>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【不利になる?】女子の就活が厳しい理由5選 | 内定を勝ち取る対策も

この記事を読めばわかること
  • 就活は、女子学生に厳しい一面があるが、対策すれば大丈夫
  • 就活が女子学生に厳しい理不尽な理由5選
  • 女子学生が厳しい就活を乗り越えるには、働く女子に理解のある企業を選ぶ

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、就活が女子に厳しい理由と、女子が厳しい就活を乗り越えるための対策について解説していきます。

就活生ちゃんは、「就活は女子に厳しい」と感じたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

私はまだ就活を始めたばかりなので、就活は女子に厳しいと感じたことはないです。

でも、四季報の採用者の男女比を見たら、何となく男子の方が多いような気がしました。

就活生くん

面接やグループワークで他の就活生を見ていると、しっかりしている女子が多くて感心するけどなぁ。

もし、女子というだけで就活が厳しくなるのなら、理不尽な話ですよね。

すべての企業が当てはまるわけではありませんが、男女比を気にして採用活動をする企業は多いです。

つまり、企業は選考時に男女を区別して評価・採用しているということ。

そして残念ながら、就活は女子に厳しい一面があることは、否定できない事実です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこで、この記事では、就活が女子学生に厳しい理由5選と、女子学生に厳しい就活を乗り越えるための3つの対策について解説していきます。

この記事を読めば、女子学生が就活を成功させるにはどうすればいいのか具体的にわかるので、より内定に近づくことができますよ。

就活は女子に厳しいと感じている方や、男子に負けず内定を取りたい女子学生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

就活は女子学生に厳しい!対策すれば大丈夫

就活生ちゃん

「就活は女子学生に厳しい」というのは本当でしょうか。

女子には厳しいなんて、ちゃんと内定が取れるか、心配になってきました…。

就活生くん

四季報の採用人数の実績を見ていると、男女比に偏りがある企業もありますよね。

全体的に、女子より男子の方が、採用人数が多いような気がします。

就活は女子に厳しい一面があるのは事実です。

女子の就活生は、就活は女子に厳しいことを事前にわかっておくと、就活が上手くいかないときでも落ち込みすぎずに済みますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

女子というだけで就活が厳しくなるなんて、理不尽ですね。

でも、就活が女子に厳しい理由を理解して、きちんと対策さえすれば、内定を取れる確率はぐっとアップしますよ!

この記事で、就活が女子に厳しい理由と、女子が厳しい就活を乗り越えるための対策を紹介していくので、最後まで読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【理不尽…】就活が女子学生に厳しい理由5選

就活生ちゃん

「就活が女子学生に厳しい」と言えるのは、なぜでしょうか。

就活が女子学生に厳しい原因は、日本社会の労働環境女子に対する企業側の固定観念が根底にあります。

就活が女子に厳しい理由をより具体的に表すと、以下の5つにまとまります。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活が女子学生に厳しい理由5選
  • 理由①:日本は男性社会だから
  • 理由②:採用枠が男子より少ない傾向にあるから
  • 理由③:能力よりも顔や愛嬌を重視されやすいから
  • 理由④:企業から「長く働けない」と思われているから
  • 理由⑤:妊娠・出産によるキャリア中断があるから

それでは、就活が女子学生には厳しい理由5選について、ひとつずつ解説していきます。

就活が女子に厳しいのはなぜか知りたい就活生の方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由①:日本は男性社会だから

就活が女子学生には厳しい理由1つ目は、「日本は男子社会だから」です。

女性が活躍できる社会を目指し、国や企業も変わってきてはいますが、現実的には、まだまだ過渡期です。

管理職は男性の方が圧倒的に多いし、総合職の採用人数も男子のほうが多いですよね。

「家事・育児や介護など、家のことは女子に任せ、男子は外で働く」という男女の役割分担が、日本全体に根付いていることも、女子の就活を厳しくする要因となっています。

日本の現状が男性社会である以上、就活が女子に厳しいことは、何の不思議もありません。

就活が女子に厳しいことは、企業単位でどうにかできる問題ではなく、社会全体の意識が影響しているため改善が難しいのです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由②:採用枠が男子より少ない傾向にあるから

就活が女子学生には厳しい理由2つ目は、「採用枠が男子より少ない傾向にあるから」です。

四季報を見ると、企業の採用人数実績を確認できますが、男女比では女子の方が全体的に少ない傾向にあります。

女子の採用人数が少ない企業においては、その分男子より女子の内定率は下がってしまいますよね。

業種や職種によって、女子の採用人数の多い・少ないに偏りがあるので、当然、内定獲得の難易度も変わります。

「就活は女子に厳しい」と感じている方は、女子の採用人数が多い企業を受けてみるのも、ひとつの手ですよ。

女子の採用人数が少ない企業ばかりを受けていると、より就活の厳しさを感じてしまうかも。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由③:能力よりも顔や愛嬌を重視されやすいから

就活が女子学生には厳しい理由3つ目は、「能力よりも顔や愛嬌を重視されやすいから」です。

もちろん、男女の区別なく採用活動を行う企業がほとんどですが、男子と女子では就活生に求めるものに違いのある企業も存在します。

女子の場合、能力よりも顔や愛嬌を重視されがちです。

特に美容業界や航空業界、マスコミ業界などでは、「顔採用」という言葉がささやかれるほど、見た目に比重を置いた採用活動を行う企業はあります。

そのため、能力に自信があるのに就活が上手くいかない女子は、「就活は厳しい」と感じてしまうかもしれません。

「一緒に働きたいか」という観点で見れば、能力よりも愛嬌のある方が有利なのは、男女関係ないかもしれませんね。

都市伝説のような顔採用について気になる人は、以下の記事で解説しています。

顔採用が行われやすい業界なども分かるので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由④:企業から「長く働けない」と思われているから

就活が女子学生には厳しい理由4つ目は、「企業から長く働けないと思われているから」です。

結婚・妊娠・出産などのライフイベントに伴い、「女子は退職する=長く働けない」と考える企業は多いです。

女子に比べると、男子の方が退職する可能性が低いと考えるからこそ、企業は男子を多めに採用して退職リスクへの対策を取るわけですね。

結婚・妊娠・出産を経ても、企業で長く働きたいと考えている女子にとっては、理不尽な話です。

しかし、「女子は長く働けない」という企業のイメージがあるからには、就活が女子にとって厳しい現実は、中々変わることがありません。

現在では寿退職する女子出産を機に退職する女子は、確実に減ってきています。

「女子は長く働けない」という企業のイメージも、早く変わっていくと良いですよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由⑤:妊娠・出産によるキャリア中断があるから

就活が女子学生には厳しい理由5つ目は、「妊娠・出産によるキャリア中断があるから」です。

妊娠・出産をした場合、女子は産前産後休暇を必ず取得するため、どうしてもキャリア中断を避けられません。

また、産前産後休暇の後、そのまま育児休暇で長期間のブランクを空ける女子も多いですよね。

女子が産前産後休暇や育児休暇を取っている間の、人員確保の手間やコストを嫌う企業が中にはあります。

そのような企業が、女子を積極的に採用しようとしないことも、「就活は女子に厳しい」と感じてしまう原因のひとつになっています。

妊娠・出産は社会全体で見るとプラスになる喜ばしいことです。

しかし、「その負担は受け持ちたくない」と考える企業の存在が、女子の就活を厳しいものにしています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

女子学生が厳しい就活を乗り越えるための3つの対策

就活生ちゃん

就活は、女子にとって厳しい面があるのですね。

厳しい就活を乗り越えて、女子が内定を取るためには、どうしたらいいでしょうか。

女子学生が厳しい就活を乗り越えるには、次の3つの対策が有効ですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

女子学生が厳しい就活を乗り越えるための3つの対策
  • 対策①:笑顔で愛想よく振る舞う
  • 対策②:長く働きたい意欲を見せる
  • 対策③:働く女子に理解のある企業を選ぶ
  • 対策④:就活エージェント「女子キャリ」を活用する

それでは、女子学生が厳しい就活を乗り越える3つの対策について、ひとつずつ解説していきます。

企業から内定をもらい、厳しい就活を成功させたい女子学生は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対策①:笑顔で愛想よく振る舞う

女子学生が厳しい就活を乗り越える対策の1つ目は、「笑顔で愛想よく振る舞う」です。

男子に比べ、女子学生は、能力よりも顔や愛嬌を重視されやすい傾向があります。

この傾向を逆手に取り、笑顔で愛想よく振る舞うようにすれば、男子よりも企業からの評価を得やすくなりますよ。

髪型や服装などの身だしなみにも気を配り、清潔感とフレッシュさをアピールするようにすると、より効果的です。

社会人として働く上で、人間関係を円滑に築く能力は、男女関係なく大切です。

笑顔や愛想の良さも、人間関係構築のための立派なビジネススキルだと考え、厳しい就活を乗り越える武器にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対策②:長く働きたい意欲を見せる

女子学生が厳しい就活を乗り越える対策の2つ目は、「長く働きたい意欲を見せる」です。

男子に比べ、女子学生は、企業から「長く働けない」と思われがちです。

そこで、ES(エントリーシート)や面接では、さりげなく長く働きたい意欲を見せるように意識しましょう。

長く働きたいと考えていることが伝われば、「女子はすぐに退職するのでは?」という企業側の懸念が解消されるので、選考通過や内定に結び付きやすくなりますよ。

志望動機企業選びの軸に関する質問は、長く働きたい意欲をアピールする絶好のチャンスです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対策③:働く女子に理解のある企業を選ぶ

女子学生が厳しい就活を乗り越える対策の3つ目は、「働く女子に理解のある企業を選ぶ」です。

女子の採用に積極的でない企業にエントリーしても、内定をもらえる確率は低いですよね。

そのため、エントリーする段階から、働く女子に理解のある企業を選ぶようにするのがおすすめです。

働く女子に理解のある企業の特徴を3つ挙げるので、企業選びの際の参考にしてみてくださいね。

働く女子に理解のある企業の3つの特徴
  • 特徴①:男女の採用実績に極端な偏りが見られない
  • 特徴②:育児休暇や時短制度など働きやすい環境が整備されている(くるみん認定された企業)
  • 特徴③:管理職に子持ちの女性がいる

OB訪問やインターンシップで実際に働いている女性の話を聞くと、女子が働くことに理解がある企業か、見極められますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対策④:就活エージェント「女子キャリ」を活用する

女子学生が厳しい就活を乗り越える対策の4つ目は、「就活エージェント女子キャリ」を活用するです。

女子キャリとは、女子学生限定の就職エージェントです。

スタッフ・キャリアアドバイザーもすべて女性で、就活中の女子学生にとっては強い味方になってくれます。

利用した学生からは、「個々に合ったサポートをしてもらえる安心感があった」など良い評判が多く安心して利用できる就活エージェントです。

女子キャリについてもっと知りたいという人は、以下の記事で詳しく解説しています。

利用者の評判なども分かるので、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活が上手くいかない時は、自己分析をやり直そう

就活が上手くいかない時は、一度、自己分析をやりなおして、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。とはいえ、そんな時間もないですよね。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分の強み・弱みを見つめ直し、逆転の内定を勝ち取りましょう。

 

まとめ:就活は女子にとって厳しい面がある!理由を知り対策を立てて乗り越えよう

就活は女子にとって厳しい面があるのは事実です。

しかし、それで悲観的になったり、自暴自棄になったりすることなく、戦略的に就活を進めましょう。

対策を立てておけば、厳しい就活を乗り越えて、内定獲得できますよ!

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:女子の就活が厳しい理由5選 | 乗り越えて内定に近づく3つの対策

◆就活は女子学生に厳しいという現実!対策すれば大丈夫

 

◆【理不尽…】就活が女子学生に厳しい理由5選

  • 理由①:日本は男性社会だから
  • 理由②:採用枠が男子より少ない傾向にあるから
  • 理由③:能力よりも顔や愛嬌を重視されやすいから
  • 理由④:企業から「長く働けない」と思われているから
  • 理由⑤:妊娠・出産によるキャリア中断があるから

 

◆女子学生が厳しい就活を乗り越えるための3つの対策

  • 対策①:笑顔で愛想よく振る舞う
  • 対策②:長く働きたい意欲を見せる
  • 対策③:働く女子に理解のある企業を選ぶ
  • 対策④:就活エージェント「女子キャリ」を活用する

 

◆悲観的にならず戦略的に就活を進めれば、女子に厳しい就活も乗り越えられる

 

就活は女子に厳しいという一面はあっても、それがすべてではありません。

むしろ女性ならではの視点や考え方を武器にする方法を考えてみるのもありですよ。

「就活の教科書」では、就活に役立つ情報をたくさん紹介しています。

他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕