>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【なぜ落ちる?】WEBテストで落ちない方法3選 | 落ちる人の共通点も

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、WEBテストで落ちないための対策を紹介します。
就活生のみなさんは、WEBテストを受験した落ちた経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

WEBテストって難しい問題ばかりで、まったく回答できなかった経験しかありません。

就活生ちゃん

WEBテストってできない問題ばかりで、ほとんど通ったことがありません。
何度受けても、WEBテストは落ちるばかりです…

WEBテストって難しい問題が多くて、慣れていないと落ちることもありますよね。
でもWEBテストは正しい対策をすれば、誰でも簡単に合格点を取りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

そこでこの記事では、WEBテストで落ちないための対策3つを解説します。

合わせて、WEBテストで落ちる人の共通点も紹介します。

この記事を読めば、「WEBテストが全然できなくて、落ちてしまった…」なんて失敗も避けられます。

「WEBテストで落ちないように対策をして、合格点を取りたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

WEBテストができなくて落ちる就活生は多い

就活生くん

WEBテストってできない問題ばかりで、、何度受けても落ちるばかりです。
何度もWEBテストに落ちるのって、自分だけなんでしょうか…?

WEBテストで落ちるのは、あなただけではありませんよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストでうまく問題を解けなくて、落ちる就活生は非常に多いです。

そもそも企業がWEBテストを実施しているのは、エントリーする就活生一人ひとりと向き合う時間がなく、効率よく足切りしたいからです。

しかしWEBテストで落ちる点数は、あらかじめ決められています。

落ちる点数が決まっているからこそ、ある程度対策をすれば、WEBテストの合格点は誰でも取れるようになります。

WEBテストで落ちる人は本当に多いですが、なぜ落ちてしまうのでしょうか。
次に、WEBテストで落ちる人の共通点を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテストで落ちる人の共通点

就活生くん

僕はWEBテストの対策をしても、いつも落ちてしまいます。

WEBテストで落ちる人には、次の3つの共通点があります。
これら3つの共通点に当てはまる人は、WEBテストで合格するためには注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストで落ちる人の共通点
  • 共通点①:一度も対策をしたことがない
  • 共通点②:一問一問を丁寧に解いている
  • 共通点③:WEBテストの形式に慣れていない

それでは、WEBテストで落ちる人の共通点をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

共通点①:一度も対策をしたことがない

WEBテストで落ちる人の共通点1つ目は、「一度も対策をしたことがない」です。

WEBテストでは、主に中学生レベルの国語や計算問題が出題され、難しい問題が出題されることは少ないです。

しかし中学校を卒業してから期間が空いており、問題の解き方を忘れている場合は、WEBテストが解けずに落ちる可能性が高くなります。

まずはWEBテストの対策をしてみることが、合格点を取るための近道です。
少しでも高得点が取れるようになれば、WEBテストで落ちることも少なくなってきますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

共通点②:一問一問を丁寧に解いている

WEBテストで落ちる人の共通点2つ目は、「一問一問を丁寧に解いている」です。

WEBテストには時間制限があるため、問題を時間内に回答することが求められます。

しかしWEBテストを長時間かけて丁寧に解いている場合、回答時間が足らなくなってしまいます。

その結果、回答率や正答率が下がり、WEBテストで落ちる原因になるので注意が必要です。

WEBテストには時間制限があり、時間内に回答できなかった場合、強制的に次の問題へ進みます。
わからない問題は適当に回答してでも、きちんと回答しきることが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

共通点③:WEBテストの形式に慣れていない

WEBテストで落ちる人の共通点3つ目は、「WEBテストの形式に慣れていない」です。

WEBテストはパソコンを使って、ネット上で受験します。

筆記試験には慣れていても、パソコンを使ったWEBテストに慣れている就活生は、案外少ないです。

そのため、WEBテストを初めて受験する場合などは、その形式に慣れていないために、うまく回答できず落ちることもあります。

ここまで、WEBテストで落ちる人の共通点3つを紹介してきました。
これら3つの共通点に当てはまる場合は、WEBテストで落ちる可能性があるため、特に対策をした方が良いでしょう。
そこで次は、WEBテストで落ちないための対策を紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテストで落ちないための対策3つ

就活生ちゃん

第一志望の企業がWEBテストがあって、どうしても合格したいです。
どうすればWEBテストで合格点を取れるようになりますか?

WEBテストで合格点を取るためには、次の3つの対策をしてみましょう。
回答率や正答率が上がり、WEBテストで落ちることも少なくなるはずです。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストで落ちないための対策3つ
  • 対策①:とにかく問題集を解いて傾向を掴む
  • 対策②:素早く回答する
  • 対策③:とりあえずWEBテストを受けてみる

それでは、WEBテストで落ちないための対策3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策①:とにかく問題集を解いて傾向を掴む

WEBテストで落ちないための対策1つ目は、「とにかく問題集を解いて傾向を掴む」です。

WEBテストには、出題されやすい問題、されにくい問題の傾向があります。

問題集を繰り返し解くことで、WEBテストの出題傾向がわかり、次第に問題も解けるようになります。

WEBテストの対策には、「これが本当のWEBテストだ!【2022年版】」が本当におすすめです。
出題されやすい順に問題が書かれているため、この1冊で簡単にWEBテスト対策ができます。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策②:素早く回答する

WEBテストで落ちないための対策2つ目は、「素早く回答する」です。

先述した通り、WEBテストには制限時間があり、ゆっくり解いていると、すべての問題を回答しきれません。

少しでも回答数を増やすために、「わからない問題は適当に回答する」のように、回答速度を意識することが大切です。

できない問題に時間をかけても、結局正解できる可能性は非常に低いです。
そのため、できない問題は適当に回答し、次の問題で正解し、なるべく多くの問題で回答できるよう心がけましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対策③:とりあえずWEBテストを受けてみる

WEBテストで落ちないための対策3つ目は、「とりあえずWEBテストを受けてみる」です。

対策ばかりをしていても、やはりWEBテストを解けるようになるには、実際に受験してみるのが最も効果的です。

WEBテストの感覚を掴むためには、とりあえずWEBテストがある企業の選考を受けてみましょう。

第一志望の企業を受けるまでに、3回程度はWEBテストを受験しておくのがおすすめです。
出題傾向や感覚を掴んで、本命企業のWEBテストで落ちることがないよう対策をしておきましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

WEBテスト対策に関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

WEBテストはカンニングをしたり、代行サービスを利用する人もいるのではないでしょうか?

企業にバレるかが気になる人や、バレた場合の結果を知りたい人は、以下の記事で詳しく解説されていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

まとめ:WEBテストは対策すれば、落ちることも少なくなる!

この記事では、WEBテストで落ちないための対策3つを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、WEBテストで落ちる人の共通点も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本

WEBテストで落ちないための対策まとめ

WEBテストができなくて落ちる就活生は多い

WEBテストで落ちる人の共通点

  • 共通点①:一度も対策をしたことがない
  • 共通点②:一問一問を丁寧に解いている
  • 共通点③:WEBテストの形式に慣れていない

WEBテストで落ちないための対策3つ

  • 対策①:とにかく問題集を解いて傾向を掴む
  • 対策②:素早く回答する
  • 対策③:とりあえずWEBテストを受けてみる

WEBテストで落ちる人の割合や、落ちる点数はあらかじめ決まっています。
そのため、しっかりと対策をすれば、誰でもWEBテストで落ちることは回避できます。
とにかく問題集を解いて、わからない問題は飛ばし、回答率、正答率を上げて、WEBテストで合格を掴みましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本