【将来性あり!】シンクタンクに向いている人の特徴7選 | 向いていない人,必要なスキルも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!
メモ

この記事は「シンクタンクに向いている人」というテーマで進めていきます。

あわせて、シンクタンクに向いていない人シンクタンクで求められるスキルもご紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

◆この記事を特に読んでもらいたい皆さん

  • 「シンクタンクに向いているかどうか」が不安な就活生の皆さん
  • 「シンクタンクに求められるスキル」に興味がある就活生の皆さん

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【コンサルとの違いは?】シンクタンクの仕事内容について

就活生ちゃん

シンクタンクという仕事を最近知ったのですが、どんなことをしている仕事なのでしょうか?

シンクタンクという言葉を、聞いたことがない方は多いのではないでしょうか。

それでは、シンクタンクについてざっくり説明しますね。

就活アドバイザー 京香

 

シンクタンク:さまざまな分野の専門家が問題解決の提案をする機関

シンクタンクとは「さまざまな分野の専門家が問題解決の提案をする機関」です。

政治・経済・科学技術など、幅広い分野にわたる事柄を調査・研究をする研究機関のことです。

シンクタンクとは英語の「think tank(考える タンク)」に由来していて、頭脳集団などと表現されることもあります。

シンクタンクは、政府や企業からある分野での調査依頼を受けて、調査結果をまとめて提出することで利益を上げています。

 

シンクタンクとコンサルティングファームの違い

シンクタンクとコンサルティングファームの明確な違いは、「クライアントの利益を追求するかどうか」というところにあります。

シンクタンクは、クライアントからの調査依頼を受けて、調査結果を提出することで業務は終了です。

調査結果を提出するだけですから、クライアントに何かしらのアドアイスを送ることもありません。

一方でコンサルティングファームは、クライアントからの依頼に対して調査だけでなく、フィードバックを行いクライアントの利益の最大化を図ります。

また、シンクタンクが研究機関であるというのも大きな違いですね。

しかし「シンクタンクコンサルティング」という、シンクタンク企業がクライアントにフィードバックを与える企業もあります。

 

シンクタンクで働いている人の実際の声(旧Twitter/X)

就活生ちゃん

シンクタンクのイメージが固まってきました!

ですが、実際に働いている人がどのように感じているのか気になります。

そうですね、イメージと実際が違うことはよくある話ですからね。

それでは、旧Twitter/Xの声を聴いてみましょう。

就活アドバイザー 京香

シンクタンクは大変な仕事であると同時に、やりがいの感じられる仕事であるようですね。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

シンクタンクに向いている人の特徴7選

就活生ちゃん

シンクタンクに向いている人の特徴ってどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく教えてください!

確かにシンクタンクに向いている人の特徴について気になりますよね・・・

では以下の項目で説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

◆シンクタンクに向いている人の特徴

  • 特徴①:成長意欲・学習意欲が高い
  • 特徴②:洞察力がある
  • 特徴③:物事を分析することが好き
  • 特徴④:特定の分野に関して深い知見がある
  • 特徴⑤:コミュニケーション能力が高い
  • 特徴⑥:問題解決能力に自信がある
  • 特徴⑦:リサーチ能力がある

それでは見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴①:成長意欲・学習意欲が高い

シンクタンクに向いている人の特徴1つ目は、「成長意欲・学習意欲が高い」です。

シンクタンクの業務は専門性が求められますから、学習意欲がないとなかなか続かないです。

専門性を極めることから、常に何か新しいことを学び続ける必要があります。

周りにも優秀な方が多いので、成長し続けることが必要となります。

シンクタンクで働くと専門性を身に着けることができるので、転職などで有利になるとか。

また、業務全体を通して勉強することが多いことから、シンクタンクの従業員の方は高学歴な方が多いそうですよ。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:洞察力がある

シンクタンクに向いている人の特徴2つ目は、「洞察力がある」です。

シンクタンクの仕事は、データを分析して資料にまとめることにあります。

クライアントはそれぞれの課題を抱えていて、それが解決するような資料を求めています。

ですから、クライアントが資料を見た時に、事物の本質が分かるようにすることが大事です。

洞察力をもって、クライアントが何を求めているのかを理解できる人材が必要なのです。

 

特徴③:物事を分析することが好き

シンクタンクに向いている人の特徴3つ目は、「物事を分析することが好き」です。

前提として、好きなことはつらいことがあっても頑張れるという事実があります。

シンクタンクの業務は、データを分析することに始まります。

データといってもその量は膨大なものとなりますから、長い時間分析することに時間を割くことになります。

その中で、データの共通点や相違点を発見することが求められます。

ですから、長時間の分析でも高いパフォーマンスを発揮するため、物事を分析することが好きな人は向いているといえます。

物事を考えることが好きな人は、以下の記事を参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:特定の分野に関して深い知見がある

シンクタンクに向いている人の特徴4つ目は、「特定の分野に関して深い知見がある」です。

なぜなら、シンクタンクの仕事では専門的な知識が求められるからです。

というのも、クライアントからある特定の分野に関する調査を依頼されるので、専門知識がないと仕事になりません。

また、専門知識があることで他の人との差別化を図ることができます。

シンクタンク企業は文系よりも理系の採用の方が多いそうです。

有名な野村総合研究所を例にすると、文系:理系=2:1の比率だそうです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:コミュニケーション能力が高い

シンクタンクに向いている人の特徴5つ目は、「コミュニケーション能力が高い」です。

シンクタンクの仕事は、クライアントがありきで成立する仕事です。

クライアントの抱える問題や解決したい課題をくみ取って、調査をしなければなりません。

また、チームで協力して調査や資料のまとめに取り組むので、円滑なコミュニケーションを図る必要があります。

円滑に業務を進めるため、コミュニケーション能力は身に着けておきたいです。

 

特徴⑥:問題解決能力に自信がある

シンクタンクに向いている人の特徴6つ目は、「問題解決能力に自信がある」です。

シンクタンクの仕事は、「シンクタンクコンサル」を行うことがあります。

シンクタンクコンサルティングとは、シンクタンクの知識を活かしてコンサルティングを行うことです。

クライアントは、何かしらの課題を抱えているのでシンクタンクに依頼をします。

つまり、課題を解決することがシンクタンク企業にとってのゴールとなるのです。

ですから、シンクタンクコンサルにおいて、問題解決能力は必ず必要とされる能力なのです。

全てのシンクタンク企業が「シンクタンクコンサル」を行っているわけではありません。

ですから、必ずしも直接的にクライアントの課題を解決するわけではないのです。

シンクタンクはデータを資料にまとめて、クライアントが個人で課題を解決をするケースの方が多いのです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:リサーチ能力がある

シンクタンクに向いている人の特徴7つ目は、「リサーチ能力がある」です。

ここでいうリサーチ能力とは、情報を収集して分析する能力のことです。

シンクタンクの仕事は、情報を収集して分析することにあるので、まさに必要とされている能力なのです。

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

シンクタンクに向いていない人の特徴5選

就活生ちゃん

シンクタンクに向いている人の特徴がよくわかりました!

それとは反対に、シンクタンクに向いていない人の特徴は何かあるのでしょうか?

そうですね、向いていない特徴というものは存在します。

それでは、シンクタンクに向いてない人の特徴についてご紹介させていただきます。

就活アドバイザー 京香

◆シンクタンクに向いてない人の特徴

  • 特徴①:こだわりが強く、思い込みが激しい
  • 特徴②:コミュニケーションが得意でない
  • 特徴③:体力に自信がない
  • 特徴④:あらゆる分野を浅く広く学びたい
  • 特徴⑤:チームではなく個人で働くことが好き

 

特徴①:こだわりが強く、思い込みが激しい

シンクタンクに向いてない人の特徴1つ目は、「こだわりが強く、思い込みが激しい」です。

シンクタンクの仕事は、研究や調査をすることになりますから、客観的に考えることができなければなりません。

研究や調査というは主観的なものではなく、客観的なものでなくてはなりません。

こだわりや思い込みが介入すると、主観的なものとなってしまいます。

思い込みが激しいという性格はシンクタンクに向いていないといえますが、こだわりが強いだけの性格の人でしたら向いているといえるでしょう。

こだわりを持って長期間研究に打ち込める方は成果を残せるからです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:コミュニケーションが得意でない

シンクタンクに向いてない人の特徴2つ目は、「コミュニケーションが得意でない」です。

近頃シンクタンク企業では、コンサルティングを行うケースも増えてきました。

コンサルティングを受けた際に、コミュニケーションが苦手であったら、クライアントからの信頼を失ってしまうことになります。

しかし、コンサルティング行っていない企業もまだありますので、コミュニケーションが苦手な方は、シンクタンクだけを扱っている企業に就職してみてはどうでしょうか。

 

特徴③:体力に自信がない

シンクタンクに向いてない人の特徴3つ目は、「体力に自信がない」です。

シンクタンクは、残業時間が月50時間以上の企業が多いため、体力の消耗が激しいです

日本の平均残業時間は25時間といわれていますから、かなりの体力が必要とされます。

ですから、体力に自信のない人は、シンクタンクに向いていないといえます。

シンクタンク研究員として日々過ごすことになるので、新しいことを学び続けることや未知の領域に踏み込むこともあります。

そういった意味でも、体力や忍耐強さが要求されます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:あらゆる分野を浅く広く学びたい

シンクタンクに向いてない人の特徴4つ目は、「あらゆる分野を浅く広く学びたい」です。

シンクタンクは専門的な知識が問われる仕事です。

なぜならシンクタンクで働くということは、研究員として働くこととほぼ同じ意味だからです。

研究員として働くということは、狭く深い知識が要求されることになります。

ですから、あらゆる分野を浅く広く学びたい方は、シンクタンクとして働くことをおすすめしません。

 

特徴⑤:チームではなく個人で働くことが好き

シンクタンクに向いてない人の特徴5つ目は、「チームではなく個人で働くことが好き」です。

シンクタンクの調査は大規模になるので、チームを組んで課題解決に取り組みます。

複数人で連携することが必要なので、コミュニケーション能力が必要となってきます。

ですから、一人でもくもくと作業をしたいという方は向いていないでしょう。

シンクタンクは、チームプレイが要求される仕事です。

チームプレーが苦手という方は、以下の記事を参考にしてみるといいかもしれませんよ。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

シンクタンクの仕事に求められるスキル

就活生ちゃん

シンクタンクに向いている人、向いていない人の特徴がよくわかりました。

ところでなんですが、シンクタンクの仕事に求められるスキルを教えていただきたいです。

わかりました。

それでは、シンクタンクの仕事に求められるスキルについてご紹介します。

就活アドバイザー 京香

◆シンクタンクの仕事に求められるスキル

  • その①:分かりやすい文書を作成するスキル
  • その②:プレゼンテーション/コミュニケーションスキル
  • その③:問題解決/論理的思考能力

 

その①:分かりやすい文書を作成するスキル

シンクタンクの仕事に求められるスキル1つ目は、「分かりやすい文書を作成するスキル」です。

なぜなら、シンクタンクの業務では、研究や調査の結果を資料としてまとめる必要があるからです。

クライアントは、シンクタンク企業のまとめた資料を、事業の成功や発展のために用います。

シンクタンク企業は、クライアント側にフィードバックを与えることがありませんから、分かりやすい文書を作成するスキルが必要となるのです。

 

その②:プレゼンテーション/コミュニケーションスキル

シンクタンクの仕事に求められるスキル2つ目は、「プレゼンテーション/コミュニケーションスキル」です。

シンクタンクの中には、その情報を活かして企業に対してコンサルティングを行うケースがあります。

クライアントに解決案を提案する際には必ず、プレゼンテーションする機会が設けられます。

また、クライアントとの会話を通して、抱えている課題が何であるかを聞き取るコミュニケーション能力が必要です。

コンサルティングを請け負うシンクタンク企業の数はそこまで多くないので、必ずしも必要なスキルではありません。

ですが、プレゼンテーション/コミュニケーションスキルがあれば、同期との差別化が図れるのであって損はないスキルでしょう。

転職をする際にも役立ちます!

就活アドバイザー 京香

 

その③:問題解決/論理的思考能力

シンクタンクの仕事に求められるスキル3つ目は、「問題解決/論理的思考能力」です。

クライアントは経営課題や事業の発展のために、シンクタンクに調査の依頼をします。

クライアントには、必ず解決したい課題や問題が存在しているのです。

つまりシンクタンクの仕事のゴールは、クライアントの課題を読み取り、それに基づいた調査をすることにあります。

ですから、問題解決/論理的思考能力が必要となってくるのです。

シンクタンク(think tank)は日本語で「頭脳集団」と訳しますから、このような能力が必要であるというのはよく分かりますね。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

シンクタンクに向いている人に関するよくある質問

就活生ちゃん

シンクタンクについて疑問に思っていたことが解決しました!

他にシンクタンクについて知っておくべきことはありますか?

はい!

それでは最後に、シンクタンクに関するよくある質問ご紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

◆シンクタンクに関するよくある質問

  • 質問①:日本の5大シンクタンクはどこ?
  • 質問②:シンクタンクの将来性はある?
  • 質問③:シンクタンクは激務ってホント?

 

質問①:日本の5大シンクタンクはどこ?

シンクタンクに向いている人に関するよくある質問1つ目は、「日本の5大シンクタンクはどこ?」です。

それでは、売り上げ、年収を基にしたランキングが以下になります。

順位 企業名 売り上げ
1位 野村総合研究所 5288億円
2位 三菱総合研究所 900億円
3位 リンクアンドモチベーション 381億円
4位 船井総研ホールディングス 257億円
5位 ドリームインキュベータ 225億円
順位 企業名 平均年収
1位 野村総合研究所 1235万円
2位 三菱総合研究所 1009万円
3位 ドリームインキュベータ 1034万円
4位 みずほ情報総研 970万円
5位 日本総合研究所 700万円

ランクインしている企業は、一度は名前を聞いたことがある企業なのではないでしょうか。

シンクタンク企業は大企業が多い傾向にあるようですね。

ランキングからもわかる通り、高収入が期待できますね!

流石は「頭脳集団」といったところでしょうか。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:シンクタンクの将来性はある?

シンクタンクに向いている人に関するよくある質問2つ目は、「シンクタンクの将来性はある?」です。

結論から言うと、シンクタンクには将来性があるといえます。

なぜならIT技術の急激な成長で、今世界には多くのデータであふれているからです。

情報というのは、データを分析して、そこから意味を汲み取ることで初めて生まれます。

現代社会を見てわかる通り、情報の持つ力は絶大です。

データを分析して、情報を生み出すことのできるシンクタンクは今まさに必要とされている仕事です。

 

質問③:シンクタンクは激務ってホント?

シンクタンクに向いている人に関するよくある質問3つ目は、「シンクタンクは激務ってホント?」です。

結論から言うと、シンクタンクの業務は激務であるといえます。

なぜなら、シンクタンク企業の平均残業時間は50時間を超えることが多いからです。

日本の企業の平均残業時間は25時間といわれています。

一般的な企業の2倍の残業時間があることから、シンクタンクは激務だといえるでしょう。

 

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:シンクタンクに向いている人の特徴を参考に、適職に就こう!

本記事ではシンクタンクに向いている人について詳しく解説しました

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。