【どんな性格?】公務員に向いてる人の特徴9選 | 必要なスキルも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

みなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の京香です。

今回の記事では、公務員の業務内容公務員に向いている特徴の人についてご説明します。

就活生の皆さんの中には、公務員について興味がある人も多いのではないでしょうか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

公務員には僕も興味があります。

でも、公務員って漠然としてて、どんなことをするのかや自分に向いているのかがわかりません。

そこで今回の記事では、「そもそも公務員とは?」「どんな人が公務員に向いているの?」といった疑問にお答えしていきます。

併せて、公務員の魅力公務員が世の中で果たしている役割についても解説していきます。

公務員に興味がある就活生や、将来公務員になりたいと考える就活生は、ぜひこの記事を読んで挑戦してみましょう!!

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそも公務員とは?

公務員に向いている人の特徴を解説するまえに、公務員という仕事の内容について紹介していきます。

就活アドバイザー 京香

 

公務員:「国家公務員」と「地方公務員」がある

公務員には大きく分けて、「国家公務員」「地方公務員」があります。

「国家公務員」とは、国の政府や省庁で働く公務員のことを指します。

彼らは国の政策を実行し、国民の安全や福祉を守る大切な役割を果たしています。

たとえば税制改革や社会保障政策の提案など、国の基盤を支える仕事や、国際交渉にも関与します。

「地方公務員」とは、地方自治体や市町村などの行政機関で勤務する公務員のことを指します。

彼らは地域の住民の生活を支える大切な使命を果たしています。

具体的な業務としては、市民の要望や相談に対応したり、行政手続きを案内・サポートしたりします。

また、地域のイベントやプロジェクトの企画・運営も行います。

住民の声を聞きながら、地域の課題を解決するための取り組みも重要です。

 

公務員の実態(平均年収・平均残業時間・離職率)

就活生くん

公務員がどんなものなのかがざっくりわかりました。

公務員は働きやすいと言うのを聞いたことがあるのですが、平均年収平均残業時間離職率などはどのようになっているのでしょうか?

公務員が働きやすいと言う話を聞いたことがある方もいますよね。

公務員の働き方データについて、地方公務員と国家公務員に分けてお話ししていきますね!

就活アドバイザー 京香

国家公務員の働き方データ

年収は677万円                                  

人事院の「令和4年国家公務員給与等実態調査の結果」によれば、国家公務員の平均年収は約677万円です。平均年収は、夏・冬のボーナス(年間4.4か月分)の支給額を加えて算出されています。平均給与月額は41万3,604円となっており、俸給に地域手当や広域異動手当、俸給の特別調整額、本府省業務調整手当などの諸手当が含まれています。

参考:ユーキャン/人事院

 

平均残業時間は月平均で29.2時間                   

人事院が公表している「国家公務員給与等実態調査」では、2017年で年間350時間の超過勤務があるとされています。月平均では29.2時間の超過勤務を行っているということです。

ちなみに、一般労働者の所定外労働時間は年間131時間となっています。月平均では11時間程度という計算です。

数字で比べた場合、国家公務員の方が残業時間ははるかに多くなっています。単純計算で倍以上あるということです。

参考:資格タイムズ/人事院

離職率は6パーセント前後                        

離職率(平成30年1月15日現在の在職者数に対する同30年度中の離職者数の割合)は給与法適用職員で6.4%、行政執行法人職員で5.8%、全職員で6.5%(男性6.7%、女性5.5%)となっている。

参考:人事院

国家公務員は残業時間が日本の平均よりも高くなっていますね。しかし、年収は日本の平均である443万円より234万円高くなっていますし、離職率も6パーセントと低くなっていることがわかりますね!

次に地方公務員について見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

地方公務員の働き方データ

年収は630万円

「令和3年度地方公務員給与の実態」によれば、地方公務員の平均年収は約630万円です。平均年収は、夏・冬のボーナスの支給額を加えて算出されています。夏・冬のボーナスは東京都の場合で全職種平均が約181万8,400円、一般職員の平均が約173万5,300円、一般職員のうち一般行政職の平均が178万3,100円となっています。平均給与月額は約41万3,374円です。

参考:ユーキャン/人事院

 

平均残業時間は自治体によって異なる                      

地方公務員の場合は、自治体によって残業量が大きく異なります。公務員は民間企業に比べ残業が少ない、ホワイトだというイメージが強いですが、絶対に残業がないということではありません。

民間企業と同じように、残業がほとんどない職場もあれば、そこそこ残業をしなければならない職場もあります。

また同じ職場であっても、部署によって忙しさが全く異なるという例も珍しくありません。

参考:資格の学校TAC

 

離職率は約1.2パーセント                          

平成29年の総務省の調査によれば、地方公務員の離職者数は13万0256人でした。

「普通退職」の4万0676人の中には「在職期間の通算を伴う退職」が含まれており、またその割合が6.4%の8386人でした。

つまり、普通退職による地方公務員の離職者

40676人ー8386人=3万2290人

地方公務員の総職員数が274万2596人であることから、計算式は、

3万2290人÷274万2596人×100=1.2%

となります。

参考:資格Times

地方公務員も、年収が日本の平均である443万円より187万円高くなっていますし、離職率も1.2パーセントととても低くなっていることがわかりますね!

平均残業時間については自治体によって異なるそうなので、自分の興味のある自治体を調べてみてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

公務員に向いている人の特徴9選

就活生くん

僕、公務員になりたいです!自分が向いているのかが心配なのですが、公務員として働くのはどんな人が向いているのでしょうか?

ここからは、公務員に向いている人の特徴についてお話ししていきますね!

就活アドバイザー 京香

公務員に向いている人の特徴
  • 特徴①:国や地域に貢献する意欲がある人
  • 特徴②:適応力や柔軟性がある人
  • 特徴③:コミュニケーション能力が高い人
  • 特徴④:温厚で平和主義な性格の人
  • 特徴⑤:客観的に物事を捉えられる人
  • 特徴⑥:コツコツと真面目に取り組める人
  • 特徴⑦:責任感がある人
  • 特徴⑧:ワークライフバランスを大切にしたい人
  • 特徴⑨:安定した給与にこだわりがある人

 

特徴①:国や地域に貢献する意欲がある人

公務員に向いている人の特徴①は「国や地域に貢献する意欲がある人」です。

これは、公務員の仕事が社会に対する貢献を重要視し、公益のために尽力する職業であるため、その使命感や情熱が求められるからです。

公務員には、複雑な社会的課題に立ち向かう必要が出てくることがあります。

例えば、教育、医療、環境、安全など、多岐にわたる分野で市民、国民のニーズに応えるために奮闘します。

こうした課題に対して積極的に取り組み、解決策を模索していく上で、国や地域に貢献する意欲が必要になることは言うまでもないでしょう。

また公務員は、公共の利益を守り、市民に公平かつ平等にサービスを提供することが使命となります。

この使命を果たす上でも、国や地域に貢献する意欲は重要な要素となるでしょう。

国や地域に貢献したい意欲と、どうして貢献したいのかを明確に言語化する必要がありますね。

なぜ貢献したいのかを伝える上では、実体験を元に話を展開できるとなお良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

特徴②:適応力や柔軟性がある人

公務員に向いている人の特徴②は「適応力や柔軟性がある人」です。

適応力は、新しい状況や環境にスムーズに適応できる能力を指し、柔軟性は、柔軟な発想や行動ができることを指しますね。

なぜこの特徴を持っている人が公務員に向いているのかについて、詳しく説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

「適応力」が大切な理由

公務員の仕事は、多様で変化に富み、時折予測不能な状況に直面するためです。

公務員は、政策の変更、予算の制約、新たな技術の導入など、さまざまな変化に対応しなければなりません。

例えば、法律や規制の改定に伴い、業務プロセスが変更されることがあります。

このような場合、適応力のある公務員は、変更に対応し、効果的に業務を続けることができます。

「柔軟性」が大切な理由

公務員は、さまざまな問題に対処し、多くのステークホルダーと連携する必要があるためです。

柔軟性のある人は、新しいアイデアを受け入れ、異なる視点から課題を考えることができます。

例えば、予算削減が必要な場合、柔軟性を持った公務員は、予算を再配置し、効率的なソリューションを見つけ出す能力を発揮します。

こうした理由から、適応力や柔軟性があることは、公務員として働く上で重要な要素となるでしょう。

過去に適応力や柔軟性を発揮することで、変化やピンチを乗り越えた経験がある人は、とても良いアピールになりますね。過去にそのような経験があるかどうか、自身の経験を振り返ってみましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:コミュニケーション能力が高い人

公務員に向いている人の特徴③は「コミュニケーション能力が高い人」です。

なぜコミュニケーション能力が公務員に求められるのか考えてみましょう。

高いコミュニケーション能力を持つことは、以下の点で役立ちます。

なぜ高いコミュニケーション能力が役に立つのか

①市民との円滑な対話が業務に必要だから

公務員が市民の利益を代表し、彼らの要望や懸念に耳を傾ける役割を果たすからです。

適切なコミュニケーションができると、市民の信頼を築き、サービス提供の質を向上させることができます。

②上司や同僚とのチームプレイが必要だから

公務員は多くの場合、仲間と連携して課題に取り組む必要が出てくるからです。

さらに、公務員には非常事態の際に迅速な情報伝達をする力が求められます。

③非常事態の際に迅速な情報伝達が求められるから

公務員は時折、非常事態や困難な状況に対処しなければなりません。

例えば、災害時の避難対応業務などです。

この際に、迅速かつ効果的な情報伝達や説明能力は、危機への対応を成功させる鍵となります。

これらの理由から、高いコミュニケーション能力があることは、公務員の業務を遂行していく上で重要な要素となるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:温厚で平和主義な性格の人

公務員に向いている人の特徴④は「温厚で平和主義な性格の人」です。

温厚で平和主義な性格の重要性は以下の通りです。

なぜ温厚で平和主義な性格が求められるのか

①公平な判断と公正な対応をする必要があるから

公務員には市民の利益を代表し、法的な義務を果たす責任があるからです。

平和主義の性格が、この責任を果たす上で重要になることは言うまでもないでしょう。

②市民との関わりが多い仕事であるから

温厚で平和主義の性格の持ち主であれば、コミュニケーションにおいて冷静思慮深い態度を示すことができます。

市民からの問い合わせや苦情に対応する際、感情を高ぶらせずに問題を理解し、解決策を提供できるため、信頼関係を築きやすくなります。

③緊急時の混乱の中でも温厚な対応ができるから

公務員は、災害を初めとする緊急時にも、第一線として市民の安全のために業務を遂行します。

平和主義の性格は、危機において冷静さを保ち、パニックを防ぐのに役立つでしょう。

これらの理由から、温厚で平和主義な性格であることは、公務員の業務を遂行していく上で重要な要素となるでしょう。

就活生ちゃん

困った時でも市役所の方が温厚な対応をしてくださると安心しますもんね!

 

特徴⑤:客観的に物事を捉えられる人

公務員に向いている人の特徴⑤は「客観的に物事を捉えられる人」です。

客観的な思考は、感情や主観的な意見に左右されず、客観的な事実やデータをもとに判断する能力を指しますね。公務員の仕事をしていく上でどのように役に立つのか、以下で詳しく説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

客観的に物事を捉えることの重要性は以下の通りです。

なぜ公務員には客観的な思考力が求められるのか

①公平性と公正さを実現するため

公務員は、市民の異なる利益や立場を考慮しながら、公平で公正な意思決定を行う責任があります。

ここで、感情に左右されない客観的な判断は、市民の信頼を維持し、法の下での平等を保つために不可欠です。

②政策の策定や実施、効果の評価を行うため

公務員は政策の策定や実施、効果の評価を行います。ここでは客観的な情報収集と分析が重要になります。

客観的なデータと分析を基に意思決定を行うことは、政策の効果を最大化し、予算の効率性を高めるのに役立ちます。

③危機管理や問題解決を担うことがあるため

公務員は時折、緊急の状況に対処しなければならないことがあります。

感情的な反応ではなく、客観的な事実に基づいた判断ができることで、市民の安全な生活の保持に貢献することができます。

これらの理由から、客観的に物事を捉えられることは、公務員の業務を遂行していく上で重要な要素となるでしょう。

 

特徴⑥:コツコツと真面目に取り組める人

公務員に向いている人の特徴は「コツコツと真面目に取り組む人」です。

真面目な性格は以下のような場面で役に立ちます。

どのような点で真面目な性格が活かされるのか

①業務の正確性と信頼性

公務員は法律や規則に基づいて業務を遂行し、市民に対して公正かつ正確なサービスを提供する責任があります。

真面目な性格の人は、誤りや不正確な情報を許さず、業務において高い品質と信頼性を確保できるでしょう。

②タスク管理と効率性

公務員は多くの業務やプロジェクトに対処する必要があります。

真面目な人は、タスクを適切に管理し、計画的に取り組む能力があるため、公務員に向いていると考えられます。

③法的事務処理

公務員は法律の遵守が求められる立場にあります。

真面目な性格の人は、法的な事務処理において注意深く取り組むことができ、法律に違反しないように努力できる傾向にあるでしょう。

④市民対応

公務員は市民からの問い合わせや要望に対応することが多いです。

真面目な性格の人は、市民のニーズを真剣に受け止め、真摯に対応できる傾向があるでしょう。

⑤危機管理

公務員は時折、非常事態や困難な状況に対処しなければなりません。

真面目な性格の持ち主は冷静な判断を下し、問題解決に集中する能力があります。

感情的にならずに課題に取り組む姿勢は、危機を収束させるのに役立ちます。

 

特徴⑦:責任感がある人

公務員に向いている人の特徴は「責任感がある人」です。

公務員は国民や地域社会のために公共サービスを提供する役割を果たします。

財政管理や予算編成など、税金を使って公共施設やサービスを提供するためには、厳格な責任感が必要です。

予算の使い道を検討し、最適な方法で社会の福祉を向上させるためには、慎重かつ責任感のある判断が求められます。

加えて、公務員には

  • 市民の権利を守る役割がある
  • 市民の安全を守る役割がある

などがあります。

公務員の行動や判断によって、市民の生活が左右されてしまう場合もあるため、責任をもって業務に取り組める人が向いていると言えるでしょう。

 

特徴⑧:ワークライフバランスを大切にしたい人

公務員に向いている人の特徴⑧は「ワークライフバランスを大切にしたい人」です。

ワークライフバランスを大切にしたい人が公務員に向いているのは、民間企業と比較して残業が少ないことが多いからです。

また、有給休暇や休日の取得が奨励されることが一般的です。

そのため、家庭や趣味、プライベートの充実を大切にする人にとって、公務員職は魅力的な選択肢といえるでしょう。

 

特徴⑨:安定した給与にこだわりがある人

公務員に向いている人の特徴⑨は「安定した給与にこだわりがある人」です。

安定した給与にこだわりがある人が公務員に向いているのは、民間企業と比較して給与が安定しているからです。

公務員は給与が安定しており、毎月確実に収入を得ることができます。

経済的な不安を軽減し、生活を安定させたい人にとって、公務員職はとても魅力的です。

また、公務員の給与は一般的にボーナスや特別手当も含まれ、年収も比較的高い水準にあります。

将来の安定性を考えるなら、公務員職は家計の安心感を提供してくれます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

公務員に向いてない人の特徴

続いては、公務員に向いてない人の特徴についてもご紹介します。

就活アドバイザー 京香

公務員に向いている人の特徴
  • 特徴①:自己主張が激しすぎる人
  • 特徴②:実力でどんどん昇給・昇進したい人
  • 特徴③:ストレス耐性がない/低い人
  • 特徴④:臨機応変に対応することが苦手な人
  • 特徴⑤:地味な作業が苦手な人

 

特徴①:自己主張が激しすぎる人

公務員に向いていない人の特徴①は「自己主張が激しすぎる人」です。

公務員の仕事は、社会や国の公益に対する貢献が主な目的であり、公平で客観的なサービスを提供することが求められます。

そのため、極端な自己主張は問題を引き起こす可能性があります。

例えば、公務員は法律や規制に基づいて行動し、個人の好みや主観的な意見よりも公共の利益を優先させます。

また、公務員はしばしば市民や利害関係者と協力し、社会的な問題を解決します。

自己主張が過度に強いと、対話や妥協が難しくなり、対立が生じることがあります。

自分ではなく社会や国を優先する、という点が公務員の大きな特徴ですね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:実力でどんどん昇給・昇進したい人

公務員に向いていない人の特徴2つ目は「実力でどんどん昇給・昇進したい人」です。

公務員の仕事は、単に実力を競う場ではなく、社会全体の安定と公共の福祉向上に貢献することを重視します。

公務員のキャリアは、経験や専門知識、公平性など、様々な要素を総合的に評価します。

例えば、公務員は市民や国民に対して公平で公正なサービスを提供する使命を担っており、実力だけでの昇進ではなく、経験と社会奉仕への献身が高く評価されます。

急速な昇進志向が強い場合、この重要なバランスが崩れ、公共の福祉への貢献が影響を受ける可能性が考えられるのです。

公務員として成功するためには、協力や公平性、社会的な使命感を大切にし、実力を駆使しながらも、公共の利益誠実な奉仕に専念する姿勢が求められます。

公務員の仕事は単なる個人の昇進競争ではなく、社会に奉仕する貴重な使命を担うものです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:ストレス耐性がない/低い人

公務員に向いていない人の特徴3つ目は「ストレス耐性がない/低い人」です。

公務員の仕事には、ときどき予測不能な状況や急激な変化が発生します。

加えて、公務員は厳しい監査や評価に直面することがあります。

そのため、場合によっては大きなストレスを抱える可能性もあるでしょう

ストレス耐性が低い人は、これらの環境への適応に苦労するかもしれません。

公務員になるためにはストレス耐性を向上させ、柔軟性を養うことが非常に重要です。

自己評価を過度に気にせず、冷静に判断し、適切に対処するスキルを身につけていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:臨機応変に対応することが苦手な人

公務員に向いていない人の特徴4つ目は「臨機応変に対応することが苦手な人」です。

なぜなら、公務員の仕事は予測不可能な状況や急な変化に柔軟に対処することが求められるからです。

例えば、緊急の自然災害や市民からの急な要望に迅速に対応することが必要です。

臨機応変な判断力や行動力がない人は、こうした状況でスムーズに対処するのが難しいかもしれません。

また、公共サービスの提供には法律や規則を守ることが不可欠ですが、時には法的な枠組みの中で臨機応変な判断が求められます。

堅実な性格やルールに厳格すぎる姿勢が、柔軟な対応を阻害することがあります。

公務員に向いているかどうかを考える際には、変化や不確実性に対する柔軟性が重要です。

臨機応変な判断や行動が得意であるか、自身の能力と性格と照らし合わせて判断することが大切です。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:地味な作業が苦手な人

公務員に向いていない人の特徴5つ目は「地味な作業が苦手な人」です。

なぜなら、公務員の職務には、時折地味で単調な仕事が含まれるからです。

たとえば、文書の整理やデータの入力、事務的な手続きなどがあり、これらは地道にコツコツと取り組む必要があります。

これらのタスクは単純であり、派手さや刺激が少ないため、興味を引くのは難しいかもしれません。

地味な作業が苦手な人は、モチベーションを維持するのが課題になることが考えられます。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

公務員に求められるスキル/能力

就活生ちゃん

公務員に向いている人の特徴について、よく理解できました!

ところで、公務員になるためには、どんなスキルを身につけるべきなんでしょうか?

それでは、公務員に求められるスキルや能力について解説していきますね。

就活アドバイザー 京香

公務員に求められるスキル/能力
  • スキル①:コミュニケーション能力
  • スキル②:論理的思考力
  • スキル③:すばやい行動力
  • スキル④:分かりやすい言葉で説明する能力
  • スキル⑤:丁寧かつ効率的に作業を進める能力

 

スキル①:コミュニケーション能力

公務員に求められるスキル/能力1つ目は「コミュニケーション能力」です。

コミュニケーション能力が求められる理由については先述もしましたが、以下の理由によります。

なぜ高いコミュニケーション能力が役に立つのか

①市民との円滑な対話が業務に必要だから

公務員が市民の利益を代表し、彼らの要望や懸念に耳を傾ける役割を果たすからです。

適切なコミュニケーションができると、市民の信頼を築き、サービス提供の質を向上させることができます。

②上司や同僚とのチームプレイが必要だから

公務員は多くの場合、仲間と連携して課題に取り組む必要が出てくるからです。

さらに、公務員には非常事態の際に迅速な情報伝達をする力が求められます。

③非常事態の際に迅速な情報伝達が求められるから

公務員は時折、非常事態や困難な状況に対処しなければなりません。

例えば、災害時の避難対応業務などです。

この際に、迅速かつ効果的な情報伝達や説明能力は、危機への対応を成功させる鍵となります。

これらの理由から、高いコミュニケーション能力があることは、公務員の業務を遂行していく上で役に立つスキルであると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

スキル②:論理的思考力

公務員に求められるスキル/能力2つ目は「論理的思考力」です。
論理的思考力は以下の理由から公務員に求められると考えられます。

①問題解決に向き合う機会が多いから

公務員はさまざまな課題や問題に直面します。

論理的思考力は、問題を分析し、効果的な解決策を見つけるのに役立ちます。

複雑な情報を整理し、論理的に結論を導く能力が必要です。

②法的・政策的課題に向き合う機会が多いから

公務員は法律や政策に基づいて業務を遂行します。

論理的思考力は、これらの枠組み内で適切な判断を下すために不可欠です。

法的な規定や政策の理解をもとに、公平で適切な意思決定を行います。

③公共プロジェクトの管理を担うから

公共プロジェクトの立案や実施には、スケジュールや予算などの要素を論理的に管理する能力が必要です。

計画を立て、目標に向かって進捗を監視する際に論理的思考が役立ちます。

これらの理由から、論理的思考力は、公務員の業務を遂行していく上で役に立つスキルであると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

スキル③:すばやい行動力

公務員に求められるスキル/能力3つ目は「すばやい行動力」です。
すばやい行動力は以下の理由から公務員に求められると考えられます。

①緊急事態への対応

公務員は突発的な緊急事態に迅速に対応する必要があります。

例えば、自然災害や市民からの緊急の要望に素早く行動することが求められます。

すばやい行動力があれば、市民の安全や要求に迅速に応えることができます。

②効率的な業務遂行

公務員の業務には多くのタスクが含まれます。

効率的に業務を遂行するために、計画的かつ迅速な行動が必要です。

適切な優先順位をつけ、時間を有効に活用することができるのが理想的な公務員像といえるでしょう。

③市民サービス向上

市民へのサービス提供は公務員の重要な役割です。

迅速な対応や効率的な手続きは、市民の利便性を向上させます。

すばやい行動力があることで、市民の信頼と満足度を高めることができます。

④プロジェクト実行

公共プロジェクトの実行には計画の段階から迅速な行動が必要です。

予定通りに進めるためには、スムーズな調整やタイムリーな対応が欠かせません。

これらの理由から、すばやい行動力は、公務員の業務を遂行していく上で役に立つスキルであると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

スキル④:分かりやすい言葉で説明する能力

公務員に求められるスキル/能力4つ目は「分かりやすい言葉で説明する能力」です。
分かりやすい言葉で説明する能力は以下の理由から公務員に求められると考えられます。

①市民向けのコミュニケーション

公務員は市民と頻繁にやり取りし、法律や政策に関する情報を市民にわかりやすく伝え、サービスや手続きを説明することが求められます。

わかりやすい言葉でコミュニケーションすることで、市民の信頼を築きます。

②法的文書や政策の解説

公務員は法律や政策に基づいて業務を遂行します。

複雑な法的文書や政策を理解し、他のメンバーや市民に説明する必要があります。

わかりやすく説明することで、誤解が生まれることを防ぎます。

③チーム内コミュニケーション

チームでの協力が公共プロジェクトの一環です。

わかりやすい言葉でアイデアや情報を共有することで、円滑なコラボレーションが可能になり、プロジェクトの成功に寄与します。

④意思決定の裏付け

政策提案や意思決定において、データや情報をわかりやすく提示することが求められます。

上司や利害関係者に対して、根拠を示し説明することで、信頼性のある意思決定を支えます。

これらの理由から、分かりやすい言葉で説明する能力は、公務員の業務を遂行していく上で役に立つスキルであると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

スキル⑤:丁寧かつ効率的に作業を進める能力

公務員に求められるスキル/能力4つ目は「丁寧かつ効率的に作業を進める能力」です。
丁寧かつ効率的に作業を進める能力は以下の理由から公務員に求められると考えられます。

①業務の正確性

公務員は多くの業務を同時にこなさなければなりません。

効率的な作業方法を身につけることで、時間を有効に使い、業務を迅速に進めることができます。

②時間の効率的な利用

公務員は多くの業務を同時にこなさなければなりません。

効率的な作業方法を身につけることで、時間を有効に使い、業務を迅速に進めることができます。

③リソースの最適利用

予算や人材などのリソースを最適に活用する能力が求められます。

効率的な作業は、限られたリソースを最大限に生かすのに役立ちます。

④市民サービス向上

丁寧で迅速な対応は、市民の利便性を向上させます。

市民にとってストレスの少ない手続きやサービス提供が可能になり、満足度が高まります。

⑤プロジェクト管理

多くの公共プロジェクトには期限があります。

丁寧な計画と効率的な実行が成功の鍵です。

これらの理由から、高いコミュニケーション能力があることは、公務員の業務を遂行していく上で役に立つスキルであると言えるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

公務員に向いている人に関するよくある質問

では最後に、公務員に向いている人に関するよくある質問をご紹介します!

就活アドバイザー 京香

 

質問①:公務員って地味な人が多いの?

公務員に向いている人に関するよくある質問1つ目は「公務員って地味な人が多いの?」です。

公務員には地味な人が多いと一概に言えません。

公務員の職場には、多様な個性や特性を持つ人々が集まります。

確かに、公務員の中には地味で控えめな性格の人もいますが、これがすべての公務員に当てはまるわけではありません。

 

質問②:公務員で一番なりやすい/難易度が低いのは何?

公務員に向いている人に関するよくある質問2つ目は「公務員で一番なりやすい/難易度が低いのは何?」です。

どの公務員が一番なりやすい/難易度が低いとは一概には言えません

なぜなら、公務員の仕事は多岐にわたり、それぞれ異なるスキルや専門知識が求められ、どの職種も個人によって難易度や適性が異なるからです。

そのため、大切なのは自分の興味や強みに合った職種を選び、必要なスキルや知識を磨くことです。

公務員としての成功は、個人の適性や努力に大きく影響されます。

したがって、自分の強みを活かし、選んだ職種で最善を尽くすことが大切です。

 

質問③:面接で「なぜ民間ではなく公務員なのか?」と聞かれたらどうこたえる?

公務員に向いている人に関するよくある質問3つ目は「面接で『なぜ民間ではなく公務員なのか?』と聞かれたら答える?」です。

「なぜ民間ではなく公務員なのか?」という質問に対する回答は、自分の志望動機と価値観を誠実に伝えることが大切です。

自身の動機や価値観を率直に伝え、公務員としての使命感と貢献意欲を強調することで民間企業ではなく公務員として働きたい意欲を伝えることができます。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:公務員に向いている人の特徴を参考に、将来の進路を定めよう

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

本記事では公務員に向いている人の特徴について詳しく解説しました。

この記事を読んだことで、就職先に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。