正しい情報収集だけでは何もしてない人と変わらない(5 / 9)

行動ができていないと就活失敗は失敗してしまいます

3日前に、僕の過去で「就職後、仕事で結果を出せず、人間関係も悪く、入社9ヶ月で退職した」とお伝えしました。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

これは絶対に僕の就活中の行動が少なかったからです。

具体的に言うと、就活中の僕は食わず嫌いをしており

業界の概要や企業のホームページや評判などを少し見て

「この業界 / 企業は興味ないな」と軽く決めつけていました。

それが原因で入社後に、人間関係などが上手くいきませんでした。

入社後に起きる問題が僕だけなら良いのですが

ある大手企業の調査では『約77%の人が入社前と入社後にイメージと差があった(悪い方で)』という結果が出ていたりします。

つまり、ほとんどの学生が業界や企業を選ぶときにしっかりと判断することができていないんです!

では、何をすれば良いかというと

「興味がなかったり、分からないことがあっても、とりあえず突っ込んでみる(行動してみる)」ということです!

例えば

・興味がない業界や企業でも、とりあえず話は聞きに行ってみる

・就活イベントや就活サービスなども積極的に有効活用していく

などです。

行動するだけは納得の内定を取るのは難しいです

1つ注意しなければいけないことは

『しっかり、行動した後の振り返りをすること』です。

就活は、完全に正しい答えがありません

なので、就活イベントに行ったり、就活サービスを使ってみた後に

振り返ってみて内定に近づいていくしかありません!

例えば

就活イベントに参加したなら「このイベントで得られたものは何か、また同じようなイベントに行くべきメリットはあるのか違うイベントにも行ってみるべきなのか

就活サービスを使ったなら「このサービスは自分に何のメリットがあったのか引き続き利用していけば、納得の内定に近づくことができそうか

などです。

でも、なかなか行動に移せないなかったり、最初の一歩が踏み出せないと思うので

このLINEで、あなたの就活力がある程度上がった時に

行動のキッカケとなる就活イベントなどもお伝えしていきますね!

明日は、これまでお伝えしてきたことをイメージできるように

実際に第一志望に内定をもらった学生の全貌を紹介します!

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活の教科書オススメサービス

①:OfferBox(逆求人+自己分析診断)

就活に役立つおすすめサイト1つ目は、「OfferBox(オファーボックス)」です。

OfferBoxは、株式会社i-plug (アイプラグ)が運営している逆求人型/スカウト型の就活サイトです。

逆求人型/スカウト型サービスとは、企業から就活生に向けて面接のオファーが届くサービスのことです。

OfferBox登録企業数は7,560社、21卒登録学生数は14万6千人と非常に多くの企業と就活生が利用していて評判が良いです。

プロフィール登録するだけで自分から探さなくてもオファーが届くため、効率的に就活を進められますよ。

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生4人に1人が利用している(21卒22卒:240,000人)
  • あなたに7,560社以上からスカウトが来る(登録企業数No.1)
  • 東証一部上場企業の19%が登録している
「自分から企業にアプローチするのが面倒くさい!でも大手に就職したい!」という就活生にオススメです。
「OfferBox」でプロフィール登録をして、企業からスカウトを受け取り、楽に大手企業に就職しましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\ すでに就活生20万人以上が登録 /OfferBox (オファーボックス )

>> OfferBoxで自己分析

*利用無料、1分で登録できます

「OfferBox」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

②:キミスカ(逆求人+自己分析診)

就活に役立つおすすめサイト「キミスカ」

就活に役立つおすすめサイト2つ目は、「キミスカ」です。

キミスカは、 株式会社グローアップが運営している逆求人型/スカウト型の就活サイトで、ベンチャー企業からのスカウトが中心です。

OfferBoxと同じく逆求人サイトとして有名で、5年間で20万人の就活生に利用されています。

キミスカのおすすめポイント
  • 300社から直接オファーが来て、選考をスキップできる
  • 就活コンサルタントに無料で就活相談できる
  • 5年間で20万人の就活生が利用

僕が使った感じでは、キミスカはOfferBoxよりスカウト数が多かったです。

キミスカ は「自分から企業にアプローチするのは大変!」「たくさんの企業からオファーが欲しい」という就活生におすすめできます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\既に8万人の21卒の就活生が参加/
キミスカ

>> キミスカを見てみる

*利用無料、1分で登録できます

「キミスカ」の就活生の評判・口コミや、逆求人サイト/アプリについては、これらの記事で詳しく解説しています。

③:unistyle(ES見放題)

就活サイト「unistyle(ユニスタイル )」

就活に役立つおすすめサイト3つ目は、「unistyle(ユニスタイル)」です。

unistyleは、総合総社・金融・メーカーなどの人気企業の先輩内定者の、エントリーシート(ES)/選考レポートが50,420件掲載(2021年1月現在)されています。もちろん無料で見放題です。

またunistyleは、 インターンに合格したESや、選考情報、就活テクニックなどの就活に役立つ情報を紹介しています。

unistyleのおすすめポイント
  • 新卒向け就活情報サイト
  • 様々な大手企業の就活情報を紹介
  • 50,420件のESが無料で見放題

エントリーシートを書くためには、実際に選考に通過したESを参考にするのが効率的です。

「エントリーシートを出す予定はない!」という就活生以外は、unistyleは登録必須ですよ!

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

\50,420枚のESが見放題!/

>> unistyleを見てみる

*利用無料、1分で登録できます

「unistyle」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

また、エントリーシートが対策できる無料サイトは、こちらの記事にまとめましたので、合わせて参考にしてください。