>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【就活生日記】広告・エンタメ業界志望「村上」の自己紹介と今後の就職活動

こんにちは、「就活の教科書」編集部の村上です!私は広告、エンタメ業界を志望しています!

「就活の教科書」編集部 村上

この記事では、私の就職活動の軸や、なぜ私が広告、エンタメ業界を志望しているのかを説明していきます。

就職活動をしていく上で何か参考になれば嬉しいです。

是非最後まで目を通してみてください!

 

 

自己紹介

名前:村上 まりん
大学:京都産業大学 外国語学部 英語学科
志望業界:広告・エンタメ
趣味:バドミントン、歌うこと

 

在学中にしたこと

1回生~現在:バドミントンサークル(副部長)、居酒屋のホールスタッフ
2回生春:ベトナムへ3週間短期留学
3回生春:オーストラリアで半年留学、、のはずがコロナにより2週間で帰国
3回生夏:就活の教科書に参加

長期留学が中断になったことがショックでしたが、逆に就活を始める良いきっかけになりました笑

「就活の教科書」編集部 村上

 

私が就職活動で軸にしたい3つのこと

次に私が就活の軸にしていきたいことをお話しします。

私が就活の軸にしたいことは3つあります。

私が就職活動で軸にしたい3つのこと
  • ①:様々なバックグラウンドを持った人に出会える
  • ②:社会に影響を与えることができる
  • ③:互いに刺激し合え、成長できる場所
それぞれ説明していきます

「就活の教科書」編集部 村上

 

①:様々なバックグラウンドを持った人に出会える

私の就活の軸1つめは様々なバックグラウンドを持った人に出会える、です。

人の価値観や考え方は、その人が今までどんな環境でどうやって生きてきたかが大きく影響しています。

いわばその人の歴史が詰まったものです。

私はその価値観や考え方が違う人に出会うことがとても面白いと感じます。

もちろん価値観が合う人と過ごすことは心地よく、面倒があまりないと思います。

しかし考え方が違うからこそアイデアというのは生まれるものです。

私は高校や大学生活で留学先、部活やサークル、学部や社会人のスポーツチームなど沢山のコミュニティに属し、その度に沢山の価値観に触れてきました。

理解することが難しい時もありましたが、そのおかげでまた新たな気づきやアイデアが生まれました。

社会にでると出会う人たちのバックグラウンドはより多様で複雑なものになります。

その人たちとの出会いがより、自分を刺激させると思うとわくわくしませんか?

「就活の教科書」編集部 村上

 

②:社会に影響を与えられるか

私の就活の軸2つめは、社会に影響を与えることができる、です。

社会に影響を与えると言うことは、自分が生きた証が誰かの記憶に残ると言うことです。

言い方は大げさかもしれませんが私はその証を残したいと考えています。

たとえばあなたが昔好きだったテレビ番組や音楽、おもちゃは今も懐かしい、と記憶に残っていますよね?そこにはそれを生み出した誰かがいます。

その人の名前等は知らずともその人が生み出した”もの”は誰かの記憶に残る。

それが多くの人に残ると言うことは、社会に影響を少なからず与えているといえます。

自分から社会に動きを生み出すことは社会の中の一員という実感を湧かせる行動だと思います。

「社会人」とは社会で生きる人だけではなく、社会のために生きる人でもあるのかなと思い、影響を与えることができる業界や企業で働きたいと思っています。

「就活の教科書」編集部 村上

 

③:互いに刺激し合い、成長できる場所

私の就活の軸3つめは、互いに刺激し合い、成長できる場所、です。

企業で働く、ということは誰かと共に働くと言うことです。

職場の環境のなかにはもちろん人間も含まれます。

同じ職場の人のアイデアや意見、働いている様子は自分自身に刺激を与え、自身の成長につながると思います。

互いを否定せず、でも意見は言い合える、そんな労働環境であれば、きっとのびのびと働くことができるでしょう。

アルバイトでも、一緒に働く人たちによって、仕事に対するモチベーションは異なる人が多いと思います。

いつかは私も他人に良い刺激を与えられる人になりたいです。

「就活の教科書」編集部 村上

 

私が広告、エンタメ業界を志望する理由

次に、私が広告・エンタメ業界を志望する理由についてお話します。

私が広告・エンタメ業界を志望する理由は2つあります。

私が広告・エンタメ業界を志望する2つの理由

理由①:自分がいなければ生まれなかったものを生み出したい
理由②:様々な価値観を持った人に出会える機会の多さ

 

理由①:自分がいなければ生まれなかったもの、を生み出したい

私が広告・エンタメ業界を志望する理由の1つめが、自分がいなければ生まれなかったもの、を生み出したいから、です。

少し哲学的な、難しい話なんですが、自分は何のために生きているんだろう、と思うときがあります。そんなこと考えても今は、答えなんて出ません。

いつ分かるのか、それは死ぬ直前だと思うんです。

自分が死ぬってなったとき、果たして自分はこの人生で何をしたのか。

自分で何かを作り出し、社会に影響を与えることは、自分が生きた理由のヒントになるのではないかと思います。

広告やエンタメ業界での仕事は、まさに社会に大きく影響を与え、社会を、人を動かす力を持っています。

この理由①は哲学的で難しいのと、とても個人的な考えなので少し恥ずかしいですね。笑

「就活の教科書」編集部 村上

 

理由②:様々な価値観を持った人に出会える機会の多さ

私が広告・エンタメ業界を志望する理由の2つめは様々な価値観を持った人に出会える機会の多さ、です。

就活の軸にしていること①で話したように、私は様々な価値観やバックグラウンドを持った人々に会いたいと思っています。

広告、エンタメ業界は、携わっている人それぞれのセンスや価値観が集まる場所です。

正解がないからこそ、沢山のアイデアが生まれ、0から1も2も生まれます。

刺激たっぷりの世界で自分自身を中身のある、面白い人間になりたいと思います。

「就活の教科書」編集部 村上

 

私の就職活動の指標

次に私の就職活動の今後の指標についてお話ししていきたいと思います。

私の就職活動の今後の指標

①:自己分析(実行中)

②:業界・企業研究(実行中)

③:OB/OG訪問(計画中)

④:早期インターンシップへの参加(計画中)

 

自己分析

就職活動をするに当たって必要なのが自分自身を知ることです。

自分で自分のことが分からないのに、それを初対面の社会人の方に説明しようというのは、無理があります。

何気なく過ごしている日常を振り返ったり、真面目に将来何をしたいか、どうなりたいかを考え、それを文字に起こすだけで、自分を振り返ることができ、自分について知ることができると思います。

もちろん就活をやっていくうちに興味や考え方が変わることもあるので、私も随時自己分析を更新しています。

自己分析につまずいたときは友人や知り合いに話を聞いたり、他己分析を頼むのも、新たな考えや自分の良さに気づくことができるいい機会になると思います!

「就活の教科書」編集部 村上

 

業界・企業研究

自己分析をして、興味がある、働きたいと思える業界や企業がいくつか出てきたのなら次はその業界や企業を研究することが必要です。

大学受験の時、行きたい大学を決めるために、いくつかの学校を比較したり、その大学について調べたり、赤本や参考書で対策をしたりしませんでしたか?

就職活動も同じでその業界・企業がどういったことをしているのか、どのように働けるのか、同じ業界でも様々な企業を比較することが大切です。

それぞれの会社の理念や風潮などを調べることによって、自分に合った、より明確なビジョンが見えてきます。

自己分析をして、業界を考え、調べた結果微妙かも…と思うときは思い切って他の業界も見られるように、ひとつの業界に絞らず幅広い視野、知識を持つことも大事だと思います。

私も実際に考えや、したいことがぶれにぶれて、困りました。なのでいろんな業界や企業を覗いて、調べて今この業界に落ち着いている状況です。笑

就活において、知識や情報を得ることは自分に武器を装備していくような、自らを強化する大切なことなので、頑張ってやってみましょう!

「就活の教科書」編集部 村上

 

OB/OG訪門

自分のやりたいこと、ビジョンが明確になったら、次はOB/OG 訪問です。

説明会やサイトなどの内容だけでは、リアルな声と言う面ではどうしても限界が出てきます。

実際に現場で働いている人たちに話を聞くことでより、自分の働いている姿を描きやすくなります。

私はまだ実行できていませんが、就活を進める上でやっておきたいことですし、積極的に行っていきたいです。

「就活の教科書」編集部 村上

 

早期インターンシップへの参加

早期インターンシップでは実際に働いたり、社会人として物事を考えることで働く、ということを実感できます。

また他の就活生や、現場で働く人の意見や働く姿に触れることができ、自身のスキルアップやモチベーションにもつながると思います。

その業界や企業を知ることができるチャンスなので、多くの企業のインターンシップに参加し、企業研究、スキルアップにつなげたいと思っています。

就職するんだ、と言う実感が今後の自分のモチベーションにつながると思うので私も沢山応募しています!

「就活の教科書」編集部 村上

 

まとめ:今後の私の就職活動について

今回は私の就職活動の軸と今後の就活の指標についてお話ししました。

自己分析をして業界・企業研究、OB/OG訪問、早期インターンシップをするたびにまた自己分析をする。

この繰り返しをすることで自分自身や仕事への理解が深まると思います。

何でも早めにすると後から焦ることが少ないですよね。

私もよく面倒なことは後回しにしちゃうので、就活はしっかり準備をしていきたいです。

「就活の教科書」編集部 村上

この記事のまとめ

◆自己紹介

  • 在学中にしたこと

私が就活で軸にしたい3つのこと

  • ①:様々なバックグラウンドを持った人に出会える
  • ②:社会に影響を与えることができる
  • ③:互いに刺激し合え、成長できる場所

◆私が広告・エンタメ業界を志望する理由

  • 理由①:自分がいなければ生まれなかったものを生み出したい
  • 理由②:様々な価値観を持った人に出会える機会の多さ

◆私の今後の就活の指標

  • 自己分析
  • 業界・企業研究
  • OB/OG訪問
  • 早期インターンシップへの参加

◆まとめ:私の今後の就職活動について

 

就職活動って不安といつも隣り合わせですよね…

私も不安だらけですがその不安を軽くし、少しでも理想の自分になれる場所で働くことができるよう、事前準備を怠らず、周りの人との助け合いを大切に、かといって自分を追い込みすぎないように今後の就職活動を進めていきます!

皆さんも是非一緒に頑張りましょう!!

「就活の教科書」編集部 村上