【転職者向け】SPI頻出問題集

~はじめに~SPIについて

SPIとは、リクルートマネジメントソリューションズが提供する、応募者の能力や人柄を把握する目的で行われる適性検査です。

SPIの適性検査の内容としては、以下の2つで構成されています。

● 適性検査:人柄や行動特性を図る検査
● 能力検査:学力や知的能力を測る検査

適性検査では、日常の行動や考え方について複数の質問項目が提示され、どの程度自分にあてはまるかを選択していきます。

能力検査では、「言語分野」と「非言語分野」の2種類の問題を通して、コミュニケーションや思考力、新しい知識・技能の習得などのベースとなる能力を測ります。

 

~第1章~適性検査

メモ

SPIの適性検査で重要なポイントは、エントリーシートや面接と一貫性があることです!

例えば、適性検査と面接で一貫性がないと面接官に「言っていることに矛盾があるな」と思われてしまい、選考の通過率が下がってしまいます。

なので、SPIを受ける前に軽く適性検査を練習しておくことをオススメします!

以下の診断は無料なので、ぜひSPIの適性検査対策に使ってくださいね!

SPI対策問題と一緒に使える適性検査ツール

転職を成功させるためには、SPI問題の対策に加えて、性格適性検査であなたに合った職種を見ておくと良いです。

VIEWでは、質問に答えるだけでAIがあなたに合うキャリアを算出してくれるので、仕事を選ぶ際の参考になりますよ。

転職アドバイザー 京香

VIEWの特徴

①:たった3分で価値観に基づいた適職と企業が正確にわかる

②:それぞれの業界のプロに詳しく話を聞ける

③:30歳の推定年収が分かる

>> VIEWで適職診断

\ あなたに適した業界と企業が分かる /

3分で適職を診断する

* アプリのダウンロードで利用できます

 

~第2章~非言語

(1)順列/組み合わせ

とあるサークルに女性が5人、男性が6人いる。

【1】女性が1人・男性が2人の組み合わせになるように3人を選びたい。選び方は何通りあるか。
【2】女性が2人以上含まれるように5人を選びたい。選び方は何通りあるか。
【3】男女のペアを2ペア作りたい。選び方は何通りあるか。

解答/解説

【1】75通り
5人の女性から1人を選ぶ選び方は「5通り」、6人の男性から2人を選ぶ選び方は「6C2=1通り」となる。
よって「5×15=75通り」となる。
【2】381通り
11人から5人を選ぶ選び方は
「11C5=(11×10×9×8×7)÷(5×4×3×2×1)=55,440÷120=462」となる。そのうち、女性1人、
男性4人を選ぶ選び方は「5C1×6C4=75」、女性0人、男性5人を選ぶ選び方は「6C5=6」と
なる。よって、女性が2人以上含まれるように5人を選ぶ選び方は「462-75-6=381通り」とな
る。
【3】300通り
男女2ペアずつ作るということは、女性から2人・男性から2人を選ぶことと同義である。その
ため、女性は「5C2=10」、男性は「6C2=15」となる。女性2人と男性2人の組み合わせは2
通りとなるため、「10×15×2=300通り」となる。

(2)確率

箱の中に赤い紙が2枚、青い紙が3枚、黄色の紙が4枚入っている。この箱の中から3枚の紙を取り出す。(一度取り出した紙は箱の中には戻さない)

【1】赤い紙→青い紙→黄色の紙の順番で取り出す確率は?
【2】同時に3枚の紙を取り出す場合、青い紙1枚と黄色の紙2枚を取り出す確率は?

解答/解説

【1】1/21
それぞれの色の紙を取り出す確率を求めれば良いため、
「2/9×3/8×4/7=24/504=1/21」となる。
【2】3/14
青い紙1枚と黄色の紙2枚を取り出す組み合わせを全体の組み合わせで割れば良いた
め、「3C1×4C2/9C3=18/84=3/14」となる。

(3)損益計算

A商店では、4割引で商品を販売したとしても120円の利益が出るように定価設定をしている。

定価1,200円の商品を定価のまま販売した場合、利益はいくらになるか?

解答/解説

600円

定価1,200円の商品の4割引の値段は「1,200×(1-0.4)=1,200×0.6=720円」となる。4割引
で商品を販売したとしても120円の利益が出るため、「720-120=600」という計算式から原
価は600円ということが分かる。つまり、定価1,200円の商品を定価のまま販売した場合の
利益は「1,200-600=600」となり、利益は600円ということが分かる。

(4)料金割引

とある水族館の入館料は、大人が3,200円、子供は大人の3/4の料金である。

また、10名以上の団体で入館する場合は団体割引が適応され、大人は通常料金から25%引き、子供は50%引きとなる。さらに土日は大人・子供ともに追加で10%割引きされる。

【1】土曜日に大人6人・子供8人の団体で入館した場合、入館料の合計はいくらになるか?
【2】水曜に大人・子供あわせて12人の団体で入館したところ、入館料の合計は20,400円であった。12人の内訳は大人・子供それぞれ何人か?

解答/解説

【1】21,600円
団体割引も土日割引も適応されるため、大人・子供それぞれ一人あたりの金額を求める必要がある。

◆大人
3,200×0.75(3/4)×0.9(9/10)=2,160円
◆子供
3,200×0.75(3/4)×0.5(1/2)×0.9(9/10)=1,080円
大人6人・子供8人の団体であるため、
「2,160×6+1,080×8=12,960+8,640=21,600」となり、入館料の合計は21,600円となる。

【2】大人5人・子供7人
水曜日に12人の団体で入館するため、団体割引は適応されるが土日割引は適応されな
い。つまり、一人あたりの入館料は大人2,400円、子供1,200円となる。仮に大人の人数を
X人とした場合、「2400X+1200(12-X)=20400」となる。この式を計算するとX=5となり、大
人の人数は5人ということが分かる。大人の人数が5人ということは子供の人数は「12-5=7
人」となるため、12人の内訳は大人5人・子供7人となる。

(5)代金精算

Aさん・Bさん・Cさんの3人でレンタカーを借りてドライブに行った。ドライブでかかった費
用はレンタカー代とガソリン代のみである。レンタカー代の15,000円はAさんがまとめて
支払った。ガソリン代の3,900円は、Bさんが3,000円・Cさんが900円支払った。3人が同
じ金額ずつ支払うように調整するためには、誰が誰に何円ずつ支払えばよいのか?

解答/解説

BさんがAさんに3,300円、CさんがAさんに5,400円ずつ支払えばよい。

ドライブでかかった費用の総額は「15,000+3,900=18,900円」である。18,900円を3人で同じ金額ずつ支払うには、「18,900÷3=6,300」の式から1人6,300円ずつ支払えばよいということになる。

つまり、3人の支払う金額は以下のようになる。

【Aさん:15,000円】
すでに6,300円以上支払っているため、誰かに支払う必要はない。
【Bさん:3,000円】
6,300-3,000は3,300円となり、Aさんに3,300円支払わなければならない。
【Cさん:900円】
6,300-900は5,400円となり、Aさんに5,400円支払わなければならない。

(6)速度算

1周2.7kmの公園の周りをAさんは時速4.8km、Bさんは時速6kmの速度で歩く。現在、AさんとBさんは同じ場所にいる。

【1】14時になったタイミングで2人が反対周りに歩きだすと、2人が再び会うのは何時になるか?
【2】14時にAさんが歩き始め、その3分後にBさんが同じ周り方で歩きだした場合、BさんがAさんに追いつくのは何時になるか?

解答/解説

【1】14時15分2人の歩く速度を時速から分速に変換すると、Aさんは80m、Bさんは100mとなる。

つまり、「2700mを分速180m歩く場合にかかる時間」を求めれば良いと言い換えることができる。「
2700÷180=15」であるため、次に2人が会うのは14時の15分後である14時15分となる。
【2】14時15分
上記の【1】で求めた数値を参考にすると、2人の歩く速度は1分間で20mの差がつく。AさんはBさんよりも3分早く歩き始めているため、「80×3=240m」の差がついている。

つまり、BさんがAさんに追いつく時間を求めるには、「当初ついていた距離÷1分間で縮まる距離」という式に数字をあてはめればよいため、「240÷20=12」となり、BさんがAさんに追いつくのは14時の3分後に12分を加えた14時15分となる。

(7)集合

とある小学校の全校生徒300人にアンケートを取ったところ、サッカーが好きな生徒は120人、野球が好きな生徒は80人、バスケットボールが好きな生徒は60人いた。

【1】サッカーと野球の両方が好きな生徒が35人いた。サッカーと野球のいずれか片方だけを好きな生徒は何人いるか?
【2】上記の【1】で取り上げた条件に加え、バスケットボールだけが好きな生徒が25人いた。
サッカー・野球・バスケットボールのいずれも好きではない生徒は何人いるか?

解答/解説

【1】130人
サッカーが好きな生徒の人数・野球が好きな生徒の人数、それぞれから35人を除けば良いため、「(120-35)+(80-35)=85+45=130人」となる。
※「120+80-35=165人」と間違えないように気をつける。
【2】110人
上記の【1】で求めた数値も活用した場合、サッカー・野球・バスケットボールのいずれも好きではない生徒は「全校生徒-(サッカーと野球のいずれか片方だけを好きな生徒+サッカーと野球の両方が好きな生徒+バスケットボールだけが好きな生徒)」で求められる。
この式に数値をあてはめると
「300-(130+35+25)=300-190=110人」となる。

(8)特殊算
とある会社の新卒研修にて、210名の新卒が3人グループ・4人グループ・5人グループに分類され、計50個のグループができた。

【1】4人グループが30個あった場合、5人グループは何個あるか?
【2】4人グループと5人グループの数が同じだった場合、3人グループは何個あるか?

解答/解説

【1】15個
4人グループが30個あるということは「4×30=120」となり、3人グループ・5人グループのいずれかに分類されるのは「210-120=90」となる。3人グループがX個あったと仮定すると、5人グループは(20-X)個になる。
つまり「3X+5(20-X)=90」の式となり、この式を計算すると
X=5となる。
3人グループは5個あるということは5人グループは15個あるということになる。
【2】10個
4人グループと5人グループの数が同じであり、両方のグループ数をXとした場合、3人グループの数は「50-2X」となる。これらの条件を式にあてはめると「4X+5X+3(50-2X)=210」
となり、計算すると「X=20」となる。4人グループと5人グループはそれぞれ20個あるため、「50-20×2=10」となり、3人グループは10個あることが分かる。

 

~第3章~言語

(1)二語関係
例題:提示された二語の関係を考え、同じ関係のものを選びなさい。
人間:哺乳類
ア:鉛筆:文房具
イ:教会:牧師
ウ:日食:月食

A:アだけ D:アとイ
B:イだけ E:イとウ
C:ウだけ F:アとウ

正解:A

 

(2) 熟語の意味

例題:下線部の言葉と意味が合致するものを、AからEの中から一つ選びなさい。

いみじくも

A 適切に
B はぐらかす
C 大いに
D それでも
E むげに

正解:A

(3)熟語の成り立ち

例題:以下の熟語の成り立ち方として当てはまるものを、AからEの中から一つ選びなさい。

強弱

A 主語と述語の関係である
B 動詞の後に目的語をおく
C 似た意味を持つ漢字を重ねる
D 反対の意味を持つ漢字を重ねる
E 前の漢字が後の漢字を修飾する

正解:D

(4)語句の用法

例題:下線部の語が最も近い意味でつかわれているものを、AからEの中から一つ選びなさい。

電車でいく

A 熱で休む
B コンビニで買う
C 夫婦で暮らす
D 飛んできたもの
E ギターで華を添える

正解:E

(5)文の並び替え

例題:AからEの語句を空欄〔1〕から〔5〕に入れて意味が通る文を完成させたとき、〔4〕に当てはまるのは次のうちどれか。

カシやナラで作る白炭は〔1〕〔2〕〔3〕〔4〕〔5〕吸収する力もある

A 遠赤外線を放射する
B 特性に加えて
C 安定した火力で
D 汚れや臭いを
E 着火が難しいが

正解:B

(6)空欄補充

例題:文中の空欄に入る最も適切な表現は次のうちどれか。

特に、山間部では危機的だと言われている。
若者が都市部に働きに出てしまい、現地で結婚してしまうため帰ってこないのだ。
ここで人口の〔  〕が進んでいるということだ。

A 空洞化
B 複雑化
C 帰化
D 簡略化

正解:A

(7)二字熟語90選

1 瓦解 がかい 組織的な物事の一部分が壊れて、それによって全体がこわれること
2 言質 げんち あとで証拠となる約束の言葉
3 不憫 ふびん かわいそうで哀れむべきこと
4 沿革 えんかく 物事の移り変わり
5 断腸 だんちょう はらわたがちぎれるほど、非常に悲しいこと
6 雄飛 ゆうひ 勇ましく盛んに活動すること
7 罷免 ひめん 職をやめさせること。免職
8 席捲 せっけん はげしい勢いで、自分の勢力範囲をひろげること
9 顧慮 こりょ 考慮に入れて心遣いをすること。気づかうこと
10 邂逅 かいこう 思いがけなく会うこと。めぐりあい
11 釈然 しゃくぜん 疑い・恨みなどが消えて心が晴れ晴れするさま
12 透徹 とうてつ 澄んで濁りのないこと。筋が通っていてはっきりしていること
13 鳥瞰 ちょうかん 高い所から見下ろすこと。また全体を見渡すこと
14 斯界 しかい この社会。その道その道の専門の社会。この道。この方面。
15 逓減 ていげん しだいに減ること。だんだんに減らすこと。
16 老練 ろうれん 多く経験を積んで、物事に慣れ、巧みであること。
17 督励 とくれい 監督し、励ますこと。
18 跳梁 ちょうりょう 跳ね回ること。転じて、好ましくないものがのさばってはびこること。
19 耽読 たんどく 夢中になって読みふけること。
20 暁通 ぎょうつう すみずみまで知り尽くしていること
21 猜疑 さいぎ ねたみ疑うこと。
22 趨勢 すうせい 物事が進んでいく勢い。
23 佳境 かきょう 興味深い場面。おもしろい所。
24 獰悪 どうあく 性質が乱暴で荒っぽいこと。凶悪。
25 励行 れいこう 決めたこと、決められたことをその通りに実行すること。
26 敷延 ふえん 意味や趣旨をおし広げて説明すること。
27 至言 しげん あることがらを非常にうまく、適切に言い表したことば。
28 伝播 でんぱ 広く伝わること
29 漸進 ぜんしん 順を追ってだんだんに進むこと
30 崇高 すうこう 気高く尊いさま
31 脆弱 ぜいじゃく もろくて弱いこと。また、そのさま
32 披瀝 ひれき 心の中の考えをつつみかくさず、打ち明けること。
33 再三 さいさん たびたび、何度も
34 桎梏 しっこく 人々を手かせ足かせのように縛るもの
35 英知 えいち 深遠な道理を知りうるすぐれた知恵
36 垂涎 すいぜん よだれが垂れるほどの欲。ある物を手に入れたいと強く思うこと。
37 僭越 せんえつ 自分の身分や資格を越えて、出過ぎたことをすること。
38 狼狽 ろうばい うろたえ騒ぐこと。あわてふためくこと
39 金言 きんげん 模範となるような優れた格言
40 英断 えいだん 思いきりよく事を決すること。すぐれた決断
41 焦眉 しょうび まゆげを焦がすばかりに火が迫るように、危難が迫ること
42 気鋭 きえい 意気込みが鋭いこと
43 伍する ごする 他者と同等の位置にある。かたをならべる
44 迎合 げいごう 自分の考えを曲げてでも、他人の気に入るように調子を合わせること
45 吹聴 ふいちょう 言いふらすこと
46 殊勝 しゅしょう 心がけや行動などが感心なさま。けなげであるさま
47 粉飾 ふんしょく 立派にみせかけること
48 進言 しんげん 目上の人に対して意見を申し述べること
49 軋轢 あつれき 葛藤の生じること。仲が悪くなること
50 詭弁 きべん 道理に合わないこじつけの弁論
51 会得 えとく 物事の意味、本質などを理解し悟ること
52 符合 ふごう 完全に一致すること
53 流布 るふ 世間に広まること。広く知れ渡ること。
54 躍如 やくじょ 生き生きと現れているさま
55 至言 しげん いかにも正しいところを言いあてた言葉
56 委細 いさい くわしいこと。こまごましたくわしい事情
57 謬見 びゅうけん まちがった考えや見解
58 狡猾 こうかつ 悪賢いこと
59 公算 こうさん 偶然に支配される事柄の、生起の確実性の度合。
60 看破 かんぱ 見やぶること。
61 卑近 ひきん 身近でありふれていること。高尚でなくわかりやすいこと。
62 困憊 こんぱい 苦しいこと続きに疲れ果てること
63 尊大 そんだい 人を見下したような偉そうな態度をとること
64 憐憫 れんびん ふびんに思うこと。あわれみの気持ち
65 営々 えいえい せっせと一生懸命に働くさま
66 胆勇 たんゆう ものに動じない勇気があること
67 比肩 ひけん 肩を並べること。同等なこと
68 出色 しゅっしょく きわだって他よりすぐれていること。
69 泰然 たいぜん 落ち着いていて物事に動じない様子
70 腐心 ふしん 心をなやますこと。ひどく心を使うこと
71 斡旋 あっせん 間に入って両者をうまくとりもつこと
72 雌伏 しふく 力を養い、自分の活躍する機会を待つこと
73 回顧 かいこ 過去を振り返ること
74 安泰 あんたい やすらかで穏やかなこと
75 恭順 きょうじゅん 命令につつしんで従う態度をとること
76 呵責 かしゃく 責め苦しめること。しかり責めること
77 杞憂 きゆう 心配しないでいい事を心配すること。とりこし苦労
78 傀儡 かいらい あやつり人形。くぐつ。でく。
79 甘受 かんじゅ 甘んじて受けること
80 機知 きち その場に応じてとっさに働く鋭い知恵
81 漸次 ぜんじ 次第に。だんだん
82 懐柔 かいじゅう うまく手なずけ従わせること
83 義憤 ぎふん 道にはずれたことに対して発するいかり
84 奸知 かんち ずる賢い知恵
85 進取 しんしゅ 進んでことをなすこと。進んで物事にとりくんで行くこと。
86 闊達 かったつ 度量が大きくて、小さな物事にこだわらないさま。
87 啓蒙 けいもう 人々に正しい知識を与え、教え導くこと
88 新鋭 しんえい 新しく現れ、勢いが強いこと
89 誇示 こじ 自慢して見せること
90 奔流 ほんりゅう 勢いの激しい流れ

(8)四字熟語50選

1 首尾一貫 しゅびいっかん 考えや態度などが矛盾無く終始する
2 胆大心小 たんだいしんしょう 度胸は大きく、注意は細かくすべきこと
3 孤立無援 こりつむえん 仲間もなく助けてくれるものがいないこと
4 七転八倒 しちてんばっとう 転がりまわって、苦しむこと
5 意気消沈 いきしょうちん 元気をなくし沈み込むこと
6 神出鬼没 しんしゅつきぼつ 行動が自由自在で、所在などが容易に計り知れないこと
7 清廉潔白 せいれんけっぱく 心や行いがきれいで後ろ暗いところのないこと
8 融通無碍 ゆうずうむげ 一定の考え方にとらわれることなく、自由にどんな事態にも対応できること
9 暴虎馮河 ぼうこひょうが 向こう見ずに命知らずのことをすること
10 無知蒙昧 むちもうまい 学問がなく、物事の道理にくらいこと
11 森羅万象 しんらばんしょう 宇宙に存在する数限りない全てのもの
12 虚心坦懐 きょしんたんかい 何のわだかまりもない素直なさっぱりした心で物事に臨むさま
13 明鏡止水 めいきょうしすい 何のわだかまりもない、静かに澄みきった心の状態
14 当意即妙 とういそくみょう その場にうまく適応して機転をきかすこと
15 単刀直入 たんとうちょくにゅう いきなり問題の要点に入ること
16 理路整然 りろせいぜん 話や考えの筋道がきちんと通っているさま
17 七難八苦 しちなんはっく さまざまな苦難。多くの苦難が重なること
18 百花繚乱 ひゃっかりょうらん 優れた人や業績などが一時期にたくさん現れること
19 一挙両得 いっきょりょうとく 1つの事をして同時に2つの利益を得ること
20 内憂外患 ないゆうがいかん 国内にある心配事と国際上の心配事
21 無念無想 むねんむそう 無心。一切の妄念を離れること
22 破顔一笑 はがんいっしょう 顔をほころばせてにっこり笑うこと
23 右往左往 うおうさおう うろたえてあちらへ行ったりこちらへ行ったりすること
24 泰然自若 たいぜんじじゃく 落ち着き払っていて平常と変わらないさま
25 試行錯誤 しこうさくご 種々の方法を試み、失敗を繰り返しながら目的に向かって解決方法を追求すること
26 支離滅裂 しりめつれつ 物事に一貫性がなく、ばらばらに乱れて筋道が立たないさま
27 七転八起 しちてんはっき 何度失敗してもくじけず、たちあがって奮闘すること
28 朝三暮四 ちょうさんぼし 目先の違いに気をとられて、同じ結果となるのに気づかないこと
29 竜頭蛇尾 りゅうとうだび 始めは盛んだが、終わりの振るわないこと
30 徹頭徹尾 てっとうてつび 始めから終わりまで徹底しているさま
31 和洋折衷 わようせっちゅう 日本風と西洋風をほどよく取り合わせること
32 電光石火 でんこうせっか 動作などが非常に迅速なさま
33 自縄自縛 じじょうじばく 自分の言動や心がけによって、自分自身動きがとれなくなること
34 千載一遇 せんざいいちぐう 千年に一度しかめぐりあえないような、めったにない機会
35 荒唐無稽 こうとうむけい 言動や考えに根拠がなく現実味のないこと
36 魑魅魍魎 ちみもうりょう 山の怪物や川の怪物、様々な化け物
37 勢力伯仲 せいりょくはくちゅう 互いの力が接近していて優劣がつけにくいこと
38 絶体絶命 ぜったいぜつめい 追い詰められて逃れられない困難な立場にあること
39 唯唯諾諾 いいだくだく ただただ人の意見に盲従するさま。言いなりになること
40 四面楚歌 しめんそか まわりが敵ばかりで孤立してしまうこと
41 前代未聞 ぜんだいみもん これまでに一度も聞いたことがないこと
42 晴耕雨読 せいこううどく 自適の生活を送ること
43 天衣無縫 てんいむほう 詩や文章などに技巧を凝らしたあとがなく、自然で完美であるさま
44 一言一句 いちごんいっく 一つひとつの言葉のこと
45 本末転倒 ほんまつてんとう 根本的で重要な事柄と些細なつまらない事柄とを取り違えること
46 一心不乱 いっしんふらん 1つのことに心を集中して他に気をとられないこと
47 意気投合 いきとうごう 互いの気持ちがぴったりと合って仲良くなること
48 自業自得 じごうじとく 自分のしたことが原因で自ら受ける苦しみや災難のたとえ
49 天変地異 てんぺんちい 台風や地震など、天地間の自然の異変
50 自画自賛 じがじさん 自分で自分のことをほめること