【最新版】印刷業界の就職偏差値ランキング | 大手3社,学歴,難易度も

本ページはプロモーションを含みます

最新版】印刷業界の就職偏差値ランキング一覧 | 仕事内容,上位企業3社の解説も

この記事でわかること
  • 就職偏差値とは、2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したもの
  • 印刷 / 製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング一位は、日本製紙 王子ホールディングス
    一覧はこちら
  • 印刷業界の種類は「出版印刷と商業印刷」、製紙パルプ業界の種類は「紙と板紙」
  • 印刷業界の平均年収は約400〜500万円
  • 製紙パルプ業界の平均年収は約496万円
  • 印刷業界や製紙パルプ業界では、基本的に福利厚生は充実している企業が多い
  • 人気な優良企業と出会うのに使えるおすすめツール
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
ホワイト企業からスカウトGET
(OfferBox)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部です。
この記事では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングについて解説していきます。
就活生の皆さんは、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングを知っていますか?

「就活の教科書」編集部

就活生くん

僕は、印刷・製紙パルプ業界に就職したいと考えています。
その中でも就職編偏差値の高い企業に就職したいのですが、印刷・製紙パルプ業界で就職偏差値が高い企業がわかりません・・・

就活生ちゃん

私も印刷・製紙パルプ業界で就職偏差値が高い企業を知りたいです。
また、印刷・製紙パルプ業界の平均年収や福利厚生なども教えて欲しいです。
印刷・製紙パルプ業界は就活生にとって比較的人気の業界です。
だからこそ、印刷・製紙パルプ業界を狙うのなら就職偏差値が高い企業に入社したいですよね。
また、印刷・製紙パルプ業界の年収や福利厚生なども気になりますよね。

「就活の教科書」編集部

 

そこでこの記事では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングについて解説していきます。

合わせて、印刷・製紙パルプ業界の業界研究や、就職偏差値ランキングの全体概観についても紹介します。

この記事を読めば、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングが高い企業がわかり、穴場の優良企業に出会えるチャンスが増えます。

印刷・製紙パルプ業界で就職偏差値ランキング上位の企業に就職したい学生や、印刷・製紙パルプ業界の年収・福利厚生などを知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、「学歴フィルターを気にせず、優良企業に就職したい!」なら、OfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生】学歴不要で優良企業に出会うために使えるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はOfferBoxでホワイト企業からスカウトをもらうのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

そもそも就職偏差値とは?

就活生くん

よくネットで就職関係のことを見ていると、「就職偏差値」という言葉を目にします。
就職偏差値ってそもそも何なのでしょうか?
結論から言うと、就職偏差値とは、2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

「就活の教科書」編集部

 

つまり、就職偏差値は企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作られているランキングです。

就職偏差値ランキングは、主に以下のような要素をもとに作られています。

就職偏差値ランキングの要素
  • 年収
  • 将来性
  • 人気度
  • 求人倍率
  • ホワイト度
  • 内定者の学歴
  • 企業の知名度

など

 

このような要素をもと作られているので、就活生が企業を選ぶときの判断要素にはなります。

しかし、就職偏差値ランキングは、個人が勝手に作っているものなので、作る人や年度によって順位が変動することは覚えておきましょう。

就職偏差値に関する詳しいことは「就職偏差値ランキング(2020最新版)信用して大丈夫?」にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

就職偏差値は大学の偏差値とは全く異なるので、就職偏差値が高い企業に入ったからと言って、必ずしも幸せになるとは限りません。

次は、いよいよ印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

 

また「印刷業界の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒【就活】印刷/製紙業界の就職偏差値ランキング&年収調査!(凸版印刷/大日本印刷/王子製紙/大王製紙/日本製紙/レンゴー)

 

「ホワイト企業を教えて欲しい!」「自分に合った企業を知りたい!」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業から特別招待がもらえます。

「あなたの価値観に合ったホワイト企業」からスカウトをもらって選考に進みたい方は、OfferBoxを利用し、自動でホワイト企業を教えてもらいましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みをもとに15,366社以上の優良企業から特別招待が届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業の特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【最新】印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング

就活生ちゃん

就職偏差値ランキングで上位の企業に就職したいです。
なので、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングについて教えてください。
わかりました。
では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングを紹介します。

就職偏差値は、就職偏差値ランキング委員会が2chの意見を元に作成したランキングを参考にしています。

厳密な偏差値を表すものではなく、選考難易度の目安として参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

「自分に合う職業は何だろう…」「自分は今の仕事で良いのかな…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめです。

LINE適職診断を使うと、あなたの適職を16タイプで診断してくれ、あなたの強みを活かせる仕事がわかります。

すでに75,000人以上の就活生や転職者が利用しているため、ぜひあなたも診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断に参加してみる

 

Sランク:難関国公立大レベル
[64]
日本製紙 王子ホールディングス
[60]レンゴー

 

Aランク:上位国公立大レベル
[59]
 三菱製紙 凸版 大日本印刷
[58] 北越製紙 日写 フォームズ
[57] 日本紙パルプ商事 巴川製紙所
[56] 大王製紙 大昭和板紙
[55] 中越パルプ

 

Bランク:地方国公立大レベル
[54]
 共同
[53] 新生紙パルプ商事 トーモク 三島製紙 日本トーカンパッケージ 図書
[52] 東海パルプ 昭和パックス 特種製紙 三浦 亜細亜
[50] 紀州製紙 イムラ封筒

 

Cランク:日東駒専レベル
[48]
 岡山製紙
[46] 東罐興産

参考:http://jobrankingcommittee.com/contents.php?c0=5&c1=1&c2=6

ここで紹介した就職偏差値は、SランクからCランクまでありますが、「Cランクだからダメな企業」と言うわけではありません。
どれも優良企業です。

次は、印刷業界・製紙パルプ業界の業界研究について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

印刷・製紙パルプ業界の業界研究3選

就活生くん

印刷・製紙パルプの就職偏差値ランキングは把握できました。
そもそも、印刷・製紙パルプ業界はどのような業界なのでしょうか?
教えてください。
わかりました。
では、印刷・製紙パルプ業界について以下の3つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部

印刷・製紙パルプ業界の業界研究3選
  • 業界研究①:印刷・製紙パルプの種類
  • 業界研究②:仕事内容
  • 業界研究③:将来性
それでは、印刷・製紙パルプ業界の業界研究3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

業界研究①:印刷・製紙パルプの種類

印刷・製紙パルプ業界の業界研究1つ目は「印刷・製紙パルプの種類」です。

印刷業界や製紙パルプ業界では、業界内でもさらに以下のように分類できます。

印刷業界の種類
  • 出版印刷⇒ 出版社や新聞社、研究機関が発行するものを印刷
    (例)新聞・書籍・雑誌・地図・教科書など
  • 商業印刷⇒ 顧客は一般企業で、事業活動に使用されるものを印刷
    (例)チラシ・パンフレット・ポスター・カタログ・会社案内など
製紙パルプ業界の種類
  • ⇒ 新聞や雑誌、書籍などの印刷、ティッシュやトイレットペーパーなどの衛生用品を生産する
  • 板紙⇒ ダンボールに使用される原紙を生産

 

このように印刷業界と製紙パルプ業界で種類も違ってきます。

そのため、自分がどの種類の仕事に携わりたいのかを把握するために、自己分析は必須となります。

自己分析は、やキミスカ適性検査を使うことをおすすめしています。
そこで、正しい自己分析のやり方や、「キミスカ適性検査」を知りたい就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

業界研究②:仕事内容

印刷・製紙パルプ業界の業界研究2つ目は「仕事内容」です。

印刷業界では、顧客から依頼を受けて多くの印刷物の企画や製作を行い、印刷して顧客へ納品する仕事です。

また、近年では有機ELディスプレイや機能性フィルムなどの研究開発も行っています。

一方で、製紙パルプ業界では、素材の研究や開発を行ったり、植林事業を展開するために海外で研究をしたりします。

このように、印刷業界と製紙パルプ業界では、仕事内容も異なります。

そのため、自分がどの業界・どの企業に行きたいのかを正確に把握することが重要です。

間違った業界研究や企業研究をしている就活生は多く、入社後に後悔する学生が増えてきています。
そこで、正しい業界研究や企業研究を知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

業界研究③:将来性

印刷・製紙パルプ業界の業界研究3つ目は「将来性」です。

印刷・製紙パルプ業界の将来性は厳しいですが、衰退することはないです。

なぜなら、まだまだ紙やダンボールなどは必要とされているからです。

しかし、以下のような課題はあります。

印刷・製紙パルプ業界の課題
  • インターネットの発達
  • 電子媒体の普及
  • ペーパーレス化
  • 原料高

 

印刷業界・製紙パルプ業界ともに国内では頭打ちになっているのが現状です。

また、市場も横ばい状態いが続いています。

しかし、デジタル化が進んいるものの、紙は日常生活においてまだまだ必要不可欠な状態です。

そのため、就職偏差値ランキングで上位の企業で、海外新種を積極的に行っている企業を狙うと良いです。

印刷業界・製紙パルプ業界の将来性は明るいとは言えませんが、まだまだ需要のある業界です。
海外展開に力を入れている企業をおすすめします。
次は、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングTOP3社について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

                                                   

企業・業界の就職偏差値に関する記事一覧

「自分が行きたい企業・業界の就職偏差値は高いの?」という就活生には 企業の就職偏差値ランキングTOP200 という記事がおすすめです。

この記事を読めば、あなたが志望する企業の就職偏差値が分かるので、ぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

「ホワイト企業を教えて欲しい!」「自分に合った企業を知りたい!」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業から特別招待がもらえます。

「あなたの価値観に合ったホワイト企業」からスカウトをもらって選考に進みたい方は、OfferBoxを利用し、自動でホワイト企業を教えてもらいましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みをもとに15,366社以上の優良企業から特別招待が届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業の特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングTOPの大手3社

就活生ちゃん

印刷・製紙パルプ業界についてはわかりました。
では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値で上位企業について詳しく教えて欲しいです。
わかりました。
では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング上位3社について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングTOP3社
  • 1位:日本製紙
  • 2位:王子ホールディングス
  • 3位:レンゴー
それでは、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングTOP3社について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

1位:日本製紙

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング1位は「日本製紙」です。

日本製紙は業界2位の製紙会社です。

日本製紙の事業内容は「紙・紙パック」「ケミカル」「エネルギー」「アグリ」「セルロースナノファイバー」「木材・建材」「レジャー」「海外展開」を行っています。

日本製紙の基本情報
  • 売上高:約1兆円
  • 従業員数:約12592人
  • 平均年収:約670万円

 

日本製紙は売上高も高く、年収も比較的高くなっています。

年齢別年収は以下のようになります。

年齢別の年収
  • 20代:約322~468万円
  • 30代:約493~510万円
  • 40代:約569~651万円

 

日本製紙は、積極的に海外展開を行っています。

就職偏差値ランキングで上位の企業だからこそ、企業研究が重要になります。

日本製紙は、就職偏差値も高く、製紙パルプ業界で人気の企業なので、就職難易度も高いです。

「就活の教科書」編集部

 

2位:王子ホールディングス

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング2位は「王子ホールディングス」です。

王子ホールディングスは業界1位の売上高を持つ企業です。

王子ホールディングスの連結事業内容は「産業資材」「生活消費財」「機能材」「資源環境ビジネス」「印刷情報メディア」などです。

 

王子ホールディングスの基本情報
  • 売上高:約1.5兆円
  • 従業員数:約36810人
  • 平均年収:約834万円

 

王子ホールディングスは、千葉県に国内最大級の段ボール工場を持っており、海外事業の拡大にも力を入れています。

また、年齢別年収は以下のようになります。

年齢別の年収
  • 20代:約471~692万円
  • 30代:約800~860万円
  • 40代:約920~976万円

 

王子ホールディングスは、段ボールやトイレットペーパーなどの生活密着型用品で強みを発揮している企業です。

そのため、年収や福利厚生だけで企業を選ぶのではなく、入社して何がしたいのかで選ぶようにしましょう。

就職偏差値ランキングで上位の企業でも、どの分野で強みを持っているのか異なるので、自分がどの企業に行きたいのかを考える必要があります。

「就活の教科書」編集部

 

3位:レンゴー

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング3位は「レンゴー」です。

レンゴーは業界3位の売上高を持っている企業です。

レンゴーの事業内容は「製紙事業」「段ボール事業」「紙器事業」「軟包装事業」「重包装事業」「海外事業」です。

レンゴーの基本情報
  • 売上高:約6837億円
  • 従業員数:約18902人
  • 平均年収:約717万円

 

レンゴーの強みは、板紙・段ボール・紙器・軟包装・重包装などの豊富な製品ラインアップでお客様の包装ニーズに対応できるところです。

また、年齢別年収は以下のようになります。

年齢別の年収
  • 20代:約308~493万円
  • 30代:約523~540万円
  • 40代:約603~689万円

 

レンゴーも日本製紙や王子ホールディングスと同様に、海外事業の拡大を図っています。

このように、海外展開に注力しており、就職偏差値ランキング上位の企業を狙うことをおすすめします。

印刷業界・製紙パルプ業界では、海外展開に力を入れているのかどうかを見てみてください。
次は、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング全体概観について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング全体概観3選

就活生くん

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングにある企業の年収や福利厚生などについて知りたいです。
わかりました。
では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング全体概観を以下の3つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング全体概観3選
  • 概観①:年収
  • 概観②:福利厚生
  • 概観③:残業時間
それでは、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング概観3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

概観①:年収

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング概観1つ目は「年収」についてです。

印刷業界の平均年収は約400〜500万円となっています。

一方で、製紙パルプ業界の平均年収は約496万円となっています。

これらの年収は業界全体の年収なので、就職偏差値ランキング上位の企業は、もっと高くなっています。

企業を選ぶ上で年収は大切なので、行きたい企業の年収は調べておきましょう。

年収の高い業界や企業を知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

概観②:福利厚生

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング概観2つ目は「福利厚生」についてです。

印刷業界や製紙パルプ業界では、基本的に福利厚生は充実している企業が多いです。

そこで、就職偏差値ランキング上位の「日本製紙」と就職偏差値ランキング下位の「岡山製紙」の福利厚生を比較すると、次のようになります。

日本製紙 岡山製紙
社宅 各種社会保険
独身寮 退職金制度
住宅手当 借上独身寮
住宅融資制度 年次有給休暇
保養所 従業員持株会
産前産後休暇 社員食堂
育児休暇・育児休業制度 慶弔休暇
育児短時間勤務制度 育児休暇
保存休暇(年次有給休暇の失効分)適用制度 介護休暇
年次有給休暇制度 産休・育休制度
介護休業制度 資格取得制度 など
リフレッシュ休暇
リフレッシュ援助金
カフェテリアプラン など

 

このように、この記事で紹介した印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングにある企業の福利厚生は、かなり充実しています。

もちろん、就職偏差値が高い日本製紙の方が福利厚生は良いですが、岡山製紙もそれなりに良いです。

印刷業界・製紙パルプ業界に関わらず、働く上で福利厚生はかなり大切なので、自分なりに調べてみてください。

福利厚生に惹かれて入社したい人がいる一方で、福利厚生を志望動機で伝えるにはコツがいります。
下記の記事で、詳しく解説しているので、合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部

 

概観③:残業時間

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング概観3つ目は「残業時間」についてです。

印刷・製紙パルプ業界の平均残業時間は約30時間〜40時間となっています。

印刷業界も製紙パルプ業界も納期がある業界なので、比較的残業時間が多くなります。

また、就職偏差値ランキングで上位企業だからといって、残業時間は少なくなるとは限りません。

そのため、会社説明会や企業研究などをして、自分で調べることが重要です。

年収・福利厚生・残業時間だけを見ると、印刷・製紙パルプ業界ははホワイト企業が多いです。
ホワイト企業がある一方でブラック企業もいくつか存在します。
ブラック企業の見分け方
を下記で解説しているので、避けるためにも下記の記事を合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部

 

 

「ホワイト企業を教えて欲しい!」「自分に合った企業を知りたい!」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業から特別招待がもらえます。

「あなたの価値観に合ったホワイト企業」からスカウトをもらって選考に進みたい方は、OfferBoxを利用し、自動でホワイト企業を教えてもらいましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みをもとに15,366社以上の優良企業から特別招待が届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業の特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

まとめ:印刷・製紙パルプ業界では就職偏差値が高く海外展開をしている企業を狙おう!

この記事では、印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングについて解説しました。

合わせて、印刷・製紙パルプ業界の業界研究や、就職偏差値ランキングの全体概観についても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングで上位企業に就職したい方は、ぜひ復習してみてください。

「就活の教科書」編集部

この記事のまとめ

そもそも就職偏差値とは2ch就職版でユーザーが勝手に作ったもの

【最新】印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング

印刷・製紙パルプ業界の業界研究3選

  • 業界研究①:印刷・製紙パルプの種類
  • 業界研究②:仕事内容
  • 業界研究③:将来性

印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキングTOP3社

  • 1位:日本製紙
  • 2位:王子製紙
  • 3位:レンゴー

 印刷・製紙パルプ業界の就職偏差値ランキング全体概観3選

  • 概観①:年収
  • 概観②:福利厚生
  • 概観③:残業時間
印刷業界や製紙パルプ業界では、国内において頭打ちになっているのが現状です。
また、デジタル化やペーパーレス化の影響で伸び悩んでいるのも事実です。
しかし、生活する上で紙はまだまだ必要とされています。
そのため、急激に衰退することはないです。
今後、印刷業界や製紙パルプ業界に就職する方は、就職偏差値ランキング上位の企業で、海外展開を積極的に行っている企業を狙ってみてください。

「就活の教科書」編集部