【内定者が教える】企業研究/業界研究のやり方6選 | どこまで調べれば良い?

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。
この記事では、企業研究・業界研究(企業分析・業界分析)について説明します。
就活生の皆さんは、企業研究・業界研究をちゃんとできていますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

僕は企業研究・業界研究が苦手です。
なぜ企業研究をしないといけないのかが分からないし、どこまで研究したらいいかも分からないです。

就活生ちゃん

私は、企業研究・業界研究で調べるべきポイントについて知りたいです。
もうすぐ面接があるので、企業研究をして、質問にうまく答えられるようにしたいです。

企業研究・業界研究を苦手に感じる就活生は多いですよね。
僕も企業研究が苦手でしたが、多くの面接を乗り越えた今では、企業研究のコツがわかりました。
この記事で、皆さんの企業研究・業界研究が進むよう、お手伝いしますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、企業研究のコツを体得した西川が、企業研究・業界研究をするやり方を解説します。

合わせて、企業研究・業界研究で調べるべき内容も解説します。

この記事を読めば、企業研究・業界研究で困ることもなくなります。

企業研究・業界研究で悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

そもそも企業研究・業界研究とは?

就活生くん

そもそも企業分析とは何のことですか?

本格的に内容に入る前に、まずは企業研究・業界研究について簡単におさらいしましょう。
企業研究・業界研究とは、以下のことを意味します。

「就活の教科書」編集部 西川

就職活動における企業研究・業界研究とは

企業の特徴を明確に理解し、自分とマッチしているのか確め、具体的な志望動機を作り上げるための情報収集の活動のこと。

企業研究・業界研究について、簡単に理解できましたね。
では次に、企業研究・業界研究をする目的について詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業研究・業界研究をする目的

就職活動において企業研究・業界研究をすべき理由は、2点あります。

「就活の教科書」編集部 西川

企業研究・業界研究をすべき理由
  • 具体的な志望動機を構築するため
  • 入社後のミスマッチを無くすため

では、企業研究・業界研究をすべき理由2点について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

理由①:具体的な志望動機を構築するため

企業研究・業界研究をすべき理由の1つ目は、「具体的な志望動機を構築するため」です。

企業研究・業界研究をすることで、具体的な志望動機の構築につながります。

面接で志望動機を聞かれた時に、浅い返答をしてしまうと、志望度が低いと面接官に捉えられます。

面接官は志望度が高い学生に内定を出すので、志望動機が浅いと、面接を落とされる可能性が高くなります。

面接官に志望度が高い学生だと思われるために、企業研究・業界研究をして、具体的な志望動機を作り上げましょう。

 

理由②:入社後のミスマッチを無くすため

企業研究・業界研究をすべき理由の2つ目は、「入社後のミスマッチを無くすため」です。

実は、新卒入社の約3割が、入社して3か月以内に退職しています。

退職者の離職理由は、以下の様になっています。

退職者の離職理由トップ3
  • 仕事が自分に合わなかったため
  • 人間関係が良くなかったため
  • 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかったため

離職理由を見れば分かるように、離職理由の多くは、企業とのミスマッチによって起きています。

貴重なファーストキャリアを充実させるには、企業をよく理解しておくことが大切です。

企業研究・業界研究について、簡単に理解できましたね。
では次に、企業研究・業界研究はどこまですれば良いのかを説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業研究・業界研究はどこまでしたらいいの?

就活生くん

企業研究・業界研究をする目的は、理解できました!
でも、企業研究・業界研究って終わりがないように思えるのですが、どこまでしたらいいのでしょうか。

企業研究・業界研究はどこまでやっても終わりがないように思えますが、実は「終わっていい最低ライン」があります。
この項目では、企業研究・業界研究の「終わっていい最低ライン」について説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

「面接官が納得するような志望動機」が作れるまで

企業研究・業界研究を終えていい最低ラインは、
「面接官が納得するような志望動機ができるところまで」です。

面接官が納得するような志望動機ができれば、とりあえず企業研究・業界研究を終えても大丈夫です。

企業分析では、自分の企業選びの軸と照らし合わせ、他社との比較を行いましょう。
そして「御社でないとだめなんだ」と論理的に言えるまで、企業について理解を深めましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業研究・業界研究をする6つのやり方

就活生ちゃん

企業分析は、面接官が納得するような志望動機ができれば、終えていいのですね!
とは言え、どうやって企業研究・業界研究を深めたらいいか、よく分かりません

ではこの項目で、企業研究・業界研究の仕方について詳しく説明していきましょう。
企業研究・業界研究のやり方は、以下の6点です。

「就活の教科書」編集部 西川

企業研究・業界研究のやり方
  • 企業のホームページを見る
  • OB訪問で教えてもらう
  • 企業説明会で質問する
  • 業界地図を見る
  • 内定者に聞く
  • インターンシップに参加する

企業研究・業界研究をするやり方について、詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やり方①:企業のホームページを見る

企業研究・業界研究のやり方1つ目は、「企業のホームページを見る」です。

例えば、新卒の採用ページからは、初任給・賞与・勤務地・勤務時間・休日休暇・福利厚生などの情報がわかります。

また、企業理念や企業代表メッセージなどにも目を通し、企業が就活生に伝えたいことを受け取りましょう。

「企業理念に共感した」と話す場合については、こちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やり方②:OB訪問で教えてもらう

企業研究・業界研究のやり方2つ目は、「OB訪問で教えてもらう」です。

OB訪問では、企業のホームページからは得られない、リアルな情報が手に入ります。

例えば、「働く上でのやりがい」「企業の悪いところ」などは、実際に働いている社員でないと分かりません。

したがって、企業研究・業界研究を深めるには、OB訪問することもおすすめです。

OB訪問については、以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にして下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やり方③:企業説明会で質問する

企業研究・業界研究のやり方3つ目は、「企業説明会で質問する」です。

企業説明会では、基本的に企業のホームページと同じ内容が説明されますが、人事に質問できる時間があります。

また企業説明会に参加しないと、選考に進めない場合もあるので注意が必要です。

企業説明会については、こちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やり方④:業界地図を見る

業界地図

 

企業研究・業界研究のやり方4つ目は、「業界地図を見る」です。

業界地図は、企業の関係性を分かりやすく図示しており、企業のポジションや特徴が簡単に理解できます。

また、就活生にとって差別化が難しい、広告業界の電通・博報堂の違いや、飲料業界のアサヒ・キリンの違いも一目で理解できます。

業界地図は学校などにも置いてあることが多いので、ぜひ確認してみてくださいね。

業界地図は、下記のリンクから購入ページに飛ぶこともできます。

「会社四季報」業界地図(Amazon)

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活において、「業界を絞る」というのは、納得のいく就活をするためにもとても大切な作業です。

もし業界の絞り方が分からない人は、業界の絞り方や対処法が詳しく分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やり方⑤:内定者に聞く

企業研究・業界研究のやり方の5つ目は、「内定者に聞く」です。

内定者に企業の情報を教えてもらうことで、企業に関する理解を深められます。

ただし、内定者の情報は確実に正しいと言えないため、参考程度に留めておくことが良いでしょう。

内定者へのインタビューは、OB訪問アプリ「Matcher」を活用すると簡単にセッティングできます。
OB訪問アプリ「Matcher」については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やり方⑥:インターンシップに参加する

企業研究・業界研究のやり方6つ目は、「インターンシップに参加する」です。

インターンシップでは、企業の仕事を実際に体験できるので、企業研究・業界研究がより深まります。

さらにインターンシップでは、最初に企業説明があることが多いです。

したがって、企業説明を受けたい就活生は、「1Dayインターンシップ」への参加がオススメです。

インターンシップについては、こちらの記事が参考になりますので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業研究・業界研究で調べるべきポイント

就活生ちゃん

企業研究・業界研究は、面接官が納得するような志望動機ができれば、とりあえず終えていいのですね!

とは言え、企業研究・業界研究で何を調べるべきなのか、いまいち分かりません。

ではこの項目で、企業研究・業界研究で調べるべきポイントについて解説していきますね。
企業研究・業界研究で調べるべきポイントは、以下の10個です。

「就活の教科書」編集部 西川

企業研究・業界研究で調べるべきポイント
  • 企業の基本情報
  • 求める人物像
  • 仕事内容
  • 社風
  • 他社と比較した強みと弱み
  • 給与・平均年収
  • 福利厚生
  • 教育・研修制度
  • 離職率
  • 企業の動向・成長性
  • 経営者の氏名・経歴・考え・ビジョン
次にこれらのポイントを簡単に調べるやり方について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント①:企業の基本情報

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの1つ目は、「企業の基本情報」です。

基本情報とは、以下の6点を指します。

企業の基本情報
  • 設立年
  • 資本金
  • 株式公開
  • 事業拠点
  • 従業員数
  • 企業理念

これらの基本情報は、企業のホームページや新卒採用ページに必ず記載されています。

基本情報を通して、企業の特徴が見えてきます。

例えば、資本金が5,000万円から3億円以上あり、従業員数が100人から300人を超えている会社は、一般的に大企業とされています。

さらに事業拠点地からは、自分が転勤するかもしれない場所が分かります。

企業の基本情報を知っておくことは、選考を受けるうえで欠かせません。
したがって企業研究・業界研究では、企業の基本情報を押さえておきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント②:求める人物像

企業研究・業界研究で調べるべきポイント2つ目は、「求める人物像」です

企業が求める人物像は、主に新卒採用ページに記載されています。

求める人物像を把握することで、企業がどんな就活生を期待しているか予測できます。

ただ気をつけて欲しいのが、企業が求める人物像に、無理に自分を寄せないことです。
求める人物像と自分が違っても、内定は貰えます。
自分らしさを忘れないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント③:仕事内容

企業研究・業界研究で調べるべきポイント3つ目は、「仕事内容」です。

仕事内容は、具体的に以下の4点について調べましょう。

仕事内容について
  • 職種
  • 業務内容
  • 対象者
  • 業態

職種については、新卒の採用ページに、応募職種と業務内容が記載されています。

業務内容については、ホームページを見るだけは理解しきれないので、OB訪問などで「必要なスキル」な「やりがい」について詳しくインタビューしてみましょう。

企業のサービスや商品が、誰を対象としているかも注目が必要です。

また企業のサービスや商品の対象が、法人か個人消費者かによって、仕事の意味合いが大きく変わってきます。

最後に、業態とは「企業のサービスや商品の売り方」の事です。

アパレル業界を例を挙げると、アパレル業界には「百貨店販売・量販店販売・専門店販売・通信販売」の4つの業態があります。

このように、アパレル業界と言っても、業態によって働き方が大きく変わります。
自己分析の結果と照らし合わせて、自分のとっての最善の仕事内容を見つけましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント④:社風

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの4つ目は、「社風」です。

社風とは、その企業独自の雰囲気のことを指します。

例えば、社風には以下のようなものが挙げられます。

よくある社風の例
  • 実力主義
  • 風通しが良い
  • 年功序列
  • アットホーム
  • チームプレーを重視している

社風は、企業のホームページを見るだけでは理解しづらいです。

実際にインターンで企業体験をしてみたり、働かれている社員の方にインタビューして確認することをおすすめします。

社風については、こちら記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント⑤:他社と比較した強みと弱み

企業研究・業界研究で調べるべきポイント5つ目は、「他社と比較した強みと弱み」です。

他社と比較した時の強みは、その企業を積極的に選ぶ理由になります。

そして弱みを理解した上で入社することは、入社後のミスマッチの予防に繋がります。

意地悪な面接官は、面接で「当社の弱みはどこだと思いますか?」という質問をしてくる場合があります。
他社と比較した強み・弱みは、競合理解にも繋がるので「なぜ企業を選んだのか」を明確にできます。

「会社の弱み」「競合他社との比較」については、こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント⑥:給与水準・平均年収

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの6つ目は、「給与水準・平均年収」についてです。

給与水準・平均年収は、今後の自分の生活水準を決める、大きな指標になります。

また離職者が会社を辞める理由に「賃金が良くなかったから」がランクインするほど、給与水準は重要な指標です。

企業の平均年収は、「カイシャの評判」「OpenWork」などの就活口コミサイトを利用して調べましょう。

「カイシャの評判」「OpenWork」については、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント⑦:福利厚生

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの7つ目は、「福利厚生」です。

福利厚生とは、保険制度や給与手当などのことです。

福利厚生については、企業の新卒採用ページに記載されています。

一般的に、福利厚生は大手企業ほど充実しており、ベンチャー企業であるほど未整備な場合が多いです。

福利厚生は繊細な内容なので、説明会などの公式な場ではなく、OB訪問や座談会などのラフな質問ができる場所で聞くようにしましょう。

例えば、健康保険制度は、病気やけがをした際に、医療費を一部負担してくれる仕組みです。

僕は現在、東京で家探しをしていますが、住宅補助が出ないことに苦しんでいます。
東京で一人暮らしをしたい就活生は、住宅補助が出る企業を優先で考えると良いかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント⑧:教育・研修制度

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの8つ目は、「教育・研修制度」です。

教育・研修制度については、企業の新卒採用ページに記載されています。

新入社員の教育制度が充実していることは、人材教育に力を入れていることを表しています。

新人研修は時間と資金がかかるため、余裕が無い企業では、後回しにされる場合があります。

新卒入社研修制度が充実した企業では、社会人の心得から学べます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント⑨:離職率

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの9つ目は、「離職率」です。

離職率が高い企業の特徴として、「風通しが悪い環境」や「給料が上がりにくい」などの負の面がある可能性があります。

離職率は、下記の計算式で算出できます。

しかし、この計算式を用いて離職率を計算するのは難しいので、以下の記事やサイトを参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

離職率ランキング 参考サイト

 

ポイント⑩:企業の動向・成長性

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの10個目は、「企業の動向・成長性」です。

企業の動向や成長性は、企業のIR(Invester Relations)に記載されています。

IRとは、企業が投資家に向けて企業状況を報告する文書のことです。

IRには、企業の課題や目標、改善点が記載されており、成長率や今後の動向を具体的な数字で把握できます。

IRは、「企業名+IR」と検索すると簡単に入手できます。
企業研究・業界研究の参考になる情報の山なので、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ポイント⑪:経営者について

企業研究・業界研究で調べるべきポイントの11個目は、「経営者について」です。

具体的には、氏名・出身・経歴・ビジョン(考え方)について調べられるとベストです。

経営者についての情報は、基本的にネットで検索すれば調べられます。

またビジョンについては、企業のホームページや、新卒採用ページに記載されている場合が多いです。

他に経営者について調べる手段は、「社長の著書を読む」やり方もあげられます。
企業の目指す先や、これまでの道のりが社長自身の言葉で書かれているので、企業研究・業界研究にとても参考になります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

また、以下の記事で企業研究・業界研究で調べるポイントに関連した記事を紹介しています。

「会社の評判の調べ方」「ブラック企業の見分け方」などが分かるので、合わせて読んでみてくださいね。

 

 

まとめ:企業研究・業界研究をすることは志望動機の構築につながる!

この記事では、企業研究・業界研究のコツを体得した西川が、企業研究・業界研究をするやり方を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、企業研究・業界研究で調べるべき内容も解説しました。

この記事で紹介してきたことをおさらいしていきます。

「就活の教科書」編集部 西川

この記事で紹介してきたこと

企業研究・業界研究をする目的

  • 具体的な志望動機の構築
  • 入社後のミスマッチの予防

企業研究・業界研究を終えていい最低ライン

  • 「面接官が納得するような志望動機」が作れるまで
企業研究・業界研究のやり方
  • 企業のホームページを見る
  • OB訪問で教えてもらう
  • 企業説明会で質問する
  • 業界地図を見る
  • 内定者に聞く
  • インターンシップに参加する
企業研究・業界研究で調べるべきポイント
  • 企業の基本情報
  • 求める人物像
  • 仕事内容
  • 社風
  • 他社と比較した強みと弱み
  • 給与・平均年収
  • 福利厚生
  • 教育・研修制度
  • 離職率
  • 企業の動向・成長性
  • 経営者の氏名・経歴・ビジョン

あなたの企業研究・業界研究に少しでも貢献できたでしょうか。
あなたの就職活動が上手くいくことを心から願っております。
「就活の教科書」では、他にもためになる記事をたくさん更新しています。
ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就職活動の基本的なやり方とお役立ちサービス

就職活動を有利に進めるために、就活の基本的なやり方を理解しつつ、就活に役立つ無料サービスを利用しましょう。

以下の記事で、自己分析・エントリーシート・面接対策の簡単なやり方と、お役立ち就活サービスをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

就活アドバイザー

新着記事