【若手エンジニアが活躍】株式会社アドラインってどんな会社? | 代表取締役 藤原さんにインタビュー

アドライン

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

「就活の教科書」編集部 古田

皆さん、こんにちは。
「就活の教科書」編集部の古田です。
この記事では、SES(システムエンジニアリングサービス)の会社、株式会社アドラインの代表取締役を務める藤原さんにお話を伺います。

インタビュー内では、現在新卒社員を募集している株式会社アドラインの業務内容や、同業他社との違いについてお聞きしていきます。

またアドラインで若手エンジニアが活躍できる理由や、新しく立ち上げる若手エンジニアの育成スクールについても質問をしていきます。

「SESの会社でエンジニアとして活躍したい!」「株式会社アドラインってどんな会社なの?」という方は、是非最後まで記事を読んでいってくださいね!

「就活の教科書」編集部 古田

こんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。
藤原さん、本日はよろしくお願いします!
株式会社アドライン代表取締役の藤原です。
こちらこそよろしくお願いします!

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

 

大手企業のプロジェクトやシステム開発の現場に関われる!

「就活の教科書」編集部 古田

それでは早速インタビューを始めていきます!
まず、アドラインの業務内容について教えてください。
弊社は、いわゆるSES(システムエンジニアリングサービス)という業態の会社で、ITエンジニアを色々なプロジェクトやシステム開発の現場に送り込むということをやっています。
SESは派遣業とは少し違うもので、弊社が抱えている正社員のエンジニアをプロジェクトの間だけお貸しする、という形式になっています。
正社員としての立場ながら、最近では大手インフラ系企業さんなど色々なシステム開発の現場に出向して経験を積むことができるのがやりがいだと思います。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

大手企業のシステム開発の現場に携われるのは魅力ですね!
アドラインは今年で二期目ということでしたが、大手企業に出向が決まるのはどういったところが評価されているのでしょうか?
私含め、経営陣の4人が前職で営業に力を入れてきていたんですよね。
それで、2020年の1年間で営業を頑張ってきたことが実を結んできたんです。
他社さんではエンジニアが数十名に対して営業が1人しかいない、というようなこともありますので、営業にも力を入れているのは弊社の強みだと思います。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

大きな仕事を経営陣の皆さんがとってきてくれるので、エンジニアは大きな仕事に集中して取り組むことができますね。
出向先の企業で、具体的に関わることができる仕事はどんな仕事なんでしょうか?
システムエンジニアというとプログラムの開発などのイメージが強いと思うんですけど、それに加えて色々な仕事があります。
例えばちゃんとプログラムが動くようにテストや保守業務をしたり、開発に使うパソコンの設定を新しくしたり。
また新人の間は、下積みのような形で先輩エンジニアのサポートをしたりという業務もあります。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

なるほど、補助や環境整備の部分も含めてSESの仕事ということなんですね。

 

新人エンジニアが現場経験を積みながら成長できる

「就活の教科書」編集部 古田

SES業界の中で、アドラインの特徴はどんな部分にあるんでしょうか?
弊社の大きな特徴は、実務経験がない若手を採用してエンジニアとして育成しているところにあります。
他の会社さんでは若手を採用するところってなかなかなくて、基本的に経験者採用に限られているんです。
エンジニアの業界の特徴として実務経験が少ない若手は赤ちゃん同然に扱われるところがあり、出向先の企業さんも未経験者を欲しがらないんです。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

業界の慣習的に、若手が活躍しづらい環境があるんですね。
弊社では、クライアントさんにお願いして、先輩エンジニアと新人エンジニアが一緒に現場に入れるようにしてもらっているんです。
エンジニア業界では”スキルシート”と言って、クライアントさんに提出する実務経験歴を書くシートがあるんですが、現場に入ることでスキルシートを充実させていくことができます。
加えて現場でわからなかったことなどを社内の研修でカバーしたりもしていて、ここまで新人エンジニアの育成に力を入れていると言うのは弊社の特徴かと思います。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

最近ではプログラミングを学ぶ若手人材が増えてきていると思うのですが、元々若手が活躍しづらい環境があるというのは意外でした。
どれだけ勉強や座学をしたり、学校に通ってもエンジニアとしての道は開けないんですよね。
何が必要とされているかというと結局実務経験の部分で、どれだけ成果を残してどれだけこの業界にいたのかというところが見られている。
ですから、スキルシートに書ける実績を積み上げていくということが重要になるんです。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

 

社内研修では一人一人にカスタマイズした研修を受けられる

「就活の教科書」編集部 古田

SESの仕事にはプログラミングだけでなく、環境開発やサポートも含まれるということでしたが、初めは覚えることが多そうですね・・。
研修が大変かと思うのですが、何か工夫されていることなど教えていただけますか。
弊社の研修は、個人個人に面談をして、カスタマイズしたものを行っているのが特徴です。
現場によって必要なスキルも違いますし、個人の想いも違うということで、研修で「あれもこれもしてください」というよりはその人に必要なところをしっかりやっていきます。
IT業界はセキュリティが厳しいので、セキュリティに関する研修はしっかりやりますが、他の部分は現場やキャリア観に合わせたものを行うということで必要な研修をしっかり行えています。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

個別に研修を行っていくんですね。
ここまで新人エンジニアの育成に力を入れている会社というのはなかなかないのではないでしょうか。
ここまでのお話で、営業と教育の面で他のSES会社と差別化が図られているということがわかってきました。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

自社として、世の中にインパクトをもたらすサービスを開発できる規模へ

アドラインでは新卒採用を行われているということですが、どんな就活生に来て欲しいですか?

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「やる気」「コミュニケーション能力」「能力」「覚悟」が重要な資質だと思っていて、これらの資質を持っている学生さんに、ぜひ選考を受けに来て欲しいですね。
ITエンジニアというとかっこいいとか、ミーハーなイメージを持っている人もいるのかもしれませんが、下積みが重要でどちらかといえば職人気質なところがある仕事です。
そう言った意味で、やる気や覚悟が決まった学生さんが来てくれると嬉しいです。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

コミュニケーション能力も重要ですか?
一般的なエンジニアのイメージからすると、意外な感じがします。
外部企業に出向して開発に関わる仕事なので、初めて顔を合わせる人たちと連携をしながら仕事を進めていく必要があるんですよね。
連携をとるにあたって、コミュニケーションをしっかりやれる能力は重要になってきます。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

この記事を読んでくれている就活生にとって、今後アドラインがどんな会社を目指していくのかというのは知りたいところだと思います。
今後の展望などをお聞きしてもよろしいでしょうか?
まずは今後も、若手のエンジニアが現場でしっかりと経験を積んで、能力をアップさせていけるような会社でありたいですね。
加えて今後は会社規模も100名、200名と増やしていって、自社として世の中にインパクトをもたらすようなサービスを開発できるような規模までいきたいと思っています。
今後5期以内に、サービスの自社開発に取り組めるようにやっていきます。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

最後に、藤原さんから就活生へメッセージ

「就活の教科書」編集部 古田

最後に、この記事を読んでいる就活生へ、藤原さんからメッセージをお願いします。
今、新型コロナウイルス禍で世の中が不安定になって、より将来のことを考えながら就職活動をしている人が多くなっているんじゃないかなと思います。
弊社ではトップクラスの業界での実務経験をより効率的に積んで、どんどんステップアップしていける環境が整っているので、将来のことを強く考えている人には弊社を選んでもらえたらと思います。

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

「就活の教科書」編集部 古田

業界としても、個人としてもどんどん成長していける将来性のある環境ということですね。
また2021年から、初学者がエンジニアとして活躍するところまでのレールを引きたいという意図があり、詳細は今後リリースする予定なのですが、ITエンジニアになりたい若者向けのITスクールを立ち上げることになりました!
スクールを運営している会社、SESの事業をやっている会社はそれぞれたくさんありますが、その両方を手掛けるのが今後の弊社の特徴ということになります。
今後エンジニアになりたいという夢を持った若者が活躍するための場所として、お役に立っていければと思っています!

株式会社アドライン代表取締役 藤原さん

藤原さん、本日はお忙しい中ありがとうございました!
この記事を読んで株式会社アドラインの新卒採用選考に興味を持った人は、以下のリンクからアクセスしてみてくださいね!
▶︎ 株式会社アドラインの採用サイトはこちら

「就活の教科書」編集部 古田

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

株式会社アドラインの会社概要

 

会社名 株式会社アドライン(ADD-LINE)
代表取締役 藤原 郁弥
資本金 3,000,000円
所在地 大阪市中央区内本町2-1-19 第十松屋ビル420号
TEL 06-6940-4732
コーポレートサイト https://www.addli-ne.com/