【就活で有利?】物理学科の就活生におすすめの就職先5選 | 就活をスムーズに進める方法や注意点も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 物理学科のおすすめの就職先5選
  • 物理学科のおすすめの職種はシステムエンジニアと研究職
  • 物理学科の就活生が効率よく就活を進める方法
  • 物理学科の就活生が就活するうえでの注意点
  • 「自分の学部・学科を活かしたい!」という方は「適性診断AnalyzeU+」で自分の強みを知るのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、物理学科の就活生におすすめの就職先を紹介します。

就活生の皆さんは、「物理学科での就職先って何があるの?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

物理学科で得た知識や能力を活かせる職種ってあるのかな…。

どんな就職先を選べばいいかわからない。

就活生くん

物理学科の僕が、就職活動を効率よくすすめるにはどうすればいいのだろう。

物理学科で得た知識や能力を活かせる職種はたくさんありますよ。

自分がやりたい仕事や物理学科で得た能力を考えて就職先を選べば、効率よく就活を進めることができます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

そこでこの記事では、物理学科の就活生におすすめの就職先について紹介します。

合わせて、物理学科の就活生が効率よく就活を進める方法や注意点も紹介します。

この記事を読めば、失敗なく志望企業を明確に定めて内定をもらうことができますよ。

物理学科の就活生で就職先に悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでください。

「大学で学んだことを活かしたいけど、どの業界・企業が良いかわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、仕事や職業選びでの失敗を避けられます。

「学んだことを活かせる業界や企業が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

物理学科の就活生におすすめの就職先5選

就活生くん

物理学科の大学院に所属しているのですが、志望企業が決まりません…

物理学科の就活生におすすめの就職先をいくつか教えてもらえませんか。

物理学科の就活生におすすめの就職先はたくさんありますよ。

中でも5つに絞って紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

物理学科の就活生におすすめの就職先5選
  • 就職先①:メーカー業界
  • 就職先②:IT業界
  • 就職先③:金融業界
  • 就職先④:物理の教師
  • 就職先⑤:コンサル業界
物理学科の就活生におすすめの就職先を1つずつ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

就職先①:メーカー業界

物理学科の就活生におすすめの就職先の1つ目は「メーカー業界」です。

メーカー業界では、熱力学や量子力学などの物理学科で習う知識を応用して、新しい製品の開発や既存の商品の品質改善等を行います

そのため、物理学科の学生はメーカー業界の開発職・研究職に特に求められる人材になります。

物理学科の就活生で迷っている人は電機メーカーへの就職を視野に入れてみてください。

就活生くん

メーカー業界の中だと抽象的であまりイメージがつかないなあ…

物理学科の就活生に特におすすめなメーカー業界での就職先を具体的に教えてください。

電機メーカー業界、半導体メーカー業界、医療機器メーカーなどがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

メーカー業界の志望動機や業界の理解を深めたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

就職先②:IT業界

物理学科の就活生におすすめの就職先の2つ目は「IT業界」です。

大学の研究室でプログラミングを扱う就活生であれば、IT業界のシステム開発に興味のある人も多いです。

また、物理学科に所属している就活生は論理的に物事を考えることに長けている人が多いですよね。

プログラミング経験のある就活生や論理的思考力を持つ就活生は、IT業界では評価される人材の特徴の1つです。

IT業界は海外に進出している企業が多いので、将来海外で研究開発を行いたい就活生にオススメの就職先です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

IT業界の志望動機や業界理解を深めたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

就職先③:金融業界

物理学科の就活生におすすめの就職先の3つ目は「金融業界」です。

最近の金融業界では、ネットバンキングやネット証券のようにデジタル化されているものが多いですよね。

ネット化されたもののシステム開発・構築の仕事を行う人材として、物理学科の就活生は評価されます。

金融業界は、システム開発・システム構築に携わりたい就活生におすすめの就職先です。

金融業界で物理学科の就活生が求められるのは意外ですよね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

最近では金融業界が衰退など騒がれていますが、金融業界が非常に複雑な業界なので、業界理解を深めたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

就職先④:教育業界

物理学科の就活生におすすめの就職先の4つ目は「教育業界」です。

教育業界は、物理学科で学んだことを直接的に活かしたい就活生に最もおすすめの就職先です。

さらに、人と話すのが好きな就活生や人を成長させることにやりがいを感じる就活生には特に向いている職業です。

したがって教育業界は物理学科の就活生におすすめの就職先と言えます。

就活生ちゃん

教育業界に就職するには、具体的にどのような企業があるのでしょうか。

教育業界に就職する際、学校の先生等の公務員と塾の先生等の民間企業の2種類に分かれます。

2つの違いを簡単に説明しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【教育業界の就職先企業】

  • パターン①:教師(公務員)

物理学を教えるだけでなく、子供の日常生活全てに関わりをもつ。

  • パターン②:教師(塾など)

物理を教える業務のみの場合が多いが、場合によっては塾の経営を担う人もいる。

就活生ちゃん

一言で教師といっても、業務内容に大きく違いがあるのですね。

 

就職先⑤:コンサル業界

物理学科の就活生におすすめの就職先の5つ目は「コンサル業界」です。

物理学科での知識を直接活かせる仕事ではないので、「なんで物理学科の就活生におすすめなの?」と疑問に思う就活生もいると思います。

コンサル業界は、物理学科で使う「基礎的な原理から物事を考え発展させる思考力」を活かせる仕事です。

論理的に物事の道筋を立てて問題を解決できる理系の就活生は評価されやすいです。

物理学科の知識があまり関与しないことから、物理に関心のない物理学科の就活生に特におすすめの就職先ですね。 

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

コンサル業界について理解を深めたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、強みを活かせる業界や企業を見つけやすくなります。

「自分の長所を最大限に活かせる業界・企業を見つけたい!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「自己分析を早く終わらせたい…」「自分の長所を活かせる業界や企業を選びたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

物理学科の就活生におすすめの職種

就活生くん

物理学科の就活生におすすめの就職先はよくわかりました。

ですが、就職先企業の中にも様々な職種があって何を選べばいいのかわかりません。

たしかに多種多様な職種がありますよね。

そこで物理学科の就活生におすすめの職種を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

物理学科の就活生におすすめの職種2つ
  • 職種①:システムエンジニア
  • 職種②:研究職
物理学科の就活生におすすめの職種を1つずつ説明しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

職種①:システムエンジニア

物理学科の就活生におすすめの職種1つ目は「システムエンジニア」です。

システムエンジニアとは、企業のシステムの開発や構築を行う仕事を担う職種のことです。

システムエンジニアには、物事の筋道を立て着実に問題解決に取り組む論理的思考力を必要とされます。

したがって、論理的思考力をもつ物理学科の就活生におすすめの職種です。

就活生くん

物理学科でプログラミング系のことを学んでこなかったのですが、システムエンジニアになれるのでしょうか。
会社に入ってからでもプログラミングの知識を教えてもらうことができるので、未経験の人でもシステムエンジニアとして働いている人もいますよ。

エンジニアになりたいと考えている方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

職種②:研究職

物理学科の就活生におすすめの職種2つ目は「研究職」です。

研究職とは、新しいシステムの開発や既存システムの改善をするために研究を行う職種のことです。

学生時代に研究を行ってきた物理学科の就活生にとっては、研究職はおすすめの職種です。

研究職の他にも開発職に就く人も多いですね。

研究職の志望動機を上手く伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法

就活生ちゃん

いまいち就職活動がスムーズに進んでおらず、やる気がなくなってしまいました。

物理学科の私が就職活動をスムーズに進めるには、どうすればいいのでしょうか。

物理学科の就活生が効率よく就活を進める方法を紹介しますね。

これを読めば、就職活動の流れを具体的にイメージでき、スムーズに進めることができますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法
  • 方法①:物理学科で学んだことを活かせる仕事を調べる
  • 方法②:仕事で自分の成し遂げたいことを整理する
  • 方法③:物理学科で得た知識や能力の活かし方を考える
それでは、物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法①:物理学科で学んだことを活かせる仕事を調べる

物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法の1つ目は「物理学科で学んだことを活かせる仕事を調べる」です。

就職活動を進めるうえで、まずは物理学科で学んだことを活かせる仕事を知る必要があります。

ネットで調べる、説明会に参加する、物理学科の先輩に話を聞くなどが、仕事を知る手段の例として挙げられます。

物理学科の就活生でスムーズに就活を進めたい人は、まず仕事を調べるところから始めましょう。

あらゆる大学の物理学科の就職先データを見ると、物理学科の就活生の選ぶ業界から企業名まで詳しく知ることができます。

大学で学んだことを魅力的に伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法②:仕事で自分の成し遂げたいことを整理する

物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法の2つ目は「仕事で自分の成し遂げたいことを整理する」です。

物理学科の知識の活かせる就職先とひとくくりに言っても、仕事内容は企業によって違いますよね。

自分が社会人として働くうえでどのような仕事に就き、どのようなことを成し遂げたいのかを明確にすることで、企業選びの軸を定めて企業をある程度絞ることができます。

よって、「仕事で自分の成し遂げたいことを整理する」ことは就活をスムーズに進める上で重要なステップと言えます。

例えば「機械メーカーでシステム構築に携わることで製品の生産効率を向上させたい」だと、志望理由も明確で、志望企業も絞ることができます。

成し遂げたいことを魅力的に伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法③:仕事をするうえで物理学科で得た知識や能力の活かし方を考える

物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法の3つ目は「仕事をするうえで物理学科で得た知識や能力の活かし方を考える」です。

自分のやりたい仕事を伝えた上で、「企業が自分を採用するメリット」を明確にすれば、企業側に説得力を与えることができますよね。

したがって、「自分が物理学科で得た知識や能力を仕事の中でどう生かすのか」を論理的に説明できるかどうかがカギになります。

自分がやりたい仕事と自分の知識と能力を掛け合わせ、活かし方を考えましょう。

「物理学科の授業の実験で得た問題解決能力を活かして、製品生産のシステムの改善に取り組みたい」と話すことで、自分を採用するメリットを提示でき説得力が増します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

物理学科の就活生が就活するうえでの注意点

就活生くん

物理学科に所属する僕が、就活を進める上で注意すべきことはありますか。

物理学科の就活生が就活するうえでの注意点は2つあります。

注意点を事前に知っておくことで、就活をさらにスムーズに進められますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

物理学科の就活生が就活するうえでの注意点
  • 注意点①:物理学科に関係ない仕事を選ぶ際は理由を明確にする
  • 注意点②:物理学科で学んだ知識・能力の両方の活かし方を整理する

物理学科の就活生が就活するうえでの注意点を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点①:物理学科に関係ない仕事を選ぶ際は理由を明確にする

物理学科の就活生が就活するうえでの注意点の1つ目は「物理学科に関係ない仕事を選ぶ際は理由を明確にする」です。

物理学科の就活生の中には、「物理にあまり興味を持てなかったから物理と関係のない仕事に就職したい」と考えている就活生もいるでしょう。

物理学科に関係ない仕事を選ぶ際は、その企業でなければいけない理由、物理系以外の就職を選んだ理由を話せるよう考えておきましょう

志望理由を論理的に話すことが出来れば、面接官に好印象を残すことができます。

「物理に興味をもてなかったから」のような、ネガティブな理由は避けましょう

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点②:物理学科で学んだ知識・能力の両方の活かし方を整理する

物理学科の就活生が就活するうえでの注意点の2つ目は「物理学科で学んだ知識・能力の両方の活かし方を整理する」です。

「物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法」の③でも伝えたとおり、物理学科で得た知識や能力の活かし方を論理的に話すことで、面接官に好印象を残すことが出来ます。

ですが、知識・能力を両方とも活かせる就活生であればより好印象を残すことができますよね。

自分を採用するメリットを伝える際は、知識面と能力面の両方からアプローチしましょう。

就活生ちゃん

知識面と能力面の両方からアプローチすることを具体的にイメージできないので、具体例をあげてもらえませんか。
例えば「研究室で学んだ力学の知識を活かして、製品の開発に携わりたい」と「物事を基礎から発展させて考える思考力を活かして製品の開発に携わりたい」という2点のアプローチがある就活生は、より説得力を感じませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

なるほど。たしかに自分を採用するメリットを2つ提示できているのでより魅力を感じますね。理解できました。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:物理学科で得た知識や能力を活かして効率的に就活を進めよう

この【内定者が教える】物理学科の就活生におすすめの就職先5選 | 就活をスムーズに進める方法や注意点もの記事はいかがだったでしょうか。

この記事では物理学科の就活生におすすめの就職先/職種を紹介しました。

また、物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法や注意点も紹介しました。

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

 

まとめ

◆物理学科の就活生におすすめの就職先5選

  • 就職先①:メーカー業界
  • 就職先②:IT業界
  • 就職先③:金融業界
  • 就職先④:物理の教師
  • 就職先⑤:コンサル業界

◆物理学科の就活生におすすめの職種3つ

  • 職種①:システムエンジニア
  • 職種②:研究職

◆物理学科の就活生が就活を効率よく進める方法

  • 方法①:物理学科で学んだことを活かせる仕事を調べる
  • 方法②:仕事で自分の成し遂げたいことを整理する
  • 方法③:物理学科で得た知識や能力の活かし方を考える

◆物理学科の就活生が就活するうえでの注意点

  • 注意点①:物理学科に関係ない仕事を選ぶ際は理由を明確にする
  • 注意点②:物理学科で学んだ知識・能力の両方の活かし方を整理する

◆まとめ:物理学科で得た知識や能力を活かして効率的に就活を進めよう

 

物理学科のおすすめの就職先を知ることで志望企業をスムーズに選ぶことができます。

この記事を参考にして、志望企業を明確に定めスムーズに就職活動を行いましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ