>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【就活生日記】ITメガベンチャー業界 志望学生「木村」の自己紹介と今後の就活目標

こんにちは。

「就活の教科書」編集部の「木村ヒロシ」です。

僕は、ITメガベンチャーを志望しています!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

この記事では、僕の就職活動の軸や、なぜ僕がITメガベンチャーを志望するのかを説明していきます。

就職活動をしていく上で何か参考になれば嬉しいです。

是非最後まで目を通してみてください!

自己紹介

木村ヒロシ

  • 名前:木村ヒロシ
  • 大学:同志社大学
  • 志望業界:ITメガベンチャー
  • 趣味:サッカー、グルメ、国内外旅行

 

在学中にしたこと

  • 1回生:四国一周ヒッチハイク旅、集団塾講師
  • 2回生:4か国海外旅行、学生団体代表就任、集団塾講師

 

僕が就活の軸にしたい3つのこと

次に、僕が就活の軸にしたいことを説明していきます。

僕の就活の軸にしたいことは、3つあります。

就活の軸にしたいこと
  • ①:成長、尊敬できる環境
  • ②:ファーストキャリアでしかできない企業選び
  • ③:副業ができる

僕の就活の軸について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

①:成長、尊敬できる環境

僕の就活の1つ目の軸は、成長、尊敬できる環境で働くです。

僕は、仕事をするときは常に「その環境が成長できる環境か、尊敬できる環境か」という視点を大切にしたいと考えています。

成長できる、尊敬できるというのは (1) 社会への貢献 (2) 職場の人への尊敬 という2つの視点から考えています。

(1) 社会への貢献

  • 社会に必要とされることで仕事と会社に尊敬することができる
  • 社会に貢献していると自然と、個人としても成長せることができる。

(2) 職場の人への尊敬

  • 尊敬できる上司、同僚、後輩に囲まれること刺激を受け、成長することができる
  • 新しい仕事をするときの「仲間」を見つけることができる

僕は、将来独立したいと考えているので、周囲の人個人成長を重要視しています。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

②:ファーストキャリアでしかできない企業選び

僕の就活の2つ目の軸は、ファーストキャリアでしかできない企業選びです。

僕は、ファーストキャリアをとても大切にしようと考えています。

なぜなら、当然ですがファーストキャリアは、「人生に一度しかないから」

転職や独立は、いつでも何度でもすることができます。

しかし、「新卒」というたった1回の権利を使えるファーストキャリアは、ファーストキャリアでしか選べない企業選びをしていきたいと考えています。

初めは可能性を大きくしていき、人生の選択肢を多くしていきたいと考えています。

セカンドキャリアも見据えたファーストキャリア選びを大切にしたいと考えています。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

③:副業ができる

僕の就活の3つ目の軸は、副業ができるです。

最終的には、会社に依存せず、「個人で稼ぐ」ことができるようになりたいと考えています。

現段階では、どのジャンルでやっていくかは、まだ定まっていませんが、そこを最終的なゴールにしたいです。

だから、就活では、副業が可能な企業で、個人の勉強やビジネスも進められる企業に勤め、個人として成長し続けていきたいです。

これらの軸を持って、業界・企業選びに取り組んでいきたいと考えています。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

僕がITメガベンチャーを志望している理由

次に、僕がITメガベンチャーを志望している理由を説明します。

僕がITメガベンチャーを志望している理由は2つあります。

僕がITメガベンチャーを志望している理由
  • 理由①:スキルの幅が広がるから
  • 理由②:セカンドキャリアを考えやすいから

 

理由①:スキルの幅が広がるから

僕がITメガベンチャーを志望している理由の一つ目は、スキルの幅が広がるからです。

これはIT業界だけに当てはまることではありませんが、特にIT業界では、最先端技術に触れる機会が多いと考えているからです。

近年では、社会の変化が著しく、変化に対応した技術と情報がなければ、時代の波に乗り遅れてしまいます。

そこで、スキルの幅が広がることにより、社会の変化に対応できる他、個人としてのスキルも身につき、今後の自分の選択肢の幅も広げることができます。

ITリテラシーを上げたいと強く感じています。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

理由②:セカンドキャリアを考えやすいから

僕がITメガベンチャーを志望している理由の一つ目は、セカンドキャリアを考えやすいからです。

先ほども上記しましたが、僕は、1つの企業にずっと勤め続けるつもりはありません。

そのため、セカンドキャリアを考える必要があります。

すると、スキル、人脈、個人の成長を考えるとITメガベンチャーに就職することが望ましいと考えました。

成長という軸が一番大きく影響できていると実感しました。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

僕の就職活動の今後の指標

次に、僕の就職活動の今度の指標について説明していきます。

僕の就職活動の今後の指標
  • 自己分析
  • 業界・企業研究
  • OB・OG訪問
  • 早期インターンシップの参加

これまでしてきたこと、今からすべきことを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

自己分析

僕が就活をやる上で、初めに行ったのが自己分析です。

まずは自分が何に幸せを感じるか、何がしたいのかという根幹の部分から把握する必要があります。

そこから、どんな職種で働きたいのか、どんな企業で働きたいのかという部分を深堀していきます。

現在も絶賛自己分析中ですので、どんどん明確にしていき、就活の際にブレずに語ることができるを目標にしていこうと考えています。

これが案外難しく、時間がかかるので、早めに始めることをオススメします!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

業界・企業研究

自己分析で自分の興味のある業界や企業を考えていく中で、同時に大切になってくるのが業界・企業研究です。

ある程度、業界・企業に対する知識がないと、自己分析も進まなくなるし、選択肢の幅も狭まってしまいます。

そのため、自分が志望する業界・企業はもちろんのこと、広く浅い全体の業界・企業の知識も必要になります。

たくさんある業界・企業は自分が興味を持っているジャンルから始めていきましょう!

企業研究のやり方が知りたい人は、以下の記事で企業研究で調べるべきポイントが分かるので読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

OB・OG訪問

次に行うのが、OB・OG訪問です。

やはり人事の人から聞く話と現場で働いている人から聞く話は少し異なってきます。

だから、OB・OG訪問を行い、具体的に働いてみての話を聞くと、より自分が働いている姿をイメージしやすくなります。

たくさんの方から話を聞いて、情報を取捨選択した上で、自分のキャリアについて考えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

早期インターンシップの参加

早期インターンシップは、自分のスキルや知識を上げるために積極的に参加します。

インターンシップと言えば、就活の際に面接をパスすることができるという目的のために参加している人もいるかと思います。

しかし、早期インターンシップで、実際に足を運び、頭を使うことで、業界・企業研究をすることもできるし、個人としてのスキルや知識も身に着けることができるので、積極的に参加していきます。

やるべき準備を正しくすることで悔いのない就活をすることができます!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

まとめ:僕の今後の就職活動について

今回は、僕の就活の軸と就活の目標についてお話ししました。

軸と目標をブラさず、やるべきことをしっかりとやっていきましょう。

早めに就活の準備を始めて、納得のいく企業に勤めたいです!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

僕の今後の就職活動について
  • 自己紹介
    • 在学中にしたこと
  • 僕が就活の軸にしたい3つのこと
    • ①:成長、尊敬できる環境
    • ②:ファーストキャリアでしかできない企業選び
    • ③:副業ができる
  • 僕がITメガベンチャーを志望している理由
    • 理由①:スキルの幅が広がるから
    • 理由②:セカンドキャリアを考えやすいから
  • 僕の就職活動の今後の指標
    • 自己分析
    • 業界・企業研究
    • OB・OG訪問
    • 早期インターンシップの参加
  • まとめ:僕の今後の就職活動について

ファーストキャリアを決める就職活動は、重要なターニングポイントだと思います。

就活を通して、新たな自分の一面を見つけていきたいと思います。

一緒に頑張っていきましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ