>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【内定が欲しい!】就活の情報収集サービス5選 | LINEメルマガ,ES無料閲覧,企業口コミサイトも

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 就活の情報収集に活用すべき5つのサービス
  • 就活で収集すべき情報の具体例5選
  • 就活で情報収集が重要な理由は、ESや面接でほかの就活生と差をつけられるから
  • 就活の情報収集をするときの注意点は、みんなが知っている情報で満足しない
  • 定番の就活の情報収集方法3選

こんにちは「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では「就活の情報収集に活用すべき5つのサービス」を解説します。

就活生の皆さんは、就活の情報収集はしていますか。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

就活の情報収集…?

そもそも、就活のどんな情報をどうやって収集すれば良いのか分かりません。

就活生ちゃん

私は、就活サイトの「マイナビ」「リクナビ」で情報収集しています。

ほかにも、就活の情報収集をする方法があるのでしょうか。

就活を成功させるには、情報収集がとても重要です。

マイナビやリクナビは、ほかの就活生も使っていてみんなが知っている情報しか収集できないので、就活を有利にする効果はあまり期待できません。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこで、この記事では就活の情報収集に活用すべき5つのサービスを解説していきます。

また、合わせて、就活で収集すべき情報の具体例5選・就活で情報収集が重要な理由・就活の情報収集の注意点定番の就活の情報収集方法も、詳しく説明します。

この記事を読めば、ほかの就活生と差をつける上手な情報収集のやり方が分かるので、就活を有利に進められますよ。

就活の情報収集の具体的な方法を知りたい方や、絶対に就活を成功させたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

 

【要チェック】就活の情報収集に活用すべき5つのサービス

就活生ちゃん

就活の情報収集と言われても、何から始めれば良いのかまったくわかりません。

就活の情報収集は、次の5つのサービスをチェックしておけば、とりあえずはOKですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活の情報収集に活用すべき5つのサービス
  • サービス①:unistyle(ユニスタイル)⇒ 内定者のESを無料で閲覧
  • サービス②:カイシャの評判 ⇒ 会社の評判を無料で閲覧
  • サービス③:OfferBox(オファーボックス) ⇒ 企業スカウトをゲット
  • サービス④:合説どっとこむ ⇒ 全国の合説イベントを網羅
  • サービス⑤:就活の教科書LINE ⇒ 就活マニュアルを無料でゲット

それでは、就活の情報収集に活用すべき5つのサービスを、詳しく解説します。

どのサービスも無料で使えるうえ、ほかの就活生にあまり知られていない就活の有益情報を収集できますよ。

ほかの就活生と差をつけて、就活を有利に進めたい人は、一度はチェックしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

サービス①:unistyle(ユニスタイル)⇒ 内定者のESを無料で閲覧

就活の情報収集に活用すべきサービス1つ目は「unistyle(ユニスタイル)」です。

「unistyle」は、人気企業に内定した先輩のES(エントリーシート)や選考レポートを無料で閲覧できるサービス。

志望先の企業がどんなESを通過させているのかや、どんな選考をしているのかを事前に情報収集できます。

自己流でESを書いたり、選考内容を知らずに本番にのぞんだりするよりも、内定者が書いたリアルな情報を持っている方が、圧倒的に選考で有利

特に大手企業や有名企業にエントリーする人は、ぜひ登録して選考前に情報収集をしておきましょう。

「unistyle」を実際に体験した人の感想を以下の記事で紹介しています。

「unistyle」のサービス内容や評判を知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

サービス②:カイシャの評判 ⇒ 会社の評判を無料で閲覧

就活の情報収集に活用すべきサービス2つ目は「カイシャの評判」です。

「カイシャの評判」は、実際に企業で働いている社員の口コミが無料で見られるサービス。

匿名性が守られているので、企業の採用ページにはないリアルな内部情報を収集できます。

志望先企業で働いている人の口コミを見たり、企業分析レポートから口コミの良い企業を検索したり、使い方はいろいろ。

内定先がブラック企業でないかを判断したいときにも便利です。

「カイシャの評判」には、250万人以上の社員の口コミが掲載されており、大手有名企業だけでなく、中小企業の情報収集もできるのでおすすめですよ。

「カイシャの評判」のメリット・デメリットを以下の記事で紹介しています。

「カイシャの評判」の詳しいサービス内容や評判を知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

サービス③:OfferBox(オファーボックス) ⇒ 企業スカウトをゲット

就活の情報収集に活用すべきサービス3つ目は「OfferBox(オファーボックス)」です。

「OfferBox」は、いわゆる「逆求人サイト」と呼ばれるサービス。

自分のプロフィールを登録しておくだけで、企業からのスカウトを受け取れます。

自分でエントリーしたい企業を探すのは手間がかかるうえ、興味のある業界や大手有名企業ばかりに目が行きがちですよね。

「OfferBox」のような逆求人サイトを活用すれば、目を付けている業界や企業以外の採用情報を、自動的に集められるので便利です。

「OfferBox」は逆求人サイトの中でも登録企業が多く、なんと5,890社以上。

就活の序盤からプロフィール登録だけでもしておけば、思わぬ優良企業からのスカウトを受け取れるかもしれませんよ。

「OfferBox」を実際に体験した人の感想を以下の記事で紹介しています。

「OfferBox」のサービス内容や評判を知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

サービス④:合説どっとこむ ⇒ 全国の合説イベントを網羅

就活の情報収集に活用すべきサービス4つ目は「合説どっとこむ」です。

「合説どっとこむ」は、合同説明会を始めとした就活関連のイベント情報を収集できるサービス。

「マイナビ」や「リクナビ」などの大手就活サイトでは情報収集が難しい、中・小規模の就活イベント情報まで網羅されているのが最大の特徴です。

掲載している就活イベントの数は4,000件以上と日本最大級なので、就活イベントの情報収集は「合説どっとこむ」だけでもOK。

「合説どっとこむ」を活用すれば、就活イベントの情報収集に時間をかけなくて済み、ESや面接対策などにじっくり取り組めますよ。

「合説どっとこむ」を実際に体験した人の感想を以下の記事で紹介しています。

「合説どっとこむ」の評判やメリット・デメリットを知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

サービス⑤:就活の教科書LINE ⇒ 就活マニュアルを無料でゲット

就活の情報収集に活用すべきサービス5つ目は「就活の教科書LINE」です。

「就活の教科書LINE」は、LINEで友だち追加をするだけで、就活を上手に進める方法が毎日届くサービス。

情報を配信する順番も徹底的に考えられているので、届いた情報を順番に読むだけで、就活で役に立つノウハウが正しく身につきます。

メルマガ感覚で、すきま時間に届いた情報に目を通すだけで、就活に必要な情報収集が効率良くできるので便利です。

また「就活の教科書LINE」の参加特典として、無料でもらえる「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」は就活生必見。

就活の流れや、ほかの就活生との差別化の方法、内定獲得のためのノウハウが、分かりやすくマニュアル化されています。

参加特典は人数限定なので、ほかの就活生が持っていない就活ノウハウを手に入れたい人は、早めにチェックしてくださいね。

「就活の教科書LINE」の詳細は、以下の記事で詳しく解説しています。

参加特典の「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」が欲しい方は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活で収集すべき情報の具体例5選

就活生くん

「就活の情報収集をしよう」と言われても、具体的にどんな情報を収集すれば良いのか分かりません。

「就活の情報収集」ではざっくりしすぎて、どんな情報が必要なのか分かりにくいですよね。

そこで、就活で収集すべき情報の具体例5選を解説します。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活で収集すべき情報の具体例5選
  • 具体例①:就活ノウハウ
  • 具体例②:選考過程の情報
  • 具体例③:就活イベントの情報
  • 具体例④:志望先の企業情報
  • 具体例⑤:未知の企業情報

それでは、就活で収集すべき情報の具体例をひとつずつ解説します。

どんな就活の情報を収集すれば良いのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

具体例①:就活ノウハウ

就活で収集すべき情報の具体例1つ目は「就活ノウハウ」です。

就活ノウハウとは、

  • 就活の進め方・ESの書き方・面接の練習方法など、就活生は必ず知っておくべき知識
  • 内定率アップの秘訣・優良企業の探し方など、就活を有利にする情報

のことを言います。

新卒の就活生は、就職浪人をしていない限り、みんな就活の初心者です。

そのため、自己流で就活を進めるのではなく、就活の経験者や専門家からノウハウを収集すれば、簡単にほかの就活生と差をつけられますよ

「就活ノウハウ」を情報収集できるおすすめのサービスは「就活の教科書LINE」です。

「就活の教科書LINE」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

具体例②:選考過程の情報

就活で収集すべき情報の具体例2つ目は「選考過程の情報」です。

志望度の高い企業ほど、選考通過率をアップするために、事前に選考過程の情報収集をしておくことをおすすめします。

具体的には、

  • どんなESが選考通過するのか
  • 筆記テストはあるのか
  • 面接は何回あるのか・どんな質問をされるか
  • グループワークはあるのか
  • 独自の選考はあるのか

を情報収集しましょう。

事前に情報収集しておけば対策も可能なので、ほかの就活生よりもグッと有利になりますよ。

「選考過程の情報」を収集できるおすすめのサービスは「unistyle」です。

「unistyle」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

具体例③:就活イベントの情報

就活で収集すべき情報の具体例3つ目は「就活イベントの情報」です。

合同説明会や業界説明会、就活セミナーなどの就活イベントの情報収集も大切。

就活イベントに参加することで、より多くの企業と出会えるうえ、企業の人と直接話すチャンスもあるからです。

ただし、就活が進むにつれ、就活イベントに参加する時間の余裕はなくなります。

「あれもこれも」と適当にならず、自分なりの目的を持ち、参加する就活イベントを絞るようにしましょう。

「就活イベントの情報」を収集できるおすすめのサービスは「合説どっとこむ」です。

「合説どっとこむ」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

具体例④:志望先の企業情報

就活で収集すべき情報の具体例4つ目は「志望先の企業情報」です。

志望先の企業情報は、ESや面接などの選考において必要不可欠なもの。

企業のホームページや採用ページを確認すれば、基本的な情報の収集はできます。

さらに、ほかの就活生と差をつけたいなら、OB訪問やインターンシップでネットにない情報を収集するのも良いですね。

また、自分とマッチする企業かどうかや、ブラック企業でないかを判断するために、企業内部の人の口コミチェックもしておくと安心です。

「志望先の企業の内部情報」を収集できるおすすめのサービスは「カイシャの評判」です。

「カイシャの評判」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

具体例⑤:未知の企業情報

就活で収集すべき情報の具体例5つ目は「未知の企業情報」です。

世の中には数えきれないほどたくさんの企業があるので、すべての企業を自分でチェックすることはできません。

しかし、自分では見逃してしまった企業の中に、相性の良い企業隠れた優良企業が残っている可能性もあります。

そこで、自分が企業を探すのとは反対に、企業から自分を探してもらうことで、自分のまだ知らない企業の情報を収集するのがおすすめ。

逆求人サイトに登録しておけば、未知の企業の情報を自動的に収集できますよ。

「未知の企業情報」を収集できるおすすめのサービスは「OfferBox」です。

「OfferBox」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活で情報収集が重要な理由3選

就活生ちゃん

就活を成功させるために、情報収集が必要なのは何となく分かります。

でも、就活の情報収集って、そんなに重要なことなんでしょうか。

はい!就活において、情報収集はとても重要です。

就活で情報収集が重要な理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活で情報収集が重要な理由3選
  • 理由①:ESや面接でほかの就活生と差をつけられるから
  • 理由②:競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから
  • 理由③:就活のコツが分かれば内定をもらいやすくなるから

それでは、就活で情報収集が重要な理由を詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由①:ESや面接でほかの就活生と差をつけられるから

就活で情報収集が重要な理由1つ目は、ESや面接で他の就活生と差をつけられるから。

就活の選考の中でも、特にESや面接は情報収集が重要です。

なぜなら、求めている人材は、企業によってある程度の傾向があるため。

内定者のESや選考レポートを参考にすれば、通過しやすいESの書き方や面接の受け答え方が分かるので、ほかの就活生を一歩リードできます。

内定者のESや選考レポートは「選考通過のための最適解」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由②:競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから

就活で情報収集が重要な理由2つ目は、競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから。

企業から内定をもらうには、競争率の高い大企業だけでなく、競争率の低い企業にもエントリーしておくことが大切。

しかし、競争率の低い優良企業を探すのは簡単なことではないため、常に情報収集する必要があります。

逆求人サイトを活用して、自分の知らない企業の情報が自動的に入る状態にしておけば、競争率の低い優良企業に出会える確率が上がりますよ。

自分だけで探せる企業の数は限界があるので、就活サービスを上手く活用しましょう。

逆求人サイトのほか、就職エージェントに企業を紹介してもらう方法もあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由③:就活のコツが分かれば内定をもらいやすくなるから

就活で情報収集が重要な理由3つ目は、就活のコツがわかれば内定をもらいやすくなるから。

就活終盤でひとつも内定をもらえない人がいる一方で、あっという間に複数の企業から内定をもらう人もいますよね。

限られた選考時間の中で、学生の優劣を判断するのは不可能に近いのに、なぜ内定の数に差が出ると思いますか。

実は、内定を左右するのは、就活生の優劣ではなく、就活のコツを押さえられているかどうかだからです。

たくさんの内定をもらう就活生は、意識的または無意識のうちに、就活のコツを理解して選考にのぞんでいます。

そのため、就活のコツさえ分かれば、内定をもらう確率を上げることが可能です。

「就活の教科書LINE」に参加して、毎日届く就活講義をチェックすれば、自然に就活のコツが身につきますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活の情報収集をするときの注意点3選

就活生くん

就活の情報収集をするときに、注意すべきことはありますか。

就活の情報収集をするときの注意点は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活の情報収集をするときの注意点3選
  • 注意点①:みんなが知っている情報で満足しない
  • 注意点②:今の自分に合わない情報収集はしない
  • 注意点③:情報収集元をひとつに絞らない

それでは、就活の情報収集をするときの注意点を解説します。

これから就活の情報収集を始める人は、注意点を参考にやってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

注意点①:みんなが知っている情報で満足しない

就活の情報収集をするときの注意点1つ目は「みんなが知っている情報で満足しない」です。

大手の就活サイトや就活本に掲載されているような、みんなが知っている情報には、あまり価値はありません

就活生のほとんどが知っている基本的な就活のルールやテクニックを実践したところで、大きな差がつくことはないからです。

ほかの就活生と差をつけたいなら、みんなが知っている情報で満足せず、あまり知られていない情報を収集しましょう。

この記事で紹介した5つのサービスを活用すれば、ほかの就活生が知らない情報が収集できますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

注意点②:今の自分に合わない情報収集はしない

就活の情報収集をするときの注意点2つ目は「今の自分に合わない情報収集はしない」です。

就活の情報収集は、やみくもにすれば良いというわけではなく、適切なタイミングで適切な情報を収集することが大切。

例えば、これからESの選考が始まる段階で面接の情報を収集するのは早すぎます。

落ちてしまった企業の口コミを調べるのも、気になる気持ちはわかりますが、時間がもったいないです。

収集した情報を最大限生かして就活を成功させるには、今の自分に合わない情報はスルーして、必要な情報だけに的を絞りましょう。

自己分析、ES対策、面接対策…。

時期によって収集すべき情報は変わるので、最初に就活の大体の流れを把握しておくと良いですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

注意点③:情報収集元をひとつに絞らない

就活の情報収集をするときの注意点3つ目は「情報収集元をひとつに絞らない」です。

就活の情報収集元は、就活サービス・インターネット・身近な先輩・大学のキャリアセンターなどさまざま。

それぞれに持っている情報や得意分野が違うので、より幅広い情報を収集するためには、情報収集元をひとつに絞らない方が良いです。

また、情報収集元がひとつだけの場合、間違った情報や偏った情報を掴んでしまうリスクもあります。

ひとつの情報収集元を過信することなく、複数の場所から情報を収集するように心がけましょう。

この記事で紹介した5つのサービスは、どれも収集できる情報の種類が違うので、全部をフル活用するのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

定番の就活の情報収集方法3選

就活生ちゃん

就活サービスを使う以外にも、就活の情報収集をする方法はありますか。

就活の情報収集をする方法はいろいろ考えられますが、ここでは定番の就活の情報収集方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 小渕

定番の就活の情報収集方法3選
  • 方法①:身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談
  • 方法②:SNSで就活関連アカウントをフォロー
  • 方法③:就活イベントに参加

それでは、定番の就活の情報収集方法を詳しく解説します。

まだやったことのない情報収集の方法があれば、ぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法①:身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談

定番の就活の情報収集方法1つ目は、身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談すること。

就活の経験者や就活の専門家が持っている情報は、就活生にとって貴重なものです。

身近な先輩や大学のキャリアセンターなら、気軽に話を聞けるうえ、ほかの就活生は知らない情報が手に入ることも。

何より、顔見知りの就活生に頼られれば、先輩もキャリアセンターの人も、喜んで就活の情報を教えてくれるでしょう。

志望先の企業に内定をもらっている先輩がいる場合は、大チャンスですよ!

ぜひ就活の話を聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法②:SNSで就活関連アカウントをフォロー

定番の就活の情報収集方法2つ目は、SNSで就活関連アカウントをフォローすること。

就活関連のアカウントは、特にTwitterに多く見られます。

SNSを使った情報収集のメリットは、最新情報をいち早く得られること。

就活ノウハウをつぶやくアカウントはもちろん、同じ就活生や、志望先企業のアカウントをフォローして情報収集すると良いですよ。

Twitterを活用した就活の方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterでの就活の情報収集を考えている人は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法③:就活イベントに参加

定番の就活の情報収集方法3つ目は、就活イベントに参加すること。

就活イベントには次のようなメリットがあります。

  • 企業から直接話を聞ける
  • 企業に質問ができる
  • ほかの就活生と情報交換できる
  • 就活に役立つセミナーが企画されることもある

特に、企業で働く人と直接会話をすることで収集できる情報はとても貴重です。

志望度の高い企業や、興味のある業界の企業が参加している就活イベントがあれば、ぜひ参加してみましょう。

この記事で紹介した5つのサービスのひとつ「合説どっとこむ」を使えば、全国の就活イベントをチェックできますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

まとめ:上手な情報収集で他の就活生と差をつけよう

この記事の「【内定が欲しい!】就活の情報収集サービス5選 | LINEメルマガ,ES無料閲覧,企業口コミサイトも」は、いかがでしたか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の小渕が、「就活の情報収集に活用すべき5つのサービス」を解説しました。

合わせて、就活で収集すべき情報の具体例・就活で情報収集が重要な理由・就活の情報収集の注意点定番の就活の情報収集方法も紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:上手な情報収集で他の就活生と差をつけよう

◆【要チェック】就活の情報収集に活用すべき5つのサービス

  • サービス①:unistyle(ユニスタイル)⇒ 内定者のESを無料で閲覧
  • サービス②:カイシャの評判 ⇒ 会社の評判を無料で閲覧
  • サービス③:OfferBox(オファーボックス) ⇒ 企業スカウトをゲット
  • サービス④:合説どっとこむ ⇒ 全国の合説イベントを網羅
  • サービス⑤:就活の教科書LINE ⇒ 就活マニュアルを無料でゲット

 

◆就活で収集すべき情報の具体例5選

  • 具体例①:就活ノウハウ
  • 具体例②:選考過程の情報
  • 具体例③:就活イベントの情報
  • 具体例④:志望先の企業情報
  • 具体例⑤:未知の企業情報

 

◆就活で情報収集が重要な理由3選

  • 理由①:ESや面接でほかの就活生と差をつけられるから
  • 理由②:競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから
  • 理由③:就活のコツが分かれば内定をもらいやすくなるから

 

◆就活の情報収集をするときの注意点3選

  • 注意点①:みんなが知っている情報で満足しない
  • 注意点②:今の自分に合わない情報収集はしない
  • 注意点③:情報収集元をひとつに絞らない

 

◆定番の就活の情報収集方法3選

  • 方法①:身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談
  • 方法②:SNSで就活関連アカウントをフォロー
  • 方法③:就活イベントに参加

 

上手な情報収集ができれば、効率的&有利に就活を進められるので、内定がグッと近づきますよ。

「就活の教科書」からは「就活の教科書LINE」というサービスを提供しています。

参加特典の「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」が欲しい方は、以下の記事をぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕