>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者日記】私が石油元売会社を選んだ理由|エネルギー業界の就活の流れ

【内定者日記】私が石油元売会社を選んだ理由|就活の流れ

こんにちは、「就活の教科書」編集部の「かめさん」です。

私はエネルギー業界の石油元売会社に内定をいただいています。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

この記事では、石油元売会社に内定をいただいた私が、なぜエネルギー業界を選んだのか、内定獲得までの就職活動の流れを紹介していきます。

エネルギー業界志望の方だけでなく、部活動に所属している方、就職活動で何から、初めからいいのかわからない、、という方も是非見てください!

自己紹介

かめさん

  • 名前:かめさん
  • 大学:大阪府立大学
  • 内定先:石油元売会社A

 

在学中にしたこと

  • 体育会弓道部に所属(1回生5月~現在)
  • 飲食店アルバイト(2回生5月~現在)
  • 学生団体に所属(3回生4月~現在)
  • 就活(3回生8月~4回生5月)

 

次は、私が「石油」事業に取り組む会社に入社した理由を説明していきます!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

私がエネルギー業界の石油元売会社を選んだ理由

私がエネルギー業界の石油元売会社を就職先として選んだ理由は2つあります

  • 影響力のある仕事に務めることができるため
  • チャレンジ精神を持って仕事に取り組むことが可能だと感じたから

 

影響力のある仕事に携わることができること

石油元売会社を就職先に選んだ理由の1つ目が、影響力のある仕事に携わることができることです。

部活やアルバイトに取り組んでいく中で、自分の行動で相手に影響を与えていくことにとてもやりがいを感じ、このような考えが自分の中で生まれました。

あらゆる業界を見た結果、エネルギー業界、特に石油事業は日本人口を根底から支えていることに魅力を感じ志望しました。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

チャレンジ精神をもって仕事に取り組むことが可能だと感じたため

石油元売会社を就職先に選んだ理由の2つ目が、チャレンジ精神をもって仕事に取り組むことが可能だと感じたため

面接官の方に社員に求めることは何かお聞きした時「チャレンジし続ける姿勢」とおっしゃっていました。

失敗を何度もしていいから挑戦する気持ちを忘れないで取り組んでほしいと告げられ、この言葉が今でも自分の中で刺さっています。

石油元売会社では石油に頼らない事業拡大を行っており、再生可能エネルギーからIT/メーカーとしても形を変えていこうとしています。

後ほど説明しますが、エネルギー業界で石油は衰退していく傾向にあるためです。

またこれは面接で感じたことなのですが、社風が暖かく、一番人間味のある会社でした。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

エネルギー業界と石油業界について

ここではエネルギー業界の仕組みについて簡単に説明しておきます。

エネルギー業界は大きく「電力」「ガス」「石油」の3つに分けられています。

エネルギー業界
  • 電力
  • ガス
  • 石油

 

電力

まず電力は、発電、送電、変電、配電、小売によって成り立っています。

今、電力業界では電力の小売自由化が普及してきていることから、さらなる国内での競争が激しくなると考えられています。

また発電部門では安全性の面から原子力発電の廃止により、生産コストが上昇しているため収益が減少しているのが現状です。

 

ガス

次にガスは、都市ガスやプロパンガスを家庭や工場などへの安定的な供給を行うことがほとんどな仕事です。

都市ガスは天然ガスを、プロパンガスは液化石油ガスを使ってそれぞれ供給します。

また近年ではガスを利用しては圧電を行うという事業が起こってきています。

そのため、今後電力とガスは緊密につながってくる可能性が高いです。

 

石油

そして石油は、石油を精製し販売している会社と開発・発掘を行っている二つに分けられます。

石油の精製・販売の企業は、JXTGエネルギー株式会社、出光昭和シェル株式会社、コスモ石油株式会社の主に3つといわれています。

開発・発掘の企業は、INPEXが一番大きいです。

石油は今後日本国内での需要が減り、且つ枯渇する可能性があります。
再生可能エネルギーの開発に力を入れている企業が多く、石油業界は方向転換をするタイミングと言えます。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

エネルギー業界の石油元売会社Aの選考フロー

次に、私がエネルギー業界の石油元売会社Aから内定をいただくまでの流れを紹介します。

石油元売会社Aの選考フロー
  1. エントリーシート
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 最終面接
順をおって解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

エントリーシート

石油元売会社Aのエントリーシートですが、志望動機学生時代頑張ったことを書く一般的なものでした。

字数が200字程度と少なかったため、簡潔に伝えることを意識して書きました。

書いて一日おいてから再度確認することをお勧めします!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

エントリーシートの書き方はこちらの記事が役立ちます。ぜひ参考にしてください。

 

1次面接

石油元売会社Aの1次面接は、面接官1人に対し就活生2人でした。

時間は約30分で志望動機や学生時代頑張ったことを聞かれました。

面接の方が人事の方ではなく第一線で働かれている営業の方で、堅苦しい雰囲気ではありませんでした。

当時、エネルギー業界のことを詳しく調べていなかったため、入社してどのような事業に携わりたいかはっきりと答えることができませんでした。
そんな中、面接官の方は優しく説明してくださり、よりこの会社のことを知りたいと思うようになりました。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

1次面接で聞かれる質問はこちらの記事にまとまっています。ぜひ参考にしてください。

【就活内定者が教える】一次面接でよく聞かれた質問35選 | 一次面接の目的、内容も

2次面接

2次面接からは東京本社での面接となりました。

1次面接と同じく、30分の面接で1対1でした。

ここでは1次面接で聞かれたことに加え、「周りからどのような人間だといわれるか」「自分の短所だと思うところをどのように改善していったか」など少し変わった質問も聞かれました。

1次面接でも2次面接でも私の本質を見抜こうとしている様子でした。

自分のことをすべて正直に話して受け入れる形式の面接で、今まで受けてきた面接の中で最も素直な気持ちで受けることができました。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

2次面接で聞かれる質問はこちらの記事にまとまっています。ぜひ参考にしてください。

【就活内定者が教える】ニ次面接でよく聞かれた質問16選 | 二次面接の目的、内容も

 

最終面接

最終面接の面接時間は45分と長く3対1で行いました。

1次・2次面接と同じ質問や、今まで私が面接で話してきた内容に対して疑問に感じたことを聞かれました。

ここで一番記憶に残っていることがゼミでの研究内容についてです。

私は昨年「書店業界のマーケティング戦略」について研究していました。その研究で判明したことを面接で伝えたところ「それでこの研究で分かった本質は何か」と聞かれました。

即答することができない中、考える時間を下さり発言することができました。

その場しのぎで発言するのではなく、自分で考え、言葉にしありのままの私で挑んだことが内定への一歩だったと思います。

その結果、当日中に電話が来て就活を終えました。

面接はとても緊張しますが、笑顔ではきはきと話すことが大切です!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

私の就職活動の流れ

私は3年生8月から4年生5月まで就活をしてきました。
部活をしながら就活をすることの大変さを実感しつつも、満足度の高い就活をすることができたのではないかと感じています。
そんな私の就活の流れを振り返ってみます。

「就活の教科書」編集部 かめさん

  • 3回生8月~11月 インターンシップ
  • 3回生12月~2月 自己分析・OB訪問
  • 3回生2月~ 説明会・選考開始
  • 4回生5月  就活終了

 

3回生8月~11月 インターンシップ

部活と並行であらゆる業界のインターンシップに参加しました。

この時に面接の練習やグループディスカッション、エントリーシートの書き方を実際に経験し学びました!

 

グループディスカッションの対策とエントリーシートのやり方は、これらの記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

 

3回生12月~2月 自己分析・OB訪問

部活が落ち着いてきたこともあり、12月から本格的に就活を始めました。

8月から11月までは興味のある業界を受け続けていたのですが、今一度自分のことを知る必要があると思い自己分析をしました。

自分がうれしくなった瞬間、二度と経験したくないことなどをノートに書きあげ、より自分のことを知ろうとしました。

その際にOB訪問を同時に行うことで、2月からの本選考に備えました。

 

自己分析とOB訪問のやり方は、これらの記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

 

3回生2月~ 説明会・選考開始

ここで初めてエネルギー業界を受け、メーカーなどを含め計30社にエントリーシートを提出しました。

選考序盤はいかに体調管理をするかにかかっていると思います。

説明会の始まる時間・場所を事前に確認し、夜は早めに寝ることをお勧めします。

 

4回生5月  就活終了

5月の中旬に石油元売会社から内定をもらい、就活を終えました。

 

まとめ:ありのままで挑んだ就活

この記事では、私が石油元売会社を選んだ理由、エネルギー業界についての簡単な紹介、私の就職活動の流れをお伝えしました。

エネルギー業界に限らず自分の気になる業界のことは深くまで知って研究してみてください!

就職活動では業界分析も大事ですが、一番は自分のことを知ったうえでありのままで面接を受けることです。

そのためにも自己分析をしてどんな人間なのか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

その他の内定者ライターの自己紹介/インタビューはこちらから見れます。