内定者/社会人インタビュー

【内定者日記】僕が株式会社スタイル・エッジを選んだ理由|就活の流れ

【内定者日記】僕が株式会社スタイル・エッジを選んだ理由|就活の流れ

【就活の教科書とは】  
就活の教科書は、実際に就職活動を経験した内定者の情報のみを扱かっています。  
大学生10名が就活ライターとして記事を投稿中。月に10万人の就活生が訪れています。  
就活の教科書とは

【内定者が選んだおすすめ就活サービス】
就活サイトおすすめ30選  
就活サービスおすすめ15選
⇒ 就職エージェントおすすめ15選
⇒ 逆求人/スカウトサイトおすすめ15選

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村

こんにちは!内定者ライターの松村です!
僕は株式会社スタイル・エッジに内定をいただいています。

就活でたくさんの企業と出会ってどこを選べばいいかわからないという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

この記事では、僕が株式会社スタイル・エッジを選んだ理由と選考フロー、就活の流れを紹介していきます!

就活の参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください!

自己紹介

  • 名前:松村僚悟
  • 大学:同志社大学 法学部法律学科
  • 内定先:株式会社スタイル・エッジ

 

在学中にしたこと

  • 飲食店アルバイト (1回生5月~現在)
  • 法学系サークルで1回生向けの法律授業の運営とチューターを担当 (1回生~3回生)
  • 国際交流サークルで代表として300人以上を統括 (1回生~3回生)
  • 学生4人で事業立ち上げ  (4回生4月~現在)
  • 就活 (3回生5月~4回生6月)

 

株式会社スタイル・エッジとは

株式会社スタイルエッジは、士業・師業に特化したコンサルティング会社です。

士業とは、弁護士や公認会計士のことで、「さむらい業」と呼ばれることもあります。

師業とは、医師のことです。このように特別な資格を持つ職業の方をクライアントとしています。

 

また、株式会社スタイル・エッジはコンサルティング会社の中では珍しく、ハンズオン型のコンサルティング事業をしています。

ハンズオン型とは、クライアントに解決策を提案するだけにとどまらず、自分たちの提案内容をクライアントと一緒に実行していくスタイルです。

さらに、「事業計画」、「ITインフラ構築」、「マーケティング」、「営業」、「PR・ブランディング」、「採用」、「組織マネジメント」といった経営に欠かせないノウハウを網羅的に支援してきた結果、近年では前年比200%の成長率を記録しました。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
2016年には新宿に本社オフィスを移転し、まだまだ規模を拡大していくベンチャー企業です。

 

ビジョン

80億の人生に彩りを。

人と人が互いに認め合える、社会的弱者のいない社会であるために。

お客様の声にしっかりと耳を傾け、誠実に、責任を持って行動します。

すべては相手のために。

人を幸せにすることを自らの幸せと考え、様々な悩みを解決に導き、笑顔があふれる社会の実現に貢献します。

ミッション

悩む人の明日をひらく。

トラブルを抱える人を助け、様々な社会問題を解決したい。

そのために私たちは、士業・師業を中心とする専門機関・専門家に特化したコンサルティング・マーケティング支援を行っています。

事業を通じて人々の知識格差をなくし、社会的弱者のいない世の中へ。

1人でも多くの人が安心して暮らせる、豊かな社会を作ります。

業界

コンサル

事業内容

士業・師業に特化したハンズオン型総合コンサルティング事業

 

株式会社スタイル・エッジを選んだ理由

僕が株式会社スタイル・エッジを選んだ理由は、ここなら本気で働けると思ったからです。

具体的には3つの視点を意識しながら会社を選びました。

  1. ハンズオン型で士業・師業の方たちの支援ができるので、お客様のために本気になれる
  2. ワンストップコンサルティングで各専門分野のプロが集まってプロジェクトチームを作るので、社内の仲間のために本気になれる
  3. 社内制度が充実しているので、自分の仕事に本気になれる
内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
それぞれ説明していきます。

 

お客様のために本気で働ける

株式会社スタイル・エッジを選んだ理由の一つ目は、「お客様のために」本気で働けるからです。

ハンズオン型のコンサルティングはお客様と一緒に解決策を実行していくので、自然と当事者意識を持つことになります。

お客様の喜びや悲しみをダイレクトに体感することになり、本気で仕事に取り組むことができます。

さらに、僕は法学部の学生なので周りには弁護士を目指す友人が多いです。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
毎日ものすごく勉強している友人たちと、将来一緒に働けたらいいなと思ったのも本気になれる一つの要因です。

 

仲間のために本気で働ける

株式会社スタイル・エッジを選んだ理由の二つ目は、「仲間のために」本気で働けるからです。

お客様の悩みが一つとは限りません。

株式会社スタイル・エッジでは、お客様の潜在的な悩みを解決するために社内から各職種のプロが集結します。

仲間とともに協力して働くことで、常に刺激を与えあいながら働くことができます。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
僕自身、自分の知らないことを教えてくれる仲間とともに働きたいと思っていました。

 

自分のために本気で働ける

株式会社スタイル・エッジを選んだ理由の三つ目は、「自分の仕事に」本気で取り組めるからです。

株式会社スタイル・エッジには、従業員をサポートする様々な社内制度が整っています。

ベンチャー企業は社内制度を疎かにしがちです。

株式会社スタイル・エッジは「女性の活躍推進・育児と仕事の両立支援」や「健康増進」が充実しているので、家庭や自分の健康問題に悩まされることなく存分に仕事に打ち込めるのです。

 

選考フロー

僕は「ジョーカツ」という地方学生の就活支援のサービスを通して、株式会社スタイル・エッジと出会いました。

株式会社スタイル・エッジの選考フローはこんな感じです。

  1. 説明会兼選考会
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 社長面接
  5. SPI

 

説明会兼選考会

選考は説明会から社長面接まですべて東京オフィスで行われました。

会社説明と質疑応答の後に、グループディスカッションと集団面接がありました。

グループディスカッションでは、「弁護士事務所のお客様を増やすにはどうしたらよいか」を30分間話し合いました。

集団面接では、「どういう性格で何をしてきたか」や「就活の軸」、「これからどうなりたいか」という質問をされました。

 

一次面接、二次面接

一次、二次面接は私服で行きました。

というのも、僕には「私服の方が調子が良い」というジンクスがあるからです。

一次面接も二次面接も集団面接の時と同じ質問をされましたが、リラックスして丁寧に答えることができました。

前回と違ったのは、個人面接だったので一方的な質問攻めではなく、僕からも質問をしてすり合わせの時間の方が長かったことです。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
いま振り返ってみると、株式会社スタイル・エッジでの面接は僕が受けたどの面接よりも正直に質問に答えることができたという実感があります。

 

社長面接

社長面接は緊張しました。

たった15分間で簡単にいくつか質問されました。

気合を入れてスーツで臨んだのですが、空回りしてガチガチでした。

しかし、僕の思いは伝わっていたらしく、面接の後に人事の方から「松村君には来てほしい」と言っていただけたので少し安心しました。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
面接直後はとても不安でした。

 

SPI

まだ油断はできず、社長面接の次の日にSPIの案内が届きました。

なるべく早く受けたほうが印象が良いと思ったので、社長面接の二日後にSPIを予約してテストセンターに受けに行きました。

その週明け、やっと電話があり、正式に「一緒に働いてほしい」と告げられました。

 

就活の流れ

僕は約1年間就活をしてきました。

効率の良い就活だったとは言えませんが、自分なりに一生懸命、時には楽しく、時には落ち込みながら進めていました。

そんな僕の就活の流れを振り返ってみます。

  • 3回生5月~1月  インターンシップ
  • 3回生2月  自己分析
  • 3回生3月~  説明会、選考会
  • 4回生6月  就活終了

 

3回生5月~1月  インターンシップ

最初は何から始めればよいのか全く分からず、ひたすら短期のインターンシップに行っていました。

どのインターンシップも、業界や会社についての理解が深まったり、就活仲間ができたりとそれなりに収穫はありました。

 

しかし、これから1Dayインターンシップに参加しようと思っている方にアドバイスがあります。

それは、「会社を知るよりも、まず自分を知るべき」だということです。

会社が自分に合っているか知りに行くのに、肝心の自分についてわかっていなければ意味がないからです。

 

3回生2月  自己分析

ここから僕の本当の就活が始まりました。

就活に行き詰っていた僕は就活サービスを利用することにしました。

  • irodas
  • ジョーカツ
  • goodfind
  • バリ活
  • アズライト就活エージェント
  • Matcher
内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
上記のサービス使って、自己分析や就活の軸決めをして僕にあった企業を紹介してもらいました。

 

3回生3月~  説明会/選考会

とにかく足を使って50社以上の説明会や選考会に出向きました。

株式会社スタイル・エッジは東京の企業なので、僕が東京に行くタイミングに合わせて面接をしてもらいました。

その結果、約2カ月と長い時間をかけて選考することになりました。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
就活では辛抱も大切です。

 

4回生6月  就活終了

先ほど書いた通り、株式会社スタイル・エッジに内定をいただき就活を終了しました。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村

現在は僕の就活の経験を活かして、当サイト「就活の教科書」で内定者ライターをしています。
これから就活を始めるあなたに少しでも役に立てると嬉しいです。

 

まとめ:納得のいく決断

この記事では、僕が株式会社スタイル・エッジを選んだ理由と、僕の就職活動の流れをお伝えしました。

僕が株式会社スタイル・エッジを選んだ理由がお分かりいただけましたか。

「会社を知る前に自分を知る」と書いたように、企業選びのためには自己分析が重要です。

内定者ライター 松村
内定者ライター 松村
みなさんも、自己分析をしっかりして納得のいく就活にしてください!

 

その他の内定者ライターの自己紹介/インタビューはこちらから見れます。

「内定者ライター 自己紹介/インタビュー」記事一覧

就活生によく読まれている記事
ABOUT ME
松村 僚悟
松村 僚悟
株式会社スタイル・エッジの内定者、同志社大学 法学部卒業予定。20卒。● 自己紹介 ● 書いた記事