【インタビュー】フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役の柴崎洋平さん、竹内さん | 海外大留学生向けのキャリア・留学生活情報メディア「海外大留学生.com」

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

「就活の教科書」編集部 森川

みなさん、こんにちは!

「就活の教科書」編集部の森川です。

今回は、海外大生向けのキャリア・留学生活情報メディア「海外大留学生.com」を運営しているフォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役の柴崎洋平さん、海外大留学生.com担当者の竹内さんにお話を伺っていきます!

インタビュー内では、フォースバレー・コンシェルジュ株式会社のビジョン海外大留学生の実態についてもお聞きしました。

「海外事業に興味がある!」「海外留学をしようか迷っているが、その後の就職活動が不安…」という就活生はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 森川

柴崎さん、竹内さん、本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

よろしくお願いします!

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「海外大留学生.com」サービス内容

「就活の教科書」編集部 森川

海外大留学生.comはどのようなサイトなのですか?

海外の大学に正規留学していて、かつ将来的に日本で就職活動を予定されている方に向けて、様々な情報を発信しているサイトです。

主に就活に関する情報を発信しており、今後は大学生活などの情報も載せていこうと考えています。

Webサイトだけでなく、YouTubeでも情報発信しているのでそちらもぜひご覧ください!

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

▶︎YouTube「海外大留学生チャンネル」はこちらから

「就活の教科書」編集部 森川

就活に関する情報とは具体的にどのようなものですか?

まずは、ガクチカや自己PRなど日本で就活する上で必要となるポイントです。

加えて、海外の大学だと日本の大学とスケジュール感が変わってくるため、日本での就活と海外大にいる方の就活の進め方の違いなども発信しています。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「就活の教科書」編集部 森川

海外大留学生向けの就活情報サイトというのはあまりないので、「海外留学しているが、日本企業へ就職しよう」と考えている方の参考になると思います!

「海外大留学生.com」だからこその特徴や強みはありますか?

正確でリアルな情報を届けられることだと考えています。

僕たちは、海外大正規留学生のキャリア支援に10年ほど携わってきており、これまで多くの留学生のパターンを見てきました。

僕たちが彼らの就職活動や留学に関する情報を把握している部分は多く、これまで培ってきたナレッジなどを、より見やすく手軽に届けられるところが1番の強みかなと思います。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「就活の教科書」編集部 森川

海外大留学生.comを通して、利用者にどうなって欲しいとお考えですか?

納得したキャリアを築いて欲しいと考えています。

海外大留学生と直接お話しする機会があるのですが、彼らは、多くの同級生が日本の大学で過ごす中で、自ら強い思いや理想像を抱えて海外大学に飛び込み、慣れない環境の中で周りに揉まれながらサバイブしている、人間として魅力のある人が多いなと感じています。

また、彼らが日本で働くとなると、日本を背負って活躍できる人たちが多いと思います。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「就活の教科書」編集部 森川

言語の壁や海外で暮らすことへのハードルなど、海外留学するのは簡単なことではないですよね。

私も、そのような方を見ると覚悟を持って挑戦されていてすごいなと思います!

とは言え、海外大留学生は日本にいるより社会人と会う機会も少なく、周りで就職活動している仲間も圧倒的に少ないので、正しい情報を拾うのが難しいということを感じています。

僕たちとしてはこれまで培ってきたナレッジで、彼らが幅広い選択肢の中から自分に合う、納得した選択肢が選べる世の中を実現していきたいです。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

 


「海外大留学生.com」立ち上げの背景

「就活の教科書」編集部 森川

なぜ「海外大留学生.com」を立ち上げられたのかについて、会社のビジョンを踏まえて教えていただきたいです。

まずはじめに、我々は海外での勉強・就職など目的は問わず、日本人も含めた世界の若者の海外挑戦をサポートしている会社です。

海外の方が日本に就職・進学することと、日本人の方の海外挑戦することの両方のサポートをしています。

その中で海外大留学生という、あえて海外の大学へ進学など若者の挑戦をどんどんサポートしていき、挑戦することが当たり前になっていけば良いなと思っています。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

日本人に限らず、世界の若者の挑戦を後押ししていこうと考えられているのですね!

他にも、多くの日本人が日本国内で就職しますが、世界には200近くの国がある中で1ヵ国だけを就職先の選択肢と考えるのは、もったいないことかもしれません。

とは言え、どこに自分の活躍できる会社があるかもわからないですよね。

しかし、例えば留学する時に「将来こうなるためにこの言語や分野を学ぼう」と教育されていたら、選択肢は増えていたかもしれません。

早いうちからそのような海外挑戦への啓蒙活動を行っていきたいと考えています。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

確かに、とりあえず英語を学ぼうという考えが多く、将来から逆算して言語を学ぼうと考える方はあまりいない気がします…

その考えであれば英語だけではなく、中国語やフランス語を学ぶという選択肢もあるかもしれないですよね。

また今就活生だとしても、今から海外にチャレンジすることだって可能ですし、世界のことを学び、異文化コミュニケーションを経験してから就職する道もあると思います。

一方で、実際海外に留学して、その後日本で就職できるのかなという不安がある方もいると思います。

その時に、我々の海外大留学生.comでサポートしていこうと考え、始めたという流れになります。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

海外への挑戦を後押ししていく中で、まずは就職に焦点を当て、不安や課題を解消していこうということですね。

海外へのチャレンジがキャリアアップにつながるという考えがあるので、「日本の学生でも海外の学生でも、国を越えてチャレンジしていこう」というのが我々のビジョンです。

海外大留学生.comにも、ただ海外に挑戦する留学生の日本就職をサポートするのではなく、「もっと海外に挑戦しにいこうぜ、日本の若者たち」というメッセージが含まれています。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

そのようなビジョンを掲げられたきっかけなどはあるのですか?

現在の社会を見てみると、日本は人口が激減しています。

出生数も私が生まれた時は200万人程であったのに対し、今では80万人という状況で、労働人口も減っていく一方です。

そこで、これからは世界で戦える人材を生み出していき、日本は世界をマーケットに戦っていく必要があると考えたことがきっかけです。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

日本全体として避けられない問題ですよね…

そうなった時に、日本人を世界で戦える人材にすることと、海外の優秀な人材に日本に来てもらうという両方が大事で、我々はこの両方に取り組んでいます。

それによって、日本人にとっても海外の人にとってもより良い人生、キャリアを育んでいくことにつながれば良いなと考えています。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

 


海外大留学生と日本の学生の就活における違い

「就活の教科書」編集部 森川

先ほど、海外と日本ではスケジュール感が異なるというお話がありましたが、海外大留学生と日本の大学生で就活においての違いはあるのでしょうか?

海外と日本では面接で見られるポイントやアピールの仕方が異なることですね。

海外の企業に就職するとしたら、職種やポジションに通ずるスキル・能力を見られます。

一方で、日本ではガクチカや強みなど、これまでの活動やパーソナリティを見られることが多いです。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「就活の教科書」編集部 森川

海外ではジョブ型採用が多く、日本ではポテンシャル採用が多いとよく聞きますよね。

また、海外の大学は、課題や勉強の量が日本よりも多いです。

そのため、夜中まで勉強しているというのはよくあることで、その中で就活をしなければなりません。

さらに、日本と海外ではアカデミックカレンダー(学年暦)が異なり、注力したい時期に大学生活が忙しいということがあるので、ここが結構大変な部分ではあります。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「就活の教科書」編集部 森川

なかなかハードですね…

日本の大学生に比べて、海外大留学生の方は就活において上手く時間を使うことが重要になってきそうです。

今回、海外大留学生.comというWebメディアにしたのも、時差の関係や就職活動をする時期も人それぞれ異なるという背景があって、いつでも見れるようにしようと考えたからです。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

「就活の教科書」編集部 森川

なるほど、そうだったのですね。

Webメディアは立ち上げましたが、あくまでもスタート地点に過ぎません。

サイトや動画での情報発信だけでなく、僕たちは1人1人との関わりを大事にして、その方が納得できるキャリアを歩むため日々活動しているので、悩んでいる方はぜひ直接面談でお話ししましょう。

現在はオンライン開催がメインですが、コロナが収まってきたら、日本や海外現地でオフラインのイベントやセミナーを実施する予定です。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 海外大留学生.com担当者 竹内さん

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社から留学生・就活生へのメッセージ

「就活の教科書」編集部 森川

これから海外留学しようかなと考えている方に向けて、アドバイスをお願いします!

今就活をしている人の中にも、海外に留学してから就職するという道もあるかもしれません。

また、就活生以外でこのサイトを見ている方で、海外留学したいが、その後日本で就職する時不利にならないかなと不安に感じている方などもいらっしゃると思います。

ただ間違いなく言えるのは、大体の人が普通に日本の大学に通うので、海外の大学に行っていることは個性や周りとの差別化になります。

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

海外留学を通して、大学でより専門的なことを学んだり、世界の文化やビジネスに触れたり、日本では得られない経験や知識が得られますよね。

それと同時に、日本にいないから日本企業への就職が不利になるということは、コロナでリモートでの面接やイベントも増え、だいぶ減ってきました。

また、日本の経済は今後どんどん小さくなる中で、世界に通用する人材がより求められるようになるため、日本で育った人より海外の大学・大学院でチャレンジした人の方がニーズが高まりますよね。

そのようなことも含め、海外へ挑戦するという選択肢を真剣に考えてみてください!

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

まずは考えてみることで、新しいキャリアの発見につながるかもしれないですね。

それでは現在、海外留学している方々へメッセージをお願いします!

海外留学している皆さん、ナイスチャレンジです!

皆様が日本にいないという理由で就活が不利にならないように、我々としては全力で国を越えて支援することをずっとやってきました。

コロナでますます渡航が厳しい中で、一層我々としては皆様のチャレンジを無駄にしないようサポートしていきますので、これからも頑張ってください!

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役 柴崎洋平さん

「就活の教科書」編集部 森川

柴崎さん、竹内さん、本日はありがとうございました!

この記事を読んで、海外大留学生.comやフォースバレー・コンシェルジュ株式会社に興味を持った方は、下のリンクからチェックしてみてください!

▶︎「海外大留学生.com」はこちらから

▶︎YouTube「海外大留学生チャンネル」はこちらから

▶︎フォースバレー・コンシェルジュ株式会社HPはこちらから

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社の会社概要

 

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 ロゴ

会社名 フォースバレー・コンシェルジュ株式会社
代表者名 代表取締役 柴崎洋平
設立 2007年11月26日
アクセス 〒102-0083
東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル 5F WeWork東急四谷
事業内容 ・世界中を対象とした外国人材採用支援 / 育成事業  “Connect Job, Connect Job Class”
・SaaS型ダイレクトリクルーティングサービス事業  ”Connect Job WORKERS”
・世界の移民政策調査や政策提言/ 公共事業  ”次世代型 外国人材受入総研”
・ITエンジニア向けプログラミングテスト“Codility”の販売、運営
・人材データベースを駆使した各種関連事業(グローバルマーケティング・リサーチ事業、留学事業等)