>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【企業一覧あり】メガベンチャー に就職する人の特徴3つ| 新卒採用の月収も

この記事でわかること
  • 新卒採用があるメガベンチャー企業一覧
  • メガベンチャーに就職するメリットは結果を残した分だけ給料が入る
  • メガベンチャーに就職するデメリットはスピード感があるので仕事量が多い
  • 新卒でメガベンチャーに採用されるための行動3つ

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の森です。

就活生のみなさんは、メガベンチャー企業一覧について知りたくありませんか?

「就活の教科書」編集部 森

就活生くん

新卒でメガベンチャーに採用されたいのですが、どっからメガベンチャーなのか分かりません。

就活生ちゃん

メガベンチャーと聞くとパッと出てくるのは3つくらいです。

メガベンチャーの企業一覧があれば知りたいです。

メガベンチャーとは何なのか、新卒採用があるメガベンチャー企業一覧は見ておきたいですよね。

「就活の教科書」編集部 森

 

この記事では、新卒採用しているメガベンチャー企業一覧を紹介しています。

合わせて、メガベンチャーのメリット、デメリット、新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴についても紹介しています。

この記事を読めば、新卒採用があるメガベンチャー企業一覧が分かります。

新卒でメガベンチャーに採用されたいけど、どんなメガベンチャー企業があるのか知りたい就活生は読んでみてください。

 

 

【新卒採用も多い?】メガベンチャーとは新規事業に取り組む企業

就活生くん

メガベンチャーってキャリア採用が多いイメージで新卒採用は少ない気がします。

結論からいうとメガベンチャーによって数十人〜数百人の新卒採用をしている会社がほとんどです。

数十人の新卒採用枠がないところだと競争率も高いです。

「就活の教科書」編集部 森

 

メガベンチャーとは「ベンチャー企業からスタートして大企業になった会社」のことで、新卒採用の人数は企業によって大幅に異なります。

メガベンチャーはITの発展とともに大きくなった企業が多くIT企業がほとんどで、新卒の採用人数は数十人しか募集していないところとから数百人募集しているところがあります。

例えば、リクルートの2019年新卒採用人数が516人なのに対してメルカリは50人程度の採用枠しかないです。

新規事業に積極的に取り組んでいるという点で、メガベンチャーは一般に大手と呼ばれる会社と違います。

独自の技術やビジネスモデルで大手になった企業が一般にメガベンチャーと呼ばれてます。

また、大手になったあとも新規事業に積極的に取り組んでいることもメガベンチャーの特徴の1つです。

「就活の教科書」編集部 森

 

新卒採用をしているメガベンチャー企業一覧

就活生ちゃん

メガベンチャーってIT企業が多いんですね。

新卒でメガベンチャーの採用を狙っているのですがメガベンチャーの企業一覧があれば見たいです。

ほとんどのメガベンチャーで新卒の採用枠があるので新卒の給料と共に一覧にまとめて見ました。

それでは、新卒採用をしているメガベンチャー企業一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森

 

LINE(インターネット関連事業/ウェブサービス事業)

就活の教科書 公式LINE

 

 

新卒給料(月収)
  • エンジニア 44万
  • デザイン 40万
  • 企画、サービス、情報セキュリティ 34万
会社設立日 2000年9月4日
社員人数 2268人

日本で1番使われているSNSアプリを展開しており、LINEモバイル、LINE PAYなどの事業にも取り組んでいます。

 

RECRUIT(広告/人材紹介/人材派遣/出版等)

リクルート ロゴ

新卒給料(月収) 30万
会社設立日 1963年8月26日
社員人数 49370人

販促領域と人材領域の2つの事業領域があり、「ホットペッパー」「タウンワーク」「スーモ」「スタディサプリ」などがあります。

 

DeNA(Eコマース/エンタメ/スポーツ/ヘルスケア等)

DeNA ロゴ

新卒給料(月収)
  • エンジニア 約39~75万
  • エンジニア(AIスペシャリスト) 約46~75万
  • ビジネス 約38万
  • デザイナー、デザイナー(ゲーム) 約32万
会社設立日 1999年3月4日
社員人数 2437人

AIとゲーム事業を展開しており、「創薬×AI」「モバゲー」などがあり、球団も所有しています。

 

GREE(ゲームソフト/広告/情報処理/通信)

グリー ロゴ

 

 

新卒給料(月収) 35万
会社設立日 2004年12月7日
社員人数 2051人

ゲーム事業、ライブエンターテインメント事業、メディア事業、広告事業、投資事業を展開しており、一般的にはゲームのイメージが強いがそれ以外の事業も展開しています。

 

CyberAgent(メディア/インターネット広告/ゲーム等)

サイバーエージェント ロゴ

 

新卒給料(月収) 34万
会社設立日 1998年3月18日
社員人数 5282人

メディア、インターネット広告、ゲーム、スタートアップの4つの事業を主軸としており、「Abema」「tapple」「グランブルファンタジー」などがあります。

 

Rakuten(旅行/クレジット・信販/通信/広告)

Rakuten ロゴ

新卒給料(月収) 30万
会社設立日 1997年2月7日
社員人数 18364人

インターネットショッピングや楽天モバイル、球団で有名ですが他にもスマホ決済、銀行、証券、保険、メディア、旅行の事業も展開しています。

 

mixi(ゲーム/スポーツ/ライフスタイル)

mixi ロゴ

 

 

新卒給料(月収) 30万
会社設立日 1999年6月3日
社員人数 1080人

デジタルエンターテインメント事業、スポーツ事業、ライフスタイル事業を展開しており、モンスターストライクが有名でスポーツの配信、写真や動画の共有アプリ、美容アプリなどがあります。

 

ぐるなび(飲食店のインターネット検索サービス)

ぐるなび ロゴ

新卒給料(月収) 22万
会社設立日 1989年10月2日
社員人数 1824人

パソコン・スマートフォン等による飲食店等の情報提供サービス、飲食店等の経営に関わる各種業務支援サービスの提供その他関連する事業を展開しています。

 

メルカリ(フリマアプリ)

メルカリ ロゴ

新卒給料(月収) 一律の初任給ではなく個人によって変わる
会社設立日 2013年2月1日
社員人数 1826人

フリマ事業で1番規模が大きいメルカリを運営しており、売上も毎年40%以上のペースで増えています。

 

新卒でメガベンチャーに採用されるメリット・デメリット

就活生くん

メガベンチャーってITメガベンチャーが多いんですね。

魅力的ではあるけど新卒でメガベンチャーに採用されるデメリットなどあれば知りたいです。

魅力的といっても不安なことはありますよね。

メガベンチャーにもメリットとデメリットはあります。

「就活の教科書」編集部 森

新卒でメガベンチャーに採用されるメリット・デメリット
  • メリット①:結果を残した分だけ給料がもらえる
  • メリット②:若いうちから力をつけることができる
  • メリット③:周りがエネルギッシュである
  • デメリット①:仕事量が多い
  • デメリット②:行動力がないと出世しにくい

この記事を読むことで、メガベンチャーの良いところと悪いところが分かります。

それでは新卒でメガベンチャーに採用されるメリットとデメリットを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 森

 

メリット①:結果を残した分だけ給料がもらえる

新卒でメガベンチャーに採用されるメリット1つ目は「結果を残した分だけ給料がもらえる」です。

自分が頑張った分だけ給料がもらえるのでモチベーションを高くもつことができます。

若い時からお金を持つことによって恋愛が上手くいったり、親孝行などもできます

結果を残した分だけ給料がもらえることはメガベンチャーの魅力の1つです。

年功序列でないので自分の実力で給料が上がっていきます。

「就活の教科書」編集部 森

 

メリット②:若いうちから力をつけることができる

新卒でメガベンチャーに採用されるメリット2つ目は「若いうちから力をつけることができる」です。

若いうちから力をつけることでキャリアアップで転職する時やフリーランスになる時などに有利になります

若いうちから力をつけることで自分でできることも増えるのでより好条件の転職などもしやすいです。

自分の成長も早くなるので若いうちから力をつけることができるのはメガベンチャーのメリットです。

終身雇用が当たり前でない今、自分のスキルアップが転職で大切になってきます。

「就活の教科書」編集部 森

 

メリット③:周りがエネルギッシュである

新卒でメガベンチャーに採用されるメリット3つ目は「周りがエネルギッシュである」です。

職場のエネルギッシュだと自分も影響されてやる気になり、仕事の成果も出やすいです。

仕事で新しい人にあった時も「この人はエネルギーがあってもっと一緒仕事をしたい」と思ってもらえるでしょう。

周りがエネルギッシュであることは楽しい生活を送るためにも大切です。

人は周りに影響される生き物なので勢いがあり尊敬できる人がいる職場だと、仕事も楽しくなるでしょう。

「就活の教科書」編集部 森

 

デメリット①:常にスピード感があり仕事量が多い

新卒でメガベンチャーに採用されるデメリット1つ目は「常にスピード感があり仕事量が多いです。

メガベンチャーは常にスピードが大切にしており、新しいことに取り組むことが多いので過去の例がなく、仕事量が多くなります。

早く事業を進めないといけないし、新しいことをやるとなるとマーケティングや企画やシステムなどは1から作らないといけません。

全く新しいことをしたりする仕事が多いという面でストレスがあるのがメガベンチャーのデメリットです。

自分がメガベンチャーのスピード感についていけるか不安があると思います。

スピード感を経験するためにインターンシップに参加するのも良いです。

「就活の教科書」編集部 森

 

デメリット②:行動力がないと出世しない

新卒でメガベンチャーに採用されるデメリット2つ目は「行動力がないと出世しない」です。

行動力がないと結果が出にくく、結果を重視するメガベンチャーでは出世しないです。

言われたことだけやっていると「部下を持っても上手くいかなさそうだな」と思われてしまします。

メガベンチャーでは行動力がないとあまりメガベンチャーである意味は少ないかもしれません。

指示をもらうのではなく自分から発言や行動をしていく人がメガベンチャーには向いています。

デメリットを読んでメガベンチャー以外も検討しようと思った人は、ベンチャー企業と中小企業/大企業の違いを説明している以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森

 

新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴3つ

就活生ちゃん

結果を残しただけ給料が入るのはかなり魅力的です。

でも結果を残せるか不安があって、どんな人が新卒でベンチャー企業に採用されるか知りたいです。

結果=給料なのでメガベンチャーで結果を残せるかどうかは不安ですよね。

新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴があります。

「就活の教科書」編集部 森

新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴3つ
  • 特徴①:好奇心が高い
  • 特徴②:失敗を恐れない
  • 特徴③:自分の考えを持っている

この記事を読めば新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴が分かります。

それでは新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴について紹介します。

「就活の教科書」編集部 森

 

特徴①:好奇心が高い

新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴1つ目は「好奇心が高い」です。

新しい事業が多いため初めて聞く提案でも「面白そう」「やってみたい」と思える人が活躍しやすいです。

逆に初めて聞く事業を「絶対できない」「上手くいかなさそう」と思ってしまう人はモチベーションが低くなってしまうかもしれません。

好奇心が高い人に取ってメガベンチャーは凄く刺激的な企業です。

結果が上手くいく保証がなくても行動できる人はメガベンチャーに向いています。

「就活の教科書」編集部 森

 

特徴②:失敗を恐れない

新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴2つ目は「失敗を恐れない」です。

失敗を恐れない人は「チャレンジ精神がある」と思われて先輩社員からの期待度も上がります。

逆に失敗を恐る人は、新しいことが多いメガベンチャー企業では「何も行動しない人」と思われてしまいます。

失敗しても反省と行動をくりかして改善していく姿勢がメガベンチャーでは評価されます。

就職するまでは大きな失敗がない人が多いと思いますが、「失敗=責任を取る」ということではないです。

どうしても失敗したくない人はメガベンチャーで働くことは難しいかもしれません。

「就活の教科書」編集部 森

 

特徴③:自分の考えを持っている

新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴3つ目は「自分の考えを持っている」です。

自分の考えを持っている人と持っていない人では出世に大きな差が開きます。

メガベンチャーはたんたんと仕事をこなす人より、自分の考えを持って意見を言える人を求めています。

他人と議論したり問題を解決していくのが得意な人はメガベンチャーに向いています。

人の意見を聞いて同意や反対をしているだけではメガベンチャーで出世するのは難しいです。

ベンチャーに向いている人や向いていない人の特徴が知りたい就活生は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森

 

【新卒採用を狙う】メガベンチャーに就職するための行動3つ

就活生くん

メガベンチャーでは積極的な姿勢が評価されるんですね。

メガベンチャーを志望するとなっても、メガベンチャーって人気そうで全く採用される気がしないです。

メガベンチャーに新卒で採用されるには学生時代に行った行動や成果をアピールすることで評価が上がります。

「就活の教科書」編集部 森

【新卒採用を狙う】メガベンチャーに就職するための行動3つ
  • 行動①:行動力をつける
  • 行動②:成果を出す
  • 行動③:インターンシップに参加する

この記事を読めば、メガベンチャーに新卒で採用されるための具体的な行動が分かります。

それでは、新卒でメガベンチャーに採用されるための行動について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 森

 

行動①:行動力をつける

新卒でメガベンチャーに採用されるための行動1つ目は「行動力をつける」です。

メガベンチャーと言われる企業は新しい事業に取り組んでいくことが多いので、行動力を身につけて学生の時に何かに取り組むことによって採用したいと思ってもらうことができます。

例えば、クリスマスの時に自分で企画したイベントを開いたり、学生なので学問に一生懸命取り組んだり筋トレを習慣化したりなどでも大丈夫です。

できれば人を巻き込んですることの方が、より行動力が身につき採用担当の人からの印象はよくなります。

僕はイベントを開いたことがあるのですが、イベントは友達が多い人と何人かで開くのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 森

 

行動②:成果を出す

新卒でメガベンチャーに採用されるための行動2つ目は「成果を出す」です。

先ほどの「行動力をつける」の行動した後の成果を出すことによって、「成果がでるように取り組める人だ」という印象をもってもらうことができます。

イベントを開いたのであればどれだけの人数だったのか、月に本を20冊読んだなど、行動力とスピードがポイントになります。

失敗しても問題点を修正して成果を出すことでよい経験にもなり、採用してもらいやすくなります。

「成果を出す」と聞くと大きいことなんてできないと思う人も多いと思いますが、小さいことでも行動力が評価されます。

「就活の教科書」編集部 森

 

行動③:インターンシップに参加する

新卒でメガベンチャーに採用されるための行動3つ目は「インターンシップに参加する」です。

インターンシップに参加することは会社や社員さんの雰囲気を知り、自分にあっているかどうかを判断でき、志望動機でも使えます。

特にメガベンチャーだと自分にあっていない職場だとすぐにやめてしまう人が多いので、自分にあったメガベンチャーを見つけるためにもインターンシップに参加してください。

新卒でメガベンチャーの採用を狙うならインターンシップに参加するのがオススメです。

メガベンチャーのインターンシップは人気で選考もあります。

インターンシップのことは最後にも書いているのでぜひ読んでください。

メガベンチャーのインターンシップに落ちたくない人は、以下の記事を参考にしてください。

以下の記事を読めばインターンシップに落ちにくくなります

「就活の教科書」編集部 森

 

メガベンチャーの新卒採用を狙うならインターンシップがオススメ

新卒でメガベンチャーの採用を狙うならインターンシップがオススメです。

インターンシップに参加することでメガベンチャーの雰囲気を経験でき、社員さんに今後の就活をサポートしてもらうこともできます。

実際に課題を与えられて最後のプレゼンテーションを経験して感じたことは、強い志望動機としても使うことができます。

経験や社員さんとの繋がりが得られるだけでなく、高額な給料がでるメガベンチャー企業もあるので夏の長期インターンシップに参加することをオススメします。

夏の長期インターンシップは人気で選考もあるので早めに選考内容などを確認しておきましょう。

インターンシップの選考では、実際に就職された人の意見が参考になります。

以下の記事を読むことで、選考における志望動機を上手に伝えることができるので読んでください。

「就活の教科書」編集部 森

 

まとめ:新卒採用しているメガベンチャー企業一覧

「【新卒採用】メガベンチャー企業一覧 | メリット・デメリットも」の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では、新卒採用をしているメガベンチャー企業一覧を紹介しました。

また、新卒でメガベンチャーに採用されるメリット、デメリット、新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴も解説しました。

それでは、この記事を簡単におさらいします。

「就活の教科書」編集部 森

この記事のまとめ

◆メガベンチャーとはベンチャー企業からスタートして大企業になった会社

◆新卒採用をしているメガベンチャー企業一覧

  • LINE
  • リクルート
  • DeNA
  • グリー
  • サイバーエージェント
  • 楽天
  • ミクシィ
  • ぐるなび
  • メルカリ

◆新卒でメガベンチャーに採用されるメリット・デメリット

  • メリット①:結果を残した分だけ給料がもらえる
  • メリット②:若いうちから力をつけることができる
  • メリット③:周りがエネルギッシュである
  • デメリット①:常にスピード感があるので仕事量が多い
  • デメリット②:行動力がないと出世しない

◆新卒でメガベンチャーに採用される人の特徴3つ

  • 特徴①:好奇心が高い
  • 特徴②:失敗を恐れない
  • 特徴③:自分の考えを持っている

◆新卒でメガベンチャーに採用されるための行動3つ

  • 行動①:行動力をつける
  • 行動②:成果を出す
  • 行動③:インターンシップに参加する

◆メガベンチャーの新卒採用を狙うならインターンシップがオススメ

メガベンチャーを探すときはメガベンチャー企業一覧を見てください。

この記事がいいな!と思った就活生は、友人や就活仲間にぜひシェアしてみてくださいね!

「就活の教科書」には、他にも面接に役立つ記事がたくさんあるのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 森