>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が教える】グループディスカッションの評価基準 | 評価ポイント/評価シートも公開!

【就活内定者が教える】グループディスカッションの評価基準 | 評価ポイント/評価シートも公開!

こんにちは、「就活の教科書」編集部のトッティです。
就活生のみなさん、グループディスカッション(GD)を受けてみて、こんなことを思いませんか?

「就活の教科書」編集部 トッティ

就活生くん

グループディスカッションで何を評価されているのか分からない。

就活生ちゃん

企業はどんな評価基準で学生を見ているの?

 

そこでこの記事では「就活の教科書」編集部のトッティが、グループディスカッション(GD)で企業が評価しているポイントを詳しく解説しています。

また、グループディスカッションの選考で、人事や採用担当者が学生を評価する評価シートの表評価ポイントについても紹介しています。

「グループディスカッションの選考を突破するために、評価の基準を知りたい」という就活生のみなさんは、ぜひ読んでみてください。

グループディスカッションでは何を評価されているの?

就活生くん

グループディスカッション(GD)の選考において、人事や採用担当者は何を見て評価をしているのですか?
グループディスカッションの評価のポイントは、「チーム全体をより良い方向へ導き、いかに議論に貢献できているか」です。

人事さん

社会人になると会議や打ち合わせで、ディスカッションをする機会が多くあります。

企業としては、会議をより良い方向へ導き、効率的に議論を進める就活生が欲しいですよね。

そのため、グループディスカッションの選考では、「チーム全体をより良い方向へ導き、いかに議論に貢献できているか」が重要な評価の基準になります。

 

評価ポイントとしては、「議論を展開する力があるか」「相手の意見をしっかりと聞くことができるか」「積極性に議論に参加しているか」などがあります。

もちろん、グループディスカッションの細かな評価基準は企業によって多少異なります。

それでは次は、グループディスカッションで評価されるポイントについて、詳しくみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 トッティ

 

グループディスカッションでの評価ポイント

まずは、グループディスカッション(GD)の評価基準は、「チーム全体をより良い方向へ導き、議論に貢献すること」だと説明しました。

人事さん

就活生ちゃん

議論に貢献することが重要といっても、詳しくどんなポイントが評価されているのか分かりません。

分かりました。次は評価するポイントについて具体的にお教えしますね。

人事さん

 

以下では、グループディスカッションの選考で人事や採用担当者が見ている5つの評価ポイントについて詳しく解説していきます。

 

GDの評価ポイント①:協調性

グループディスカッションで評価されるポイントの1つ目は「協調性」です。

人事さん

「協調性」とは、メンバーの意見をしっかりと聞き、チームで課題に向かって議論することです。

社会人では上司や取引先などへ対する関係性の構築やつながり、他者への共感、相手へ配慮をすることが必要となります。

グループディスカッションでは以下のポイントが評価されています。

  • 相手の意見をしっかりと聞けるか
  • 相手の意見を配慮して議論をできているか
  • 自分の主張を押し通そうとしていないか

 

GDの評価ポイント②:論理性

グループディスカッションで評価されるポイントの2つ目は「論理性」です。

人事さん

「論理性」とは、誰が聞いても「なるほど」と理解できる発言をする力です。

社会人になると上司への報告や、取引先での打ち合わせなどが多く、論理的にわかりやすく発言できる人材が必要とされます。

グループディスカッションにおいても論理的に意見する就活生は評価が高いです。

 

論理的に話すコツとしては、発言する際に「結論→理由→具体例」の順に述べると論理的になります。

自分の意見を主張する際は、論理的に、なおかつ簡潔に話すようにしましょう。

 

GDの評価ポイント③:積極性

グループディスカッションで評価されるポイントの3つ目は「積極性」です。

人事さん

「積極性」とは、自発的に最後まで仕事に取り組む姿勢があるかどうかです。

社会人において、「問題を解決するためにはどうすれば良いのか」を考える姿勢が重要になります。

グループディスカッションでは「どうすれば自分はチームに貢献できるのか?」を考えることが重要です。

  • 自分がチームに貢献できる役割を担う
  • 最後まで諦めずに課題の解決策を考える

 

「グループディスカッションで、自分がどの役割でチームに貢献できるか分からない」という就活生は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【就活内定者が教える】グループディスカッションの”役割”って何? 決め方, やるべきこと

 

GDの評価ポイント④:リーダーシップ

グループディスカッションで評価されるポイントの4つ目は「リーダーシップ」です。

人事さん

「リーダーシップ」とは、議論を活性化させて、議論を前に進める力です。

ここで勘違いして欲しくないのは、「リーダーシップ」は自分が中心となってチームを引っ張っていく役割の「リーダー」ではありません。

メンバー全員が活発的に議論ができるように、チーム全体を援護するのがリーダーシップです。

グループディスカッションでは、「議論を前に進める力」が必要になります。

  • 意見の一致を求める
  • 時間配分を決める
  • 定義を決める

 

GDの評価ポイント⑤:思考力

グループディスカッションで評価されるポイントの5つ目は「思考力」です。

人事さん

「思考力」とは、課題に対して自分なりに考える力です。

社会人になると、様々な課題に対して自分の考えを示していかなければなりません。

グループディスカッションで人事や採用担当者は、学生がどのような考えを持っているかを見ています。

 

グループディスカッションの「評価シート」

就活生くん

人事や採用担当者は、多くの学生をどのような評価方法を使っているのですか?
実は、グループディスカッション(GD)では「評価シート」というものがあります。

人事さん

「評価シート」は、学生を評価するときに人事や採用担当者が記入するものです。

次は、グループディスカッションの選考で人事や採用担当者が実際に使用する、「評価シート」の例を紹介します。

 

グループディスカッション「評価シート」の例

【協調性】

□相手の意見をしっかりと聞けるか?
□相手の意見を配慮して議論をできているか?
□自分の主張を押し通そうとしていないか?

【論理性】

□相手にわかりやすく説明しているか?
□自分の意見に理由を述べているか?
□簡潔に意見を述べているか?

【積極性】

□議論に前向きに参加しているか?
□チームの議論に貢献できる役割を担っているか?
□最後まで諦めずに取り組んでいるか?

【リーダーシップ】

□チームの目標に対して議論を進めているか?
□チームをより良い方向に導いたか?

【思考力】

□課題に対しての自分の考えがあるか?

 

まとめ:グループディスカッションの評価ポイントを理解しておこう

いかがだったでしょうか。

この記事では「就活の教科書」編集部のトッティが、グループディスカッション(GD)の評価基準についての説明をしました。

グループディスカッションでは、いかに「議論を進めることに貢献できるか」が重要になってきます。

この記事に書いてある内容を参考にして、グループディスカッションの選考に役立ててみてください。

「就活の教科書」では他にもグループディスカッションについて書かれた記事があるのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 トッティ

 

「グループディスカッションのやり方がわからない!」という就活生には、グループディスカッションのやり方を網羅的に解説した記事がおすすめ。

 

「グループディスカッションの対策がしたい」という就活生には、グループディスカッションの対策方法・練習方法を網羅的に解説した記事がおすすめ。