【就活生の皆さんへのアドバイス】8日目:面接の対策方法

【新卒就活生へ】これで完璧!面接選考の対策方法の全て

皆さん、まずは今日までメッセージを読んでくださり、ありがとうございます!

今日でいよいよ、就活の進め方第6章!

就活の最終関門、就活生の多くが最も苦戦する「面接」の対策方法です!

就活アドバイザー 京香

就活生くん

面接って、ほんとに「就活」って感じがして、緊張します・・・

練習したつもりでも全然喋れないし、何を聞かれるのかもいまいちわかっていないし・・・

始めての就活で企業の大人と話す面接はとても不安ですよね。

私も就活を始めた初期段階は、面接中に緊張で手が震えていました。

ですが、これから紹介する面接の対策をすることで、徐々に面接に合格するようになりました。

今日は、面接の基本事項のおさらいなどの前に、まず「対策方法」からお伝えしますね!

その対策方法とはズバリ、「模擬面接」です!

就活アドバイザー 京香

就活生くん

練習で模擬面接ってなんだか普通じゃないですか?

模擬面接をしただけで面接が上手くなるとは思えないです・・・

ところが、その「模擬面接」をしないことで、いつまでも面接に慣れずに緊張して落ちてしまう方が多いんです。

面接の緊張や不安は「場数」を踏むことで解消できるんですが、多くの就活生は模擬面接がめんどくさかったり、模擬面接も怖くてできなかったり・・・などなど、基本の対策ができていないんです。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

確かに、何回も面接を受ければ最初よりは緊張しなくなりそうですね・・・

でも、模擬面接って誰に頼めばいいんですか?

そこで紹介したいのが、模擬面接をしてくれる就活支援サービス(Dig UP CAREERなど)です。

模擬面接と言っても、ただ面接形式で質問するだけでなく、就活生を数百人以上見てきたエージェントの方がフィードバックをくれるんです!

なので、どうすればもっと印象が良くなるのか?伝わりやすくなるのか?をプロに教われるんですよね。

そのサービスの中でも、DiG UP CAREERは特に寄り添って優しく支援してくれるので、おすすめなんです!

就活アドバイザー 京香

 

就活の面接対策なら【DiG UP CAREER】

DiG UP CAREERの
おすすめポイント3つ
  • ポイント①:サポートが手厚く満足度90%、友人紹介率60%
  • ポイント②:LINEでの相談に対応しているから、リクルーターに気軽に相談できる
  • ポイント③:他社ナビにはない非公開求人がある

「一人で就活を進めるのが辛い」「何をしたらいいのかわからない」なんて方には、DiG UP CAREERがおすすめです。

満足度90%の手厚い支援で、あなたの内定に寄り添ってサポートしてくれますよ。

就活アドバイザー 京香

DiG UP CAREERでは、専属のキャリアアドバイザーとLINEで気軽に連絡をとることができます。
そのため、密にコミュニケーションをとりながら、スピード感をもって就活を進められますよ。

もちろん、DiG UP CAREERの費用は無料です。

使わないと損ですので、ぜひ利用して内定を簡単にゲットしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ LINEで密に連絡が取れる!! /

DiGUPCAREER

* 登録無料、1分で参加できます

さて、おすすめの対策方法をお伝えしたところで、まだまだ面接について詳しく知りたい!という方に向けて、面接について解説していきますね!

就活アドバイザー 京香

 

面接対策前に基本事項をおさらい

具体的な面接対策に入っていく前に、就活の面接が始まる時期や、回数や、流れなどの基本事項を簡単におさらいしていきましょう。

これだけは必ず押さえておいてほしいことを、簡単にまとめてみました。

就活アドバイザー 京香

面接の基本事項
  • 面接が始まる時期
  • 面接の回数
  • 面接の所要時間

面接対策の質を上げるためにも、就活の面接について理解を深めておきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

就活の面接が始まる時期

面接が始まる時期は、企業によって異なります。

一般的には、以下のようになっています。

  • 経団連に加盟している大手企業は、大学3年生の6月~
  • 経団連非加盟のメガベンチャーは、大学3年生の1月前後~
  • 外資系企業は、大学3年生の11月頃~

就活ルールの撤廃の関係で、どんどん企業は早くから採用活動が始めていることを肝に銘じておいてください。

その上で早めに面接対策していくことをおすすめします。

 

就活の面接の回数や、流れ

面接が行われる回数は平均して2~3回です。

企業によっては、最終面接前に数回社員の方と面談を組んでくれる親切な企業もあります。

面談は、面接とは違い、ざっくばらんに何でも話せる場です。

面談は本当にその会社に行きたいかの確認もできるので個人的に好きでした。

ただし、選考要素も含んでいるので、対策はしておく必要がありますよ。

就活アドバイザー 京香

 

就活の面接時間はどれぐらいかかるのか

一回における面接時間は、それほど長くはなく、30分~1時間ほどです。

面接時間は長ければいいということはないので、短くても落ち込む必要はありません。

しかし、30分~1時間という限られた時間内に自分の良さをアピールすることが求められます。

限られた時間で自分と企業の相性の良さを伝えられるように、面接対策をしておく必要があります。

次に、数種類存在する面接の形式について確認していきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

また「面接のおすすめ練習方法」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒  【デキる就活生はやっている】面接のおすすめ練習方法3選 | 一人で模擬面接をする方法【就活:転職】

 

面接対策すべき就活の面接形式

就活の面接とはどんな面接の種類があるのかを理解して、本質的な面接対策の準備をしていきましょう。

就活アドバイザー 京香

就活の面接には、いくつかの面接形式が存在します。

面接と言えば1対1の面接というイメージが強いかもしれませんが、他にも複数で行う面接もあります。

基本的な面接形式はこれらの3つです。

基本的な面接形式
  • 集団面接(グループ面接)
  • 個人面接(社員/人事)
  • 最終面接(社長/役員)

それぞれ面接段階ごとの特徴や意識することを把握して、面接対策を進めていきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

面接形式①:集団面接(グループ面接)

集団面接は、3~4人の就活生と、面接官1人で行われる面接で一次面接で多いです。

一人一人に同じ質問をされるので、自分の前に答えた人の回答に引っ張られすぎないように気をつける必要があります。

聞かれたことに対して、自信を持って自分らしさを出すようにしましょう。

 

集団面接(一次面接)については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接形式②:個人面接(社員/人事)

みなさんがよくイメージしているであろう個人面接は、二次や三次面接で行われます。

面接官は人事または、現場社員の場合がほとんどです。

一緒に働きたいと思ってもらえるかがカギとなりますので、マナーや言葉遣いなどには、特に注意しましょう。

 

二次面接・人事面接については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

また、会社が遠方にある場合は電話面接(Web面接)などもあります。

基本的には違いはありませんが、電波や、カメラに無駄なものが映っていないかなどには注意しましょう。

電話面接(Web面接)については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接形式③:最終面接(社長/役員)

最終面接とは、社長または役員と1対1で行われる最後に行われる面接です。

最終面接では、企業に本当に入りたいという熱意を伝えなければなりません。

企業研究や、自己分析を完全にした状態で挑み、内定を勝ち取りましょう。

最終面接(役員面接)については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

番外編:グループディスカッション

上記3つの選考方法以外に、グループディスカッションがあるのはご存知でしょうか。

グループディスカッションとは、集団面接とは違い、5~6人のグループで、与えられたお題に対してのアウトプットを出すというものです。

ここで見られているのは、チームへの貢献度です。

そのため、他の学生を論破していては扱いにくい人材だという印象を面接官に与えかねません。

チームにいかに貢献できるかを考えながら発言しましょう。

 

グループディスカッションの流れ・やり方については、こちらの記事に網羅的にまとめていますので、参考にしてください。

面接の概要がわかったところで、具体的によく聞かれる質問内容について、見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

面接対策すべき就活の頻出質問

面接対策すべきな就活の面接でよく聞かれる質問内容について、お話していきます。

様々な企業の面接を受けてみてわかったことは、基本的な質問はどの企業も変わらないということです。

そのため、ある程度の質問を知り、面接対策をしておくと自信を持って面接に挑めるはずです。

面接で話す内容は、エントリーシートで伝える内容と同じなので、ESの例文も紹介しています。

面接対策をするときは、各質問のESの回答例を参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

 

対策すべき質問①:志望動機

就活の面接でよく聞かれる質問内容1つ目は、志望動機です。

就活の面接では、志望度を測るため早期退職を防ぐために志望動機が質問されます。

こちらが面接での志望動機の回答例文です。

より多くの視聴者に影響を与えることができると考えたため貴社を志望致しました。私は小学4年生の時に〇〇を始めました。始めた理由は、その頃テレビで見た全国高等学校〇〇選手権大会の中で、泥まみれになりながら最後の1アウトまで諦めない選手達の姿に感動し、「こんな青春が送りたい」と思ったからです。また、大学で始めた〇〇も浪人中に見た〇〇に感化されたことが原因です。今振り返ると、私はテレビから影響を受けて人生を形作っており、この時から、将来自分がどうなりたいのかと考えたときに、次は自分が視聴者の心を動かすような映像を作っていきたいと思うようになりました。テレビ業界の中でも、〇〇は中継として届けるスポーツの種類の幅が広いです。〇〇であればより多くの人々に影響を与えることができると思い、志望致しました。そして、〇〇では中継部に入り、360度カメラなどの最新技術を用いて、人々の心に響くようなスポーツの映像を届けていきたいと考えております。

もっと志望動機の例文を参考にして、面接対策をしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

志望動機を対策したい人は、面接で志望動機を伝える際のコツ合否との関係が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

対策すべき質問②:自己PR

就活の面接でよく聞かれる質問内容2つ目は、自己PRです。

就活の面接では、自社で強みを発揮し、求めている人材とマッチしているのかを確認するために、自己PRを質問します。

自己PRの例文を参考にして、面接対策をしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

自己PRを対策したい人は、面接で伝えるために簡単に覚える方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

対策すべき質問③:学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)

就活の面接でよく聞かれる質問内容3つ目は、学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)です。

就活の面接では、物事の取り組み方や成長過程を知るために、ガクチカが質問されます。

ガクチカを対策したい人は、ガクチカの例文や魅力的なガクチカの作り方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

対策すべき質問④:自己紹介

就活の面接でよく聞かれる質問内容4つ目は、自己紹介です。

就活の面接では、どのような人間かを知るために自己紹介を問われます。

自己紹介を対策したい人は、面接で志望動機を伝える際のコツ合否との関係が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

対策すべき質問⑤:逆質問

就活の面接でよく聞かれる質問内容5つ目は、逆質問です。

逆質問とは、学生から企業へ対して質問できることで、通常は面接の最後に設けられています。

企業が逆質問をする意図は、大きく分けて2つあります。

  • 学生と企業の相互理解を深めるため
  • 学生の企業へ本気で入社したいかを見るため

この意図を汲み取り、企業のホームページを熟読するなどして、調べたらわかるような質問は避けるようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

逆質問の具体的な質問内容は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。