逆求人・スカウト

【就活内定者が教える】OfferBox(オファーボックス)でオファーが来ない理由 | 写真と自己PRが原因?検討中についても

【就活内定者が語る】OfferBox(オファーボックス)でオファーが来ない理由 | 写真と自己PRが原因?検討中についても

【就活メディア「リア就」とは】
現役の内定者と就活生がリアルな就活情報を記事にしています。LINEで"本当の就活情報"を公開中!
⇒  リア就LINEの詳細はこちら

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
こんにちは、内定者ライターの菅野です。
OfferBox(オファーボックス)を使っている就活生の中には、「全然オファーが来ない・・」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
就活生くん
就活生くん
たくさんの会社を見たいと思ってOfferBoxに登録しているのですが、オファーが全然来ません。
就活生ちゃん
就活生ちゃん
私もオファーがこなくて悩んでいます。
何が原因でオファーがこないんだろう。
内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
せっかくOfferBoxに登録しても、オファーがこないと登録した意味がありませんよね。

 

そこでこの記事では、OfferBoxを使って40社以上からオファーを貰い、さらにインターン業務でOfferBoxで学生にオファーを送っていた内定者ライターの菅野が、

「OfferBoxでオファーがこない」時の4つの解決策について解説します。

加えて、OfferBoxのプロフィール写真自己PRの良い例・悪い例も説明します。

この記事を読めば、オファーをもらうためにどうすればいいかが分かり、オファーを獲得できるようになりますよ。ぜひ、読んでみてください。

【就活内定者が教える】offerbox(オファーボックス)とは? 評判,使い方,参加企業も
【内定者が教える】OfferBox(オファーボックス)とは? 就活生の評判,使い方も そこでこの記事では、OfferBox(オファーボックス)で40社以上オファーをもらった内定者の僕...

 

\就活生10万人以上が登録!! /

>> 企業からオファーが届くとは? <<

 

OfferBox(オファーボックス)でオファーが来ない理由と解決策4つ

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBox(オファーボックス)でオファーが来ないときの解決策は、大きく4つあります。
オファーが来ないときの4つの解決策
  • 自己PRの内容を詳しく書く
  • 普段のあなたが分かる写真を使う
  • 職種や業界の条件を広げる
  • こまめにログインする

それでは、OfferBoxでオファーが来ないときの解決策を1つずつ解説していきますね。

 

解決策①:自己PRの内容を詳しく書く

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBoxでオファーが来ないときの解決策1つ目が、「自己PRの内容を詳しく書く」です。

OfferBoxだけではなくスカウト型サービス全般に言えることですが、プロフィールの自己PR欄の内容が薄いとオファーはきません。

人事担当者は学生の自己PR欄を詳しく書いている人にオファーを送っているので、自己PR欄の内容が薄い学生にはオファーを送らないのです。

 

就活生くん
就活生くん
確かに言われてみてば、自己PR欄の内容が薄いとその人がどんな人か分からないのでオファーしようがないですね。

オファーをもらうには、自己PR欄の最大文字数の80%は埋めるようにし、自己PRの内容を詳しく書きましょう。

 

解決策②:普段のあなたが分かる写真を使う

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBoxでオファーが来ないときの解決策2つ目が、「普段のあなたが分かる写真を使う」です。

写真がイマイチだと第一印象が悪くなり、せっかく頑張って書いた自己PRを読んでもらえない可能性があります。

OfferBoxのプロフィール写真は下の3点を意識して、「普段のあなたがどんな人なのか分かる写真」を設定しましょう。

  • 表情・個性が垣間見える写真
  • プロフィール内容に説得力があるような関連性の高い写真
  • 集合写真よりも個人が特定されやすい写真
内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
「スーツを着て撮った普通の証明写真」「複数人で写っていて本人がわからない写真」をOfferBoxのプロフィール写真に設定している学生は、もっと個性がわかる写真に変えてみましょう。

 

解決策③:職種や業界の条件を広げる

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBoxでオファーが来ないときの解決策の3つ目が、「職種や業界の条件を広げる」です。

職種や業界の条件を絞りすぎると、あなたのプロフィールが検索しづらくなり、オファーが届きにくいです。

下の写真はオファーが届きにくい例です。

この例では、「環境・リサイクル・廃棄物処理」という業界の「事務・秘書・受付」の業務を希望していることになります。

しかし、これだと条件を絞りすぎて企業側の検索結果に表示されにくいため、オファーが届きづらくなります。

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
よほど職種にこだわりがなければ、営業職、企画職、エンジニア職など職種を幅広く選択する方がオファーが届きやすくなりますよ。

 

解決策④:こまめにログインする

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBoxでオファーが来ないときの解決策4つ目は、「こまめにログインする」です。

僕はインターンとして学生にオファーを送っていた経験があるのですが、「1週間以内にログインしている人がオファーを送る目安ね」と社員さんから言われました。

企業によって何日以内にログインしている学生を探したいかは異なりますが、1週間以上ログインしていないとオファーが届きづらくなります。

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
プロフィールを見つけてもらえないのはもったいないです。
通学の時でいいので、ちょこっとログインする習慣をつけましょう。

 

OfferBox(オファーボックス)のプロフィール写真の良い例/悪い例

就活生ちゃん
就活生ちゃん
OfferBox(オファーボックス)のプロフィール写真は、普段のあなたが分かるような写真を使えばいいと言っていましたが、菅野さんはどんな写真を使っていましたか?
内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBoxのプロフィール写真に、具体的にどんな写真を使っていたのかは気になりますよね。
それでは、次はプロフィール写真の良い例/悪い例を紹介します。

まず初めは、プロフィール写真の良い例からです。

 

プロフィール写真の良い例

おさらいですが、プロフィール写真は「普段のあなたがよく分かる写真」を使いましょう。

自分のプロフィール写真をいい例として出すのは恐縮ですが、今回は私の写真を取り上げ、良い例として紹介します。

40社以上からオファーを頂けた写真ということで、参考になる部分もあると思います。

私は写真を通して、「明るくていい人そう」という印象を与えたいと思っていました。

「第一印象が良ければ、説明会や選考に呼んでもらえそう」と考えたからです。

菅野敬也
内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
そこで、この吹き出しにも設定している笑顔で写っている写真を、OfferBoxのプロフィール画面に設定していました。

 

また、「自分を象徴する画像」には、学生時代に頑張った長期インターンで操縦したドローンを持っている写真にしていました。

菅野敬也
内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
「自分を象徴する写真」が学生時代に頑張ったことと関係のあるものだと、エピソードが伝わりやすくGoodです。

 

プロフィール写真の悪い例

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
写真の悪い例は、2つあります。
写真を設定しないケースと、就活の証明写真を設定するケースです。

まず当然ですが、プロフィール写真に何も設定していないのはNGです。

あなたがどんな人であるかが伝わらないので、オファーを受け取れる可能性がグッと下がってしまいます。

 

下の写真のような、就活の証明写真も避けた方がいいです。

 

長期インターンの業務でOfferBoxの管理画面を見ていたから分かりますが、多くの学生が証明写真をプロフィールにしているので、証明写真は全く目立ちません。

先ほども説明したように、OfferBoxでは「普段のあなたがどんな人か」を見られています。

プロフィール写真には、普段のあなたが分かるような写真を使いましょう。

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
普段の自分をアピールするには、スーツよりも私服のほうがアピールしやすいと思います。

 

OfferBox(オファーボックス)の自己PRの良い例/悪い例

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
OfferBox(オファーボックス)では、プロフィール写真に加えて、オファーをもらうには自己PRの欄も重要です。
次は、自己PRの良い例/悪い例を紹介します。

まず初めに、自己PRの良い例を紹介します。

 

自己PRの良い例

良い自己PRは、「あなたがどんな人なのかが伝わり、文字制限ギリギリまで記入欄を埋めている自己PR」です。

あなたがどんな人なのかを伝えられると、人事が自社に合いそうな人間かを判断しやすくなります。

また、文字制限ギリギリまで記入欄を埋めれば熱意を伝えられます。

下の写真は、人柄がよく伝わり、文字制限ギリギリまで記入欄を埋められている良い例です。

私は積極性と思いやりを持つ人間です。私は、高校生までは人見知りでした。しかし、高校3年生の時に同じクラスに憧れの男子生徒がいました。彼は周りの人を引きつける力を持っており、誰からも慕われていました。私はその時、彼のようになりたいと思いました。そこで、彼と同じように自分から積極的に人と関わることを意識して大学生活を過ごしました。入学式に面識のない隣の人に声をかけてみると、あっさり会話ができたのです。それから、段々と行動できる幅が広がっていき、最近では道に迷ってそうな人がいれば「もしかして道に迷われてますか?」と自分から声をかけて道案内ができるようになりました。思いやりを持った行動ができるようになったことで、友達から「相談に乗って欲しい」と頼まれるようにもなりました。思いやりを持って行動できる私の力は、これから社会人として取引先の方と関わっていく際にもきっと役立つだろうと思っています。

 

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
自己PRはあなた自身を企業に紹介する場です。
詳細に書くことを意識しましょう。

 

自己PRの悪い例

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
自己PRの悪い例は2つあります。
何も書かないケースと、具体的に書かないケースです。

下の写真のように、自己PR欄を空欄にするのはNGです。

あなたがどんな人かを伝えられないと、ほとんどオファーが来ません。

 

また下の写真のように、あなた自身の詳細を書かずに「体験したエピソードだけを書く」のもNGです。

私は、リーダーシップのある人間です。

ゼミ活動ではゼミ長を、サークルでは会長をしています。

バイトでは、バイトリーダーをしています。

企業は、あなたが体験したエピソードを通じて「何を考え、どのように行動してきたのか」を見ています。

そのため、自己PRには体験したエピソードだけではなく、そのエピソードを通じてあなたが考えたこと感じたことどのように行動したのかを詳しく書くようにしましょう。

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
自己PRを書くときは正直に、詳細に書くことを意識してください。

 

OfferBox(オファーボックス)の検討中って何?

就活生ちゃん
就活生ちゃん
OfferBox(オファーボックス)でオファーがこない時の対処法はわかりました。
ところで時々「検討中」の通知がくるんですけど、「検討中」って何ですか?
内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
検討中は、企業が「この子を説明会に呼ぼうかな。選考に招待しようかな」と迷っている時に使う機能です。

企業は「検討中」機能を使うことで、学生の志望度を見ています。

実は企業のオファー数には限りがあり、オファーを送れるのは学生100人までです。

オファー数に制限があるので、企業が学生にオファーを送る時は慎重になります。

マッチングしないオファーをしてしまうと、オファー枠を無駄にしてしまうからです。

 

そこでまず「検討中」機能を使い、「あなたが気になっていますよ」と学生に通知を送ります。

企業からの通知を見た学生がその会社に興味があれば、「会いたい」機能を使って企業にアピールするはずですよね。

「会いたい」通知が企業にいけば、企業は学生が自社に興味を持っていることがわかるので、安心してオファーを送れるという訳です。

就活生ちゃん
就活生ちゃん
気になる企業から「検討中」通知がきたら、「会いたい」機能を使えばいいってことですね!

 

まとめ:OfferBox(オファーボックス)は写真と自己PRが大切!

この記事では、OfferBoxを使って40社以上からオファーを貰い、インターン業務でOfferBoxを使って学生にオファーを送っていた内定者ライター菅野が、「OfferBoxでオファーがこない」時の原因と解決策について解説しました。

また、自己PRとプロフィール写真の良い例/悪い例についても説明しました。

この記事を参考にすれば、OfferBoxであまりオファーが来ていないあなたも、オファーがたくさん来るようになるはずです。

OfferBoxでオファーをたくさん受け取り、就活を有利に進めていきましょう。

内定者ライター 菅野
内定者ライター 菅野
「就活の教科書」には他にも、就活に役立つ記事がたくさんあります。
ぜひ、参考にしてください。

 

OfferBoxについてもっと知りたいあなたは、こちらの記事がおすすめです。

【就活内定者が教える】offerbox(オファーボックス)とは? 評判,使い方,参加企業も
【内定者が教える】OfferBox(オファーボックス)とは? 就活生の評判,使い方も そこでこの記事では、OfferBox(オファーボックス)で40社以上オファーをもらった内定者の僕...

 

企業からあなたにスカウトが届く「OfferBox」は下の赤いボタンから ▼

\就活生10万人以上が登録!! /

OfferBox (オファーボックス )

>> OfferBoxを見てみる

*利用無料、1分で登録できます

>> 企業からオファーが届くとは? <<

 

ABOUT ME
菅野 敬也
菅野 敬也
外資系大手IT業界Y社のビジネス職の内定者。関西学院大学を卒業予定。就活時に多くの社会人や内定者にお世話になった分、記事を通して現役就活生に還元したい。