【仕事辞めたい!】新入社員が仕事をつらいと感じる場面10選 | しんどい時期,乗り越え方も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事からわかること
  • 新入社員がつらいと感じる時期
  • 新入社員がつらいと感じる場面は様々
  • 新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法
  • もし本当につらいと感じて耐えられない場合は転職するのもあり
こんにちは。就活の教科書編集部の井上です。

皆さんの中に、「新入社員がつらいと感じる場面はあるの?」「新入社員がつらいと感じる時期はいつ?」といった疑問や不安を持っている方がいるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 井上

就活生くん

これから就職となるので、まだ新入社員の働き方のイメージがわかないです…

新人だとやっぱり仕事がきついと感じてやめたいと思ってしまう場面もあるのでしょうか?

就活生ちゃん

やっぱり企業に入りたての新入社員の時期ってしんどいのでしょうか?

就職後にきつい場面が待っていると思うと不安です。

新人のつらい時期とかって、どうしたら乗り越えられますか?

そうですよね。

新人がつらいと思うのはどんな時期か、新入社員がつらいのはどうすれば乗り越えられるのか、知っておきたいですよね。

「就活の教科書」編集部 井上

そこで本記事では、「新入社員がつらいと感じる場面」や、「新入社員がきついと感じる時期」について解説します。

そして、その新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法や、新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問も解説します。

  • 就職前だけど、新人ってどんな場面や時期でつらいと感じるのか不安
  • 新卒就活後にどんなつらいことがあるのか知っておきたい
  • 新入社員だけど、初めての仕事でつらくなってしまったのを乗り越えたい
といった方は特にこの記事を最後まで読んでみてください。

24卒、23卒で「ESや面接が通過できず、なかなか就活がうまくいかない…」と悩んでいる就活生は、無料の就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

特に、DiG UP CAREERを使うのがおすすめです。

これらを使うと、自己分析、企業選び、面接対策など、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえますよ。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 優良企業を紹介してくれる /

  • DiG UP CAREER
    - 寄り添い型で優良企業を紹介
    - 満足度90%、友達紹介率60%

\ 優良企業からスカウトが来る /

「結局、どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

新入社員がつらいと感じる場面はあるの?時期は?

就活生ちゃん

社員がつらいと感じる場面って実際あるのでしょうか?

新人がつらいと感じる場面がないのであれば安心なのですが…

就活生くん

新入社員がつらいと感じる場面とか、新人がつらいと感じ始める時期ってどんなときでしょうか?

また、つらくなくなる時期とかってあるんでしょうか?

それではここで、社員がつらいと感じる場面、新入社員がつらいと感じる時期について解説します。

「就活の教科書」編集部 井上

新入社員がつらいと感じる場面はある

まず、新入社員がつらいと感じる場面はあります。

どんなにやる気や能力のある人でも、初めての業務や新しい人間関係の中でつらいと感じることがないとは言い切れません。

多くの人が想像または経験するように、新人はつらい・だるい・しんどいといったマイナスなイメージがあるでしょう。

ここでは、どんな時期に新入社員がつらいと感じてしまうのか解説します。

新入社員がつらいと感じる時期4選
  • 時期①:環境に慣れない入社直後
  • 時期②:多くの人が辛いと感じる5〜6月
  • 時期③:退職を考え始める7〜11月
  • 時期④:成長を感じ始める12〜3月

時期①:環境に慣れない入社直後

新入社員がつらいと感じる時期の1番はじめは「環境に慣れない入社直後」です。

初めて覚える業務内容や職場のルールなど、新入社員にとっては戸惑うことが多くなるからです。

新入社員は初めての職場で不安になることが多くなるはずです。

このように、「環境に慣れない入社直後」は、新入社員がつらいと感じる時期となることが多いです。

つい数か月前までは学生だったのに、社会人になって仕事が大変すぎてだるいと思ってしまう方も少なくはないでしょう。

「就活の教科書」編集部 井上

時期②:多くの人が辛いと感じる5〜6月

新入社員がつらいと感じる時期の2つ目は「多くの人が辛いと感じる5〜6月」です。

季節が変わり、GWなどもあって仕事が憂鬱になることがあるからです。

少し仕事に慣れてきたかなという時期で、活動意欲が低下してしまうこともあるでしょう。

このように、5月~6月は、新入社員の多くの人がつらいと感じる時期となるようです。

5月~6月がおそらく最も多くの新入社員がつらいと感じる時期なのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 井上

時期③:退職を考え始める7〜11月

新入社員がつらいと感じる時期の3つ目は「退職を考え始める7〜11月」です。

7月~11月は、新入社員の中で退職を考え始める人が出てきてしまう時期だからです。

大学生時代はあったはずの長期休暇はなく、余計につらいと感じてしまうこともあるでしょう。

また、転職等の求人が多くなるのも同じ7月~10月です。

このように、7月~11月は、退職を考え始める人が出てきて、新入社員がつらくなっている時期と言えます。

退職・転職を前向きに考えることは決して悪いことではありませんが、周りで退職・転職をする人が出始めると少し不安になってしまうこともあるでしょう。

「就活の教科書」編集部 井上

時期④:成長を感じ始める12〜3月

新入社員がつらいと感じる時期の4つ目は「成長を感じ始める12〜3月」です。

次の年からは新入社員ではなくなり、責任も少しずつ増えていきます。

プレッシャーを感じる人もいるでしょう。

ただ、ボーナスの出る12月や年度末の区切りとなる1~3月は、退職を考える人が少ないです。

もうひと踏ん張りという時期ですよね。

「就活の教科書」編集部 井上

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを参考にしてみてください。

数々の就活エージェントを比較した結果、就活の教科書では満足度90%で納得できる内定獲得までサポートしてくれる「DiG UP CAREERを特におすすめしています。

DiG UP CAREERは、オンライン面談を通して、選考対策非公開求人の紹介企業からの選考フィードバックももらえるので、就活生から高く評価されています。

プロの客観的なアドバイスを受け、内定をとりたいという方は、ぜひ内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを読んであなたに合う就活エージェントを選んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


【退職理由?】新入社員がつらいと感じる場面10選

就活生くん

新入社員の1年目で、いろいろなことを思う時期があるんですね…

具体的にこんな場面がつらい、しんどいという場面はありますか?

就活生ちゃん

新入社員の人が退職を考える理由ってどんなものなのでしょうか?

新入社員が経験するつらい場面を知っておきたいです。

わかりました!

それでは、新入社員がつらいと感じる場面を10個紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

新入社員がつらいと感じる場面を10戦
  • 場面①:研修が多い
  • 場面②:職場の人間関係がつらい
  • 場面③:給料が少ない
  • 場面④:残業や休日出勤が多い
  • 場面⑤:慣れない環境に耐えられない
  • 場面⑥:仕事が覚えられない
  • 場面⑦:社風が合わない
  • 場面⑧:イメージしていた仕事と違う
  • 場面⑨:将来のイメージが持てない
  • 場面⑩:生活リズムが整わない

場面①:研修が多い

新入社員がつらいと感じる場面の1つ目は「研修が多い」ことです。

新人が、これから行う仕事内容を覚えるため、研修を多く設けている企業が少なくありません。

初めて知る業務上のルールや先輩へのマナーなどをたくさん覚えなければならず、多くて覚えられないと感じてしまう人もいるはずです。

このように、研修が多いことで新入社員はつらいと感じることがあるようです。

新入社員の研修は、大学時代の勉強とは少し違います。

単位が取れればよいというだけでなく、確実に身に付けて実務に使っていくので、研修が学生時代の勉強よりつらく感じてしまうかもしれません。

「就活の教科書」編集部 井上

場面②:職場の人間関係がつらい

新入社員がつらいと感じる場面の2つ目は「職場の人間関係がつらい」ことです。

社会人になると、上司や顧客など、学生時代よりも多くの人と関わるようになります。

会社で次々に出来上がっていく人間関係は新入社員にとってなかなか慣れないということもあるでしょう。

したがって、職場での人間関係が、新入社員にとってつらいと感じる要因の1つになっています。

先輩・上司の接待や、飲み会などで自分の印象が悪くなってしまうと、昇給・昇進に悪影響が出てしまうなんていうこともあるかもしれません…

社会人になってから持つ人間関係は、学生時代とは違い、その後の人生に直接的に関わってくるからです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

場面③:給料が少ない

新入社員がつらいと感じる場面の3つ目は「給料が少ない」ことです。

業種・業界にもよりますが、多くの企業で初任給は20数万円程度です。

こんなに頑張って働いたのに、この初任給を少ないと感じてしまうこともあるでしょう。

ちなみに、新卒で貰える給料、初任給についてはこちらの記事でまとめているので、ぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

場面④:残業や休日出勤が多い

新入社員がつらいと感じる場面の4つ目は「残業や休日出勤が多い」ことです。

人手不足の職場では、新人にも残業や休日出勤が多くなることがあります。

休みが少ない、という労働環境は、慣れない新入社員にとってはとてもつらいと感じるでしょう。

ちなみに、「残業」が少ない仕事についてはこちらの記事でまとめているので、ぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

場面⑤:慣れない環境に耐えられない

新入社員がつらいと感じる場面の5つ目は「慣れない環境に耐えられない」ことです。

初めての職場で、慣れない環境にいるストレスでつらくなってしまう人がいるようです。

そのため、特別に何かつらい出来事が無くても、入社したての会社に毎日出社すること自体がつらいと感じることがあるようです。

社会人になると、学生時代のバイトの時ほど簡単に仕事がやめられるわけではありません。

慣れない環境にずっといなければいけないということに耐えられないと感じてしまう新入社員は多いはずです。

「就活の教科書」編集部 井上

場面⑥:仕事が覚えられない

新入社員がつらいと感じる場面の6つ目は「仕事が覚えられない」ことです。

新入社員は、仕事についてまだわからないことが多く、覚えなけらばならないことがたくさんあります。

その覚えなければいけない仕事が多すぎてつらいと感じてしまう人がいるようです。

特に即戦力が期待される会社では、仕事を覚えなければいけないというプレッシャーは大きいでしょう。

このように、覚えなければいけない仕事が多いというのが、新入社員にとってつらいと感じる場面なようです。

「若手に期待する」と聞くと聞こえはいいですが、初めての仕事でいきなり覚えることが多すぎては、誰もが大変と感じてしまうでしょう。

「就活の教科書」編集部 井上

場面⑦:社風が合わない

新入社員がつらいと感じる場面の7つ目は「社風が合わない」ことです。

社風とは、その企業が持つ文化や価値観、社員の持つ共通の雰囲気のことです。

仕事重視/プライベート尊重、チームワーク/個人プレーなどといった、人それぞれに分かれる価値観があります。

また、特に歴史のある大企業などでは、会社独特の昔からあるようなしきたり・風習に共感できないこともあるかもしれません。

会社それぞれの価値観のもとで働いてみて、これでは自分にはあっていないと感じてしまったときにつらいと感じる人がいるようです。

社風は自分にあっている企業を見つければ就職・転職など就職活動で有利になることがあります。

社風についてこちらの記事で解説しているのでぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

場面⑧:イメージしていた仕事と違う

新入社員がつらいと感じる場面の8つ目は「イメージしていた仕事と違う」ことです。

その企業に就職する前に抱いていた仕事のイメージと違ったときに、「こんなはずじゃなかった」とつらいと感じてしまう新入社員の人もいます。

インターンシップや企業説明会のときに、企業がアピールしたものと実際に働いたときの感触がずれてしまうことは少なくありません。

このように、イメージしていた仕事と違うと感じることが、新入社員がつらいと思ってしまう場面となることがあるようです。

上にも書いた給料や残業、社風が入社する前に思っていたものとずれていると、「自分はどうしてこの会社に入ってしまったんだろう…」と思ってしまうことがあるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 井上

場面⑨:将来のイメージが持てない

新入社員がつらいと感じる場面の9つ目は「将来のイメージが持てない」ことです。

大企業や安定した職業に就いたとしても、まだまだ長く続く現役生活が、この先どうなるか不安に思うこともあるでしょう。

「自分がどんな目標を立てればよいか?」「将来のために何をすればよいか?」などがわからないといった新人はたくさんいるはずです。

このように、将来のイメージが持てないということが、新入社員が不安に感じる場面であるようです。

将来に対する不安は、就職したからといって消えるわけではないですよね。

「就活の教科書」編集部 井上

場面⑩:生活リズムが整わない

新入社員がつらいと感じる場面の10つ目は「生活リズムが整わない」ことです。

学生時代の生活よりも、社会人の方が労働時間の拘束は大きいからです。

企業に入りたての新入社員は、入社前の生活リズムからなかなか抜け出せないといったこともあるでしょう。

学生時代は昼夜逆転してしまっていた…なんていう人もたくさんいますよね。

「就活の教科書」編集部 井上

「就活なかなかうまくいかない…どうすれば…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめです。

DiG UP CAREERは、あなたに親身に寄ってくれ、あなたらしく働ける優良企業を紹介してくれます。

利用すれば、就活に対する悩みや不安が解消され、選考対策もしてくれるので就活の自信がついてきますよ。

満足度90%、友達紹介率60%なので、納得のできる企業に就職したい方はぜひ見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを見てみる

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

23卒で「なかなか内定がもらえない…」と悩んでいる就活生は、就活エージェントDiG UP CAREER」「キャリアチケット」「キャリアパーク就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

これらの就活エージェントはそれぞれ、自己分析企業選び、面接対策などのサポートがあり、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえます。もちろん費用は無料です。

エージェントによって、求人数の多さES添削グループディスカッションなど選考対策の種類も様々なので、同時利用がおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

無い内定から抜け出すサービス(無料)

*参考記事:就活エージェントおすすめ15選


利用者満足度90%のDiG UP CAREERで就活の悩みを解決

DiG UP CAREERは、就活のプロからのサポート「できるだけ早く」「納得のいく」内定をとりたい方におすすめです。

あなたに親身に寄り添い非公開の優良企業求人の紹介選考対策企業から選考フィードバックがもらえるので就活の悩みや不安を解消できますよ。

さらに、DiG UP CAREERは、満足度90%と高く評価されていますが、サポート人数を限定しているので手厚いサポートを受けられるの今のうちに利用しましょう。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを使ってみる


新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法5選

就活生くん

新人はこんなにつらいと思う時期や場面があるんですね…

社会人ってやっぱり大変だなと思いました。

就活生ちゃん

新入社員になっても、つらいと感じる時期や場面を乗り越えていきたいです。

どうしたらつらい場面を乗り越えられますか??

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法はあります!

ここでは、新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法5選
  • 方法①:つらいと感じたことを書き出してみる
  • 方法②:プライベートの時間でリフレッシュする
  • 方法③:新入社員が仕事ができないのは当たり前と割り切る
  • 方法④:頑張りすぎない
  • 方法⑤:耐えられない場合は転職も視野に入れる

方法①:つらいと感じたことを書き出してみる

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法の1つ目は「つらいと感じたことを書き出してみる」です。

つらいと感じたことは、小さなメモに書いたり、軽い日記に記録したりすると良いです。

自分の中で、漠然とした「つらさ」にしておかないことが大切です。

社会人の生活で色々ある中、「何がつらいのか」を明確にしておくと、客観的に自分の状況を分析できるからです。

つらいことを書きだしてみるだけで、不安が少し晴れて問題への取り組み方が見えてくることもあります。

「上司が厳しい」「仕事が覚えられない」といった直ぐには解決できないようなつらいこと・悩みでも、書き出してみるだけでつらさが和らぐこともあります。

「就活の教科書」編集部 井上

方法②:プライベートの時間でリフレッシュする

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法の2つ目は「プライベートの時間でリフレッシュする」です。

仕事でつらいことがあっても、休みの日などプライベートの時間でリフレッシュすれば、つらかった仕事から解放された気持ちになります。

例えば、プライベートの時間でスポーツや映画鑑賞など、自分の趣味に費やしたり、家族や友人、恋人と過ごしたりして仕事のことを忘れる時間をとると気持ちが落ち着くでしょう。

ちなみに、休日の過ごし方について、就活における面接等での答え方をこちらの記事で解説しているので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

方法③:新入社員が仕事ができないのは当たり前と割り切る

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法の3つ目は新入社員が仕事ができないのは当たり前と割り切る」です。

初めての仕事で失敗したり上司に怒られてしまったりするのは、新人ならよくあることです。

ですから、仕事ができなくても落ち込みすぎる必要はありません。

自分が仕事で何か失敗してしまったとしても、新人だから仕方ないとある程度割り切ってしまえば、つらい気持ちが和らぎます。

失敗がたくさんできるのは新人のうちだけです。

失敗は無いのが一番良いですが、失敗しても落ち込みすぎず、開き直ってしまうのも一つの手です。

「就活の教科書」編集部 井上

方法④:頑張りすぎない

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法の4つ目は「頑張りすぎない」です。

会社に入る前は、やる気に満ち溢れてたくさん仕事を頑張るぞと意気込んでいた新入社員も多いはずです。

しかし、仕事でつらい気持ちになったときに、「頑張らなくてはいけない」と、自分を追い込みすぎるとさらにつらい気持ちになってしまいます。

ですから、「頑張りすぎなくてもよい」と自分を認めてあげることで、仕事がつらいという気持ちを和らげておくことも大切です。

新入社員が、やる気があって自分に厳しいのは素晴らしいことだと思います。

ですが、つらいときは自分にやさしくしてあげましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

方法⑤:耐えられない場合は転職も視野に入れる

新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法の5つ目は「耐えられない場合は転職も視野に入れる」です。

初めて入った会社が、本当に自分に合っていないという場合もあります。

新入社員がその会社で一生働かなくてはいけないということはないので、本当に合わないと思ったら転職を視野に入れるのも一つの手です。

会社を変えれば、つらかった仕事の環境がガラッと変わることもあり得ます。

ですから、もしつらい仕事にどうしても耐えられない場合は、転職を視野に入れてみてください。

転職については、こちらの記事で様々な情報をまとめているので、転職について興味がある方はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問

就活生くん

新入社員がつらいと思うというのは、ごく普通のことなんですね。

仕事がつらくなったときは新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法5選を実践してみようと思います!

就活生ちゃん

つらい仕事を乗り越える方法を知ることができてよかったです!

新入社員がつらいと感じる場面について、他に知っておいた方が良いことってありますか?

この記事の内容を役立ててもらえたら嬉しいです!

それではここで、新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問
  • 質問①:新入社員がつらいのはいつまで?
  • 質問②:仕事を辞めるならいつのタイミングが良いの?

質問①:新入社員がつらいのはいつまで?

新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問の1つ目は「新入社員がつらいのはいつまで?」です。

人によりますが、新入社員が仕事に慣れ始めるのは半年後の頃と言われています。

入社の半年後くらいの10月・11月になると、周りで退職・転職をする人も少なくなり仕事に慣れてつらい気持ちが少なくなってくることが多いようです。

入社して1年も経てば、仕事の流れもわかってきて安定したモチベーションで業務に取り組むことができるようになります。

入社後で一番つらい時期はやはり5月6月あたりの場合が多いようです。

ある程度時間が経って社会人に慣れてくれば、多くの場合仕事のつらさが和らいでくると思います!

「就活の教科書」編集部 井上

質問②:仕事を辞めるならいつのタイミングが良いの?

新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問の2つ目は「仕事を辞めるならいつのタイミングが良いの?」です。

新入社員がその企業を退職する時期として適切なのは、7月~10月と2月~3月と言えます。

この7月~10月と2月~3月が適切であるという理由は各企業で求人数が増えるからです。

9月~10月は下半期への移行の時期であり、2月~3月は年度替わりの時期であるため、人員補充を行う企業が多くなるためです。

求人数が多い時期に退職すれば、スムーズに次の仕事に就くことができるでしょう。

この仕事はやっぱりつらいから辞めたいとなったときは、しっかり転職を考えましょう。

転職のやり方、転職に関するサービスについて以下の記事で解説しているので、退職・転職について興味がある人はぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

仕事をやめることが決して悪いことではありません。

仕事を辞めるか悩んでいる人は以下の記事も参考にしてください。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:新卒で入った企業がつらいなら、転職することも視野に入れよう

本記事はいかがだったでしょうか?

今回は、「新入社員がつらいと感じる時期」「新入社員がつらいと感じる場面」を紹介しました。

また、これから就職する就活生の皆さんや、今企業で勤めている新入社員の皆さん等のために「新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法」についても紹介しました。

「就活の教科書」編集部 井上

もし新卒で入った企業が本当につらいという場合は、転職することも視野に入れてみてください。

下に今回の記事の内容をまとめておいたので、ぜひ読み返してみてください。

この記事のまとめ

◆新入社員がつらいと感じる場面はあるの?時期は?

  • 新入社員がつらいと感じる場面はある
  • 時期①:環境に慣れない入社直後
  • 時期②:多くの人が辛いと感じる5〜6月
  • 時期③:退職を考え始める7〜11月
  • 時期④:成長を感じ始める12〜3月

◆【退職理由?】新入社員がつらいと感じる場面10選

  • 場面①:研修が多い
  • 場面②:職場の人間関係がつらい
  • 場面③:給料が少ない
  • 場面④:残業や休日出勤が多い
  • 場面⑤:慣れない環境に耐えられない
  • 場面⑥:仕事が覚えられない
  • 場面⑦:社風が合わない
  • 場面⑧:イメージしていた仕事と違う
  • 場面⑨:将来のイメージが持てない
  • 場面⑩:生活リズムが整わない

◆新入社員がつらいと感じた場面を乗り越える方法5選

  • 方法①:つらいと感じたことを書き出してみる
  • 方法②:プライベートの時間でリフレッシュする
  • 方法③:新入社員が仕事ができないのは当たり前と割り切る
  • 方法④:頑張りすぎない
  • 方法⑤:耐えられない場合は転職も視野に入れる

◆新入社員がつらいと感じる場面に関するよくある質問

  • 質問①:新入社員がつらいのはいつまで?
  • 質問②:仕事を辞めるならいつのタイミングが良いの?

◆まとめ:新卒で入った企業がつらいなら、転職することも視野に入れよう