【MBTI診断】16Personalitiesで相性がいいペア一覧 | 判断方法の解説も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

皆さん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の京香です。

この記事では、16Personalities(MBTI診断)について解説します。

就活生の皆さんは、16Personalitiesで相性がわかることを知ってますか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

友達から「16タイプ診断で相性診断ができる」と聞きました。

本当に16パーソナリティ診断で相性を診断ができるんですか?

はい、できますよ!

この記事では16タイプ診断の相性診断について紹介します。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

就活アドバイザー 京香

この記事では、16Personalities(MBTI診断)の相性診断を紹介します。

この記事を読むことで、16Personalitiesで診断をしたあとに自己分析へ活かす方法がわかります。

「16Personalitiesって本当に当たるの?」という人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【当たりすぎ注意】MBTI診断(16Personalities)で相性が分かる!

就活生くん

MBTI診断で相性がわかると聞いたのですが、本当ですか?

はい、相性がわかるんですよ!

16タイプに分類することで、タイプごとに相性が最高な人、良い人、悪い人などに分類できます。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

すごい!

自分がどんな性格の人と相性が良いのか、気になります!

ここからはMBTI診断16タイプの相性をすべて紹介します!

就活アドバイザー 京香

 

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


MBTI診断16タイプの相性一覧

 

 

ENTP(討論者型)と相性がいいペア

ENTPは好奇心旺盛であり、難題に立ち向かうことに楽しさを感じられる特徴を持っています。

新しい何かを思考することには長けている一方で、単純作業を嫌うというところが短所だと言えるでしょう。

そんなENTPと相性のいい/悪いタイプは以下の通りです。

最も相性がいいペア

ISFP(冒険家型)

ISFPは、美的感覚やデザイン力の高さを強みとしています。
そんなISFPとENTPは、お互いのことを尊敬し合える関係性のようです。
ENTPはISFPの感受性の豊かさを、ISFPはENTPの論理的思考力を尊敬し合っています。
性格がかなり異なるタイプのため、初めこそ「合わない」と感じることも多いかもしれません。
ですが、お互いのことをよく知ってみると、意気投合するようになるでしょう。

相性がいいペア

ESFJ(領事官型)

相手の短所が相手の長所であることが特徴的な関係です。
お互いの長所と短所を補い合うことができるため、良い関係を作ることができるでしょう。

ESTP(起業家型)

似た者同士なので、お互いコミュニケーションが取りやすく、居心地の良さを感じられるかもしれません。
似ているがゆえにぶつかることも多いですが、お互いがそれに気を付けることで、信頼度の高い良好な関係を築くことができます。

INTJ(建築家型)

どちらも同じような話題・テーマに関心を持つため、惹かれ合うようです。
特にビジネスの場面では、お互いが協力し合うことで大きな力を発揮できると言えるでしょう。

ENTP(討論者型)

同じタイプ同士なので、考え方や価値観が似ています。
そのため、初対面でもすぐに打ち解けることができるようです。
その一方で、あまりにも似ている部分が多いと、退屈を感じるようになってしまうかもしれません。

相性が悪いペア

INTP(論理学者型)

ENTP型とINTP型は共通点もあるが、衝突しやすい関係性です。

ENTPは創造的で夢のようなアイデアに興味を持ち、INTPは理論的な結論を求めます。

人間関係でもENTPは開放的で、INTPは他人によそよそしいと感じることがあります。

外向型と内容型という違いがあることで、両者の相性は悪いと言えます。

ISFJ(擁護者型)

ENTP型とISFJ型の関係は、衝突しやすく、お互いを理解するのが難しいかもしれません。

ENTP型は創造的で自由な発想を好み、冒険心に富んでいます。

一方、ISFJ型は現実的で忠実な実行に重点を置き、慎重な性格だからです。

出会った当初は、友好的な関係を気づくことができるかもしれません。

しかし、時間が経つにつれて、両者の行動や言動が互いのフラストレーションの原因になることがあります。

ENTP型とISFJ型の間で1度関係に亀裂が生じたら、無理に歩み寄らずに、一定の距離を保つことを心がけたほうが良いかもしれません。

 

ENTJ(指揮官型)と相性がいいペア

ENTJは競争心と野心に満ちたパワフルな人が多いです。

目標のために猪突猛進することができ、リーダーシップを発揮し周囲を巻き込む力を持っています。

また、頭がよく、行動力や忍耐力にも優れている点も特徴として挙げられます。

最も相性がいいペア

ISFJ(擁護者型)

ENTJ型とISFJ型は、互いに異なる長所を認め合い、最後まで粘り強く取り組む信念を共有しています。

なぜなら、ENTJ型の人には目標遂行能力があり、ISFJ型の人には物事の全体像を把握する力があるからです。

初めは相反するタイプに感じるかもしれませんが、次第に自然な関係を築くことができます。

お互いの長所を活かし合い、短所を補完することで、家庭や仕事でのパートナーシップとして最適です。

相性がいいペア

ENFJ(主人公型)

まず、ENTJとENFJは似た者同士です。

そのため、コミュニケーションをスムーズにとることができるでしょう。

心置きなく、なんでも気軽に話し合える関係であり、関係が深まれば深まるほど、お互いの信頼が増します。

しかし、何か問題が生じたときに、互いを慰めるだけになってしまい、問題の解決にはつながらない場合もあります。

どちらかがストレスをかかえ始めると、関係性が悪化することもあるので、注意する必要があるかもしれませんね。

ESFP(エンターテイナー型)

ENTJとESFPの最大の特徴は片方の長所が、片方の短所であるという点にあります。

お互いの長所と短所を補完しあう関係にあり、良好な関係を築くことができるでしょう。

しかし、生活や仕事においてお互いの行動パターンの違いは、トラブルの原因になる場合もあります。

時に距離を取ることも大切かもしれません。

適度な距離を保つことができれば、互いを刺激しあうことができる良い関係を続けられるでしょう。

INTP(論理学者型)

ENTJとINTPの関係性の良いところは、共通の興味関心があるという点です。

両者ともに、問題の全体像を理解する能力にも優れています。

通じ合うものがあるため、一緒にいることが居心地良く感じることも多いと考えられます。

しかし、細かな認識や態度の違いがトラブルの原因になる場合もあります。

ENTJが外向型、INTPが内向型という違いが原因かもしれません。

ただ、相性は非常に良いので、互いの違いを認め合うことができれば、ほかの人とは築けない面白い関係を築けるでしょう。

ENTJ(指揮官型)

同じタイプ同士ですので、物事に対する考え方や態度が非常に似ています。

そのため、互いに壁を感じることはなく、すぐに仲良くなることができるでしょう。

しかし、似た者同士であるがゆえに、互いのことを退屈に感じてしまうかもしれません。

さらに仲良くなるためには、時にどちらかが別の性格の側面を取り入れる必要があるかもしれません。

相性が悪いペア

INTJ(建築家型)

ENTJ型とINTJ型の相性が悪い最大の理由は、物事に対する態度の違いにあります。

ENTJ型は具体的な出来事に注意を向け、目的に一直線に向かうタイプです。

一方、ISTJ型はインスピレーションを大切にし、具体的な出来事にはあまり関心を示しません。

似ている部分もありますが、反発し衝突しやすいでしょう。

相手に干渉せずに、適度な距離を保ちながら、互いを尊重し合うことが大切です。

また、相手の長所に目を向けることができれば、自分にとって大きなプラスになるかもしれません。

ISFP(冒険家型)

ENTJ型とISFP型は、相性は最悪だといえます。

性格面は真逆であり、衝突しやすいです。

そのため、お互いのことを理解することができず、意見の対立が頻繁に起きます。

相手の行動や言動の理由が理解できず、誤解が生じることもしばしばあります。

1度喧嘩になると、関係の修復が難しいかもしれません。

互いを理解することより、どのように距離を保つかを大切にしたほうがいいかもしれません。

 

ENFP(広報運動家型)と相性がいいペア

ENFP(広報運動家型)の人は、自由奔放、社交的で心が広いという特徴があります。

明るく楽観的な人が多いので、目立つ存在でもあります。

また、好奇心旺盛な性格なのも特徴です。

最も相性がいいペア

ISTP(巨匠型)

ENFP(広報運動家型)とISTP(巨匠型)は、相性は最高であり、お互いに自分にはない相手の長所を尊敬できる関係を築けます。

ENFP型はISTP型の洞察力や器用さを尊敬し、ISTP型はENFP型の発想力や俯瞰する視点を尊敬するでしょう。

出会った当初は細かな違いを感じるかもしれませんが、次第に相性の良さがわかって、意気投合します。

家族や仕事仲間として、関係を築くことができれば、この上なく最高かもしれません。

相性がいいペア

ISFP(冒険家型)

ENFP(広報運動家型)とISFP(冒険型)は、共通の話題も多く、互いに魅力的な存在だと感じることが多いでしょう。

相手に親身になることもでき、相手の問題に耳を傾け支えることもできます。

関係が深まるにつれて、衝突が起こることもしばしばあります。

理由としては、両者が内向型と外向型であることが大きいかもしれません。

しかし、すぐに仲直りすることができます。

衝突を繰り返し、さらに関係性を深めていくのが特徴です。

ESFP(エンターテイナー型)

ENFP(広報運動家型)とESFP(エンターテイナー型)は、似た者同士であり、コミュニケーションがしやすく通じ合う関係です。

似た者同士であることから、何についても話しやすい関係でしょう。

また、抱える問題や課題も同じ場合があり、到達する結論にも共通性があります。

そのため、問題が生じても相手を慰め合い終わらせてしまう傾向があります。

ゆえに、新しい視点が入りにくいという欠点もあります。

基本的には居心地の良い関係性を保つことが可能です。

ESTJ(幹部型)

ENFP(広報運動家型)とESTJ(幹部型)は、相手の長所が自分の短所であり、相互に補完し合う関係性を築けるでしょう。

ESTJ型の戦略的で目標に突き進む性格、ENFP型の遊び心や本質を突く発送などが典型例です。

互いが行動を共にするだけで、刺激を与え合える関係だといえます。

しかし、行動パターンなどの違いなどによって、衝突が起こるリスクもあります。

両者は互いの長所を尊敬し合い、短所を補うことが重要です。

相手を見て学びながら、互いに成長をすることが理想的な関係だといえます。

INFJ(提唱者型)

ENFP(広報運動家型)とINFJ(提唱者型)は、興味関心が共通していることが最大の特徴です。

両者は「どう感じるか」を判断基準にしています。

他者を思いやりばかりに、時には合理性を無視し無謀な判断をする点も共通しています。

共通点の多さから、一緒にいて居心地のよさを感じることも多いかもしれません。

しかし、外向型と内向型という違いから、不仲になることもあります。

ただ、相性が良いので、互いの違いを認めることができれば、尊敬し合える関係を築くことは難しくないでしょう。

相性が悪いペア

INFP(仲介者型)

ENFP(広報運動家型)とINFP(仲介者型)は、スタンスの違いから、行動を共にすると互いにストレスを与え合う可能性があります。

具体的には、ENFP型は身体的なスリルや新しい刺激を求める傾向にありますが、INFP型は内面的な安定を求める傾向にあります。

似ている部分もありますが、衝突が起こりやすい関係であるといえます。

互いの違いを認め、尊重し合える距離感を保つことが必要かもしれません。

ISTJ(管理者型)

ENFP(広報運動家型)とISTJ(管理者型)は、相性は最悪であるといえます。

理由としては、性格が真逆であり、お互いを理解することが難しく、意見の対立が起こりやすい。

出会った当初は、相性の悪さが表面化せず、仲良くなれるかもしれません。

しかし、徐々に互いにフラストレーションを溜めることになり、相手のことを理解できなくなります。

相手を理解しようと努めるのではなく、一定の距離を保つことが大切かもしれません。

 

ENFJ(主人公型)と相性がいいペア

ENFJ(主人公型)の人は、天性の指導者で、情熱とカリスマ性に溢れている特徴があります。

誠実かつ思いやりがあり、有言実行する人が多いです。

情熱で周りを巻き込むことが得意であり、周りを鼓舞することに喜びを感じることもあります。

一方、他人の問題を自分の問題捉えてしまうこともあり、自分自身を追い込んでしまうこともあります。

最も相性がいいペア

ISTJ(管理者型)

ENFJ型とISTJ型は調和や規律を大切にする点が共通しています。

そのため、お互いの長所を認め合うことができる最高の関係だと言えます。

具体的にはISTJ型の誠実さ、ENFJ型の共感力や洞察力を尊敬することができます。

初対面の時は互いの違いに違和感を覚えることもあるかもしれませんが、徐々に相性のよさ気づくでしょう。

相反する部分もありますが、自然な関係性を築くことができるでしょう。

相性がいいペア

ENTJ(指揮官型)

まず、ENTJ型とENFJ型は似た者同士です。

そのため、コミュニケーションをスムーズにとることができるでしょう。

心置きなく、なんでも気軽に話し合える関係であり、関係が深まれば深まるほど、お互いの信頼が増します。

しかし、何か問題が生じたときに、互いを慰めるだけになってしまい、問題の解決にはつながらない場合もあります。

どちらかがストレスをかかえ始めると、関係性が悪化することもあるので、注意する必要があるかもしれませんね。

INTJ(建築家型)

ENFJ型とINFJ型はお互いを魅力的な存在を感じることが多いです。

共通の話題や将来の夢があり、話に退屈することがありません。

問題や悩みを互いに親身になって話を相談し合える関係です。

衝突をすることもありますが、そのたびにお互いの足りない部分を理解し、関係が良くなっていくでしょう。

ESTP(起業家型)

ENFJ型とESTP型は片方の短所が、片方の長所であるため、得意不得意を互いに補完し合える関係です。

ENFJ型は他人に感情移入し友好な関係を築く能力が長所で、ESTP型は周囲の状況変化を察知するのが長所です。

性格の違いから衝突することもあります。

しかし、それを乗り越えることができれば、更にお互いの長所を認め合い、短所をもっと補い合える関係関係になるでしょう。

適切な役割分担と距離の取り方で相互に支え合い成長することが理想的です。

INFP(仲介者型)

ENFJ型とINFP型は、興味関心が一緒であり、互いに惹かれ合う関係性があります。

両者共に感情や直感が大切であり、全体像の把握や意味の理解に長けている。

共通するところが多いので、一緒にいて心地良く過ごすことができるでしょう。

認識や態度の違いから不仲になることもあります。

しかし、相性は良いので、お互いの違いを認め合うことができれば、尊敬し合う関係を気づくことができるでしょう。

相性が悪いペア

INFJ(提唱者型)

ENFJ型とINFJ型は、似ている部分があり、仲良くなることもありますが、衝突しやすい関係でもあります。

ENFJ型は他人に共感することが得意です。

一方、INFJ型は内省的で考え事をすることが得意です。

ENFJ型が外交的、INFJ型は内向的であるため、衝突すると相手のことが理解できないことがしばしばです。

相手にあまり干渉せず少し距離感を取って上手に付き合うことも必要です。

お互いの長所を認めることができれば、両者にとって参考になる場合が多いでしょう。

ISTP(巨匠型)

ENFJ型とISTP型は真逆の正確であり、衝突が非常に起こりやすいです。

そのためお互いを理解することが難しく、フラストレーションが溜まりやすい相性だと言えます。

お互いに自分の短所が、相手の長所であることがあり、自分にとってあまり見たくない部分を相手が持っていると言えます。

関係に亀裂が1度でも生じると、対立はエスカレートする傾向にあります。

無理に距離を縮めようとせずに、一定の距離を保つことが大切かもしれません。

 

ESTP(起業家型)と相性がいいぺア

ESTP(起業家型)の人は、常に身近な人や物事に影響を与えます。

素直で飾らない面白さがあり、周囲を楽しませることが好きです。

理論や抽象的な議論にはあまり興味を持たず、実際に出かけて体験することを好むアクティブな性格です。

大胆かつ知性に溢れるのが長所である一方、せっかちであり物事の全体を見落とすこともしばしばあります。

組織化された環境は得意でない場合が多く、特に学校生活などは苦労するかもしれません。

華やかで大胆な性格で周囲の人に刺激を与え、我が道を進むことができると理想的かもしれません。

最も相性がいいペア

INFP(仲介者型)

ESTP(起業家型)とINFP(仲介者型)はお互い楽しいもの、美しいものが好きという共通点があります。

情が深く、お互いに自分にはない相手の長所を尊敬することができ、素直に認め合う関係を築くことができます。

互いのリズムが合い、魂のデュエットのような最高の関係です。

初対面の時はお互い違いを感じるかもしれませんが、すぐに仲良くなり、自然体で付き合うことができるようになります。

家族としても、仕事仲間としても、友人としても、どんな関係性でも最適の組み合わせであると言えるでしょう。

相性がいいペア

ENTP(討論者型)

似た者同士なので、お互いコミュニケーションが取りやすく、居心地の良さを感じられるかもしれません。
似ているがゆえにぶつかることも多いですが、お互いがそれに気を付けることで、信頼度の高い良好な関係を築くことができます。

ENFJ(冒険家型)

ENFJ型とESTP型は片方の短所が、片方の長所であるため、得意不得意を互いに補完し合える関係です。

ENFJ型は他人に感情移入し友好な関係を築く能力が長所で、ESTP型は周囲の状況変化を察知するのが長所です。

性格の違いから衝突することもあります。

しかし、それを乗り越えることができれば、更にお互いの長所を認め合い、短所をもっと補い合える関係関係になるでしょう。

適切な役割分担と距離の取り方で相互に支え合い成長することが理想的です。

ISTJ(管理者型)

ESTP(起業家型)とISTJ(管理者型)は、お互いに共通の興味関心があり、お互いに惹かれ合う関係性にあります。

両者、論理的で合理的に物事の判断を行いますが、時に判断が周りにどのような影響を与えるのか、深く考えず決断してしまうことがあります。

合理性と周囲との関係性のバランスを取る、という心理的課題も共通している部分です。

お互いの違いを認め合い、補い合い尊敬し合う関係を築くことができます。

ESTP(起業家型)

同じタイプ同士なので、物事のとらえ方や態度が非常に似ています。

似た者同士なので、お互いに共感して、すぐに仲良くなれるでしょう。

しかし、似た者同士であるがゆえに、刺激に乏しく退屈に感じることもあるかもしれません。

もし、もっと仲良くなりたいと思う場合は、もっとオープンに胸の内をさらけ出す必要があるかもしれません。

きっと関係性はより深いものへと進化していくことでしょう。

相性が悪いペア

ISTP(巨匠型)

ESTP(起業家型)の人は実用的で現実的な関心をもって、抽象的な概念にはあまり関心がありません。

一方、ISTP型の人は理論やルールを重んじ、実用的だけではあまり関心を示さない傾向にあります。

お互いの物事に対する態度の違いは、互いのフラストレーションに繋がり、衝突しやすい関係性に繋がります。

相手にかどに干渉せず、距離感を保ちながら上手に付き合う必要があります。

違いを認め合い、互いに尊重することが関係の築き方として非常に重要です。

INFJ(提唱者型)

INFJ(提唱者型)とESTP(起業家型)は、性格が真逆であり、衝突しやすい関係性です。

出会った当初は有効な関係を築ける可能性もあるが、問題が次第に表面化するでしょう。

同じ空間にいるとフラストレーションが溜まり、相手の気持ちを理解することが難しく感じるでしょう。

相手の長所が自分の短所であることもあり、自分の目を背けたい事柄をまざまざと見せつけられることもあります。

一度亀裂が生じると修復が難しいため、一定の距離を保つことが大切かもしれません。

 

ESTJ(幹部型)と相性がいいペア

ESTJ(幹部型)の人は、忠実で、忍耐強く、信頼できる人間性を持っている。

責任感が強く、周囲の人々も「この人に任せれば間違いない」と考える存在です。

組織に対する帰属意識は強く、バランス感覚にも優れています。

周囲に気配りもでき、ルールを大切にします。。

せっかちなところもあり、何事も白黒ハッキリさせようとしすぎることもあります。

自分の思い通りにならないと攻撃的になってしまうこともあります。

一度冷静になって、俯瞰して物事を見直すことも必要かもしれません。

最も相性がいいペア

INFJ(提唱者型)

ESTJ(幹部型)とINFJ(提唱者型)の両者は最高の相性だといえます。

強い責任感、物事に対する誠実さが共通しており、互いに自分にはない相手の長所を認め合える関係性だからです。

具体的にはISFJ型の人は独創的なアイデアやインスピレーションを持ち、ESTJ型の人は合理性や効率的な問題処理能力を持っており、互いに尊敬し合っています。

出会った初めのころは、お互いの性格の違いから距離を感じるかもしれません。

しかし、徐々に相性の良さがわかり、意気投合するでしょう。

無理せず自然体で付き合うことができるので、仕事仲間、友人、家族、どんな関係性でも最適だと言えます。

相性がいいペア

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とESTJ(幹部型)は、相手の長所が自分の短所であり、相互に補完し合う関係性を築けるでしょう。

ESTJ型の戦略的で目標に突き進む性格、ENFP型の遊び心や本質を突く発送などが典型例です。

互いが行動を共にするだけで、刺激を与え合える関係だといえます。

しかし、行動パターンなどの違いなどによって、衝突が起こるリスクもあります。

両者は互いの長所を尊敬し合い、短所を補うことが重要です。

相手を見て学びながら、互いに成長をすることが理想的な関係だといえます。

ESFJ(領事官型)

ESTJ(幹部型)とESFJ(領事官型)は似た者同士で通じ合い、コミュニケーションがしやすい関係性です。

両者の間に大きな壁はなく、どんなテーマであって気軽に話し合うことができます。

また、同じ問題や結論につまずくことが多くあります。

そのたびに共通の課題を抱えて、親密度が高まるでしょう。

一方、問題が生じても互いを慰め合うだけに終始してしまうため、新しい視点が入りにくいという欠点もあります。

ISFJ(擁護者型)

ESTJ(幹部型)とISFJ(擁護者型)は、互いのことを魅力的な存在だと感じやすい組み合わせです。

両者は保護者気質という共通点があり、話題の共通も多く、退屈しない関係性です。

しかし、関係性が深まっていくと、衝突が起こることもあります。

一緒にいるとお互いの認識の違いが表面化することもしばしばあります。

ただ、仮に衝突が起こっても、すぐに和解して仲良くなることができます。

ESTJ型とISFJ型は惹かれ合い反発する、というパターンを繰り返す傾向にあるでしょう。

ISTP(巨匠型)

ESTJ(幹部型)とISTP(巨匠型)は、興味関心が共通しているため、相互に惹かれ合う関係性にあります。

共通のテーマに関心を持っていることが多く、物事の全体像や意味を考える性格が似ています。

時に認識や態度の違いによって、不仲になることもあります。

しかし、お互いの違いを補い合い、尊敬し合うことができる関係を築くことができるでしょう。

大きな視点を共有して語り合うような、有益で楽しい関係性を期待できます。

相性が悪いペア

ISTJ(管理者型)

ESTJ(幹部型)とISTJ(管理者型)の間にはすれ違いが頻繁に発生します。

なぜなら、ESTJ型の人は、あらゆる場面で効率的かつ合理的な判断を行う一方、ISTJ型の人は馴染みのある方法を選択するからです。

似ている部分はありますが、反発し衝突しやすいでしょう。

距離感を保ちつつ、違いを認め、互いを尊重することが重要です。

相手の長所を認めることができれば、自分にとっても大きな学びとなる場合も多いでしょう。

INFP(仲介者型)

ESTJ(幹部型)とINFP(仲介者型)の相性を一言で表すなら、最悪と言えるでしょう。

性格が真逆のため、衝突を起こしやすいです。

お互いを理解することが難しく、意見の対立が頻繁に起こります。

出会った当初は相性の悪さに気づかないかもしれません。

しかし、関係を深めるにしたがって、次第に問題が起こりやすいとわかるでしょう。

一度喧嘩をすると、関係を修復するのが大変困難になるかもしれません。

そのため、この関係性では、無理に相手を理解しようとはせず、一定の距離を保つことを心がけたほうがいいかもしれません。

 

ESFP(エンターテイナー型)と相性がいいペア

遊び好き、好奇心旺盛、ユニーク、楽しいことが1番、ESFP(エンターテイナー型)の人は、これらのような性格の人です。

ひらめきや直感を大切にしており。計画性はあまりありません。

そのため周囲を困らせることもありますが、フットワークの軽さから人間関係を円滑にすることにも長けています。

実は気配りもでき、周囲の人々の細かな変化にも気づきます。

お調子者や自己中と誤解される子もあり、そういった批判を個人的に受け取って落ち込むこともあるでしょう。

しかし、引きずることはなく、すぐに気持ちを切り替えます。

「楽しい人」がESFP(エンターテイナー型)の人です。

最も相性がいいペア

INTP(論理学者型)

ESFP(エンターテイナー型)とINTP(論理学者型)の相性は最高です。

両者は強い好奇心があり、互いの長所を素直に尊敬し合うことができる関係です。

ESFP型の人の陽気で楽観的な性格、INTP型の人の知性や独創性を、お互い素直に認め合うことができます。

相反する性格のようにも見えながら、行動や考え方など多くの部分で一致があり、自然体で付き合うことができます。

お互いの長所を認め合い、短所を補い合うということが自然にできます。

仕事仲間として、家族として、友人として、どの関係性でも両者は最高の関係であると言えます。

相性がいいペア

ENTJ(指揮官型)

ENTJとESFPの最大の特徴は片方の長所が、片方の短所であるという点にあります

お互いの長所と短所を補完しあう関係にあり、良好な関係を築くことができるでしょう。

しかし、生活や仕事においてお互いの行動パターンの違いは、トラブルの原因になる場合もあります。

時に距離を取ることも大切かもしれません。

適度な距離を保つことができれば、互いを刺激しあうことができる良い関係を続けられるでしょう。

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とESFP(エンターテイナー型)は、似た者同士であり、コミュニケーションがしやすく通じ合う関係です。

似た者同士であることから、何についても話しやすい関係でしょう。

また、抱える問題や課題も同じ場合があり、到達する結論にも共通性があります。

そのため、問題が生じても相手を慰め合い終わらせてしまう傾向があります。

ゆえに、新しい視点が入りにくいという欠点もあります。

基本的には居心地の良い関係性を保つことが可能です。

INFP(仲介者型)

ESFP(エンターテイナー型)とINFP(仲介者型)の人は、お互いのことを魅力的な存在だと感じるでしょう。

なぜなら、共通の話題が多く、どんなに長い時間話をしていても、飽きることがないからです。

また何か問題があったときは、真っ先に頼ることでできる関係であるかもしれません。

もちろん、衝突が両者の間に起こることもあります。

しかし、衝突が起こってもすぐに仲直りするでしょう。

衝突を繰り返すうちに、徐々に互いの短所も補われていき、理想的な関係性を築けるようになるでしょう。

ISFJ(擁護者型)

ESFP(エンターテイナー型)とISFJ(擁護者型)は、互いに興味関心がかなり共通しています。

人間関係や心の調和を大切にし、時に非合理な判断もしてしまうのも、両者の共通点です。

通じ合うもの多いため、一緒にいて心地良いと感じることが多いでしょう。

認識の違い等が衝突を起こすこともありますが、相性の良さから、違いを認めることさえできれば、相補的に尊敬し合える関係を築くことができるでしょう。

相性が悪いペア

ISFP(冒険家型)

ESFP(エンターテイナー型)とISFP(冒険家型)では、互いの興味関心が異なっているため、すれ違いを引き起こしやすい傾向にあります。

仲良くなることもありますが、反発し衝突しやすいとも言えます。

主な理由は外向的か内向的か、という性格の違いが大きいです。

この関係性では互いに干渉しすぎず、適切な距離感を保ちながら付き合うことが大切かもしれません。

INTJ(建築家型)

ESFP(エンターテイナー型)とINTJ(建築家型)は、性格が真逆であり、相性が非常に悪いです。

お互いを理解することが難しく、意見の衝突を起こすことが頻繁にありまう。

同じ空間にいると何かと問題が起こりやすいです。

関係性は一度悪化すると修復が難しく、対立はエスカレートをします。

この関係性では距離を縮めようとはせず、一定の距離をいかに保つかが大切になってきます。

 

ESFJ(領事官型)と相性がいいペア

ESFJ(領事官型)は多くのコミュニティの「縁の下の力持ち」となる人です。

友人や隣人、恋人など周囲の人に心を開き、人生を一緒に楽しめることに1番の幸せを感じるからです。

義理堅い性格であり、寛大で頼りがいのある性格でもあります。

ESFJ(領事官型)の人にとって、善悪の基準は明白なものです。

そのため、他の人が倫理観に合わない行動をすると非難せずにはいられないこともあります。

誠実で他者を思いやるのがESFJ(領事官型)の特徴です。

最も相性がいいペア

INTJ(建築家型)

ESFJ(領事官型)とINTJ(建築家型)は自分の思いにまっすぐな姿勢が共通しています。

互いに自分にはない相手の長所を尊敬し合うことができる、最高の相性です。

出会った当初は興味関心や性格がかなり違うように感じるかもしれません。

しかし、話をするたびに相性の良さを感じることができるでしょう。

全く違う性格に思えるかもしれませんが、実は物事の考え方やとらえ方は似ている部分が多く、自然体で付き合うことができるからです。

互いを認め合い、相補的な関係を築くことができ、家族として、友人として、仕事仲間として、どの関係でも最高の相性でしょう。

相性がいいペア

ENTP(討論者型)

相手の短所が相手の長所であることが特徴的な関係です。
お互いの長所と短所を補い合うことができるため、良い関係を作ることができるでしょう。

ESTJ(幹部型)

ESTJ(幹部型)とESFJ(領事官型)は似た者同士で通じ合い、コミュニケーションがしやすい関係性です。

両者の間に大きな壁はなく、どんなテーマであって気軽に話し合うことができます。

また、同じ問題や結論につまずくことが多くあります。

そのたびに共通の課題を抱えて、親密度が高まるでしょう。

一方、問題が生じても互いを慰め合うだけに終始してしまうため、新しい視点が入りにくいという欠点もあります。

ISFP(冒険家型)

ISFP(冒険家型)とESFJ(領事官型)はお互いに興味関心が共通しており、一緒にいて心地の良い関係です。

パズルのピースのような関係性で、ぴったりと組み合わせる仲の良さです。

物事の全体像や関連性を把握することが苦手で、個々の情報を整理するのが得意ということも共通しています。

ただ、この関係性は花開くまでに時間と忍耐が必要です。

相手の個性を尊重し、足りない部分を補完し合うことで、2人だけの関係を築くことができるでしょう。

ISTJ(管理者型)

ESFJ(領事官型)とISTJ(管理者型)は、互いを神秘的で魅力的な存在と感じるでしょう。

お互いが抱えている問題にも親身になって話を聞くことができ、話をしていても退屈することがないでしょう。

ISTJ(管理者型)は内向的で慎重に行動を行い、ESFJ(領事官型)は外向的で活発であるという違いがあります。

そのため、互いの性格の違いから衝突をすることはしばしばあるでしょう。

しかし、仮に喧嘩をしても、すぐに和解することができ、関係がさらに深まるでしょう。

相性が悪いペア

ISFJ(擁護者型)

ESFJ(領事官型)とISFJ(擁護者)の性格は真逆に近く、相性はかなり悪いと言えます。

ISFJ型の人にとって、ESFJ型の人の社交的で周囲との関係性を大切にする姿は、胡散臭く感じてしまうこともあるでしょう。

ESFJ型の人にとって、ISFJ型の人の内向的な性格は理解しがたいこともあるでしょう。

両者は似ている部分もあり、仲良くあることもあります。

しかし、喧嘩になることも多い関係であり、一緒に行動を共にすれば、問題が頻繁に発生するかもしれません。

互いに干渉せず、適度な距離感を保つことが大切です。

INTP(論理学者型)

INTP(論理学者型)とESFJ(領事官型)の相性は最悪です。

お互いに相手のことが理解できず、フラストレーションが溜まり、意見の衝突が頻繁に起きる関係でしょう。

ESFJ型の自分をさらけだし、他人にも感情を移入する性格と、INTP型のルールに従う厳密さが、衝突を引き起こすのかもしれません。

一度、衝突をすれば、両者の関係は悪化の一途をたどるでしょう。

互いを理解するのではなく、いかに距離を保つかを心掛けたほうが良いかもしれません。

 

INTP(論理学者型)と相性がいいペア

INTP(論理学者型)の穂とは発想力や想像力、知性などに優れており、全人口のわずか3%しかいない珍しいタイプです。

内向的であり、頭の中では常に複雑な思考がされています。

物静かでありますが、好奇心が非常に旺盛で刺激が大好きです。

ビルゲイツやアインシュタインなども論理学者タイプに分類されます。

最も相性がいいペア

ESFP(エンターテイナー型)

ESFP(エンターテイナー型)とINTP(論理学者型)の相性は最高です。

両者は強い好奇心があり、互いの長所を素直に尊敬し合うことができる関係です。

ESFP型の人の陽気で楽観的な性格、INTP型の人の知性や独創性を、お互い素直に認め合うことができます。

相反する性格のようにも見えながら、行動や考え方など多くの部分で一致があり、自然体で付き合うことができます。

お互いの長所を認め合い、短所を補い合うということが自然にできます。

仕事仲間として、家族として、友人として、どの関係性でも両者は最高の関係であると言えます。

相性がいいペア

ENTJ(指揮官型)

ENTJとINTPの関係性の良いところは、共通の興味関心があるという点です。

両者ともに、問題の全体像を理解する能力にも優れています。

通じ合うものがあるため、一緒にいることが居心地良く感じることも多いと考えられます。

しかし、細かな認識や態度の違いがトラブルの原因になる場合もあります。

ENTJが外向型、INTPが内向型という違いが原因かもしれません。

ただ、相性は非常に良いので、互いの違いを認め合うことができれば、ほかの人とは築けない面白い関係を築けるでしょう。

ESTP(起業家型)

ESTP(起業家型)とINTP(論理学者型)は、物事を合理的に考えるなど性格に共通する部分が多いです。

お互いのことを魅力的に感じ、話題が尽きることはないでしょう。

両者は仲良くなるにつれて喧嘩が起こりやすくなるでしょう。

ESTP型の人は外向的で活発な性格であるのに対し、INTP型の人は内向的で慎重に行動しようとする性格であることが、衝突の原因になるかもしれません。

しかし、喧嘩をしてもすぐに仲直りができ、関係性は喧嘩をするたびに深まっていくでしょう。

ISFJ(擁護者型)

ISFJ(擁護者型)とINTP(論理学者型)は、片方の短所が片方の長所であるという相補的な関係であるという特徴があります。

そばにいるだけ、相手の良い部分から互いに学べることが多く、充実した関係を築くことができます。

行動パターンや生活、仕事の細かなリズムが違うため、互いに違和感を感じることもあるでしょう。

しかし、互いを認め合い、補い合うことが継続的にできれば、関係はより良いものへと変化していくでしょう。

適度な距離で互いを支えながら、相手から学び合い、共に成長できると良いでしょう。

ISTP(巨匠型)

ISTP(巨匠型)とINTP(論理学者型)は共に内向的であり、論理的に物事を考え、意思決定を行うという共通点があります。

性格が似ており、仲良くなりやすいでしょう。

しかし、細かな部分で物事に対する向き合い方や感じ方に違いがあるため、トラブルが発生することもあります。

似た者同士でありながら、違いもあることを互いに理解し、互いを尊重することで、関係性は良好な状態を保つことができるでしょう。

相性が悪いペア

ENTP(討論者型)

ENTP型とINTP型は共通点もあるが、衝突しやすい関係性です。

ENTPは創造的で夢のようなアイデアに興味を持ち、INTPは理論的な結論を求めます。

人間関係でもENTPは開放的で、INTPは他人によそよそしいと感じることがあります。

外向型と内容型という違いがあることで、両者の相性は悪いと言えます。

ESTJ(領事官型)

INTP(論理学者型)とESFJ(領事官型)の相性は最悪です。

お互いに相手のことが理解できず、フラストレーションが溜まり、意見の衝突が頻繁に起きる関係でしょう。

ESFJ型の自分をさらけだし、他人にも感情を移入する性格と、INTP型のルールに従う厳密さが、衝突を引き起こすのかもしれません。

一度、衝突をすれば、両者の関係は悪化の一途をたどるでしょう。

互いを理解するのではなく、いかに距離を保つかを心掛けたほうが良いかもしれません。

 

INTJ(建築家型)と相性がいいペア

INTJ(建築家型)はオリジナリティのあるアイデアに溢れ、知的好奇心が非常に高いことが特徴です。

INTJ型の人は、全人口のわずか2%で、女性はわずか0.8%です。

合理的な性格であると同時に、夢想家的な性格も持っています。

完璧主義的な傾向もあり、あらゆる物事に対して自分なりに考え、納得しようとします。

最も相性がいいペア

ESFJ(領事官型)

ESFJ(領事官型)とINTJ(建築家型)は自分の思いにまっすぐな姿勢が共通しています。

互いに自分にはない相手の長所を尊敬し合うことができる、最高の相性です。

出会った当初は興味関心や性格がかなり違うように感じるかもしれません。

しかし、話をするたびに相性の良さを感じることができるでしょう。

全く違う性格に思えるかもしれませんが、実は物事の考え方やとらえ方は似ている部分が多く、自然体で付き合うことができるからです。

互いを認め合い、相補的な関係を築くことができ、家族として、友人として、仕事仲間として、どの関係でも最高の相性でしょう。

相性がいいペア

ENTP(討論者型)

どちらも同じような話題・テーマに関心を持つため、惹かれ合うようです。
特にビジネスの場面では、お互いが協力し合うことで大きな力を発揮できると言えるでしょう。

ENFJ(主人公型)

ENFJ型とINTJ型はお互いを魅力的な存在を感じることが多いです。

共通の話題や将来の夢があり、話に退屈することがありません。

問題や悩みを互いに親身になって話を相談し合える関係です。

衝突をすることもありますが、そのたびにお互いの足りない部分を理解し、関係が良くなっていくでしょう。

ISFP(冒険家型)

INTJ(建築家型)とISFP(冒険家型)は、互いに自分の短所が相手の長所であるという、相補的な関係性を築くことができるという特徴があります。

互いの長所とは、INTJ型の発想力や先を見通す力、ISFP型のエモーショナルな強さと優しさが挙げられます。

一緒に過ごすだけでも相手の長所から学べる部分は互いに多く、ともに成長できる関係です。

INFJ(提唱者型)

INTJ(建築家型)とINFJ(提唱者型)は、内向的であり、複雑な物事を抽象的なイメージで考えることができるという共通点があります。

性格が似ており、すぐに仲良くなれるでしょう。

しかし、衝突をした際、対等な関係が崩れてしまうと、さらなるトラブルの原因になりかねません。

対等な関係性を続け、互いを尊重し合う姿勢を崩さなければ、良好な関係を築けるでしょう。

相性が悪いペア

ENTJ(指揮官型)

ENTJ型とINTJ型の相性が悪い最大の理由は、物事に対する態度の違いにあります。

ENTJ型は具体的な出来事に注意を向け、目的に一直線に向かうタイプです。

一方、ISTJ型はインスピレーションを大切にし、具体的な出来事にはあまり関心を示しません。

似ている部分もありますが、反発し衝突しやすいでしょう。

相手に干渉せずに、適度な距離を保ちながら、互いを尊重し合うことが大切です。

また、相手の長所に目を向けることができれば、自分にとって大きなプラスになるかもしれません。

ENFP(エンターテイナー型)

ENFP(エンターテイナー型)とINTJ(建築家型)は、性格が真逆であり、相性が非常に悪いです。

お互いを理解することが難しく、意見の衝突を起こすことが頻繁にありまう。

同じ空間にいると何かと問題が起こりやすいです。

関係性は一度悪化すると修復が難しく、対立はエスカレートをします。

この関係性では距離を縮めようとはせず、一定の距離をいかに保つかが大切になってきます。

 

INFP(仲介者型)と相性がいいペア

INFP(仲介者型)は、理想主義者であり、物事をよくするために常に方法を模索する人です。

内向的な部分もありますが、情熱的であり、利他的であるのが特徴です。

深い洞察力があり、周囲の変化や矛盾に対して非常に敏感です。

感受性の鋭さから、他人に誤解されたり、もしくは自分から他人と距離を置こうとすることもあります。

多くの物事を同時に抱えるのではなく、1つの物事に集中をするのが得意です。

最も相性がいいペア

ESTP(起業家型)

ESTP(起業家型)とINFP(仲介者型)はお互い楽しいもの、美しいものが好きという共通点があります。

情が深く、お互いに自分にはない相手の長所を尊敬することができ、素直に認め合う関係を築くことができます。

互いのリズムが合い、魂のデュエットのような最高の関係です。

初対面の時はお互い違いを感じるかもしれませんが、すぐに仲良くなり、自然体で付き合うことができるようになります。

家族としても、仕事仲間としても、友人としても、どんな関係性でも最適の組み合わせであると言えるでしょう。

相性がいいペア

ENFJ(主人公型)

ENFJ型とINFP型は、興味関心が一緒であり、互いに惹かれ合う関係性があります。

両者共に感情や直感が大切であり、全体像の把握や意味の理解に長けている。

共通するところが多いので、一緒にいて心地良く過ごすことができるでしょう。

認識や態度の違いから不仲になることもあります。

しかし、相性は良いので、お互いの違いを認め合うことができれば、尊敬し合う関係を気づくことができるでしょう。

ENFP(エンターテイナー型)

ENFP(エンターテイナー型)とINFP(仲介者型)の人は、お互いのことを魅力的な存在だと感じるでしょう。

なぜなら、共通の話題が多く、どんなに長い時間話をしていても、飽きることがないからです。

また何か問題があったときは、真っ先に頼ることでできる関係であるかもしれません。

もちろん、衝突が両者の間に起こることもあります。

しかし、衝突が起こってもすぐに仲直りするでしょう。

衝突を繰り返すうちに、徐々に互いの短所も補われていき、理想的な関係性を築けるようになるでしょう。

ISFP(冒険家型)

INFP(仲介者型)とISFP(冒険家型)は、両者ともに内向的な性格であり、身近な人との親密な関係を大切にするという共通点があります。

性格が似ていることから、共感できる部分も多くあり、すぐに仲良くなれるでしょう。

注意すべき点は、対等な関係を崩さないということです。関係性において、どちらかが上に立ってしまうと、トラブルに繋がりかねません。

お互いを尊重し、適度な距離を保つことができれば、かなり良い関係を築くことができるでしょう。

ISTJ(管理者型)

INFP(仲介者型)とISTJ(管理者型)は、自分の短所が相手の長所であり、お互いの長所と短所を補い合うことができる関係性を築くことができます。

お互いの長所とは、例えばINFP(仲介者型)の自分の感情に素直に従う態度であったり、ISTJ(管理者型)のルールを大切にする姿勢などです。

一緒の空間にいるだけでも、お互いから学べることは多くあり、共に成長できるでしょう。

時に考え方の細かな違いから衝突をすることもあります。

しかし、お互いの長所を認め合い、短所を補い合うことができれば、自然と関係は良好な状態に戻ることができるでしょう。

相性が悪いペア

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とINFP(仲介者型)は、スタンスの違いから、行動を共にすると互いにストレスを与え合う可能性があります。

具体的には、ENFP型は身体的なスリルや新しい刺激を求める傾向にありますが、INFP型は内面的な安定を求める傾向にあります。

似ている部分もありますが、衝突が起こりやすい関係であるといえます。

互いの違いを認め、尊重し合える距離感を保つことが必要かもしれません。

ESTJ(幹部型)

ESTJ(幹部型)とINFP(仲介者型)の相性を一言で表すなら、最悪と言えるでしょう。

性格が真逆のため、衝突を起こしやすいです。

お互いを理解することが難しく、意見の対立が頻繁に起こります。

出会った当初は相性の悪さに気づかないかもしれません。

しかし、関係を深めるにしたがって、次第に問題が起こりやすいとわかるでしょう。

一度喧嘩をすると、関係を修復するのが大変困難になるかもしれません。

そのため、この関係性では、無理に相手を理解しようとはせず、一定の距離を保つことを心がけたほうがいいかもしれません。

 

INFJ(提唱者型)と相性がいいペア

INFJ(提唱者型)の人の最大の特徴は具体的なプロセスと共に目標達成できるという点です。

情熱的な姿は、ポジティブな影響を周囲に与え続けるでしょう。

話し方は穏やかですが、内には強い主張があり、自分の信じるもののためには休むことなく闘う性格です。

また、決断力に優れていますが、それを自分の利益のために使うことはありません。

思いやりがあり、愛情豊かな性格です。

最も相性がいいペア

ESTJ(幹部型)

ESTJ(幹部型)とINFJ(提唱者型)の両者は最高の相性だといえます。

強い責任感、物事に対する誠実さが共通しており、互いに自分にはない相手の長所を認め合える関係性だからです。

具体的にはISFJ型の人は独創的なアイデアやインスピレーションを持ち、ESTJ型の人は合理性や効率的な問題処理能力を持っており、互いに尊敬し合っています。

出会った初めのころは、お互いの性格の違いから距離を感じるかもしれません。

しかし、徐々に相性の良さがわかり、意気投合するでしょう。

無理せず自然体で付き合うことができるので、仕事仲間、友人、家族、どんな関係性でも最適だと言えます。

相性がいいペア

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とINFJ(提唱者型)は、興味関心が共通していることが最大の特徴です。

両者は「どう感じるか」を判断基準にしています。

他者を思いやりばかりに、時には合理性を無視し無謀な判断をする点も共通しています。

共通点の多さから、一緒にいて居心地のよさを感じることも多いかもしれません。

しかし、外向型と内向型という違いから、不仲になることもあります。

ただ、相性が良いので、互いの違いを認めることができれば、尊敬し合える関係を築くことは難しくないでしょう。

INTJ(建築家型)

INTJ(建築家型)とINFJ(提唱者型)は、内向的であり、複雑な物事を抽象的なイメージで考えることができるという共通点があります。

性格が似ており、すぐに仲良くなれるでしょう。

しかし、衝突をした際、対等な関係が崩れてしまうと、さらなるトラブルの原因になりかねません。

対等な関係性を続け、互いを尊重し合う姿勢を崩さなければ、良好な関係を築けるでしょう。

ISTP(巨匠型)

INFJ(提唱者型)とISTP(巨匠型)は、自分の短所が相手の長所であり、互いに長所と短所を補い合うことができる関係性です。

具体的には、INFJ(提唱者型)はアイデアや信念がしっかりあるところが長所です。

ISTP(巨匠型) は物事を理解する力が長所です。

一緒に時間を過ごすだけで、自分にはない部分を相手から学ぶことができるでしょう。

刺激的な関係であり、お互いを高め合うことができる関係を築けるでしょう。

相性が悪いペア

ENFJ型(主人公型)

ENFJ型とINFJ型は、似ている部分があり、仲良くなることもありますが、衝突しやすい関係でもあります。

ENFJ型は他人に共感することが得意です。

一方、INFJ型は内省的で考え事をすることが得意です。

ENFJ型が外交的、INFJ型は内向的であるため、衝突すると相手のことが理解できないことがしばしばです。

相手にあまり干渉せず少し距離感を取って上手に付き合うことも必要です。

ESTP(起業家型)

INFJ(提唱者型)とESTP(起業家型)は、性格が真逆であり、衝突しやすい関係性です。

出会った当初は有効な関係を築ける可能性もあるが、問題が次第に表面化するでしょう。

同じ空間にいるとフラストレーションが溜まり、相手の気持ちを理解することが難しく感じるでしょう。

相手の長所が自分の短所であることもあり、自分の目を背けたい事柄をまざまざと見せつけられることもあります。

一度亀裂が生じると修復が難しいため、一定の距離を保つことが大切かもしれません。

 

ISTP(巨匠型)と相性がいいペア

ISTP(巨匠型)の人は、冷静な理性と好奇心旺盛を併せ持った人物です。

モノ作りが好きで、試行錯誤をすることが得意です。

自由な性格であり、大切な人に対しては、喜んで手を差し伸べ、自らの経験を共有する優しさがあります。

フレンドリーながらも引っ込み思案、落ち着いているが好奇心旺盛、など仲の良い友人や家族でさえも、行動が予測できないことがあります。

人と違うことを恐れないのがISTP(巨匠型)の人の非常に良い面かもしれません。

最も相性がいいペア

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とISTP(巨匠型)は、相性は最高であり、お互いに自分にはない相手の長所を尊敬できる関係を築けます。

ENFP型はISTP型の洞察力や器用さを尊敬し、ISTP型はENFP型の発想力や俯瞰する視点を尊敬するでしょう。

出会った当初は細かな違いを感じるかもしれませんが、次第に相性の良さがわかって、意気投合します。

家族や仕事仲間として、関係を築くことができれば、この上なく最高かもしれません。

相性がいいペア

ESTJ(幹部型)

ESTJ(幹部型)とISTP(巨匠型)は、興味関心が共通しているため、相互に惹かれ合う関係性にあります。

共通のテーマに関心を持っていることが多く、物事の全体像や意味を考える性格が似ています。

時に認識や態度の違いによって、不仲になることもあります。

しかし、お互いの違いを補い合い、尊敬し合うことができる関係を築くことができるでしょう。

大きな視点を共有して語り合うような、有益で楽しい関係性を期待できます。

INTP(論理学者型)

ISTP(巨匠型)とINTP(論理学者型)は共に内向的であり、論理的に物事を考え、意思決定を行うという共通点があります。

性格が似ており、仲良くなりやすいでしょう。

しかし、細かな部分で物事に対する向き合い方や感じ方に違いがあるため、トラブルが発生することもあります。

似た者同士でありながら、違いもあることを互いに理解し、互いを尊重することで、関係性は良好な状態を保つことができるでしょう。

INFJ(提唱者型)

INFJ(提唱者型)とISTP(巨匠型)は、自分の短所が相手の長所であり、互いに長所と短所を補い合うことができる関係性です。

具体的には、INFJ(提唱者型)はアイデアや信念がしっかりあるところが長所です。

ISTP(巨匠型) は物事を理解する力が長所です。

一緒に時間を過ごすだけで、自分にはない部分を相手から学ぶことができるでしょう。

刺激的な関係であり、お互いを高め合うことができる関係を築けるでしょう。

相性が悪いペア

ESTP(起業家型)

ESTP(起業家型)の人は実用的で現実的な関心をもって、抽象的な概念にはあまり関心がありません。

一方、ISTP型の人は理論やルールを重んじ、実用的だけではあまり関心を示さない傾向にあります。

お互いの物事に対する態度の違いは、互いのフラストレーションに繋がり、衝突しやすい関係性に繋がります。

相手にかどに干渉せず、距離感を保ちながら上手に付き合う必要があります。

違いを認め合い、互いに尊重することが関係の築き方として非常に重要です。

ENFJ型(主人公型)

ENFJ型とISTP型は真逆の正確であり、衝突が非常に起こりやすいです。

そのためお互いを理解することが難しく、フラストレーションが溜まりやすい相性だと言えます。

お互いに自分の短所が、相手の長所であることがあり、自分にとってあまり見たくない部分を相手が持っていると言えます。

関係に亀裂が1度でも生じると、対立はエスカレートする傾向にあります。

無理に距離を縮めようとせずに、一定の距離を保つことが大切かもしれません。

 

ISTJ(管理者型)と相性がいいペア

ISTJ(管理者型)の人は誠実さ合理性を併せ持っています。

ISTJ(管理者型)の人は最も数が多いと言われており、全人口の13%を占めています。

生真面目な性格であり、意思決定をすると、目標達成のためへの行動にすぐに移ります。

頭の回転が早く、物事を事実に基づき考えます。

また、自立した環境の中で、自主的に物事を進めることを好みます。

最も相性がいいペア

ENFJ(主人公型)

ENFJ型とISTJ型は調和や規律を大切にする点が共通しています。

そのため、お互いの長所を認め合うことができる最高の関係だと言えます。

具体的にはISTJ型の誠実さ、ENFJ型の共感力や洞察力を尊敬することができます。

初対面の時は互いの違いに違和感を覚えることもあるかもしれませんが、徐々に相性のよさ気づくでしょう。

相反する部分もありますが、自然な関係性を築くことができるでしょう。

相性がいいペア

ESTP(起業家型)

ESTP(起業家型)とISTJ(擁護者型)は、お互いに共通の興味関心があり、お互いに惹かれ合う関係性にあります。

両者、論理的で合理的に物事の判断を行いますが、時に判断が周りにどのような影響を与えるのか、深く考えず決断してしまうことがあります。

合理性と周囲との関係性のバランスを取る、という心理的課題も共通している部分です。

お互いの違いを認め合い、補い合い尊敬し合う関係を築くことができます。

ESFJ(領事官型)

ESFJ(領事官型)とISTJ(管理者型)は、互いを神秘的で魅力的な存在と感じるでしょう。

お互いが抱えている問題にも親身になって話を聞くことができ、話をしていても退屈することがないでしょう。

ISTJ(管理者型)は内向的で慎重に行動を行い、ESFJ(領事官型)は外向的で活発であるという違いがあります。

そのため、互いの性格の違いから衝突をすることはしばしばあるでしょう。

しかし、仮に喧嘩をしても、すぐに和解することができ、関係がさらに深まるでしょう。

INFP(仲介者型)

INFP(仲介者型)とISTJ(管理者型)は、自分の短所が相手の長所であり、お互いの長所と短所を補い合うことができる関係性を築くことができます。

お互いの長所とは、例えばINFP(仲介者型)の自分の感情に素直に従う態度であったり、ISTJ(管理者型)のルールを大切にする姿勢などです。

一緒の空間にいるだけでも、お互いから学べることは多くあり、共に成長できるでしょう。

時に考え方の細かな違いから衝突をすることもあります。

しかし、お互いの長所を認め合い、短所を補い合うことができれば、自然と関係は良好な状態に戻ることができるでしょう。

ISFJ(擁護者型)

ISTJ(管理者型)とISFJ(擁護者型)は、共に内向的な性格であり、責任感が強く、誠実な人柄という共通点があります。

性格が似ていることから、すぐに仲良くなれるでしょう。

注意するべき点は、対等な関係を崩さないことです。

両者の間に上下関係が生まれてしまうと、トラブルの原因となる可能性があります。

適度な距離を保つつ、対等な関係を維持できれば、かなり良い関係を築けるでしょう。

相性が悪いペア

ESTJ(幹部型)

ESTJ(幹部型)とISTJ(管理者型)の間にはすれ違いが頻繁に発生します。

なぜなら、ESTJ型の人は、あらゆる場面で効率的かつ合理的な判断を行う一方、ISTJ型の人は馴染みのある方法を選択するからです。

似ている部分はありますが、反発し衝突しやすいでしょう。

距離感を保ちつつ、違いを認め、互いを尊重することが重要です。

相手の長所を認めることができれば、自分にとっても大きな学びとなる場合も多いでしょう。

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とISTJ(管理者型)は、相性は最悪であるといえます。

理由としては、性格が真逆であり、お互いを理解することが難しく、意見の対立が起こりやすい。

出会った当初は、相性の悪さが表面化せず、仲良くなれるかもしれません。

しかし、徐々に互いにフラストレーションを溜めることになり、相手のことを理解できなくなります。

相手を理解しようと努めるのではなく、一定の距離を保つことが大切かもしれません。

 

ISFP(冒険家型)と相性がいいペア

ISFP(冒険家型)の人は、芸術家や職人に多いタイプです。

冒険家型のアーティストは非常に多く、ラナ・デル・レイやアヴリル・ラヴィーン、ブリトニースピアーズ、マイケルジャクソンなどがいます。

感受性が鋭く、五感をフルに活用して生活しています。

性格は控えめで、温厚です。

他人に干渉されることが好きではなく、人付き合いも広く浅くではなく、狭く深くを好みます。

常に自分の内にある何かを表現したいと思っています。

最も相性がいいペア

ENTP(討論者型)

ISFPは、美的感覚やデザイン力の高さを強みとしています。
そんなISFPとENTPは、お互いのことを尊敬し合える関係性のようです。
ENTPはISFPの感受性の豊かさを、ISFPはENTPの論理的思考力を尊敬し合っています。
性格がかなり異なるタイプのため、初めこそ「合わない」と感じることも多いかもしれません。
ですが、お互いのことをよく知ってみると、意気投合するようになるでしょう。

相性がいいペア

ENFP(広報運動家型)

ENFP(広報運動家型)とISFP(冒険家型)は、共通の話題も多く、互いに魅力的な存在だと感じることが多いでしょう。

相手に親身になることもでき、相手の問題に耳を傾け支えることもできます。

関係が深まるにつれて、衝突が起こることもしばしばあります。

理由としては、両者が内向型と外向型であることが大きいかもしれません。

しかし、すぐに仲直りすることができます。

衝突を繰り返し、さらに関係性を深めていくのが特徴です。

ESFJ(領事官型)

ISFP(冒険家型)とESFJ(領事官型)はお互いに興味関心が共通しており、一緒にいて心地の良い関係です。

パズルのピースのような関係性で、ぴったりと組み合わせる仲の良さです。

物事の全体像や関連性を把握することが苦手で、個々の情報を整理するのが得意ということも共通しています。

ただ、この関係性は花開くまでに時間と忍耐が必要です。

相手の個性を尊重し、足りない部分を補完し合うことで、2人だけの関係を築くことができるでしょう。

INTJ(建築家型)

INTJ(建築家型)とISFP(冒険家型)は、互いに自分の短所が相手の長所であるという、相補的な関係性を築くことができるという特徴があります。

互いの長所とは、INTJ型の発想力や先を見通す力、ISFP型のエモーショナルな強さと優しさが挙げられます。

一緒に過ごすだけでも相手の長所から学べる部分は互いに多く、ともに成長できる関係です。

INFP(仲介者型)

INFP(仲介者型)とISFP(冒険家型)は、両者ともに内向的な性格であり、身近な人との親密な関係を大切にするという共通点があります。

性格が似ていることから、共感できる部分も多くあり、すぐに仲良くなれるでしょう。

注意すべき点は、対等な関係を崩さないということです。関係性において、どちらかが上に立ってしまうと、トラブルに繋がりかねません。

お互いを尊重し、適度な距離を保つことができれば、かなり良い関係を築くことができるでしょう。

相性が悪いペア

ENFP(エンターテイナー型)

ENFP(エンターテイナー型)とISFP(冒険家型)では、互いの興味関心が異なっているため、すれ違いを引き起こしやすい傾向にあります。

仲良くなることもありますが、反発し衝突しやすいとも言えます。

主な理由は外向的か内向的か、という性格の違いが大きいです。

この関係性では互いに干渉しすぎず、適切な距離感を保ちながら付き合うことが大切かもしれません。

ENTJ(指揮官型)

ENTJ型とISFP型は、相性は最悪だといえます。

性格面は真逆であり、衝突しやすいです。

そのため、お互いのことを理解することができず、意見の対立が頻繁に起きます。

相手の行動や言動の理由が理解できず、誤解が生じることもしばしばあります。

1度喧嘩になると、関係の修復が難しいかもしれません。

互いを理解することより、どのように距離を保つかを大切にしたほうがいいかもしれません。

ISFJ(擁護者型)と相性がいいペア

ISFJ(擁護者型)の人は、とても優しく思いやりがある性格です。

古くからの友人などを大切にして、一対一の人間関係を好みます。

人の悪口を言うのは嫌いで、人の感情の変化には敏感です。

人柄が非常に良いことにつけこまれ、利用されてしまうこともしばしばあります。

地に足がついており、家族、友人、仕事仲間としても非常に信頼のおけるタイプです。

最も相性がいいペア

ENTJ(指揮官型)

ENTJ型とISFJ型は、互いに異なる長所を認め合い、最後まで粘り強く取り組む信念を共有しています。

なぜなら、ENTJ型の人には目標遂行能力があり、ISFJ型の人には物事の全体像を把握する力があるからです。

初めは相反するタイプに感じるかもしれませんが、次第に自然な関係を築くことができます。

お互いの長所を活かし合い、短所を補完することで、家庭や仕事でのパートナーシップとして最適です。

相性がいいペア

ENTJ(幹部型)

ESTJ(幹部型)とISFJ(擁護者型)は、互いのことを魅力的な存在だと感じやすい組み合わせです。

両者は保護者気質という共通点があり、話題の共通も多く、退屈しない関係性です。

しかし、関係性が深まっていくと、衝突が起こることもあります。

一緒にいるとお互いの認識の違いが表面化することもしばしばあります。

ただ、仮に衝突が起こっても、すぐに和解して仲良くなることができます。

ESTJ型とISFJ型は惹かれ合い反発する、というパターンを繰り返す傾向にあるでしょう。

ENFP(エンターテイナー型)

ENFP(エンターテイナー型)とISFJ(擁護者型)は、互いに興味関心がかなり共通しています。

人間関係や心の調和を大切にし、時に非合理な判断もしてしまうのも、両者の共通点です。

通じ合うもの多いため、一緒にいて心地良いと感じることが多いでしょう。

認識の違い等が衝突を起こすこともありますが、相性の良さから、違いを認めることさえできれば、相補的に尊敬し合える関係を築くことができるでしょう。

INTP(論理学者型)

ISFJ(擁護者型)とINTP(論理学者型)は、片方の短所が片方の長所であるという相補的な関係であるという特徴があります。

そばにいるだけ、相手の良い部分から互いに学べることが多く、充実した関係を築くことができます。

行動パターンや生活、仕事の細かなリズムが違うため、互いに違和感を感じることもあるでしょう。

しかし、互いを認め合い、補い合うことが継続的にできれば、関係はより良いものへと変化していくでしょう。

適度な距離で互いを支えながら、相手から学び合い、共に成長できると良いでしょう。

ISTJ(管理者型)

ISTJ(管理者型)とISFJ(擁護者型)は、共に内向的な性格であり、責任感が強く、誠実な人柄という共通点があります。

性格が似ていることから、すぐに仲良くなれるでしょう。

注意するべき点は、対等な関係を崩さないことです。

両者の間に上下関係が生まれてしまうと、トラブルの原因となる可能性があります。

適度な距離を保つつ、対等な関係を維持できれば、かなり良い関係を築けるでしょう。

相性が悪いペア

ESFJ(領事官型)

ESFJ(領事官型)とISFJ(擁護者)の性格は真逆に近く、相性はかなり悪いと言えます。

ISFJ型の人にとって、ESFJ型の人の社交的で周囲との関係性を大切にする姿は、胡散臭く感じてしまうこともあるでしょう。

ESFJ型の人にとって、ISFJ型の人の内向的な性格は理解しがたいこともあるでしょう。

両者は似ている部分もあり、仲良くあることもあります。

しかし、喧嘩になることも多い関係であり、一緒に行動を共にすれば、問題が頻繁に発生するかもしれません。

互いに干渉せず、適度な距離感を保つことが大切です。

ENTP(討論者型)

ENTP型とISFJ型の関係は、衝突しやすく、お互いを理解するのが難しいかもしれません。

ENTP型は創造的で自由な発想を好み、冒険心に富んでいます。

一方、ISFJ型は現実的で忠実な実行に重点を置き、慎重な性格だからです。

出会った当初は、友好的な関係を気づくことができるかもしれません。

しかし、時間が経つにつれて、両者の行動や言動が互いのフラストレーションの原因になることがあります。

ENTP型とISFJ型の間で1度関係に亀裂が生じたら、無理に歩み寄らずに、一定の距離を保つことを心がけたほうが良いかもしれません。

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

MBTI診断の相性はどうやって判断しているの?

就活生くん

MBTI診断の相性はどうやって診断しているんですか?

MBTI診断テストでは、人々のパーソナリティを16種類に分けます。

そして、各パーソナリティの特徴から相性を診断しているんです。

就活アドバイザー 京香

ここからは、16タイプ診断における相性判断の基準について解説していきます。

 

相性がいいペア:「似た性格」や「強み・弱みを補い合える性格」

相性がいいペアとして大切なのは、「似た性格」や「強み・弱みを補い合える性格」であることです。

性格が似ていれば、考え方や価値観が似ており、互いを理解することができるでしょう。

また、強みと弱みを補い合うことができれば、互いに助け合うことができます。

 

相性が悪いペア:「似たり寄ったりの性格」や「正反対の性格」

相性が悪いペアとされるのは、「似たり寄ったりの性格」や「正反対の性格」です。

性格が似ている場合、競争心や意見の対立が生じやすく、衝突をおさめる相補的な関係を築くのが難しい場合があります。

正反対の性格の場合、考え方や価値観も異なるため、互いを理解することが難しく、話も合わない場合が多くあります。

 

                                                   

適職診断を選ぶ時に役立つ記事一覧

「忙しいので効率的に就活を進めたい」という就活生には、 無料・登録なしの適職/職業診断 という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、あなたにぴったりの適職が見つけられる適職診断ツールが分かり、効率的に就活を進められるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


MBTI診断の相性に関するよくある質問

就活生くん

MBTI診断の相性について、よくわかりました!

もっと16タイプのことについて知りたいので、質問をしてもいいですか?

もちろんです!

ここからはMBTI診断の相性に関するよくある質問に答えますね!

就活アドバイザー 京香

 

質問①:日本人に多いMBTIの性格タイプは何?

就活生くん

MBTI診断で日本人に多い性格タイプは何ですか?

日本において1番多いとされているのは、INFP(仲介者型)です。

そして、ENFP(広報活動家)、INTP(論理学者)と続くみたいです。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

ちなみに他の国では16タイプのどれが1番多いんですか?

アメリカではISTJ(管理者型)が1番多いみたいですよ!

国によって診断結果や人口割合が大きくことなるので、面白いですよね。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:MBTI診断の相性は恋愛でも使える?

就活生ちゃん

MBTI診断の相性、すごく面白いですね!

16タイプの相性は恋愛でも使えますか?

恋愛のタイプ相性でも使えますよ!

ちなみに韓国のK-POPアイドルはMBTI診断結果を公表していたりします。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

え、すごい!

好きなアイドルとの相性を調べてみます!

 

質問③:MBTIの生きづらさランキングを教えて!

就活生くん

MBTIの性格に生きづらさを感じています。

自分の性格タイプと生きづらさは関係しているのでしょうか?

生きづらさとMBTI診断には何らかの関係があるかもしれませんね。

あくまでも参考程度ですが、下のランキング表を参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

MBTI診断の生きづらさランキングTOP5
1位 INFP(仲介者型)
2位 INTP(論理学者型)
3位 ISFP(冒険家型)
4位 ENFP(広報運動家型)
5位 INTJ(建築家型)

INFP(仲介者型)の人は、優しい性格から周囲と板挟みになり、生きづらいと感じることがあるかもしれません。

INTP(論理学者型)の人は、性格の合理性から周囲とすれ違うことがあるかもしれません。

ISFP(冒険家型)の人は、周囲の顔色を伺うあまり、疲れてしまうのかもしれません。

ENFP(広報運動家型)の人は、繊細な内面のために生きづらさを感じるかもしれません。

INTJ(建築家型)の人は、理想の高さゆえに周囲とすれ違うことが生きづらさの原因かもしれません。

就活アドバイザー 京香

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:MBTIの相性を参考に、周りの人付き合いに活かしてみよう!

この記事では、16Personalities(MBTI診断)の相性診断を紹介しました。

本記事を読んだことで、MBTIの相性に関する皆さんの疑問を解消できていたら、嬉しい限りです!