>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり!】「苦労したこと」面接/ESでの答え方,注意点,見つけ方も

この記事を読めば分かること
  • 「苦労したこと」を面接/ES聞かれる質問意図
  • 「苦労したこと」の回答例文
  • 「苦労したこと」がない場合はないで良い
  • 「苦労したこと」から得た学びを伝える
  • 「苦労したこと」は愚痴にならなにように気を付ける

 

皆さんこんにちは!「就活の教科書」編集部のコウキです!

今回は面接/ESで聞かれる「苦労したこと」について調べてきたので、解説していこうと思います。

皆さんは「苦労したこと」という質問を面接やESを書く上でされたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 コウキ

就活生くん

正直これまでこれと言って「苦労したこと」がなく、面接で話せるような苦労した経験がありません。

苦労した経験がない場合はどうすればよいでしょうか?

就活生ちゃん

「苦労したこと」を書いているのですが、愚痴のような表現になってしまいます。

どのように書けば採用担当者の印象に残ることができるでしょうか?

皆さん「苦労したこと」の質問に対して疑問を持っているようですね。

確かに「苦労したこと」を話そうとするとネガティブな表現になってしまいがちです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

そこで今回は「苦労したこと」を面接/ESで話すときの回答例文について解説していきます。

合わせて、面接/ESで「苦労したこと」を伝える際のポイント、注意点についても解説していきます。

また、面接/ESで伝える「苦労したこと」の見つけ方、質問意図についても解説していきます。

この記事を読めば「苦労したこと」がただの苦労話ではなく、あなたのアピールする表現へと変えることができます。

[苦労したこと」のNG回答例もあるのでぜひ最後まで読んでください。

目次

「苦労したこと」を面接/ESで質問される意図

就活生ちゃん

そもそもなぜ面接やESで「苦労したこと」について聞かれるのですか?

なるほど。では面接やESで「苦労したこと」が質問される意図について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「苦労したこと」面接やESで質問される意図
  • 質問意図①:どのようなことを「苦労したこと」と捉えるかが知りたい
  • 質問意図②:「苦労したこと」に対してどのように対応するのか知りたい
  • 質問意図③:「苦労したこと」から何を学んだのか知りたい

 

質問意図①:どのようなことを「苦労したこと」と捉えるかが知りたい

「苦労したこと」を面接/ESで質問される意図1つ目は「どのようなことを苦労したことと捉えるのかが知りたい」です。

どのようなことを苦労と捉えるかを知ることにより、面接官は自社とのマッチ度合いを知ることができるからです。

例えば、営業力に力を入れている企業の面接で、学生がコミュニケーションで苦労した経験を話せば、自社とあまり合っていないという印象を与える可能性があります。

面接官は自社で働くイメージを「苦労したこと」を聞くことにより想像しているのです。

「苦労したこと」を聞くことにより、長く働いてくれるかも見られています。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図②:「苦労したこと」に対してどのように対応するのか知りたい

「苦労したこと」を面接/ESで質問される意図2つ目は「苦労したことに対してどのように対応するのか知りたい」です。

困難への過程を知ることにより、学生の人間性入社後の働くイメージをすることができるのです。

例えば、浪人したエピソードが苦労したことの場合、毎日12時間以上勉強して努力をして第一志望の大学に行った人もいれば、そこそこ勉強しただけで第一志望の大学に合格した人もいます。

毎日12時間以上勉強した人は努力継続力があるとみなされ、そこそこ勉強した人は効率性良く物事に取り組むことができる人だと認識することができます。

働き始めると困難に直面することは多くあるので、自社と合っている性格の持ち主かどうかを判断しているのです。

どれだけ魅力的な企業でも、カルチャーが合っていないとすぐやめてしまう可能性がありますからね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図③:「苦労したこと」から何を学んだのか知りたい

「苦労したこと」を面接/ESで質問される意図3つ目は「苦労したことから何を学んだのか知りたい」です。

面接官は苦労した経験だけを知りたいわけではなく、学びを知ることで学生の成長性を見ることができるからです。

例えば、勉強を開始する時期が遅く、大学受験を失敗した人が、苦労したことから学び、就職活動は2回生から始めていたと面接でいえば、苦労したことを糧に成長できる学生だと認識できますよね。

社会に出れば困難に直面する機会は非常に多い中で、面接官はその困難をから学べんで行動することができるような人材が欲しいのです。

苦労したことを聞かれても、苦労話よりも学んだことを多く語るほうが良いです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「苦労したこと」を面接/ESで聞かれたときの回答例

就活生ちゃん

「苦労したこと」が面接/ESで聞かれる質問意図はわかりましたが、実際にどのように答えればよいのですか?

では、実施あの人事の方にも付き合っていただき、「苦労したこと」を面接やESで聞かれたときの回答例について説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

コウキさん。お手伝いさせていただきます。

人事さん

 

回答例①:部活動

苦労したことを教えてください

人事さん

就活生くん

私の苦労したことは大学生の時に所属していたラクロス部での活動です。

運動は苦手でしたが、「大学4年間を何かに熱中したい」と思いラクロスを始めました。

ラクロスは大学から始める人が多く、少し軽い気持ちで入部しましたが、練習は想像以上に厳しく、アルバイトと授業と部活動の両立が厳しく、入部して半年ほどで「練習に行きたくない」というスランプに陥りました。

部活動を続けるか非常に迷いましたが、大学4年間をラクロスに熱中すると決めた私は、もう一度頑張ってみることを決めました。

今までは週3日入っていたアルバイトの時間を減らし、部活動に対する負担を軽減させました。

今ではラクロスを続けて良かったと思うと同時に、きちんと計画を立てて物事を行う計画性がついたところが私の成長した部分であると思っています。

この例文は一度は気持ちが折れそうになった自分を強い意志で奮い立たせ、苦労した経験から計画性が身についたと自身で成長した部分が理解できているのが素晴らしいですね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

回答例②:大学受験

苦労したことを教えてください

人事さん

就活生ちゃん

私の苦労したことは大学受験で失敗し浪人をしたことです。

高校時代は吹奏楽部に所属しており、3年生の秋ごろまで部活動中心の生活を送っていました。

半年間程しか勉強ができず滑り止めに受けていた大学も全て不合格になり、浪人という道を進むことになりました。

周りが大学生活を謳歌している中で自分は勉強をするという生活が非常に苦しかったですが、大学合格を目指して勉強に励みました。

毎日10時間以上勉強を行い、一年間本気で勉強しました。

結果としては第一志望の大学には行くことができませんでしたが、第二志望の大学に合格することができ、一年間の浪人生活を終えました。

この一年間で目標に向かって努力し続ける難しさを実感したとともに、どれだけ大切なことかを実感することができました。

社会人になってもこの苦しかったことから学んだ目標に向かって努力をする力を発揮していきたいと思います。

苦しかった浪人生活から学んだことが生生しく書かれています。

また、社会人になってからの意気込みが書かれているのも良い点です。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「苦労したこと」がない人場合の回答例

苦労したことを教えてください

人事さん

就活生くん

私は苦労したことがありません。

言い換えれば、他社から見たら苦労に見えるようなことも、目標を達成するためならば苦労したことと捉えることができないのです。

私は母子家庭で大学に入学することが目標でした。

一年間のアルバイトで大学費を稼ぎ、入学することができましたが、一年間のアルバイトが苦にはなりませんでした。

むしろ、「より頑張りたい」「自分の力で大学に行きたい」と思いアルバイトに臨んでいたため、高いモチベーションを持ちながらアルバイトを行っていました。

そのような経験から高い目標を建てたとしても、苦労とは捉えず、モチベーションの根源だと捉えるのが私の性格なのです。

そのため、今までの人生で苦労したことはありません。

これは実際の僕の友達の話で、ほかの人から見れば「苦労したこと」と捉えるようなことも、その友達に聞いてみれば「苦労だと思ったことがなかった」と言っていました。

世の中には様々な人がいるため、「苦労したこと」がない、捉えていない人もいるのです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「苦労したこと」を面接/ESで聞かれたときのNG回答例

次は「苦労したこと」を面接やESで聞かれたときのNG回答例について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

苦労したことについて教えてください

人事さん

就活生くん

私の苦労したことは大学でサッカー部に入ったばかりの頃、一年生からレギュラーをつかみ試合に出場していたのですが、先輩たちからの妨害により、レギュラーから外された経験です。

先輩たちの妬みが原因で私は練習でもボールが貰えないなど、まともな練習をさせてもらえませんでした。

何としてでもレギュラーに戻りたいと思い、外部のサッカースクールに通い練習をすることにしました。

その結果、先輩たちの妨害を避け、レギュラーとして試合に出場できるようになりました。

一見、積極的に行動できる学生だと思うかもしれませんが、他社からの妨害が「苦労したこと」と捉えていることが問題です。

他社のせいにするのではなく、「なぜ自分が妨害を受けるようになったのか」を考え行動するべきであったと思います。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

面接/ESで伝える「苦労したこと」の見つけ方

就活生ちゃん

コウキさん。私には面接で言えるような「苦労したこと」がありません。

助けてください。

わかりました。「苦労したこと」が「思いつかない」「何を言えばいいのかわからない」学生が多くいるようですね。

ここからは「苦労したこと」の見つけ方を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

面接やESでも「苦労したこと」の見つけるコツ
  • コツ①:自分史を書き、自分について理解を深めてみる
  • コツ②:日常のささいなことでもOK
  • コツ③:苦労したことがない場合は「ない」でOK
では見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

コツ①:自分史を書き、自分について理解を深めてみる

面接やESでも苦労したことを見つけるコツ1つ目は「自分史を書き、自分について理解を深めてみる」です。

自分史を実際に書き出し客観的に見ることにより、今まで気づかなかった「苦労したこと」を見つける可能性があるからです。

子供の頃の記憶はあいまいなことがあるので、両親や仲の良かった親友などにも聞いてみるとまた違った観点で自分について知ることができます。

自分史を書くことは「苦労したこと」だけでなく、様々な発見があるので必ず書いてみましょう。

自分史を書くことは思ったよりも難しいので、1日で書ききるのではなく、徐々に思い出して書くことをおススメします。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

コツ②:日常のささいなことでもOK

面接やESでも苦労したことを見つけるコツ2つ目は「日常のささいなことでもOK」です。

面接で話さないといけないと思い、特に大変だった「苦労したこと」を見つけ出そうとする人が多いからです。

例えば、「苦労したこと」が友達との人間関係の人もいれば、ビジネスコンテストで優勝を目標に頑張った人のいます。

ようはその「苦労したこと」から「どのようなことを感じとったのか」が最も重要なのです。

そのため、「苦労したこと」は人それぞれなため、大きな出来事をわざわざ探す必要はありません。

ちなみに「苦労したこと」がビジネスコンテストの優勝を目指して頑張ったエピソードを言っても、面接官の意図を理解していなければ落とされます。

エピソードの内容は関係ないのです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

コツ③:苦労したことがない場合は「ない」でOK

最期に3つ目は「苦労したこと」がない場合はなしで大丈夫だということです。

「苦労したこと」があるか聞かれたからと言って、必ずしも答える必要はありません。

面接に回答に正解はないからです。

ただ、「苦労したこと」がないというだけでは面接官も評価しようがないので「〇〇な経験はあったが苦労と思ったことはありません」といったようにマイナスの印象を与えないようには工夫する必要があります。

つまり、無理に作った「苦労したこと」を話すよりもありのままに感じたことを伝えることが良いのです。

「苦労したこと」がない人は意外といたりするので、無いからと言ってそこまで悩む必要はありません。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「苦労したこと」を面接/ESで伝える時のポイント

就活生くん

「苦労したこと」の回答例もわかったし、見つけることもできました!

ただ、「苦労したこと」を話すときに心がけておくことってありますか?

ありますよ!

では次に「苦労したこと」を面接やESで話すとき、書くときののポイントを3つ紹介していきますね!

「就活の教科書」編集部 コウキ

苦労したことを面接/ESで伝える時のポイント
  • ポイント①:結論から簡潔に
  • ポイント②:「苦労したこと」の過程を意識して話す
  • ポイント③:「苦労したこと」の結果どのようなことを学んだのかを伝えよう

ここから後半戦です。

集中して見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント①:結論から簡潔に

「苦労したこと」を面接/ESで伝える時のポイント1つ目は「結論から簡潔に」です。

いきなり「苦労したこと」をだらだら話されても自分しか理解していない可能性もあるからです。

「私の苦労したことは浪人を経験したことです」と言えば、今から浪人について話すとわかりますよね。

最初に「苦労したこと」の結論を話すことで、面接官の理解度は上がります。

また、固有名詞などはイメージしにくいので、誰が聞いても理解できる表現で結論から述べましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

ポイント②:「苦労したこと」の過程を意識して話す

「苦労したこと」を面接/ESで伝える時のポイント2つ目は「苦労したことの過程を意識して話す」です。

結論から話すのは前提として、結論だけでは深く理解することができないからです。

例えば、有名人のインタビュー記事を読むときでも成功の話よりも苦労していた経験の話のほうが気になりますよね。

そのため、「苦労したこと」の過程の話を数字やその時に感じていた感情を伝えながら話すように心がけましょう。

「苦労したこと」の過程を聞くことにより、面接官は自社とのマッチ度を見ているのです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント③:「苦労したこと」の結果どのようなことを学んだのかを伝えよう

「苦労したこと」を面接/ESで伝える時のポイント3つ目は「苦労したことの結果どのようなことを学んだのかを伝えよう」です。

社会に出れば困難に直面する機会が必然的に多くなるため、「苦労したこと」からの学びを述べることにより、面接官にあなたの強みをアピールをすることができるのです。

面接官は学生が困難に直面した時にどのようなことを吸収してつぎに活かせるかを見ているのです。

ただ「苦労したこと」で終わらすのではなく、そこからの学びを伝えることで面接官に好印象を与えることができるのです。

「苦労したこと」から学びがない人はいません。

後から学んだことに気づくこともあるので、しっかりと考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「苦労したこと」を面接/ESで伝える時の注意点

就活生ちゃん

コウキさんありがとうございます!

これで「苦労したこと」について完璧です!

いえ、まだ安心してはいけませんよ。

「苦労したこと」を答える際の注意点もあるので解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

苦労したことを面接/ESで伝える時の注意点
  • 注意点①:安易な苦労話は避ける
  • 注意点②:ただの愚痴にならないよう心がける
  • 注意点③:自身の能力と関連性のない話題は避ける

では見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点①:安易な苦労話は避ける

苦労したことを面接やESで話すとき、書くときの注意点1つ目は「安易な苦労話は避ける」です。

大きな苦労した話ではなくてもいいですが、あまりにも簡単すぎるとそれはアピールにはなりません。

例えば、「パソコンの授業が理解できず、苦労しました」と答えても基本的な教養の話になってしまうので、苦労したことにはなりにくいです。

面接官の質問意図をつくことが難しいため、あまりにも安易な苦労話は避けるようにしましょう。

苦労したことは日常のささいなことで良いのは確かですが、アピール部分のあるエピソードを選びましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点②:ただの愚痴にならないよう心がける

苦労したことを面接やESで話すとき、書くときの注意点2つ目は「ただの愚痴にならないように心がける」です。

苦労しこたことがただのネガティブな表現になってしまうのは、面接官に悪いイメージを植え付けてしまいます。

例えば、「私の苦労したことは強引に両親に決められた大学しか受けられなかったことです」という人があったとします。

これを「私の苦労したことは強引に両親に決められた大学しか受けられなかったことですが、そこで出会った友人や先輩は私の一生の宝です。この経験より、捉え方によってはネガティブなことがポジティブに捉えることができるということを学びました」というような表現に言い換えると愚痴のようには聞こえなくなります。

つまり、単なる愚痴のように捉えられてしまいそうなエピソードだとしても、ポジティブな方向に持っていくことによって面接官に良い印象を与えることができるのです。

苦労したことは愚痴に聞こえてしまう可能性があるので、注意して伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点③:自身の能力と関連性のない話題は避ける

苦労したことを面接やESで話すとき、書くときの注意点3つ目は「自身の能力と関連のない話題は避ける」です。

当たり前ですが、自身の能力と関係のない苦労したことを話しても、面接官の知りたい情報ではありません。

例えば、「売り上げの減少が原因でアルバイト先が入社1か月でつぶれてしまいました」と言ってもそれは自信の能力ではどうしようもない話で、また最初からアルバイトを探す点では苦労したことに入るかもしれませんが、面接官の質問意図とは異なっています。

そのため、面接で苦労したことを聞かれた際は、自身の能力不足で生じた問題について話すようにしましょう。

自身の能力と関係ない話でも結びつけることはできるので、工夫して話すようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:「苦労したこと」で得た学びをポジティブな表現にして話そう!

さていかがだったでしょうか。

今回は面接やESで聞かれる「苦労したこと」について質問意図から答える時のポイント、注意点、回答例文までを解説してきました。

それでは最後にもう1度、まとめをおさらいしておきましょう。

今回のまとめ

苦労したことが面接/ESで質問される意図

  • 質問意図①:どのようなことを「苦労したこと」と捉えるかが知りたい
  • 質問意図②:「苦労したこと」に対してどのように対応するのか知りたい
  • 質問意図③:「苦労したこと」から何を学んだのか知りたい

面接/ESでも「苦労したこと」の見つけるコツ

  • コツ①:自分史を書き、自分について理解を深めてみる
  • コツ②:日常のささいなことでもOK
  • コツ③:苦労したことがない場合は「ない」でOK

苦労したことを面接/ESで話すとき、書くときのポイント

  • ポイント①:結論から簡潔に
  • ポイント②:「苦労したこと」の過程を意識して話す
  • ポイント③:「苦労したこと」の結果どのようなことを学んだのかを伝えよう

苦労したことを面接/ESで話すとき、書くときの注意点

  • 注意点①:安易な苦労話は避ける
  • 注意点②:ただの愚痴にならないよう心がける
  • 注意点③:自身の能力と関連性のない話題は避ける

 

就活生くん

「苦労したこと」が日常のささいな話題でもいいとわかったので、もう一度自己分析をして考えてみます!

就活生ちゃん

「苦労したこと」は過程を意識して、自分の人間性を伝えれるように頑張っていきます!

「苦労したこと」はネガティブな表現に捉えられてしまう恐れもありますが、結果的に学んだことなどポジティブな表現を入れることによって、面接官にも良い印象を与えることができます。

「苦労したこと」の質問は難しく考えず、ありのままの自分を見せることを意識しましょう!

「就活の教科書」では内定者ライターや現役の就活ライターがリアルな就職活動の情報を解説しています。

ぜひほかの記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 コウキ