなければ、自身の将来の選択肢を狭めてしまう可能性があります。

業界研究をする時の注意点は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

業界研究をする時の注意点3つ
  • 注意点①:初期段階で特定の業界に絞らない
  • 注意点②:必ずしも業界を1つに絞らない
  • 注意点③:新卒採用人数を確認する

1つずつ確認して、正しい業界研究のやり方を理解しましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

注意点①:初期段階で特定の業界に絞らない

業界研究をする時の注意点1つは、初期段階で特定の業界に絞らないことです。

業界研究の初期段階では、業界を絞らずに幅広く業界の全体像を理解して、選択肢をできるだけ多くの残すべきだからです。

業界全体を知らずに、1つの業界に絞ってしまうと、他業界との比較や他業界の魅力に気づくこともできません。

なので、業界研究の初期段階では、なるべく特定の業界に絞ることは避けましょう。

業界研究では、業界を絞る時期がとても大切になります。

業界選択や決定が不安な人は、正しい業界の絞り方や絞る時期が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

注意点②:必ずしも業界を1つに絞らない

業界研究をする時の注意点2つは、必ずしも業界を1つに絞らないことです。

最後に業界を1つだけに絞ってしまうと、全落ちする可能性があるからです。

特に、業界に強いこだわりがない人は、2,3個の業界を並列して、選考に進むと、他業界との比較もできるのでおすすめです。

一方で、業界にこだわりがあり、業界を絞って選考に進みたい人は、業界理解を完璧にして臨みましょう。

業界を絞らないで就活する人は、メリット・デメリットを把握しておく必要があるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

注意点③:新卒採用人数を確認する

業界研究をする時の注意点3つは、新卒採用人数を確認することです。

業界研究をどれだけ進めても、新卒採用が積極的に行われていない業界なら、意味がないからです。

具体的には、鉄道業界など離職率の低い業界は、大手企業でも採用人数が少ない傾向にあります。

一方で、人材業界などは人材の変動が激しいため、新卒採用を積極的に行っています。

なので業界研究は、そもそも新卒採用が積極的に行われている業界なのかを注意して確認するようにしてください。

新卒採用に積極的で内定がもらいやすい業界を知りたい人は、内定もらいやすい業界ランキングが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきこと3選

就活生ちゃん

ここまで読んで、もっと業界研究を極めたいと思いました。

次にやるべきことは何がありますか?

業界研究は終わりがないものなので、どんどん深掘りをして、他の就活生と差別化していきましょう。

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきことは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきこと3選
  • 行動①:ニュース・新聞をチェックする
  • 行動②:就活エージェントを活用する
  • 行動③:OB訪問をする

1つずつやるべきことをこなしていき、業界理解を完璧にしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動①:ニュース・新聞をチェックする

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきこと1つ目は、ニュース・新聞をチェックすることです。

ニュースや新聞は、最新情報が分かるので、業界の動向や景気がタイムリーに分かります。

例えば、新型コロナウイルスの影響で、航空業界や旅行業界はダメージを受けていますが、製薬業界や通信業界は株価が上昇しています。

このように、最新トレンドを把握しながら、業界の動向を知ることができるので、積極的にニュース・新聞はチェックしておきましょう。

僕は、学割を使うと500円/月で利用できるNews Picksに登録して、情報を集めていました。

他にも、日本経済新聞を読むなどして、常に情報に対するアンテナを張っておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動②:就活エージェントを活用する

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきこと2つ目は、就活エージェントを活用することです。

就活エージェントは、業界研究も含む、就活全般のことについてアドバイスをくれるからです。

特におすすめの就活エージェントが「キャリアチケット」です。

専属アドバイザーが業界研究を筆頭に、個別でES対策や面接対策を内定が貰えるまでサポートしてくれますよ。

無料でプロのアドバイザーと一緒に業界研究を進めたい人は、ぜひ「キャリアチケット」を活用してみてくださいね。

就活エージェントに興味がある人は、無料で使える就活エージェントのおすすめが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 木村

 

行動③:OB訪問をする

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきこと3つ目は、OB訪問をすることです。

実際に社会で働いている人や、業界研究を終えている人から、業界研究のアドバイスや最新情報を教えてもらえるからです。

僕自身も、人材業界の人からその場でしか聞けない裏話を聞くことができ、業界研究が深まりました。

また、固定観念や間違った知識を訂正してくれるので、OBに業界研究のアウトプットをすることはおすすめですよ。

OB訪問をしたい人は、OB訪問のやり方やOB訪問に役立つマッチングアプリ/サイトが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

まとめ:業界研究は正しいやり方で効率よく進めていこう

「【内定者が教える】業界研究のやり方4STEP | 就職活動でよく聞く業界の種類一覧も」の記事はいかがでしたか。

この記事では、業界研究のコツを体得した川北が「業界研究のやり方」を完全解説しました。

合わせて、「業界研究が簡単にできる裏技」「就活の人気業界ランキング一覧」も紹介しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆ そもそも業界研究とは?

  • 業界研究とは、世の中の業界の構造や動向を理解すること
  • 業界研究の目的は、自分に適性がある業界を発見すること

業界研究が簡単にできるやり方の裏技3選

  • 裏技①:とりあえず業界研究セミナーで情報収集する
  • 裏技②:業界情報がまとまった就活サイトを一通り読む
  • 裏技③:社会人におすすめ業界を3つ紹介してもらう

正しい業界研究のやり方4STEP

  • STEP①:業界を「絞らない」で全体像を把握する
  • STEP②:業界ごとの特徴を理解する
  • STEP③:自分にあった業界を2,3個に「絞る」
  • STEP④:業界の成長性・将来性を調べて、業界を「決める」

業界研究で絶対にやるべきこと5選

  • 行動①:業界研究の本を活用して、全体像を把握する
  • 行動②:業界研究セミナー・業界研究フェアで現場の声を聞く
  • 行動③:業界研究ノートを作成し、業界の比較検討をしやすくする
  • 行動④:就活サイトを活用し、情報を網羅する
  • 行動⑤:合同説明会に参加し、効率よく業界・企業を知る

業界研究で調べるべき項目5つ

  • 項目①:ビジネスモデル
  • 項目②:市場規模の成長性・将来性
  • 項目③:扱う商品やサービス
  • 項目④:平均年収・平均年齢
  • 項目⑤:業界内の勢力関係(順位)

業界研究をする時の注意点3つ

  • 注意点①:初期段階で特定の業界に絞らない
  • 注意点②:必ずしも業界を1つに絞らない
  • 注意点③:新卒採用人数を確認する

もっと業界研究を深堀りしたい人がやるべきこと3選

  • 行動①:ニュース・新聞をチェックする
  • 行動②:就活エージェントを活用する
  • 行動③:OB訪問をする

まとめ:業界研究は正しいやり方で効率よく進めていこう

業界研究では正しいやり方で、自分の選択肢を無理に狭めない納得のいく就活をしましょう。

また業界研究では、絶対にやるべきことが明確にあるので、1つずつこなしていきましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

新着記事