>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【内定者が選んだ】就活サービスおすすめ15選 | 学生は完全無料

【内定者が選んだ】就活サービスおすすめ15選 | 学生は完全無料

こんにちは。「就活の教科書」編集部の淀川です。
世の中には多くの就活サービスがありますが、就活生の皆さんは就活サービスを使いこなせていますか?

「就活の教科書」編集部 淀川

就活生くん

就活サービスの数が多すぎてどれを使えば良いのかわかりません。

就活生ちゃん

どの就活サービスも同じに見えてしまいます。
全ての就活サービスに登録する暇なんて無いし、どの就活サービスを選べば良いのか難しいですよね。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

そこでこの記事では「就活の教科書」編集部の淀川が、おすすめの就活サービス15選を紹介します。

就活サービスを7つのジャンルに分け、ジャンルごとにおすすめの就活サービスとその概要を解説しています。

今回は就活生が無料で利用できる就活サービスだけに絞りました。

この記事を読めば、自分にぴったりの就活サービスが必ず見つかります。

就活サービスを使って就活を有利に進めたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

就活サービス①:就職エージェント系

1つ目にご紹介する就活サービスは「就職エージェント」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「就職エージェント」とは、就職活動のプロ(エージェント)が内定までサポートしてくれる就活サービスのことです。

就職エージェントでは以下のようなサービスを受けられます。

  • 就職相談(カウンセリング)
  • 厳選された求人の紹介
  • 履歴書やエントリーシートの添削
  • 面接の対策
  • 企業への推薦
  • 内定後のフォロー

「就職エージェント」は、内定までの道のりを総合的にサポートしてくれることが大きな魅力です。

就活生くん

就職エージェントでは、至れり尽くせりなサポートを受けられるんですね。
その通り。
「効率的に就活をしたい」というあなたに、就職エージェントはおすすめです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

キャリアチケット

キャリアチケット

就職エージェントの中でもイチ押しの就職エージェントが、キャリアチケットです。

「就活の教科書」編集部 淀川

「キャリアチケット」は、実際に取材し厳選された企業(170社以上)を紹介してくれるため、ブラック企業を限りなく避けられるのがメリットです。

他の就職エージェントと比べて、キャリアチケットは内定率が80.4%と非常に高く、内定獲得までの日数が最短3日と短いのも特徴ですね。

キャリアチケットは僕の周りの内定者の評判も良かったです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

運営するレバレジーズ株式会社は、既卒や第二新卒向けの就職サービス「ハタラクティブ」や、エンジニア向けの転職サービス「レバテック」も手掛けています。

つまりキャリアチケットは、運営会社の信頼度も抜群です。

\あなたの就活をプロがサポート!/

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケットを
見てみる

* 登録無料、1分で参加できます

 

キャリアチケットの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談まとめました | サービス内容,メリットも

 

就職エージェントneo(ネオ)

ネオ

就職エージェントの中で特に有名なのは就職エージェントneo(ネオ)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「就職エージェントneo」は、株式会社ネオキャリアが運営している就職エージェントです。

「就職エージェントneo」は、特に文系学生の内定取得支援において業界トップクラスの実績を誇っています。

理系学生、留学生、体育会学生、地方学生など、幅広いジャンルを支援しています。

\15万人が利用する就活支援サポート/

就職エージェントneo

>> 就職エージェントneo
を見てみる

* 登録無料、1分で参加できます

「就職エージェントneo」は、業界でもいち早く新卒でのエージェントサービスを展開してきた、パイオニア的存在でもあります。

「就活の教科書」編集部 南田

 

「就職エージェントneoの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事がおすすめです。

【就職エージェントneoの評判は悪い?】実際に体験にした私の感想 | 就活生の口コミも

 

就活サービス②:エントリーシート系

2つ目にご紹介する就活サービスは「エントリーシート系」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「エントリーシート系」とは、先輩たちのエントリーシート(ES)を見られるサービスです。

エントリーシートは選考の第一関門となっていることが多いので、誰もが気になりますよね。

エントリーシート系とは言いつつも、エントリーシートだけでなく実際の選考の流れや自己分析のやり方を見られるサービスもあります。

就活生ちゃん

エントリーシート系のサービスはエントリーシートに限らず、就活の情報全般を集めたい時にも利用できそうですね。
そうですね。
今回はそんな就活生に役立つ情報満載のエントリーシート系サービスを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

就活ノート

「就活ノート」は実際に通過したESが見放題

エントリーシート系のおすすめサービス1つ目は「就活ノート」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

1,000社以上のエントリーシートと役立つコンテンツ

就活ノート」では、実際に企業選考に通過したエントリーシートを見られます。

金融・メーカー・航空・マスコミなど業界も様々で、1,000社以上のエントリーシートが公開中です。

さらに、「就活ノート」にはエントリーシート以外にも、実際の選考の流れや面接で聞かれたことも書かれています。

選考フローの全てを知れるんです。

「就活の教科書」編集部 淀川

また、「就活ノート」を運営する株式会社DYMは知名度こそ高くないものの、新卒紹介事業において大きな実績があるので信頼できます。

\ 1,000社以上のESが見放題! /

就活ノート

>> 就活ノートを見てみる

* 完全無料、1分で参加できます

 

就活ノートの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【就活ノートの評判は?】実際に利用した僕の感想 | 通過したES 1,000社分が見放題?

 

ユニスタイル(unistyle)

エントリーシート系のおすすめサービス2つ目はユニスタイル(unistyle)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

大手企業のES24,000枚を見放題

ユニスタイル(unistyle)」は、就活に関する記事が掲載されている就活支援サイトです。

エントリーシート系のサービスの中でも、特に大手企業の情報の多さが特徴です。

大手企業内定者のエントリーシートがなんと24,308枚見放題で、自己分析やESの書き方を解説する記事も投稿されています。

ユニスタイル(unistyle)は、大手企業の内定を目指す就活生にぴったりと言えます。

中小企業やベンチャーを目指している就活生には、先ほど紹介した「就活ノート」がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 淀川

ユニスタイル(unistyle)は、自己分析・企業研究・OB訪問・グループディスカッションについて解説した記事も豊富なので、登録して損は無いサービスです。

 \通過したESが24,308枚見放題!! /

ユニスタイル(unistyle)

>> ユニスタイルを
見てみる

* 登録無料、1分で参加できます

 

ユニスタイルの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【unistyle(ユニスタイル)の評判は怪しい?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミも

 

「そもそも、エントリーシート(ES)の書き方がわからない」という就活生は、こちらの記事が参考になります。

【外資内定者が教える】通過するエントリーシート(ES)の書き方

 

就活サービス③:就活イベント系

3つ目にご紹介する就活サービスは「就活イベント系」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

就活イベント系のサービスは、登録することで就活イベントに参加できる就活サービスとなります。

マッチングイベントサービスとも言い換えられますね。

 

具体的なイベント内容は、合同説明会を兼ねた選考イベントです。

厳選された企業と出会いその場で人事とやりとりできるので、特別ルートの選考に進めるなんてこともあります。

就活生くん

就活イベントって大小含めるとかなり数が多いので、どれに行けば良いのか迷ってしまいます。
就活イベントは時間も体力も使うので、効率的に参加したいですよね。
そこで、おすすめの就活イベント系サービスを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Meets Company(ミーツカンパニー)

マッチングイベント①:ミーツカンパニー(Meets Company)

就活イベント系のおすすめサービス1つ目はMeets Company(ミーツカンパニー)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

社長や人事責任者に直接自分をアピール

Meets Company(ミーツカンパニー)」は、株式会社DYMが主催している合同説明会兼選考イベントです。

イベント開催回数では日本一の実績を誇ります。

イベントには、業界大手の企業やトップベンチャー企業が1日最大8社参加します。

 

まず、合同説明会では厳選された企業をじっくり知れます。

そして選考では、座談会形式で社長や人事責任者へダイレクトに自分をアピールすることが可能です。

かなり狭き門ですが、内定に直結することもありますよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

またイベント参加後には、希望すればプロのリクルーターが専属でついてくれるサービスもあるようです。

 \就活生の毎年5,000人が内定獲得/

meets company(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー
を見てみる

* 完全無料、1分で登録できます

 

実際にMeets Companyのイベントに参加した様子や、サービスの詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【ミーツカンパニー(Meets Company)の評判は?】実際に僕が参加した感想 | 就活生の口コミ,メリットも

 

digmee(ディグミー)

就活イベント系のおすすめサービス2つ目はdigmee(ディグミー)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

LINEからイベントに応募可能。面接対策も。

digmee(ディグミー)」は、digmee株式会社が運営するLINEでイベントに応募ができる就活サービスです

digmeeと特徴はなんと言っても、WebサイトからだけではなくLINEからも企業説明会や選考に応募ができること。

Googleを使わなくても、digmeeの公式LINEから就活情報を得られたり、イベント予約が可能なのでとても便利です。

 

また、イベントに参加すれば複数社の説明を聞けるだけでなく、選考パスをゲットできる場合もあります。

使い慣れたLINEで就活を進められるのはありがたいですよね。

「就活の教科書」編集部 淀川

さらに、digmeeはイベントの開始前に面接練習やGD対策などをしてくれるので、就活対策に不安がある就活生におすすめです。

\LINEを使った新しい就活サービス/

digmee(ディグミー)

>> digmeeを見てみる

* 完全無料、1分で登録できます

 

digmeeの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【digmee(ディグミー)の評判は?】実際に体験した就活生の感想 | サービス内容,メリットも

 

就活サービス④:スカウトサイト系

4つ目にご紹介する就活サービスは「スカウトサイト系」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「スカウトサイト系」とは、企業から学生に直接スカウトやオファーがくる就活サービスです。

「逆求人型」とも呼ばれています。

 

スカウト系サービスの使い方は、プロフィールなどの情報を入力しておき、後は待つだけです。

忙しい就活生にもってこいのサービスですね。

就活生くん

こちらから探さなくても、企業側から連絡をもらえるんですね。
スカウトサイト系サービスはスカウトの他にも、就職の情報も自然と入ってくるので便利です。
それでは、おすすめのスカウトサイト系サービスを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

OfferBox(オファーボックス)

offerbox

スカウトサイト系のおすすめサービス1つ目はOfferBox(オファーボックス)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

豊富なアピール手段。スカウトサービスと言えばこれ

OfferBox(オファーボックス)も、企業が学生にオファーをくれる就活サービスです。

登録企業数5,080社以上、登録学生数は10万人以上を誇ります。

OfferBoxもプロフィールを埋めておくだけで、後はオファーを待つだけ。

OfferBoxの特徴は、文章だけでなく写真や動画、研究スライドを使って自分をアピールできる点です。

 

OfferBoxは僕の周りの評判も良かったです。

OfferBoxはスカウトサービスの中でも知名度が高く、数多くの就活生が登録しています。

「就活の教科書」編集部 淀川

\就活生10万人以上が登録!! /

OfferBox (オファーボックス )

>> OfferBoxを見てみる

*利用無料、1分で登録できます

 

OfferBoxの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【OfferBox(オファーボックス)の評判は?】実際に体験した僕の感想 | 使い方,オファーを貰う方法も

 

キミスカ

「キミスカ」ってどんな就活サービス?

スカウトサイト系のおすすめサービス2つ目はキミスカです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

無料相談とイベント招待が魅力的

キミスカ」はベンチャー企業を中心に、多種多様な企業からスカウトが届くサービスです。

先ほども述べましたが、就活生は自分のプロフィールを書いておくだけでOKです。

それだけでなく、就活コンサルタントに無料で相談できたり、企業が集まるマッチングイベントへの参加も可能です。

 

またキミスカはプロフィールで、自分のこれまでの選考結果をアピールできます。

自分がどれだけ就活を頑張ってきたかをアピールできるのはうれしいですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

スカウト以外のサービスも充実していることが、キミスカの特徴と言えます。

\既に8万人の20卒の就活生が参加/

キミスカ

>> キミスカをみてみる

*完全無料、1分で登録できます

 

キミスカの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【キミスカの評判は?】就活生の体験談まとめました | 企業からスカウトが来る?

 

就活サービス⑤:OB訪問系

5つ目にご紹介する就活サービスは「OB訪問系」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「OB訪問系」は、就活生とOB訪問できる社会人をつなぐ就活サービスです。

OB訪問をする学生の数は年々増加しており、企業や社会人の注目度も高いです。

大手企業の中には、OB訪問をしないと選考に進めないという企業まであります。

 

就活生ちゃん

私の周りもOB訪問をしている就活生は多いです。
OB訪問は選考以外で社会人から話が聞ける貴重な機会。
おすすめのOB訪問系サービスを2つご紹介するので、要チェックですよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Matcher(マッチャー)

【内定者が語る】OB訪問アプリ「Matcher」ってどうなの?評判は?(体験談付き)

OB訪問系のおすすめサービス1つ目はMatcher(マッチャー)です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

登録している社会人の圧倒的多さ

「Matcher(マッチャー)」は、無料で社会人にOB訪問の依頼ができる就活サービスです。

Matcherには数多くの社会人が登録しており、5000社を超える有名企業の社会人がいます。

また、企業に勤める社会人以外にも、個人事業主や経営者の方も登録されています。

キャリアについて就活の枠を超えて話を聞きたいあなたにも、Matcherはおすすめです。

Matcherは僕の周りの内定者の評判もかなり良いです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

繰り返しますが、Matcherの特徴はなんといっても登録している社会人の多さ。

登録者が多いということは、会いたい社会人が見つかる可能性が高いですよね。

OB訪問をしたいなら、Matcherは登録しておくべきでしょう。

 

Matcherの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【Matcher(マッチャー)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 使い方,就活生の口コミもも

 

ビズリーチ・キャンパス

OB訪問系のおすすめサービス2つ目はビズリーチ・キャンパスです。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

自分と同じ大学の先輩が見つかる

ビズリーチ・キャンパス」もOB訪問の申請ができる就活サービスです。

プロフィールを登録すれば、最適なOB/OGをおすすめしてくれる機能があるので、効率よくOB訪問の相手を探せます。

また、ビズリーチ・キャンパスでOB訪問をできるのは、基本的に自分の大学出身のOBだけです。

OB訪問の相手の選択肢が狭くなってしまうので、ネガティブな印象を受けるかもしれません。

ただ裏を返せば、同じ大学の先輩の話を聞けるので、OBも親身になってくれる可能性が高いと言えます。

捉え方次第でメリットもデメリットもあるということですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

ビズリーチ・キャンパスは、自分と同じ大学の先輩の話を聞きたい人におすすめしたいOB訪問サービスです。

\ネットを使って効率的にOB訪問/

ビズリーチ・キャンパス

ビズリーチ・キャンパス
を見てみる

* 登録無料、1分で参加できます

 

ビズリーチ・キャンパスの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【ビズリーチキャンパスの評判は?】就活生の体験談まとめました | OB訪問アプリの使い方も

 

そもそものOB訪問のやり方は、こちらの記事で網羅的にまとめています。ぜひ参考にしてください。

【OB訪問とは】内定者がOB訪問のやり方を全て解説(メリット,時期,流れ,メールなど)

 

 

就活サービス⑥:就活メディア系

6つ目にご紹介する就活サービスは「メディア系」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「メディア系」とは、企業の情報と幅広い就活支援コンテンツを提供しているサービスです。

マイナビやリクナビもここに分類されます。

FacebookなどのSNSもメディアの一つと言えますが、今回は就活に特化したメディアをご紹介しています。

 

メディア系のサービスを利用する一番の目的は、企業を知り、企業と繋がることです。

メディア系のサービスは内定に直結するようなサービスではありませんが、企業と繋がるきっかけを作るためにも積極的に活用していきましょう。

就活生ちゃん

マイナビやリクナビ以外にもメディア系のサービスってあるんですね。
マイナビとリクナビは多くの人が登録していると思いますが、他にも良いメディア系サービスはありますよ。
それでは、おすすめのメディア系サービスを3つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

メディア系のおすすめサービス1つ目は「Wantedly(ウォンテッドリー)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

企業数30,000社突破!SNSを使う感覚で就活

Wantedly(ウォンテッドリー)」とは、就活に活用できるビジネス版SNSです。

FacebookやInstagramなどのSNSは、いろんな人と簡単に繋がれますよね。

Wantedlyはビジネス版SNSの一つで、簡単に企業と繋がれます。

そしてなんと、登録企業数は30,000社を突破しています。(2018年11月時点)

マイナビ2020の掲載企業数が24,563社なので、実はWantedlyのほうが多いんです。

マイナビやリクナビに載っていないようなおもしろいベンチャー企業も多数掲載されていますよ。

「就活の教科書」編集部 淀川

⇒ Wantedlyを見てみる

Wantedlyの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【Wantedly(ウォンテッドリー)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 使い方や就活生の口コミも

 

Goodfind(グッドファインド)

メディア系のおすすめサービス2つ目は「Goodfind(グッドファインド)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

優良企業や成長企業を厳選して紹介

Goodfind(グッドファインド)」は、優良企業や成長企業を厳選して紹介しているサービスです。

インターンシップの紹介や就活のセミナーも開催しており、幅広く就活支援をしています。

セミナーは参加者の満足度も高く、評判も良いです。

また、外資系ファームや海外投資銀行などの難関企業が掲載されているのも特徴です。

選ばれし企業が集まったという感じですね。

「就活の教科書」編集部 淀川

Goodfindには厳選された成長企業だけが掲載されているので、ベンチャー志望の就活生には特におすすめです。

⇒ Goodfindを見てみる

Goodfindの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【Goodfind(グッドファインド)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 使い方や就活生の口コミも

 

サポーターズ

メディア系のおすすめサービス3つ目は「サポーターズ」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

名だたるIT企業が掲載。なんと交通費も援助!

サポーターズ」は、多くの人気IT企業を紹介しているサービスです。

LINE(ライン)やSoftBank(ソフトバンク)などの名だたる企業が掲載されています。

紹介だけでなく、内定者と話せる就活交流会や大手とベンチャーを比較するイベントも行われているのが特徴です。

 

またサポーターズでは、サポーターズ経由で申し込んだインターンシップや説明会に行く際、交通費の支援をしてくれます。

首都圏での就職を考えている地方の就活生にとっては、かなり嬉しいポイントだと思います。

「就活の教科書」編集部 淀川

サポーターズは、IT業界志望の就活生・交通費を節約したい就活生におすすめしたいサービスです。

サポーターズを見てみる

 

サポーターズの本当の評判や詳細はこちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 淀川

【サポーターズの評判は?】実際に利用した僕の感想 | 交通費が貰えるってホント?

 

就活サービス⑥:口コミサイト系

7つ目にご紹介する就活サービスは「口コミサイト系」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

「口コミサイト系」とは、企業の口コミを見られるサービスです。

企業の口コミだけでなく、「社風」「待遇」「成長できる環境」などの点数を見られるものも。

就活の選考過程では、どうしても会社の「良い点」ばかりが頭に入ってきてしまいます。

そのため、「悪い点」が気になって口コミサイトを見る人も多いのではないでしょうか。

就活生くん

やっぱり社員のリアルな口コミって気になります。
僕もいざ就職先を決めるとなった時に、かなり口コミサイトを利用しました。
中でもおすすめのクチコミサイト系サービスを2つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

Vorkers(ヴォーカーズ)

口コミサイト系のおすすめサービス1つ目は「Vorkers(ヴォーカーズ)」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

口コミと評価スコア740万件、登録者数は260万人

Vorkers(ヴォーカーズ)」は、社員・元社員による企業の口コミを見られるサービスです。

口コミと評価スコアが合わせて740万件、登録者数は社会人も含めると260万人となっており、Vorkersはかなり大規模なサービスです。

また口コミには8つの項目が設定されており、自分が重視するものを選択して企業の掲載順を並べ換えることも可能です。

 

ちなみに、就活生には「就職サービス登録プログラム」というものが用意されています。

就活サービス登録プログラムとは、別の就職サービスに新規登録することで、全ての社員の口コミが見れるようになるというシステムです(月額1,000円で見ることも可能)

Vorkersは口コミの質が高いという噂もあります。

「就活の教科書」編集部 淀川

とにかく多くの口コミを見たいあなたに、vorkersはおすすめです

⇒ vorkersを見てみる

 

カイシャの評判

口コミサイト系のおすすめサービス2つ目は「カイシャの評判」です。

「就活の教科書」編集部 淀川

 

会員登録は不要!完全無料で見放題

カイシャの評判」は、会社の口コミが無料で見られるサービスです。

カイシャの評判の特徴は、なんといっても会員登録せずに100万件以上の口コミを完全無料で見れること。

口コミは、良い点気になる点の両方を記入するシステムになっているのもありがたいですね。

「比較機能」もあるので、2社の特徴を簡単に比較することも可能です。

カイシャの評判は会員登録不要で使いやすい口コミサービスなので、僕もよくお世話になりました。

「就活の教科書」編集部 淀川

カイシャの評判は気軽に口コミを見たいというあなたにおすすめです。

⇒ カイシャの評判を見てみる

 

まとめ:自分にぴったりな就活サービスを見つけよう

この記事では「就活の教科書」編集部の淀川が、おすすめの就活サービス15選を紹介しました。

世の中には本当に数多くの就活サービスがあります。

全てのサービスを使うことは現実的に不可能ですが、利用するサービスを増やすほど企業と出会うチャンスが増えることもまた事実です。

 

 

あなたにぴったりの就活サービスは見つかりましたか?
自分に必要な就活サービスはどんどん活用していきましょう。

各ジャンルの就活サービスを1つずつ登録するのがおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 淀川