【ストレングスファインダー】強み/資質ごとの適職一覧 | ポイント,注意点も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! /
LINE適職診断 あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!
就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の井上です。

就活生の皆さんの中で、「自分の強みを仕事に生かすにはどうしたらいいの?」「ストレングスファインダーの診断って仕事探しに役立つ?」という疑問をお持ちの方がいるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 井上

就活生くん

自己分析をしていて、ストレングスファインダーという言葉を耳にしました。

これって仕事選びに使えますか?

就活生ちゃん

ストレングスファインダーの診断をやってみました。

なんだかたくさんの結果が出てきて、これどうやって就活に活かしたらいいのかわからないです。

自分がどんな仕事に向いているのか知りたいんですけど。。。

ストレングスファインダーをやると、かなり詳しくて長い文章が返ってきますよね。

ストレングスファインダーを使ってみた後、診断結果をどうすればいいのかわからないですよね。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

そこで、この記事ではストレングスファインダーで適職を探す方法について詳しく解説します。

また、ストレングスファインダーの強みを活かせる適職一覧も紹介します。

併せて、ストレングスファインダーに関するよくある質問についても解説します。

こんな人におすすめ
  • ストレングスファインダーをやってみたものの、どうすればいのかわからない
  • 自分の向いている仕事がわからない
  • 自分の強みが活きる仕事につきたい

という方は特に、この記事を読んでみてください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

ストレングスファインダーとは?適職の診断もできる?

就活生くん

そもそもストレングスファインダーって何ですか?

僕はやったことないんですけど。。。

ストレングスファインダーがそもそも何かわからない人のために、こちらで解説しましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

ストレングスファインダーとは?適職の診断もできる?
  • ストレングスファインダー:あなたの強み・才能を引き出すツール
  • ストレングスファインダーで向いている職業をある程度判断できる
  • 注意点:ストレングスファインダーは適職診断ツールではない

 

ストレングスファインダー:あなたの強み・才能を引き出すツール

ストレングスファインダーは、個人の強みや才能を見つけ出すためのツールです。

ストレングスファインダーは、アメリカのギャラップ社が開発したもので、177個の質問に答えると、34種類の資質の中から自分に当てはまるものがわかります。

自分の資質を知ることで、仕事や人生においてより充実した選択ができるようになると言われています。

例えば、あなたがコミュニケーションや対人関係構築のスキルに優れているとストレングスファインダーでわかった場合、営業や人材管理など、人々と関わる職業が向いているかもしれません。

このように、ストレングスファインダーは、自分を理解して、今後の人生をどう進めていけばよいかを考えていくうえで、とても便利なツールです。

ストレングスファインダーは自分の性格を知るための便利なツールです!

使ってみると、「たしかに!自分ってこういう性格だな」や「知らなかった!自分てこんな強みがあるんだ」といった発見があるでしょう。

人間の強みを34種類に分類されているので、その中からきっと自分の良さが見えるようになるはずです!

「就活の教科書」編集部 井上

 

ストレングスファインダーで向いている職業をある程度判断できる

ストレングスファインダーは、ある程度個人の向いている職業を判断することができます。

自分の強みがわかると、どのような職業で活躍できるかを知る手がかりとなるからです。

例えば、あなたがストレングスファインダーで「戦略思考」や「問題解決能力」などの強みがわかった場合、経営コンサルタントやプロジェクトマネージャーなど、戦略的な思考と問題解決が求められる職業が向いているかもしれません。

他にも、分析など得意な場合は、プログラマーやデータ分析家など、より数値的な能力を活かせる職業が適しているかもしれません。

ストレングスファインダーは、自分の強みを知ることができ、向いている職業をある程度判断する上で役立ちます。

就活生くん

せっかくなら自分の強みを活かせる仕事に就きたいですもんね。

ストレングスファインダーを使って長所がわかることでその人の強みに基づいた職業選択に役立つのはすごいです。

ただし、個々の職業において必要なスキルや経験は多岐にわたるため、ストレングスファインダーの結果だけで完全な判断を下すことはできません。

個人のスキルや経験も適職探しにおいては大切な要素です。

結果をうのみにするのは禁物です。

「就活の教科書」編集部 井上

 

注意点:ストレングスファインダーは適職診断ツールではない

なお、ストレングスファインダーは、適職診断ツールではなく、あくまで個人の強みや才能の把握を支援するツールであることに注意が必要です。

ストレングスファインダーは、個人の長所や特性に関する情報を教えてくれますが、それだけでは個人の全体像を把握することはできません。

そもそも職業選択は色々な要素を考えなければならないものであり、単一のツールやテストだけで完全な判断を下すことは難しいからです。

例えば、ストレングスファインダーで「リーダシップの強み」が結果に出なくても生徒会をやったことがある、などといった経験があればその経験はきっと仕事で役立てることができるはずです。

ストレングスファインダーは、個人の強みや才能の把握に役立つツールですが、適職診断ツールとして使うことはできません。

本当に適した職業を見つけるためには、個人の総合的な能力や経験、興味なども総合的に見なければなりません。

就活生ちゃん

ちゃんと向いている仕事を知るにはやっぱり自己分析が必要なんですね。

自己分析もしっかりやろうと思います!

ストレングスファインダーである程度のことはわかりますが、適職を知るには、個人の興味や価値観、経験なども考慮しなければなりません。

あくまでも、ストレングスファインダーの結果を参考にしながら、他の情報や自己分析と組み合わせましょう。

また、ストレングスファインダーの評判についてさらに詳しく知りたいという就活生には以下の記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


ストレングスファインダーの強みを活かせる適職一覧

ここからは、ストレングスファインダーの4領域ごとに適職をご紹介します!

 

①実行力 ②影響力 ③人間関係力 ④思考力
達成欲 指令性 適応性 分析志向
アレンジ コミュニケーション 運命志向 原点志向
信念 競争性 共感性 未来志向
公平性 最上志向 調和性 着想
慎重さ 自己確認 包含 収集心
規律性 自我 個別化 内省
目標志向 社交性 ポジティブ 学習欲
責任感 活発性 親密性 戦略性
回復志向 成長促進
なお、それぞれの強みについて、もう少し詳しく解説している記事があるので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

 

①:実行力の強みを活かせる適職一覧

実行力は、物事を成し遂げる力のことです。

実行力の強みの項目について、以下でそれぞれの適職を見ていきましょう。

【達成欲】を活かせる適職

自分の成果をはっきりと測定できる職業が向いています。

【達成欲】を活かせる適職
  • 経営者
  • 営業職
  • 投資家
  • アスリートトレーナー
  • スポーツ選手

【アレンジ】を活かせる適職

複雑な状況に対応できる職業が向いています。

【アレンジ】を活かせる適職
  • プロデューサー
  • イベントオーガナイザー
  • ロジスティクスマネージャー

【信念】を活かせる適職

自分の価値観に基づいて行動できる職業が向いています。

【信念】を活かせる適職
  • 宗教家
  • 活動家
  • 教育者

【公平性】を活かせる適職

平等や正義に関わる職業が向いています。

【公平性】を活かせる適職
  • 弁護士
  • 裁判官
  • 人事担当者

【慎重さ】を活かせる適職

リスクを回避し安全を確保できる職業が向いています。

【慎重さ】を活かせる適職
  • 会計士
  • 医師
  • パイロット

【規律性】を活かせる適職

秩序や計画に従って作業できる職業が向いています。

【規律性】を活かせる適職
  • エンジニア
  • プログラマー
  • 管理職

【目標志向】を活かせる適職

明確な目標に向かって努力できる職業が向いています。

【目標志向】を活かせる適職
  • 起業家
  • マーケター
  • コンサルタント

【責任感】を活かせる適職

自分の仕事に対して責任を持ち続けられる職業が向いています。

【責任感】を活かせる適職
  • 医療従事者
  • 教師
  • 警察官

【回復志向】を活かせる適職

自分の仕事に対して責任を持ち続けられる職業が向いています。

【回復志向】を活かせる適職
  • 医療従事者
  • 教師
  • 警察官

 

②:影響力の強みを活かせる適職一覧

影響力は、他者が自分の行っていることに耳を傾けさせるような力のことです。

影響力の強みの項目について、以下でそれぞれの適職を見ていきましょう。

 

【指令性】を活かせる適職

他人を率いる役割が向いています。

【指令性】を活かせる適職
  • リーダー
  • マネージャー
  • 軍人
  • 政治家

【コミュニケーション】を活かせる適職

言葉を使って伝える仕事が向いています。

【コミュニケーション】を活かせる適職
  • ジャーナリスト
  • アナウンサー
  • 営業
  • 講師

【競争性】を活かせる適職

勝負に挑む仕事が向いています。

【競争性】を活かせる適職
  • スポーツ選手
  • トレーダー
  • ゲームデザイナー
  • セールスマネージャー

【最上志向】を活かせる適職

人の成功を助ける仕事が向いています。

【最上志向】を活かせる適職
  • コーチ
  • メンター
  • 教育者
  • 美容師

【自己確認】を活かせる適職

自分の判断に従って行動できる仕事が向いています。

【自己確認】を活かせる適職
  • 起業家
  • コンサルタント
  • 弁護士
  • 医師

【自我】を活かせる適職

自分の個性を表現できる仕事が向いています。

【自我】を活かせる適職
  • 芸術家
  • 作家
  • 俳優
  • モデル

【社交性】を活かせる適職

人と関わる仕事が向いています。

【社交性】を活かせる適職
  • イベントオーガナイザー
  • パブリックリレーションズ
  • ホステス
  • ウェイター

【活発性】を活かせる適職

自分で意思決定し行動に移せる仕事が向いています。

【活発性】を活かせる適職
  • プロデューサー
  • プロジェクトマネージャー
  • エンジニア
  • パイロット

 

③:人間関係力の強みを活かせる適職一覧

人間関係力は、チームで人間関係を適切に構築し、チームをまとめる力のことです。

人間関係力の強みの項目について、以下でそれぞれの適職を見ていきましょう。

 

【適応性】を活かせる適職

変化に対応できる職業が向いています。

【適応性】を活かせる適職
  • カスタマーサポート
  • フリーランサー
  • ジャーナリスト
  • 看護師

【運命志向】を活かせる適職

人生の意味や目的に関わる職業が向いています。

【運命志向】を活かせる適職
  • カウンセラー
  • ヨガインストラクター
  • 歴史家

【共感性】を活かせる適職

人の感情や立場に寄り添うことができる職業が向いています。

【共感性】を活かせる適職
  • カウンセラー
  • 看護師
  • ソーシャルワーカー
  • マッサージ師

【調和性】を活かせる適職

チームの一員として協力できる職業が向いています。

【調和性】を活かせる適職
  • チームプレイヤー
  • コーディネーター
  • メディエーター
  • ネットワーカー

【包含】を活かせる適職

多様性を受け入れることができる職業が向いています。

【包含】を活かせる適職
  • ダイバーシティマネージャー
  • イベントオーガナイザー
  • パブリックリレーションズ
  • ホステス

【個別化】を活かせる適職

人の個性やニーズに合わせることができる職業が向いています。

【個別化】を活かせる適職
  • コンサルタント
  • セールスマネージャー
  • 教育者
  • スタイリスト

【ポジティブ】を活かせる適職

人を元気づけることができる職業が向いています。

【ポジティブ】を活かせる適職
  • コメディアン
  • アナウンサー
  • エンターテイナー
  • モチベーター

【親密性】を活かせる適職

深い関係を築くことができる職業が向いています。

【親密性】を活かせる適職
  • 医療従事者
  • マッサージセラピスト
  • パーソナルトレーナー

【成長促進】を活かせる適職

人の成長や発展を支援する職業が向いています。

【成長促進】を活かせる適職
  • コーチ
  • 教育者
  • メンター
  • リーダー

 

④:思考力の強みを活かせる適職一覧

思考力は、取り入れた情報を適切に分析して正しい判断をする力のことです。

思考力の強みの項目について、以下でそれぞれの適職を見ていきましょう。

 

【分析志向】を活かせる適職

データや事実に基づいて物事を理解できる職業が向いています。

【分析志向】を活かせる適職
  • エンジニア
  • アナリスト
  • 科学者
  • 研究者

【原点志向】を活かせる適職

物事の本質や原理に迫ることができる職業が向いています。

【原点志向】を活かせる適職
  • 哲学者
  • 歴史家
  • 数学者
  • 物理学者

【未来志向】を活かせる適職

将来の可能性やビジョンに惹かれる職業が向いています。

【未来志向】を活かせる適職
  • 未来学者
  • 予測士
  • 発明家
  • 芸術家

【着想】を活かせる適職

抽象的で論理的な思考をすることができる職業が向いています。

【着想】を活かせる適職
  • プログラマー
  • 数学者
  • 論理学者
  • 詩人

【収集心】を活かせる適職

様々な情報や物品を収集することに興味を持つ職業が向いています。

【収集心】を活かせる適職
  • コレクター
  • カメラマン
  • 旅行家
  • 探検家

【内省】を活かせる適職

知的な活動に多くの時間を費やし、知的な職業に向いています。

【内省】を活かせる適職
  • 作家
  • アーティスト
  • 精神科医
  • コーチ

【学習欲】を活かせる適職

新しい知識やスキルを習得することに喜びを感じる職業が向いています。

【学習欲】を活かせる適職
  • 教育者
  • 学生
  • 翻訳家
  • ライター

【戦略性】を活かせる適職

複雑な状況に対して最適な解決策を見つけられる職業が向いています。

【戦略性】を活かせる適職
  • コンサルタント
  • マーケター
  • 起業家
  • プロジェクトマネージャー

 

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

ストレングスファインダーで適職を探すときのポイント

就活生ちゃん

私の強みは達成欲だったので、経営者が向いてるかもしれないんですね!

ちょっと経営にも興味がわきました。

就活生くん

自分に向いているかもしれない仕事がわかると、就活にやる気がわきます!

ストレングスファインダーで適職を探すときに注意しておいたほがいいことってありますか???

自分の意外な一面や良さがわかると面白いですよね。

ストレングスファインダーで適職を探すときのポイントについて3つ紹介します!

ストレングスファインダーを使って、効率的に自己分析をやってきましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

ストレングスファインダーで適職を探すときのポイント
  • ポイント①:ストレングスファインダーだけで職業を絞らないこと
  • ポイント②:正直に回答すること
  • ポイント③:強みを伝えられるエピソードを探しておくこと

 

ポイント①:ストレングスファインダーだけで職業を絞らないこと

ストレングスファインダーで適職を探すときのポイントの1つ目は、ストレングスファインダーだけで職業を絞らないことです。

ストレングスファインダーだけで職業を絞り込むことは避けるべきです。

その理由は、職業選択は複雑な要素の組み合わせであり、個人の強みだけでなく、興味、価値観、経験なども考えなくてはならないからです。

例えば、ストレングスファインダーであなたのコミュニケーション能力やリーダーシップスキルが強みだという結果になっても、それだけで自分の将来の仕事が決まってしまうということはありません。

ストレングスファインダーは職業選択において便利なツールですが、それだけに依存しないようにしましょう。

ストレングスファインダーは強みや才能に関する情報を与えてくれますが、その結果だけで完全な職業選択を行うことは難しいです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

ポイント②:正直に回答すること

ストレングスファインダーで適職を探すときのポイントの2つ目は、正直に回答することです。

ストレングスファインダーを有効に活用するためには、正直に回答することが肝心です。

ストレングスファインダーは、個人の真の強みや才能を明確にするために設計されていて、正直な回答だけが正しい結果を出してくれます。

また、回答に嘘や偽りがあると、結果が歪んでしまい、適切なアドバイスがなされません。

例えば、コミュニケーション能力に自信がないのに、「意図的に人と話すのが得意」というような回答をすると、本来のあなたの強みが分からなくなってしまいます。

ストレングスファインダーの結果を信ぴょう性のあるものにするためには、正直な回答を心がけましょう。

就活生くん

正直に解答するのは、他の診断ツールでも同じですよね。

ストレングスファインダーをやるときも気を付けます。

その通りです。

正直に自分自身の特性を反映した回答を行いましょう。

ストレングスファインダーで正しく自分の強みを知って適職を見つけましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

ポイント③:強みを伝えられるエピソードを探しておくこと

ストレングスファインダーで適職を探すときのポイントの3つ目は、強みを伝えられるエピソードを探しておくことです。

ストレングスファインダーを活用する際には、自身の強みを具体的なエピソードで伝えられるよう準備しておきましょう。

就活のESや面接においては、エピソードを通じて自身の強みや才能を具体的に示すことができます。

強みが分かったときに、エピソードの裏付けがあれば、企業や面接官に納得感のある自己PRを見せることができます。

例えば、ストレングスファインダーで「柔軟性」や「問題解決力」があなたの強みとわかったのなら、それに関連する経験や成功体験を思い出し、それをエピソードとしてまとめておきましょう。

自身の強みをストレングスファインダーの結果に基づいて示すために、具体的なエピソードを準備することが大切です。

就活生ちゃん

たしかに、エピソードがあると説得力がありますね。

でもエピソードが思い浮かばないときはどうすればいいですか?

エピソードをまとめてみることが、自分の理解を深めることにつながります。

就活ではそのエピソードが話せると、面接で自己PRの説得力が増します。

エピソードについて困ったときはこちらの記事をぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

                                                   

適職診断を選ぶ時に役立つ記事一覧

「忙しいので効率的に就活を進めたい」という就活生には、 無料・登録なしの適職/職業診断 という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、あなたにぴったりの適職が見つけられる適職診断ツールが分かり、効率的に就活を進められるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


ストレングスファインダーを使うメリット3選

就活生くん

ストレングスファインダーについて、注意すべきことが分かってよかったです。

就活生ちゃん

今度は、ストレングスファインダーについてのメリットを知っておきたいです。
わかりました!

それではここで、ストレングスファインダーを使うメリットをいくつか紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

ストレングスファインダーを使うメリットは、主に次の3つになります。

 

ストレングスファインダーを使うメリット3選
  • メリット①:自分のやる気スイッチがわかる
  • メリット②:自分の向いている働き方がわかる
  • メリット③:自分の成長の方向性が見えてくる

 

それでは順番に解説していきます。

 

メリット①:自分のやる気スイッチがわかる

ストレングスファインダーを使うメリットの1つ目は「自分のやる気スイッチがわかること」です。

ストレングスファインダーに書かれたアドバイスで、自身のやる気やモチベーションの源泉を知ることができるからです。

自身の強みを活かすことで、仕事への取り組みがより充実感や達成感が湧いてきます。

例えば、ストレングスファインダーで「創造性」や「チームワーク」があなたの強みとして浮かび上がった場合、自身が新しいアイデアを出し合いながらチームで働く環境にやる気を感じるかもしれません。

ストレングスファインダーを利用することで、自身のやる気スイッチを見つけ、就活や仕事のモチベーションを高めましょう。

就活生ちゃん

達成欲が自分の強みと知れてうれしかったです。

それこそやる気スイッチですね!

ストレングスファインダーで自分の意外な一面や良さを知ってやる気を上げていきましょう!

「就活の教科書」編集部 井上

 

メリット②:自分の向いている働き方がわかる

ストレングスファインダーを使うメリットの2つ目は「自分の向いている働き方がわかること」です。

ストレングスファインダーによって自身が最も効果的に働くことができる働き方や環境を理解することができます。

ストレングスファインダーを使うと個人の強みや特性にについてわかるので、自身にとってより生産的で満足度の高い働き方を見つけることができるからです。

自身の強みに基づいた働き方や環境では、能力を最大限に発揮しやすくなります。

例えば、ストレングスファインダーで「分析力」や「独立性」があなたの強だった場合、自身が自律的に課題に取り組み、自分のペースで作業ができる環境が向いているといったことが分かり、適職探しに役立ちます。

ストレングスファインダーを活用することで、自身が最も適した働き方や環境を把握し、効果的に活躍することができます。

ストレングスファインダーは適職探しに役立つことは間違いないです。

なお、ストレングスファインダーの結果が絶対ではないので、あくまで自己分析の補助として上手に活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

 

メリット③:自分の成長の方向性が見えてくる

ストレングスファインダーを使うメリットの3つ目は「自分の成長の方向性が見えてくること」です。

ストレングスファインダーで、強みと弱みを把握することで、それらを自分の成長に繋げていくことができるからです。

例えば、ストレングスファインダーで「リーダーシップ」や「問題解決力」があなたの強みとしてわかったのなら、リーダーシップスキルを更に磨いてマネージャーやプロジェクトリーダーとして成長することを目指すといいかもしれません。

就職後のキャリアを見据えて、自分の強みを活かしてより成長していきましょう。

一方で、ストレングスファインダーは、自分の弱み=「成長を妨げるもの」についても知ることができます。

弱みを知り、その改善に努めれば、さらなる自分の成長につながり、仕事の選択肢が広がってゆくはずです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

ストレングスファインダーに関するよくある質問

就活生くん

ストレングスファインダーって便利ですね。

ストレングスファインダーを使って適職探しに役立てようと思います!

就活生ちゃん

ストレングスファインダーを使った正しい適職の探し方が分かってよかったです!

何か他にストレングスファインダーについて知っておいた方がいいことってありますか?

ストレングスファインダーを使って、効率的に自己分析を進めていきましょう!

それでは最後に、ストレングスファインダーに関するよくある質問について解説します。

「就活の教科書」編集部 井上

ストレングスファインダーに関するよくある質問
  • 質問①:ストレングスファインダーで適職を探すのは有料?
  • 質問②:ストレングスファインダーの他に自己分析をする方法は?
  • 質問③:ストレングスファインダーで向いてる仕事はわかるの?

 

質問①:ストレングスファインダーで適職を探すのは有料?

ストレングスファインダーに関するよくある質問の1つ目は「ストレングスファインダーで適職を探すのは有料?」です。

回答としては、ストレングスファインダーは一般的に有料です。

ストレングスファインダーは、ギャラップ(Gallup)が開発したアセスメントツールであり、一般的にはギャラップの公式ウェブサイトや認定されたコーチやプラクティショナーを通じて利用することができます。

有料のパッケージには、アセスメントへのアクセスや結果レポート、個別の解釈やアドバイスが含まれる場合があります。

就活生ちゃん

私は本を買ってストレングスファインダーをやってみました!
ストレングスファインダーの本を購入することで、利用することができます。

「就活の教科書」編集部 井上

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 最新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 最新版 ストレングス・ファインダー2.0

ジム・クリフトン, ギャラップ
2,420円(04/23 10:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

質問②:ストレングスファインダーの他に自己分析をする方法は?

ストレングスファインダーに関するよくある質問の2つめは「ストレングスファインダーの他に自己分析をする方法は?」です。

ストレングスファインダーの他にも、自己分析する方法はたくさんあります!

以下ではストレングスファインダーの他にある、無料で簡単に適職探しや自己分析を行えるツールを紹介します。

ストレングスファインダーの他の自己分析診断ツール
ツール名 特徴 こんな人におすすめ 質問数 / 時間
・100万人のデータと251問の質問から性格診断
・就活生の2人に1人が利用
・SPI性格検査対策にも使える
・とにかく自己分析がしたい
・自分の強みと弱みを正確に知りたい
・自己PRで使える長所を見つけたい
251問 /
約20分
記述形式、自己分析結果から企業のスカウトが届く 自分の価値観を言葉にしたい 4問 /
約20分
知的テストも受けられる 自分の隠れた才能や性格を詳しく知りたい 90問
あなたの強みを活かせる仕事や業界がわかる 活き活きと働ける仕事を知りたい 30秒
VIEW 価値観と経歴からあなたの天職を診断 20代~30代で自分に合う業界を知りたい、市場価値を知りたい 24問 /
約3分
16Personalities MBTI性格診断 具体的な分析がしたい 60問 /
約10分

自己分析をやる方法をまとめた記事があるので、こちらもぜひよんでみてください。

 

質問③:ストレングスファインダーで向いてる仕事はわかるの?

ストレングスファインダーに関するよくある質問の3つ目は「ストレングスファインダーで向いてる仕事はわかるの?」です。

回答としては、ストレングスファインダーで向いている仕事をある程度知ることは可能です。

ストレングスファインダーは自分の強みを知るのに役立ち、強みを活かした職業探しをすることができます。

ストレングスファインダーを上手に使って自分に向いている仕事を見つけましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


まとめ:適職を探す時は、ストレングスファインダーを役立ててみよう!

この記事ではストレングスファインダーで適職を探す方法について詳しく解説しました。

また、ストレングスファインダーの強みを活かせる適職一覧やストレングスファインダーに関するよくある質問もご紹介しました。

この記事を読んだことで、ストレングスファインダーや適職に関する皆さんの疑問を解消できていたら嬉しい限りです!