【JTCとは?】業界別大手企業ランキング一覧 | 大手に就職するメリット,注意点も

本ページはプロモーションを含みます

業界別 大手企業 ランキング一覧 

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 
記事を読む前に

この記事ではJTC企業の特徴JTC企業のランキングについて詳しく説明していきます。

あわせて、JTC企業に就職するメリットなども紹介していきます。

この記事を読めば、JTC企業に関する疑問を解消できるでしょう。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

◆この記事がおすすめな人

  • JTC企業について知りたい就活生
  • JTC企業のランキングを知りたい就活生
  • 自分の気になる企業はJTC企業なのか知りたい就活生

上記に当てはまる就活生の皆さんは、ぜひこの記事を読んで、就職活動に役立ててください。

先に結論をお伝えすると、「自分に合う企業や業界の優良企業を教えて欲しい!」なら、就活生の2人に1人が利用するOfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト」、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】ホワイト企業探しに役立つおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「OfferBox」であなたの性格に合う職種や企業を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

JTC:日本を誇る、伝統的な大企業のこと

就活生くん

インターネットで就活の情報収集をしていた際に、「JTC」という単語を見つけました。

JTCについて教えてもらうことはできますか?

もちろんです。

それではJTCについて詳しく説明していきますね。

就活アドバイザー 京香

JTCとは

JTC:Japanese Traditional Big Company

⇒「伝統的な日本の企業」

JTCとは、長年に渡って日本の経済を支えている大企業のことです。

次に、JTCの特徴JTCに向いている人の特徴ついて説明していきます。

就活アドバイザー 京香

 

JTCは、財政的・心理的に余裕がある企業が多い

JTCと呼ばれる企業は、高度成長期から今に至るまで安定した経営をしています。

ですから、財政的・心理的に余裕がある企業が多いです。

また、JTCはテレビCMなどの広告にお金をかけることができるため、多くの人に知ってもらうことが可能です。

このことから、JTCは多くの人が耳にしたことのある大企業で、就職先として非常に人気です。

例えば、新規事業の始めやすさなどが特徴ですね。

財政的にも心理的にも失敗を恐ずに新たな取り組みにチャレンジしています。

その結果、社会や経済に大きなインパクトを与えているのです。

就活アドバイザー 京香

 

JTC/大手企業に向いている人の特徴

JTC/大手企業に向いている人の特徴について簡単にまとめました。

JTC/大手企業に向いている人の特徴
  • 特徴①:規模の大きいことがしたいという気持ちがある
  • 特徴②:これだけは誰にも負けないという何かを持っている
  • 特徴③:得意分野と不得意分野のバランスが取れている

JTC/大手企業に向いている人の特徴1つ目は、「規模の大きいことがしたいという気持ちがある」です。

大手企業は社会や経済へ大きなインパクトを産む事業を産み出そうと動いています。

そのため、規模の大きい事業をやりたいという気持ちを持っている人が求められるのです。

就活アドバイザー 京香

JTC/大手企業に向いている人の特徴2つ目は、「これだけは誰にも負けないという何かを持っている」です。

大手企業では幅広い仕事を扱うため、「色々な関心を持った多様な人材を集めたい」という心理があります。

語学や資格に限らず、あなたが熱中している趣味などからも、採用担当者はあなたがどんな関心を持っていてどんな仕事をしてくれそうかということを想像します。

就活アドバイザー 京香

JTC/大手企業に向いている人の特徴3つ目は、「得意分野と不得意分野のバランスが取れている」です。

例えば、営業の才能において100点でも、他の能力は30点という就活生は大手企業を受ける上で不利と言えます。

むしろ、営業の能力は70点くらいで、他の能力も安定して70点くらいの就活生の方が求められるのです。

就活アドバイザー 京香

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


【業界別】JTC企業一覧

就活生くん

JTC企業についてしっかり理解しました!

実際JTCと呼ばれる企業にはどんな企業があるのか知りたいです!

わかりました。

それでは次に、業界別のJTC企業一覧を紹介します。

就活アドバイザー 京香

 

メーカー

メーカーのJTC企業
  • トヨタ自動車
  • ニトリ
  • ニッポンハムグループ
  • コカ・コーラボトラーズ・ジャパン
  • 富士通
  • 伊藤ハムグループ
  • ソニー
  • 一条工務店
  • 日清紡ホールディングス
  • セキスイハイムグループ

メーカーは就活生からの人気が高いです。

大企業のメーカーの製品などは生活している中で見かけることもあり、テレビCMなどで見かけることも多くありますね。

日常的に自社の製品を目にすることで、社会への貢献が目に見えることから非常にやりがいのある業界と言えます。

就活アドバイザー 京香

 

ソフトウェア・通信

ソフトウェア・通信のJTC企業
  • グーグル・ジャパン
  • KDDI
  • ソフトバンクグループ
  • 楽天
  • 富士通
  • ヤフー
  • NTTデータ
  • 野村総合研究所 等

今ではどの業界でもネット環境が必須な時代です。

仕事としての需要は今後も上がり続け、さらなる成長が期待できる業界ですね。

就活アドバイザー 京香

 

金融

金融のJTC企業
  • 三井住友銀行
  • 野村証券
  • 三菱UFJ銀行
  • 第一生命保険
  • 東京海上日動
  • みずほフィナンシャルグループ
  • りそなグループ

金融業界は銀行だけではなく、保険会社や証券会社も挙げられます。

収入の安定性や、周囲からの評価が高いことなどの理由から就活生に人気の業界です。

就活アドバイザー 京香

 

マスコミ

のJTC企業
  • 博報堂
  • 電通
  • 朝日新聞社
  • 講談社
  • 日本放送協会
  • フジテレビジョン
  • 東宝

マスコミも就活生に人気の業界です。

マスコミ業界は放送・出版・広告代理店などがあり、それぞれ最大手の企業は知名度が非常に高いです。

就活アドバイザー 京香

 

商社

のJTC企業
  • 三菱商事
  • 丸紅
  • 伊藤忠商事
  • 住友商事
  • 三井物産
  • JFE商事
  • 豊田通商
  • 阪和興業

商社は基本的にB to Bの業界ですので、学生のうちは知らない企業も多いですが、社会人になると多くの人が知っている企業も多いです。

商社は激務というイメージがありますが、その分給与が高いことが特徴です。

就活アドバイザー 京香

(※B to B:企業同士のビジネス)

 

小売

のJTC企業
  • イオン
  • ヤマダHD
  • ニトリHD
  • ビッグカメラ
  • セブン&アイHD
  • ツルハHD
  • ファーストリテイリング
  • ウエルシアHD
  • パン・パシフィックインターナショナルHD

百貨店から専門店など多岐にわたっています。

また、小売業販売額の伸びは全体的に見て上昇傾向にあります。

就活アドバイザー 京香

 

サービス

のJTC企業
  • 日本郵政
  • リクルート
  • 楽天グループ
  • 博報堂DYHD
  • 電通グループ
  • パーソルホールディングス
  • セコム
  • サイバーエージェント
  • アウトソーシング
  • オリエンタルランド

多くの人が知っている企業が多数ですね。

ですが、サービス業界の課題として人手不足が挙げられます。

労働環境の見直しや、AIの導入による課題解決に注目されています。

就活アドバイザー 京香

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

JTC企業のランキング一覧

就活生くん

JTCと呼ばれる企業にどんな企業があるのかバッチリ分かりました!

その中でも特に平均年収が高い企業を知りたいです!

わかりました。

それでは、平均年収、ホワイト度、勤続年数に分けてランキング形式で紹介します。

就活アドバイザー 京香

 

平均年収が高い大企業ランキング

まずは平均年収のランキングを紹介します。

就活において企業選びの際に多くの人が気にするポイントです。

ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

順位 社名 平均年収
(万円)
1 M&Aキャピタルパートナーズ 2688
2 キーエンス 2182
3 ヒューリック 1803
4 地主 1694
5 伊藤忠商事 1579
6 三菱商事 1558
7 三井物産 1549
8 ソレイジア・ファーマ 1490
9 丸紅 1469
10 ストライク 1432
11 住友商事 1406
12 レーザーテック 1379
13 霞ヶ関キャピタル 1311
14 ジャストシステム 1309
15 東京エレクトロン 1285
16 マーキュリアホールディングス 1282
17 三井不動産 1274
18 三菱地所 1264
19 ジャフコ グループ 1252
20 ファナック 1248
21 サンバイオ 1247
22 フロンティア・マネジメント 1233
23 野村総合研究所 1232
24 日本M&Aセンター 1202
25 シンバイオ製薬 1194
26 ランドビジネス 1158
27 中外製薬 1155
28 ディスコ 1140
29 ショーボンドホールディングス 1137
30 鹿島 1127
31 ロードスターキャピタル 1124
32 ワコム 1122
ローツェ 1122
34 ビジョナル 1119
35 プロパスト 1117
36 三菱総合研究所 1111
37 ベイカレント・コンサルティング 1106
38 武田薬品工業 1105
39 シグマクシス・ホールディングス 1092
40 野村ホールディングス 1090
41 ドリームインキュベータ 1086
42 ソニーグループ 1084
43 日本郵船 1082
44 アンジェス 1078
45 日本オラクル 1073
46 平和不動產 1067
47 アステラス製薬 1064
48 ISID 1057
アクセル 1057
50 WOWOW 1047
51 双日 1046
52 双日 1038
53 イーレックス 1036
54 大気社 1033
55 サントリー食品インターナショナル 1030
56 長瀬産業 1029
57 大林組 1025
58 アドバンテスト 1019
59 AI inside 1013
60 東京建物 1008
61 明豊ファシリティワークス 1000
62 プラネット 998
63 京阪神ビルディング 992
64 川崎汽船 990
65 任天堂 988
66 共栄タンカー 981
67 DM三井製糖ホールディングス 978
68 清水建設 977
69 LeTech 971
70 シンプレクス・ホールディングス 970
71 Kudan 969
72 三洋貿易 965
73 大成建設 963
74 オービック 959
75 日本アジア投資 958
76 GMOペイメントゲートウェイ 955
77 東京汽船 954
レーサム 954
79 日本証券金融 950
80 プレイド 949
81 小野薬品工業 947
82 KDDI 945
83 飯野海運 942
84 トレンドマイクロ 941
伊藤忠テクノソリューションズ 941
86 メガチップス 939
87 伊藤忠エネクス 937
ダイダン 937
89 東亜建設工業 936
90 兼松 931
91 乾汽船 928
92 千代田化工建設 927
93 INPEX 926
94 HIOKI 923
95 バルミューダ 922
西川計測 922
オリンパス 922
98 メルカリ 920
エーザイ 920
100 いちご 919

(参照:東洋経済

 

ホワイトな大企業ランキング

ここからは、有給取得率も平均年収も高い、ホワイトな大企業ランキングをご紹介します!

就活アドバイザー 京香

順位 企業名 平均年収(万円) 有給取得率(%) 有給取得日数(日)
1 ヒューリック 1636 77 15.4
2 住友商事 1390 84.5 16.9
3 ファナック 1364 83.5 16.7
4 東京エレクトロン 1317 77.5 15.5
5 三菱地所 1247 78 15.6
6 野村総合研究所 1217 72.9 15.3
7 サントリーホールディングス 1146 70.4 16.9
8 双日 1139 75.5 15.1
9 AGC 1117 92.5 18.5
10 サントリー食品インターナショナル 1062 71.7 17.2
11 大和証券グループ 1057 69.1 15.2
12 ソニー 1050 67.9 16.3
13 SMBC日興証券 1037 59.6 16.1
14 日鉄エンジニアリング 1032 78.0 15.6
15 三菱ケミカル 1031 74.8 15.7
16 三井化学 1027 75 16.5
17 日本製鉄 1025 79 15.8
18 三井石油開発 1025 76 15.2
19 アドバンテスト 1020 70.4 16.2
20 アジレント・テクノロジー 1010 65.4 15.7
21 JFEエンジニアリング 1008 80 17.6
22 日本郵船 999 85 17
23 JFEスチール 996 80.5 16.1
24 住友金属鉱山 993 82.3 18.1
25 味の素 982 83.5 16.7
26 三井住友カード 970 82 16.4
27 SCREENホールディングス 962 84.3 19.4
28 クラレ 700 84.5 16.9
29 三菱ガス化学 945 84.5 16.9
30 住友重機械工業 945 74.5 16.4
31 コスモ石油 943 87.6 18.4
32 建設技術研究所 943 66.8 16.7
33 三菱日立パワーシステムズ 927 75.5 16.6
34 NTT都市開発 925 88 17.6
35 JX金属 923 75 16.5
36 旭化成グループ 917 81 16.2
37 国際石油開発帝石 915 76 15.2
38 任天堂 913 78 15.6
39 日本電信電話 911 84 16.8
40 TOTO 910 75 15
41 神戸製鉄所 907 81.5 16.3
42 東レ 901 87 17.4
43 電信国際情報サービス 896 75 15
44 日立製作所 894 77.9 18.7
45 日立ハイテクノロジーズ 892 72.5 17.4
46 JA三井リース 891 69.2 16.6
47 三機工業 884 78.5 15.7
48 みずほリース 877 71.9 15.1
49 花王 874 75.5 15.1
50 NTTドコモ 872 91.5 18.3
51 ブリヂストン 868 85.5 17.1
52 古河電気工業 868 60.8 15.2
53 ブラザー工業 864 83 16.6
54 カゴメ 864 83 16.6
55 東芝プラントシステム 859 67.9 16.3
56 東京海上日動火災保険 859 50.7 15.2
57 川崎重工業 851 71.8 15.8
58 NTTコミュニケーションズ 850 85.5 17.1
59 三越伊勢丹 850 70.5 15.5
60 リコーリース 849 78 15.6
61 三菱重工業 848 81.8 18
62 田辺三菱製薬 846 68.2 15
63 東芝テック 846 62.5 15
64 宇部興産 844 75 15
65 日本ユニシス 843 81 16.2
66 みずほ情報総研 840 75.7 15.9
67 明電舎 839 77.4 17.8
68 日鉄ソリューションズ 838 82 16.4
69 三井住友ファイナンス&リース 837 80 16.4
70 富士電機 837 63.8 15.3
71 ビジネスエンジニアリング 836 79.5 15.9
72 NTTファシリティーズ 835 91 18.2
73 トヨタ車体 831 95 19
74 FUJI 831 82.5 16.5
75 NTTデータ 828 88.5 17.7
76 日本航空 828 86 17.2
77 ダイキン工業 824 90.9 20
78 NTTファイナンス 824 96 19.2
79 JT 824 80.5 16.1
80 東亜合成 822 88 17.6
81 オムロン 822 68 17
82 島津製作所 821 78.1 16.4
83 コマツ 820 97.5 19.5
84 本田技研工業 819 96.5 19.3
85 アイシン・エイ・ダブリュ 819 87 17.4
86 リコー 818 79.5 15.9
87 三菱電機 817 68 17
88 デンソー 816 94 18.8
89 日産自動車 815 95 19
90 豊田自動織機 813 90.5 18.1
91 カシオ計算機 812 74.1 16.3
92 キオクシア 810 86.3 20.7
93 アイシン精機 808 87.5 17.5
94 日清食品 808 82.5 16.5
95 住友電気工業 808 80.5 16.1
96 日立物流 806 77.1 18.5
97 日本曹達 806 75 15
98 DMG森精機 805 109 21.8
99 ルネサスエレクトロニクス 804 77.6 19.4
100 ニッセイ情報テクノロジー 803 83.5 16.7

(参照:東洋経済

 

勤続年数が長い大企業ランキング

最後に、勤続年数が長い大企業ランキングを紹介します。

就活アドバイザー 京香

 

順位 社名 勤続年数
(年)
1 京阪電気鉄道 26.5
2 NTTコムウェア 25.5
3 東武鉄道 24.7
4 NECプラットフォームズ 24.2
富士通フロンテック 24.2
河合楽噐製作所 24.2
7 キヤノンマーケティングジャパン 23.9
8 九州電力 23.8
中国電力 23.8
10 日本電気硝子 23.7
11 丸大食品 23.6
12 名古屋鉄道 23.5
富士通マーケティング 23.5
14 大丸松坂屋百貨店 23.4
東亞合成 23.4
16 高島屋 23.3
17 パナソニック 23.1
JVCケンウッド 23.1
東急百貨店 23.1
20 東京ドーム 23.0
21 阪急阪神百貨店 22.9
新明和工業 22.9
河北新報社 22.9
24 シャープ 22.8
イトーヨーカ堂 22.8
26 そごう・西武 22.7
東芝情報システム 22.7
28 関西電力 22.5
29 四国電力 22.4
30 東北電力 22.3
毎日新聞社 22.3
32 中部電力 22.1
三協立山 22.1
亀田製菓 22.1
西部ガス 22.1
36 三井住友建設 21.9
37 北海道新聞社 21.8
パイロットコーポレーション 21.8
39 ユニー 21.7
新光電気工業 21.7
ハウス食品 21.7
42 日本製紙 21.5
43 日本通運 21.4
ルネサスエレクトロニクス 21.4
四国旅客鉄道 21.4
46 トクヤマ 21.2
日本テキサス・インスツルメンツ 21.2
カナカン 21.2
49 デンソー 21.1
日立パワーソリューションズ 21.1
51 沖電気工業 21.0
日本板硝子 21.0
山陽新聞社 21.0
54 三越伊勢丹 20.9
東急建設 20.9
ミツカングループ 20.9
57 日立システムズ 20.8
TOTO 20.8
北陸電力 20.8
日本ユニシス 20.8
西武鉄道 20.8
京セラドキュメントソリューションズ 20.8
南海電気鉄道 20.8
日立国際電気 20.8
日東紡 20.8
66 東芝テック 20.7
日本曹達 20.7
東亜道路工業 20.7
69 富士ゼロックス 20.6
東京応化工業 20.6
71 LIXIL 20.5
富士電機 20.5
コニカミノルタ 20.5
アズビル 20.5
富士通エフサス 20.5
朝日新聞社 20.5
中電工 20.5
東海テレビ放送 20.5
79 YKK AP 20.4
日立金属 20.4
日本メクトロン 20.4
内田洋行 20.4
丸紅エネルギー 20.4
84 信越化学工業 20.3
関東電気保安協会 20.3
アドバンテスト 20.3
東急ストア 20.3
日新製鋼 20.3
時事通信社 20.3
プレス工業 20.3
ホソカワミクロン 20.3
92 JXTGエネルギー 20.2
エーザイ 20.2
東亜建設工業 20.2
都築電気 20.2
キーコーヒー 20.2
TPR 20.2

(参照:東洋経済

 

                       

就活生に人気の企業・業界に関する記事一覧

「就活を始めたけどどの企業に就職すればいいか分からない」「志望業界が決まらない」という就活生には、 人気企業ランキングTOP200人気業界ランキング という記事を読んでみてください。

以下の記事を読めば、就活生に人気の企業や業界を知れ、あなたにが本当に行きたい企業を見つけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                           

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


JTC企業に就職するメリット

就活生くん

JTC企業のランキング、しっかり目を通しました!

JTC企業に就職するメリットについていくつか教えてください。

それでは、JTC企業に就職するメリットを5つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

JTC企業に就職するメリット
  • メリット①:ネームバリューがあり、社会的信頼が得られる
  • メリット②:給与やボーナスが安定している
  • メリット③:福利厚生が充実しており、働きやすい
  • メリット④:研修・教育制度が整っている
  • メリット➄:幅広い業種に挑戦しやすい

 

メリット①:ネームバリューがあり、社会的信頼が得られる

JTC企業に就職するメリット1つ目は、「ネームバリューがあり、社会的信頼が得られる」です。

JTC企業は企業と商品が共に高い知名度であることが多いです。

生活の中で自社の製品を目にすることで、自分の仕事が社会に貢献していると感じられることは非常にやりがいを感じるでしょう。

しかし、社員の印象がそのまま商品の印象に繋がることも考えられます。

その分、JTC企業に勤めていることで、周囲からの信頼も得られるでしょう。

転職の際、JTC企業からの転職は選考や昇進が有利に進む可能性が高いです。

就活アドバイザー 京香

 

メリット②:給与やボーナスが安定している

JTC企業に就職するメリット2つ目は、「給与やボーナスが安定している」です。

平均年収ランキングで示した通り、給与は比較的高く、安定していると言えるでしょう。

JTC企業は長きにわたって経営を続けていることもあり、倒産リスクが少なく高い給料で優秀な人材や、育成した人材を雇うことによって新たな価値を社会に提供しています。

給与やボーナスが安定していることは嬉しいことですよね。

就活アドバイザー 京香

 

メリット③:福利厚生が充実しており、働きやすい

JTC企業に就職するメリット3つ目は、「福利厚生が充実しており、働きやすい」です。

福利厚生の充実は、給与の安定と同じくらい大事なことだと言えます。

満足度が高い福利厚生について以下にまとめました。

<満足度が高い福利厚生>

  • 食事補助
  • 住宅系
  • レジャー割引
  • 健康系
  • 子育て系

家族を持った際に、育休・産休制度や休暇制度が充実していると非常に助かります。

近年では、社員の健康を最優先で考えている企業が増加している傾向です。

福利厚生が整っていると、生活に満足感が出ますね。

就活アドバイザー 京香

 

メリット④:研修・教育制度が整っている

JTC企業に就職するメリット4つ目は、「研修・教育制度が整っている」です。

JTC企業のほとんどが、手厚い研修・教育制度を取り入れています。

新入社員に対して経験が豊富でスキルを持った先輩社員がつき、効果的に成長できる点が特徴です。

研修・教育制度が整っていることで、新入社員も不安を抱えずに仕事ができ、結果的に自己成長に繋がります。

就活アドバイザー 京香

 

メリット⑤:幅広い業種に挑戦しやすい

JTC企業に就職するメリット5つ目は、「幅広い業種に挑戦しやすい」です。

JTC企業は大きな規模の仕事を進めることもあり、業種ごとに多くの部署が存在します

そのため、社内で複数の業種に挑戦することが可能で、視野を広げて仕事に取り組めます。

JTC企業で働くことで今まで関わってこなかった業種との出会いもあるかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

JTC企業を目指す際の注意点

就活生くん

JTC企業に就職するメリットについてしっかりわかりました!

これからJTC企業を目指して就活を進めていきたいのですが、注意点などはありますか?

そうですね。

JTC企業を目指す際に注意してほしい点がいくつかあるので説明していきます。

就活アドバイザー 京香

JTC企業を目指す際の注意点
  • 注意点①:大手企業のみに絞らないこと
  • 注意点②:同じ業界で複数の会社にエントリーすること
  • 注意点③:本当にやりたい仕事ができるのか確認すること

 

注意点①:大手企業のみに絞らないこと

JTC企業を目指す際の注意点1つ目は、「大手企業のみに絞らないこと」です。

大手企業のみに絞ってしまうと以下のようなリスクがあります。

<リスク>

  • 内定が連続して出ないことで焦る
  • 志望動機が「大手だから」と浅くなる
  • 中小企業への変換ができなくなる

ネームバリューを志望動機にしてしまうと、入社後に理想と現実のギャップを感じやすくなってしまいます。

自分の就活軸に合った企業を選ぶことが最重要です。

そういった企業の探求に時間を割くことをオススメします。

就活アドバイザー 京香

 

注意点②:同じ業界で複数の会社にエントリーすること

JTC企業を目指す際の注意点2つ目は、「同じ業界で複数の会社にエントリーすること」です。

同じ業界で複数の会社にエントリーをするメリットを以下にまとめました。

<メリット>

  • 選択肢が拡大する
  • 企業を比較することで自分に合った企業が見つかる
  • 選考に落ちた時のリスクが分散する

JTC企業の選考は非常に難易度が高いです。

そのため、複数の企業を受け、採用の可能性を高めましょう。

複数の企業に応募することで、業界についてより深く理解することが可能です。

自分に最適な職場環境やポジションを見つけましょう。

就活アドバイザー 京香

 

注意点③:本当にやりたい仕事ができるのか確認すること

JTC企業を目指す際の注意点3つ目は、「本当にやりたい仕事ができるのか確認すること」です。

JTC企業には、給与や福利厚生、ネームバリューなどの様々な魅力があります。

しかし、本当にやりたい仕事をすることが最も大事です。

自分が想像していた仕事内容と異なることで、その仕事に対するモチベーションが下がるケースが一般的です。

その仕事をある程度、長く続けるためにも自分がやりたい仕事ができるのかを確認しておきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


JTC企業に関するよくある質問

就活生くん

JTC企業を目指す際の注意すべき点についてバッチリ理解できました!

JTC企業について他に何か知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、JTC企業についてよく聞かれる質問3つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

JTC企業に関するよくある質問
  • 質問①:JTC企業のあるあるを知りたい!
  • 質問②:JTC/大企業に就職出来たらすごい?
  • 質問③:JTC/大企業は高学歴しか就職できないの?

 

質問①:JTC企業のあるあるを知りたい!

以下にJTC企業のあるあるをまとめました。

  • 上司や役員との上下関係が厳しい
  • 愛社精神を強要される
  • 必要の無い会議が多い
  • 報連相を過剰に求める

無駄が多く、マナーに厳しいという声が多数ありました。

組織として考え方が古かったり、必要の無いルールが存在していることに不満を持つ社員も一定数いるようですね。

また、会社としての歴史が長いことで、古い風習が存在しているところもあるようです。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:JTC/大企業に就職出来たらすごい?

結論、すごいです。

JTC/大企業は安定した給料や充実した福利厚生の観点で、就活生からとても人気です。

そのため、JTCへの入社は非常に狭き門です。

JTC/大企業に就職するためには徹底した対策が必要ですね。

入念な企業研究をして、他の就活生との差別化を目指しましょう。

以下に企業研究に関する情報が載っているのでぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

質問③:JTC/大企業は高学歴しか就職できないの?

結論、JTC/大企業は高学歴ではなくても就職できます。

徹底した自己分析を行い、あなただけの魅力をアピールできるように心がけましょう。

企業の公式HPに「学歴フィルターはない」と記載しているケースもあります。

気になる企業に学歴フィルターがあるか調べてみましょう。

学歴フィルターがない人気企業に関する情報が以下に載っているのでぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

まとめ:JTC企業一覧を参考に、自分にとって最適な環境を見つけよう!

この記事では、「JTC企業」について徹底解説しました。

あわせて、「JTC企業を目指す際の注意点」も解説しました。

就活における企業選びの際に参考になったら幸いです。