>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

「やりたいことがない」を武器に就活を進める方法 | おすすめの仕事の選び方3選も紹介

この記事を読めばわかること
  • 多くの就活生はやりたいことがないのが当たり前
  • 「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由は、先入観なく臨めるから
  • やりたいことがない就活生は、得意なことを活かせるかどうかを基準に仕事を選ぶのがおすすめ
  • やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法3選

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、「やりたいことがない」を武器に就活を進める方法を解説していきます。

就活生のみなさん、就活は順調に進んでいますか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

うーん、とりあえず何となくは就活を進めているんですが、正直に言うとやりたいことがないので悩んでいるんです。

やりたいことがないと、エントリーする企業も決められないし、就活で不利になってしまいますよね…。

就活生ちゃん

周りの就活生はみんなやりたい仕事があるのに、自分だけやりたいことがないのは、とても焦ります。

やりたいことがない私でも、良い企業に就職できるでしょうか…。

やりたいことがない中で就活を進めるのは難しく感じるし、周りの就活生と比べて焦ってしまいますよね。

だけど、実は就活生はやりたいことがないのが当たり前なので、あまり悩まなくても大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこで、この記事では、「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由を書いています。

合わせて、やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方3選、やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法3選も、詳しく解説していきます。

この記事を読めば、やりたいことがない人が上手く就活を進めるにはどうしたらいいかがわかるので、就活成功への道が見えてきますよ。

やりたいことがないと悩んでいる就活生の方や、やりたいことがなくても良い感じの企業に就職したい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

就活生はやりたいことがないのが当たり前

就活生くん

何となく就活をしているだけで、やりたいことが全然見つかりません。

就活で不利になってしまわないか不安です。

就活生ちゃん

やりたい仕事がある就活生を見かけると、うらやましい気持ちと焦る気持ちの両方で苦しいです。

就活のことを考えるのが嫌になってきます…。

「やりたいことがない」と悩んでいる就活生の方、そんなに深刻に考えなくても大丈夫ですよ。

なぜなら、就活生はやりたいことがないのが当たり前だからです。

これまで社会人として働いた経験がないのに、いきなり「やりたい仕事を見つけろ」というのは、無理な話なんです。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

だけど、やりたい仕事を見つけて、積極的に就活に励んでいる就活生もいますよ。

やりたい仕事がある就活生も、憧れや思い込みで「〇〇の仕事がやりたい」と思っているだけかもしれませんよ。

社会人ですら、本当にやりたい仕事を見つけられていない人がたくさんいるんです。

今はやりたいことがない就活生のみなさんも、「これから就活をしたり、実際に社会に出て働いたりしていれば、そのうちやりたい仕事が見つかるさ」くらいの気持ちで、悩みすぎないようにしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由

「やりたいことがない」のは就活において不利になると思うかもしれませんが、悪いことばかりではありません。

確かに企業選びで迷う分、就活を進めづらいというデメリットはありますが、むしろ「やりたいことがない」が武器になる面もあるんですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

えっ?就活で「やりたいことがない」が武器になるって、どういうことですか!?

「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由
  • 理由①:先入観なく臨めるから
  • 理由②:就活の方針を柔軟に変えられるから
  • 理由③:自分にとってメリットのある企業を選べるから

それでは、就活で「やりたいことがない」人でも大丈夫な理由を、それぞれ詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由①:先入観なく臨めるから

「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由1つ目は、「先入観なく臨めるから」です。

やりたいことがないということは、業界や職種で絞らずに、まっさらな状態からエントリーする企業を選べるということです。

先入観で企業を選り好みすることがないので、何となくでも就活を進めていくうちに、「この会社、良いかも!」と思える企業が見つかる可能性があります。

就活生が考える「やりたい仕事」は似通っていることが多く、エントリー先として人気が高くなりやすいので、競争率も高くなりがちです。

やりたいことがない就活生は、先入観なく臨める武器を活かして、人気企業の影に隠れた優良企業を探すのがおすすめです。

「やりたいことがない」と悲観的になるのではなく、「他の就活生より選べる企業の選択肢が多い」とポジティブに考えましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由②:就活の方針を柔軟に変えられるから

「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由2つ目は、「就活の方針を柔軟に変えられるから」です。

本当はやりたいことがないのに、無理やり業界や職種を絞って就活をすると、本当に自分に適した企業を見落としてしまう可能性があるのです。

反対に、やりたいことがないことを理解している就活生は、「就活序盤では幅広く企業をチェックし、途中から業界や職種を絞る」のような柔軟な就活が可能です。

今はやりたいことがなくても、就活を進めるうちに、興味のある企業や、やりたい仕事が見つかる可能性があります。

最初から無理に「やりたいこと」を決めてしまわないで、興味のある企業や、やりたい仕事が見つかったタイミングで、業界や職種を絞っていきましょう。

無理やり業界や職種を絞ると、就活後半で行き詰ったり、内定をもらった後で悩んだりしてしまうかも。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由③:自分にとってメリットのある企業を選べるから

「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由3つ目は、「自分にとってメリットのある企業を選べるから」です。

やりたいことがない場合は、思い切って「自分にとってメリットがあるかどうか」という視点での企業選びもできます。

業界や職種にとらわれずに、「どういう働き方がしたいか」「いくら給料が欲しいか」など、とことん自分本位に企業を選ぶのも1つの方法です。

いくら「やりたいこと」ができる企業に就職できたとしても、自分の許容範囲を超える激務であったり、満足な給料がもらえなかったりすると、長続きはしないもの。

「自分が気持ちよく働けるかどうか」も、立派な企業選びの基準になりますよ。

自分にとってメリットのある企業は、自己分析をすれば見えてきます。

自己分析のおすすめなやり方は、以下の記事で詳しく紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方3選

就活生くん

やりたいことがないので、どの企業にエントリーすれば良いかがわからず、就活が上手く進みません…。

就活生ちゃん

やりたいことがない就活生は、どんな基準で企業を選べば良いでしょうか。

やりたいことがないと、企業選びで迷ってしまいますよね。

そこで、やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 小渕

やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方3つ
  • 選び方①:得意なことを活かせるかどうか
  • 選び方②:スキルが身につくかどうか
  • 選び方③:待遇面がホワイトかどうか

それでは、やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方を、それぞれ詳しく解説していきます。

企業の選び方がわからないという就活生の方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

選び方①:得意なことを活かせるかどうか

やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方の1つ目は、「得意なことを活かせるかどうか」です。

やりたいことがない場合は、自分の得意なことは何かを振り返り、それを活かせる仕事を探してみましょう。

得意なことを活かせる仕事に就職すると、仕事で結果が出やすく、評価もされやすいので、楽しく働ける確率が高いためです。

自分の得意なことがわからないという就活生は、以下の質問を自分に投げかけてみてください。

自分の得意なことが見つかる質問

  • 他の人よりも、ちょっとだけ上手なことは?
  • 他の人よりも、ちょっとだけ詳しい分野は?
  • 他人から褒められた経験は?
  • 日頃の生活でついついやってしまうことは?
  • 寝食を忘れて取り組めることは?

 

上記の質問の答えは、自分の得意なことに繋がっている場合が多いです。

ぜひ試してみてくださいね。

「得意なこと=長所」と言い換えることもできます。

自分の長所の見つけ方は、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

選び方②:スキルが身につくかどうか

やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方の2つ目は、「スキルが身につくかどうか」です。

なぜなら、専門知識や経験、技術、資格など、身につくスキルを重視して仕事を選ぶと、あとで転職したくなったときや、独立したくなったときに役立つからです。

研修などの人材教育や自己啓発、資格取得に力を入れている企業なら、給料をもらいながら専門知識や経験を積めるというメリットがあります。

身につけたスキルは、人生のあらゆる場面で自分を助けてくれます。

自分の人生を充実させるために、「どんなスキルが必要か」「どんな仕事なら欲しいスキルが身につくか」を考えてみましょう。

経験&知識ゼロの状態から丁寧に教育してもらえるのは、新卒の就活生の大きな特権です。

その特権を、最大限活かせる企業を探してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

選び方③:待遇面がホワイトかどうか

やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方の3つ目は、「待遇面がホワイトかどうか」です。

やりたいことがない就活生は、給料や福利厚生・残業時間・年間休日数などの待遇面を重視して仕事を選ぶのも良いですよ。

待遇面がホワイトな企業は、従業員を大切に扱い、働きやすさに力を入れている場合が多く、ストレス少なく仕事に集中できるからです。

就活生の間での知名度が低い企業の中から、待遇面の良い優良企業を探してエントリーすれば、競争率が高くないので内定をもらえる確率も高くなります。

待遇面がホワイトな企業を探す方法は、給料や福利厚生・残業時間・年間休日数を調べる他に、3年後離職率が低い企業をチェックするのもおすすめです。

なぜなら、「離職率が低い=社員満足度が高い」と考えられるからです。

やりたいことがない場合は、待遇面や、3年後離職率を重点的にチェックして企業選びをしてみてくださいね。

ホワイト企業の見極め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

ホワイト企業のランキングなども解説しているので、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法3選

就活生ちゃん

どうすれば、将来やりたいことを見つけられますか?

また、やりたいことがない就活生は、上手く選考に進むために何をすればいいでしょうか。

やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法3選
  • 方法①:先輩や親に相談してみる
  • 方法②:自己分析をやってみる
  • 方法③:就活エージェントに相談してみる

それでは、やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法を、それぞれ詳しく説明していきます。

やりたいことがないなりに、就活を上手く進めたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法①:先輩や親に相談してみる

やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法の1つ目は、「先輩や親に相談してみる」です。

やりたいことがない就活生の方は、大学の先輩や親など、身近な人生の先輩に相談してみると良いですよ。

社会人経験のある人に相談すれば、やりたいことを見つけ、就活を上手く進めるためのヒントが得られるからです。

具体的な相談内容の例を3つ挙げます。

【具体的な相談内容の例】

  • 自分にはどんな仕事が向いていそうか
  • どんなことを基準に就職先を探せばいいか
  • 先輩や親が就活をしたときの反省点は何か

自分だけで悩みを抱え込むよりは、色々な人に相談して話を聞いてみた方が、気持ちもラクになりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法②:自己分析をやってみる

やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法の2つ目は、「自己分析をやってみる」です。

やりたいことがないのは、自己分析が不十分な可能性があります。

自分にマッチする企業や仕事を選ぶためには、自己分析はとても大切です。

正しい方法で自己分析を行えば、自分がやりたいことや、仕事に対する価値観が明確になるからです。

自己分析をまだしていない方や、自己流で済ませている方は、正しいやり方で再度自己分析を行ってみましょう。

自己分析のおすすめなやり方は、以下の記事で詳しく解説しています。

自己分析がまだできていない方、やり方に自信のない方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法③:就活エージェントに相談してみる

やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法の3つ目は、「就活エージェントに相談してみる」です。

就活エージェントは、就活に関することのプロフェッショナルです。

就活生ひとりひとりとの面談を通して、就活の進め方を無料でアドバイスをしてくれます。

自分に合った企業の紹介や、ES(エントリーシート)の添削、面接練習とフィードバッグも無料サポートしてもらえますよ。

就活エージェントに登録しておけば、今後就活で困ったときにも心強い味方になるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

おすすめの就活エージェントは、以下の記事で詳しく解説しています。

就活エージェントに就活の進め方を相談してみたい方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活が上手くいかない時は、自己分析をやり直そう

就活が上手くいかない時は、一度、自己分析をやりなおして、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。とはいえ、そんな時間もないですよね。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分の強み・弱みを見つめ直し、逆転の内定を勝ち取りましょう。

 

まとめ:「やりたいことがない」を活かして柔軟に就活を進めよう

この記事の、「「やりたいことがない」を武器に就活を進める方法 | おすすめの仕事の選び方3選も紹介」は、いかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の小渕が、「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由を解説しました。

合わせて、やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方3選、やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法3選も紹介しました。

 

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:「やりたいことがない」を武器に就活を進める方法

◆就活生はやりたいことがないのが当たり前

 

◆「やりたいことがない」人でも就活が上手くいく理由

  • 理由①:先入観なく臨めるから
  • 理由②:就活の方針を柔軟に変えられるから
  • 理由③:自分にとってメリットのある企業を選べるから

 

◆やりたいことがない就活生におすすめな仕事の選び方3選

  • 選び方①:得意なことを活かせるかどうか
  • 選び方②:スキルが身につくかどうか
  • 選び方③:待遇面がホワイトかどうか

 

◆やりたいことがない就活生が上手く選考に進む方法3選

  • 方法①:先輩や親に相談してみる
  • 方法②:自己分析をやってみる
  • 方法③:就活エージェントに相談してみる

 

やりたいことがないからといって、悩みすぎる必要はありません。

むしろ、やりたいことがないおかげで、就活が上手く行くこともあるからです。

悲観的になるのではなく、ポジティブに考えて就活を進めていきましょうね。

「就活の教科書」では、就活に役立つ情報をたくさん紹介しています。

他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕