【例文あり】1dayインターンお礼メールの書き方 | 送るときの注意点も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 1dayインターンシップのお礼メールを送る時の例文
  • 1dayインターンシップのお礼メールの書き方
  • 1dayインターンシップのお礼メールを書く時の注意点
  • 【パターン別】1dayインターンシップのお礼メール例文
  • 1dayインターンシップのお礼メールに関するよくある質問
  • 優良企業のインターンシップを探せるおすすめツール

今回は、「1dayインターンのお礼メールの要・不要」「1dayインターンのお礼メールの書き方/例文/注意点」など、皆さんの気になるポイントを詳しく解説していきますよ!

最後のパートでは、黙々と作業できる仕事に向いている人に関する「よくある質問」についてもまとめました。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

この記事を特におすすめしたい方
  • これから1dayインターンに参加される方
  • 1dayインターンのお礼メールの書き方が知りたい方
  • お礼メールの例文が見たい方
  • 1dayインターンお礼メールの注意点が知りたい方

上記のような就活生は、ぜひこの記事を読んで就職活動に役立ててください。

先に結論をお伝えすると、「自分の専攻を活かせるインターンに行きたいけど、どこで探そう…」と悩んでいる方は、就活生の2人に1人が利用するOfferBoxで、自分に合う優良企業から特別招待をもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト」、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、日本最大のインターン検索サイトの「インターンシップガイドもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】優良インターンの特別招待がもらえるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / 優良インターンの招待GET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを使えば良いかわからない…」と悩んでいる方はOfferBoxを併用して使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

大手,優良インターン特別招待で就活無双!

「優良企業のインターンに参加したいけど、見つけられないし落ちてしまう…」という方は、OfferBoxを使うのがおすすめ<がおすすめです。

OfferBoxは、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接インターンの特別招待がもらえるアプリです。

優良企業のインターンから特別招待をもらうには、あなたの強みや専攻などをプロフィールに入力しておくだけです!

インターンに参加していれば、本選考を受ける時の有利になりますし、一部選考が免除されることも多いですよ。

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

「優良インターンに参加して就活無双したい!」という方は、ぜひOfferBoxで探してみてくださいね。

\ 就活生2人に1人が利用! /

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

1dayインターン後のお礼メールは必要?

就活生くん

まず、そもそも1dayインターンの後に「お礼メール」を送る必要はあるのか、知りたいです!

お礼メールは不要だったりするのでしょうか?

分かりました!

でははじめに、「1dayインターン後のお礼メールは必要なのか?」についてお話します!

就活アドバイザー 京香

 

結論:1dayインターンでもメールは必要

結論から言うと、「1dayインターンでもメールは必要」です。

日数の長さに関わらず、お礼メールを送ることは大切になるということができます。

以下で「1dayインターンでもメールを送る必要がある理由」を説明します。

 

理由:熱意が伝わり、良い印象を与えられるから

1dayインターンでもメールを送る必要がある理由は、「熱意が伝わり、良い印象を与えられるから」です。

インターンシップのお礼メールを送ることで、企業にあらためて感謝の気持ちを伝えることもできます。

仮に、インターンシップ最後の日に感謝の気持ちを伝えていたとします。

それでも、あらためてインターンシップのお礼メールを送ることで、企業に熱意が伝わり、良い印象を与えることができます。

インターンシップは企業にとってメリットもありますが、学生のためにお金や時間をかけるため、デメリットもあります

企業にとってのデメリットも理解したうえで、改めて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

「大手や優良企業のインターンを見つけて参加したい!」という方には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxでは、あなたの強みや専攻などのプロフィールを入力すれば、大手~ベンチャーの優良企業からインターンの特別招待が届きます。

運が良ければ、選考の一部が免除になることもあるため、隠れ優良企業を狙っている方は、OfferBoxを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のインターン招待をGET
  • あなたの経験や強みから優良企業のインターン特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

インターンシップを見つけられるサイトについては【内定者が選んだ】インターンシップを探せるサイトおすすめ19選!長期,短期別に紹介という記事にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


1dayインターンシップ後のお礼メール例文3選

就活生ちゃん

やはり、お礼メールはどんなインターンであれ、必要なのですね!

一応、今までもお礼メールは送っていました!

ただ、失礼なく送れていたのか不安になってきました・・・。

京香さん、1dayインターンのお礼メールの例文などあったりしませんか?

今までもお礼メールは送っていたのですね!素晴らしいです。

確かに、「形式」などに不安もありますよね。わかりました!

では、これからいくつかの「お礼メールの例文」を紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

 

例文①:説明会や座談会がメインのインターン

1dayインターンシップ後のお礼メール例文1つ目は「説明会や座談会がメインのインターン」の場合です。

————————————————-
宛先(To) :相手のメールアドレス

差出人 :自分のメールアドレス

件名 :インターンシップの御礼(〇〇大学 山田太郎)
————————————————-

株式会社 〇〇(企業の名前)

営業部 △△様(相手の名前)

〇月〇日の1dayインターンシップに参加いたしました。〇〇大学の山田太郎です。

本日はご多忙の中、インターンシップを実施いただきまして大変にありがとうございました。

この度のインターンシップに参加させていただけたことで、貴社の理念や事業内容など、さまざまなことを学ぶことができました。

お話しいただいた中で、特に★「技術だけではなく、相手に寄り添う心が重要」という教えが心に残っています。

私自身も、技術を磨くだけではなく、人間として温かさを大切にしたいと感じました。

今回のインターンシップに貴社の雰囲気も知ることができたことで、貴社への入社意欲が益々高まってまいりました。

インターンシップに参加させていただいたことで、貴社の製品に込められた思いを再認識し、貴社の製品をさらに広めたいという気持ちが強くなりました。

この度は貴重な経験をさせていただき、大変にありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

末筆ながら、貴社のさらなるご発展と皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

————————————————-

大学:就活大学〇〇学部〇〇学科〇年

名前:山田太郎

電話番号:080-xxxx-xxxx

E-mail:xxxx@xxx.xx.xx

住所:大阪府〇〇市〇〇xxx丁目xxx番xxx号

————————————————-

この例文におけるポイントは「★特に記憶に残った箇所を振り返っている点」です!

以下で相手に与える印象を解説します。

就活アドバイザー 京香

特に印象に残った言葉などを記載しよう

お礼メールを作成する中で、「特に印象に残った言葉を記載すること」はテクニックの一つになるでしょう。

なぜなら「積極的に参加しており、真剣に話を聞いていたこと」がアピールできるからです。

参加する中で、驚いた点や印象に残った点はきっと多くあるはずです。

相手の言葉を引用したり意外だった点を記載したりするなどして、具体的な学びをメール内で書くことができるとよいでしょう!

 

例文②:業務体験がメインのインターン

1dayインターンシップ後のお礼メール例文2つ目は「業務体験がメインのインターン」の場合です。

————————————————-
宛先(To) :相手のメールアドレス

差出人 :自分のメールアドレス

件名 :インターンシップの御礼(〇〇大学 山田太郎)
————————————————-

株式会社 〇〇(企業の名前)

営業部 △△様(相手の名前)

お世話になっております。

〇月〇日の1dayインターンシップに参加いたしました。〇〇大学の山田太郎です。

本日はご多忙の中、インターンシップを実施いただきまして大変にありがとうございました。

この度のインターンシップに参加させていただけたことで、貴社の理念や事業内容など、さまざまなことを学ぶことができました。

特に、貴社の「正確性へのこだわり」を改めて実感できたと考えています。「リスクヘッジのための対策」や「管理の徹底」などに大変驚きました。

また、インターンシップ中に社員の方々と交流させて頂き、貴社の雰囲気も知ることができたことで、貴社への入社意欲が益々高まってまいりました。

貴社の製品に込められた思いも再認識でき、貴社の製品をさらに広めたいという気持ちが強くなりました。

この度は貴重な経験をさせていただき、大変にありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

末筆ながら、貴社のさらなるご発展と皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

————————————————-

大学:就活大学〇〇学部〇〇学科〇年

名前:山田太郎

電話番号:080-xxxx-xxxx

E-mail:xxxx@xxx.xx.xx

住所:大阪府〇〇市〇〇xxx丁目xxx番xxx号

————————————————-

 

例文③:グループワークがメインのインターン

1dayインターンシップ後のお礼メール例文3つ目は「グループワークがメインのインターン」の場合です。

————————————————-
宛先(To) :相手のメールアドレス

差出人 :自分のメールアドレス

件名 :インターンシップの御礼(〇〇大学 山田太郎)
————————————————-

株式会社 〇〇(企業の名前)

営業部 △△様(相手の名前)

お世話になっております。

〇月〇日の1dayインターンシップに参加いたしました。〇〇大学の山田太郎です。

本日はご多忙の中、インターンシップを実施いただきまして大変にありがとうございました。

この度のインターンシップに参加させていただけたことで、貴社の理念や事業内容など、さまざまなことを学ぶことができました。

★グループが同じだったグループメンバーの学生の方々と、グループディスカッションのテーマだけでなく、さまざまな意見交換もできる場だったことで、大変有意義な時間を過ごすことができました。

また、インターンシップ中に社員の方々からいただいたフィードバックは、私にとってとても大きな発見になりました。

フィードバックを通して、自分自身の長所と短所が分かるようになり、今後の自分自身の課題も明確にできました。

インターンシップに参加して得た気づきを今後の就職活動に活かしていきたいと思います。

ぜひ貴社の選考も受けさせていただきたく存じますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします。

この度は貴重な経験をさせていただき、大変にありがとうございました。

末筆ながら、貴社のさらなるご発展と皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

————————————————-

大学:就活大学〇〇学部〇〇学科〇年

名前:山田太郎

電話番号:080-xxxx-xxxx

E-mail:xxxx@xxx.xx.xx

住所:大阪府〇〇市〇〇xxx丁目xxx番xxx号

————————————————-

この例文におけるポイントは「★グループディスカッションの感想をいれている点」です!

インターンシップの内容に合わせたメールを書くことで「積極性」や「真剣さ」が伝わりやすくなります。

具体的な感想を書くように心がけましょう!

就活アドバイザー 京香

 

番外編:お礼メールのNG例

最後に番外編として、1dayインターンシップ後の「お礼メールNG例」を紹介します。

————————————————-
宛先(To) :相手のメールアドレス

差出人 :自分のメールアドレス

件名 :【インターンシップのお礼】 就活大学 田中太郎
————————————————-

株式会社 〇〇(企業の名前)

営業部 △△様(相手の名前)

お世話になっております。就活大学の田中太郎です。

本日はご多忙の中、インターンシップを実施いただきましてありがとうございました。

今回のインターンシップたくさんのことを学ぶことができました。

フィードバックも大変参考になりました。今後の就職活動に生かしたいと思います。

ご多忙中の折、丁寧にご指導いただきまして誠にありがとうございました。

末筆ながら、貴社のさらなるご発展と皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

————————————————-

大学:就活大学〇〇学部〇〇学科〇年

名前:田中太郎

電話番号:080-xxxx-xxxx

E-mail:xxxx@xxx.xx.xx

住所:大阪府〇〇市〇〇xxx丁目xxx番xxx号

————————————————-

「学び」や「気づき」はできる限り具体的に書こう

「学びや気づきはできる限り具体的に書くこと」はとても大切です。

なぜなら「真剣さ」や「真面目さ」などをメールに込めることができるからです。

さらに、印象的だったことを具体的なエピソードとともに書くと、相手にも分かりやすく伝わり、印象に強く残ります。

具体的に書いていると、読み手が「しっかり聞いているな」と感じてもらうことができ、より良い印象を持ってもらえるでしょう。

こういう言葉を求める就活生が多いのかなどの今後の参考になるかもしれません。思わず、相手に気づきをプレゼントできるタイミングになる可能性もあります。

就活アドバイザー 京香

 

大手,優良インターン特別招待で就活無双!

「優良企業のインターンに参加したいけど、見つけられないし落ちてしまう…」という方は、OfferBoxを使うのがおすすめ<がおすすめです。

OfferBoxは、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接インターンの特別招待がもらえるアプリです。

優良企業のインターンから特別招待をもらうには、あなたの強みや専攻などをプロフィールに入力しておくだけです!

インターンに参加していれば、本選考を受ける時の有利になりますし、一部選考が免除されることも多いですよ。

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

「優良インターンに参加して就活無双したい!」という方は、ぜひOfferBoxで探してみてくださいね。

\ 就活生2人に1人が利用! /

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

1dayインターンのお礼メールの書き方

就活生くん

例文大変参考になりました!ありがとうございます。

早速インターンシップのお礼メールを書きたいと思ったのですが、書き方がわかりません・・・。

京香さん、インターンシップのお礼メールの書き方を教えて下さい!

わかりました!

ではここからは実際の「1dayインターンのお礼メールの書き方」を解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

その①:件名は簡潔に分かりやすく書く

インターンシップのお礼メールの書き方の1つ目は、「件名は簡潔に分かりやすく書く」ことです。

まず、件名は必ず書きます

件名を記載せずにお礼メールを送ると、マナー違反であるという点もありますが、なによりセキュリティ対策でメールが削除されてしまう可能性があるからです。

内容は、簡潔にわかりやすく書いた方が良いでしょう。

例えば、インターンシップのお礼(〇〇大学 山田太郎)/【インターンシップのお礼】〇〇大学 山田太郎のように、大学名と氏名が一目でわかるように書くのがベストです。

また、インターンシップの担当者の方が、メールを見直す際に、件名が書き換えられていると過去のメールを探す手間をかけてしまう可能性もあります。

複数人と連絡を取っている場合が多いので、メールの件名はそのままにしておきましょう。

 

その②:あて名は正式名称で書く

インターンシップのお礼メールの書き方の2つ目は、「宛名を正式名称で書く」ことです。

宛名は、必ず正式名称で書きましょう

例えば、株式会社の場合、「(株)シナジーキャリア」とは略さずに「株式会社シナジーキャリア」と記載します。

また、記載する順番は、「会社名」「部署名」「役職名」「相手の氏名」の順に記載しましょう。

そして、複数名に送るときは、役職が上の方から順番に記載するように注意します。

 

その③:文頭の挨拶は必ず入れる

1dayインターンシップのお礼メールの書き方の3つ目は、「文頭の挨拶は必ず入れる」ことです。

本文を書き始める前に、「挨拶」「所属学校名・学部」「自分の名前」を記すことは、他のメールと同様変わりません。

「いつ(〇月〇日)」の「どのイベント(イベント名)」でお世話になった学生なのかを示すことができると、より丁寧な印象を持たせることができるでしょう。

 

その④:文末では、相手を思いやる言葉を入れる

1dayインターンシップのお礼メールの書き方の4つ目は、「文末では、相手を思いやる言葉を入れる」ことです。

意外と書かれ忘れやすい箇所ではありますが、相手を思いやる言葉を文末に入れることはマナーです。

文末のフレーズとしては以下のような言葉を使いましょう。

  • 末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。
  • 末筆ではございますが、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

 

その⑤:メールの最後には署名を入れる

インターンシップのお礼メールの書き方の5つ目は、「最後に署名を書く」ことです。

文章からスペースをあけて、最後に署名を記載します。

「大学名」「学部」「学科」「自分の氏名」「自分の電話番号」「自分のメールアドレス」を正式名称で記載するようにします。

署名の前後を傍線や二重線で区切るように装飾すると読みやすくなって親切です。

 

インターンシップに関する記事一覧

「インターンに種類があるなんて知らなかった」という就活生は、インターンシップの種類という記事をおすすめします。

実は、インターンシップは4種類あり、 それぞれの特徴を知って目的別にあなたに合ったインターンに参加することで、就活を有利に進められます

就活アドバイザー 京香

                                                   

「大手や優良企業のインターンを見つけて参加したい!」という方には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxでは、あなたの強みや専攻などのプロフィールを入力すれば、大手~ベンチャーの優良企業からインターンの特別招待が届きます。

運が良ければ、選考の一部が免除になることもあるため、隠れ優良企業を狙っている方は、OfferBoxを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のインターン招待をGET
  • あなたの経験や強みから優良企業のインターン特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

インターンシップを見つけられるサイトについては【内定者が選んだ】インターンシップを探せるサイトおすすめ19選!長期,短期別に紹介という記事にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


1dayインターンのお礼メールを書く際の注意点

就活生くん

メールの書き方を手順を踏んで学ぶことができました!

では、実際にメールを書くときはどういったことに気をつければよいのでしょうか。

ではここからは「1dayインターンのお礼メールを書く際の注意点」を解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

注意点①:誤字・脱字をチェックすること

インターンシップのお礼メールを書く時の注意点の1つ目は、「誤字脱字に気を付ける」ことです。

お礼メールなどの大事なメールは、誤字脱字がないかしっかりとチェックしてから送るようにしましょう。

誤字脱字が目立つメールは、急いで書いた様子が伝わり、相手に不快感を与える場合があります。

特に、企業名や採用担当者の名前などは絶対に間違えないようにしましょう。

メールは、直接打たずに事前にwordの校閲機能などを使って下書きしてから作成すると、ミスを防ぎやすくなります。

もし重大な誤字脱字をしてしまった場合、早急に謝罪メールを送るようにしましょう。

注意点②:言葉遣いが正しいかを確認すること

インターンシップのお礼メールを書く時の注意点の2つ目は、「言葉遣いが正しいかを確認する」ことです。

お礼メールなどは特にマナーが大切にされるメールです。そのため、「誤字脱字」だけではなく「正しい表現を使えているか」をしっかりチェックしたうえで送信するようにしましょう。

誤った使い方をしていると、「マナーがなっていない」ように受け取られ、かえってよくない印象を与えてしまうかもしれません。

送信前に、事前に入念な確認をするようにしましょう。

 

注意点③:ただの感想を書かないこと

インターンシップのお礼メールを書く時の注意点の3つ目は、「ただの感想を書かない」ことです。

お礼メールは、感謝の気持ちを伝える文章を書きます。

ですが、お礼メールがただの感想にならないように注意しましょう。

お礼メールは、自分のインターンシップでの活動を振り返る内容を書くことをおすすめします。

インターンシップ中に自分がどのような経験をしたのか、何を得たのかということを考えることができるため、今後の自分の成長へとつながるからです。

さらに、ただの感想を書くことよりも好印象を与えられるでしょう。

 

大手,優良インターン特別招待で就活無双!

「優良企業のインターンに参加したいけど、見つけられないし落ちてしまう…」という方は、OfferBoxを使うのがおすすめ<がおすすめです。

OfferBoxは、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接インターンの特別招待がもらえるアプリです。

優良企業のインターンから特別招待をもらうには、あなたの強みや専攻などをプロフィールに入力しておくだけです!

インターンに参加していれば、本選考を受ける時の有利になりますし、一部選考が免除されることも多いですよ。

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

「優良インターンに参加して就活無双したい!」という方は、ぜひOfferBoxで探してみてくださいね。

\ 就活生2人に1人が利用! /

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

「1dayインターンのお礼メール」に関するよくある質問

就活生ちゃん

1dayインターンのお礼メールについて、しっかり分かりました!ありがとうございます。

参考にしたいので、最後によくある質問を教えていただきたいです。

わかりました!

それでは最後に、「1dayインターンのお礼メール」に関するよくある質問をご紹介します!

就活アドバイザー 京香

「1dayインターンのお礼メール」に関するよくある質問
  • 質問①:インターンのお礼メールの宛先が分からない場合はどうする?
  • 質問②:インターンシップのお礼メールは何日後に送るべき?

 

質問①:インターンのお礼メールの宛先が分からない場合はどうする?

よくある質問1つ目は、「インターンのお礼メールの宛先が分からない場合はどうする?」です。

お礼メールは基本的に「インターンシップの詳細が送信されてきたメールアドレス」や「過去に送信されてきたメールの末尾」に記されていることが多いです。

そのため、まずは思い当たる箇所を探してみましょう。

それでもわからない場合は、人事担当者/インターンシップ担当者のメールアドレスを「マイページ」や「ウェブサイト」で探すと、ほとんどの場合、解決できると考えられます。

 

質問②:インターンシップのお礼メールは何日後に送るべき?

よくある質問2つ目は、「インターンシップのお礼メールは何日後に送るべき?です。

結論から言うと「当日中がベスト」です。お礼メールはできる限り早く送ったほうが印象が良いということができます。

ただし、終了時刻が夜分遅かったり、どうしてもメールの作成が難しかったりする場合は、翌日でも構いません

ですが、翌日以降になってしまうと、かえって悪い印象を与えかねないため、送るタイミングには十分注意しましょう。

「大手や優良企業のインターンを見つけて参加したい!」という方には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxでは、あなたの強みや専攻などのプロフィールを入力すれば、大手~ベンチャーの優良企業からインターンの特別招待が届きます。

運が良ければ、選考の一部が免除になることもあるため、隠れ優良企業を狙っている方は、OfferBoxを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のインターン招待をGET
  • あなたの経験や強みから優良企業のインターン特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

インターンシップを見つけられるサイトについては【内定者が選んだ】インターンシップを探せるサイトおすすめ19選!長期,短期別に紹介という記事にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


まとめ:1dayインターンのお礼メール例文を参考に、良い印象を与えるメールを送ろう

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

またほかの記事でお会いしましょう!

皆さんの悩みに少しでも答えられたらうれしい限りです!

就活アドバイザー 京香

この記事では、「1dayインターンシップのお礼メールについて」徹底解説しました。

合わせて、1dayインターンシップのお礼メールの例文や、お礼メールの注意点も紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ
  • 1dayインターン後のお礼メールは必要?
    • 結論:1dayインターンでもメールは必要
    • 理由:熱意が伝わり、良い印象を与えられるから
  • 1dayインターンシップ後のお礼メール例文3選
    • 例文①:説明会や座談会がメインのインターン
    • 例文②:業務体験がメインのインターン
    • 例文③:グループワークがメインのインターン
    • 番外編:お礼メールのNG例
  • 1dayインターンのお礼メールの書き方
    • その①:件名は簡潔に分かりやすく書く
    • その②:あて名は正式名称で書く
    • その③:文頭の挨拶は必ず入れる
    • その④:文末では、相手を思いやる言葉を入れる
    • その⑤:メールの最後には署名を入れる
    • 就活のやり方に関する記事一覧
  • 1dayインターンのお礼メールを書く際の注意点
    • 注意点①:誤字・脱字をチェックすること
    • 注意点②:言葉遣いが正しいかを確認すること
    • 注意点③:ただの感想を書かないこと
  • 「1dayインターンのお礼メール」に関するよくある質問
    • 質問①:インターンのお礼メールの宛先が分からない場合はどうする?
    • 質問②:インターンシップのお礼メールは何日後に送るべき?
  • まとめ:1dayインターンのお礼メール例文を参考に、良い印象を与えるメールを送ろう