【内定者が教える】就活がうまくいかない原因10選 | 対策方法も

内定者が教える 就活がうまくいかない10の原因

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユイです。
今回は、「就活がうまくいかない原因」について解説します。
就活をしていると、「こんなに頑張っているのに、全然うまくいかない…」と感じたことのある就活生もいますよね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活生ちゃん

応募する選考にすべて落ちてしまって…
就活がうまくいかない原因を知りたいです。

就活生くん

私も就活がうまくいかないです。
どうやったら就活がうまくできて、内定をもらえるのかを教えてください…

就活がうまくいかないと、選考を落ちてしまう自分に落ち込みますよね。
私も就活がうまくいかず、落ち込んだ経験があります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

そこで今回は、就活がうまくいかない10の原因を紹介します。

合わせて、就活がうまくいかない時の5つの対策も解説します。

この記事を読めば、「就活がうまくいかない、どうすれば良いの…」と悩むこともなくなります。

「就活がうまくいかない、でも何とかしたい…」そんな就活生は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

就活がうまくいかない10個の原因

就活生くん

就活がうまくいかない理由が知りたい!

就活がうまくいかない理由は人それぞれで、様々なケースがあります。

そこで、就活がうまくいかないよくある原因10個を紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活がうまくいかない原因
  • 自己分析ができていない
  • 企業研究ができていない
  • ビジネスマナーが守れていない
  • 大手志向になっている
  • エントリーシートや履歴書の完成度が低い
  • コミュニケーション能力が不足している
  • 面接の練習ができていない
  • 嘘をついている
  • 自分のいいところばかり言う
  • 就活での失敗を反省しない

 

原因①:自己分析ができていない

就活がうまくいかない原因の1個目は、「自己分析ができていない」です。

自己分析ができていない就活生は、うまく自己PRができません。

自分の長所と短所、アピールポイントを把握できていないからです。

うまく自己PRをするためにも、自己分析はしっかりと行いましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

原因②:企業研究ができていない

就活がうまくいかない原因の2個目は、「企業研究ができていない」です。

企業研究ができていないと、志望動機をうまく伝えられません。

志望動機の内容が薄い就活生は、エントリーシート(ES)の時点で選考を落ちてしまいます。

企業に熱意のある志望動機を伝えるために、企業研究はしっかりやりましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

原因③:ビジネスマナーが守れていない

就活がうまくいかない原因の3個目はビジネスマナーが守れていない」です。

これから社会人として働く上で、ビジネスマナーは必ず必要とされるので、最低限のマナーも守れない就活生は選考で落とされます。

例えば、「挨拶をする」「時間を守る」などの当たり前のマナーは、社会人と接する上では当たり前のことです。

就活をする上で、ビジネスマナーを学んでおくことは欠かせません。
何がビジネスマナーなのかわからない場合は、あらかじめ勉強しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

対策
最低限のビジネスマナーは学んでおこう

 

原因④:大手志向になっている

就活がうまくいかない原因の4個目は、大手志向になっている」です。

有名な大手企業は就活生に人気なので、採用倍率が高く、選考を落ちる可能性が高いです。

大手企業にこだわらず、自分の就活軸と合った企業に目を向けてみましょう。

対策
大手企業にこだわらず自分の就活の軸から企業を探そう

「自分は大手企業に向いているのかな?」と気になる就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

原因⑤:エントリーシートや履歴書の完成度が低い

就活がうまくいかない原因の5個目は、エントリーシート(ES)や履歴書の完成度が低い」です。

エントリーシートや履歴書の完成度が低いと、「志望度が低いんだな」採用担当者に思われてしまいます。

誤字・脱字がないかの確認はもちろん、文章も推敲してからエントリーシートを提出しましょう。

 

原因⑥:コミュニケーション能力が不足している

就活がうまくいかない原因の6個目は、コミュニケーション能力が不足している」です。

コミュニケーション能力が不足していると、面接やグループディスカッション(GD)で会話が噛み合いません。

自分がしたい話を一方的にするのではなく、相手のことを考えながら会話するよう心がけましょう。

対策
面接やGDでは相手がいることを意識してコミュニケーションを取ろう

 

原因⑦:面接練習ができていない

就活がうまくいかない原因の7個目は、面接練習ができていない」です。

面接の練習ができていないと、必要以上に緊張して受け答えしてしまうなど、本来の力が出せません。

自信を持って面接で話せるよう、自分の話す姿を録画したり、誰かに見てもらうなどして、面接練習をしておきましょう。

対策
客観的に面接での自分の受け答えを振り返る、面接練習を行おう

 

原因⑧:嘘をついている

就活がうまくいかない原因の8個目は、嘘をついている」です。

自己PRや志望動機などで嘘をついても、選考が進むにつれて必ず企業にバレます。

就活をうまくいかせたいのであれば、嘘をつかず、ありのままの自分をアピールしましょう。

対策
自己PRや志望動機では嘘はつかず、正直に自分の言葉で話そう

 

原因⑨:自分の良いところばかり言う

就活がうまくいかない原因の9個目は、自分の良いところばかり言う」です。

自分の良いところばかり言うと、本当のあなたを企業に伝えることができません。

企業は良いところしか話さない就活生よりも、自分の弱点とも向き合う就活生を採用したいと考えています。

採用担当者と話す時は、自分の良いところばかりでなく、自分の弱みも正直に伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

対策
面接では、自分のいいところだけではなく努力すべき点も伝えよう

 

原因⑩:就活での失敗を反省しない

就活がうまくいかない原因の10個目は、就活での失敗を反省しない」です。

面接などで何度も同じ失敗をしているのに、反省をせずにまた他企業の選考を受けるのはやめましょう。

就活で「失敗した」と感じた時はすぐに反省し、次はどう行動するかを考えましょう。
失敗を生かして、次の選考を受けられますよ。

「就活の教科書」編集部 ユイ

対策
就活中「失敗した」と思ったら反省し、振り返って他の選考に生かそう

 

就活がうまくいかない時の5つの対策

就活生くん

原因と対策を試してみたけど、やっぱりうまくいかない。

私も就活中、最終面接に連続で落ちた時には、「ここからどうしても挽回したい!」と思いました。
そこで次に、就活がうまくいかない時の5つの対策を紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活がうまくいかない時の5つの対策
  • 第三者と自己分析をやり直す
  • 志望業界の見直しをする
  • 選考後にフィードバックをもらう
  • 少し就活を休む
  • 就活エージェントを使う

 

対策①:第三者と自己分析をやり直す

就活がうまくいかない時の対策の1つ目は、「第三者と自己分析をやり直す」です。

第三者と自己分析をすることで、言語化できなかった自分の気持ちに気づけ、就活に心機一転取り組めます。

逆に一人で自己分析をしていると、知らないうちに持ってしまった固定観念に気づけません。

第三者と自己分析をやり直して、「過去・現在・未来」について考え直してみましょう。

私も就活時はOB訪問をして、第三者に自己分析を手伝ってもらうことで、うまくいかない就活を挽回できました。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

対策②:志望業界の見直しをする

就活がうまくいかない時の対策の2つ目は、「志望業界の見直しをする」です。

志望業界の見直しをすることで、他業界の適性に気づけることがあります。

特に条件や業界を絞り過ぎていて、就活がうまくいかない就活生は見直しが必要です。

改めて、自分にとって重要な就活軸は何かを考えてから、志望業界を再設定してみましょう!

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

対策③:選考後にフィードバックをもらう

就活がうまくいかない時の対策の3つ目は、「選考後にフィードバックをもらう」です。

選考後にフィードバックをもらうことで、企業視点でのあなたの課題点や評価がわかります。

「最後に質問はありますか?」と聞かれた時に、「この面接での、私に対するFBをいただいてもよろしいでしょうか?」と聞いてみましょう。

面接がうまくいかない就活生は、ぜひこの方法を試してみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

対策④:少し就活を休む

就活がうまくいかない時の対策の4つ目は、「少し就活を休む」です。

少し就活を休むと、客観的に状況を整理できるので、リフレッシュできます。

「就活がうまくいかない…」と焦って就活をしても、良い結果になることは少ないです。

「就活がうまくいかない、疲れた…」と感じたら、一度休んでみましょう。
私も就活に疲れた時は、家でぼーっとしたり、アルバイトをしたり、他のことで気分転換をしていました。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

対策⑤:就活エージェントを使う

就活がうまくいかない時の対策の5つ目は、「就活エージェントを使う」です。

就活エージェントは、就活生の悩み相談に乗ってくれたり、企業を紹介してくれたりと、就活をサポートしてくれます。

「就活がうまくいかない、就活エージェントを使ってみようかな…」という就活生は、以下の記事を参考にしてみてください。
おすすめの就活エージェントについて、詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活がうまくいかない人へ伝えたいこと

 

就活がうまくいかないのはあなただけじゃない

就活がうまくいかない人に、伝えたいことが3つあります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活がうまくいかない人に伝えたいこと
  • うまくいかないのはあなただけじゃない
  • 選考に落ちてもあなた自身は否定されていない
  • 就活がうまくいかないと感じても大丈夫

 

うまくいかないのはあなただけじゃない

就活がうまくいかない人に伝えたいこと1つ目は、「うまくいかないのはあなただけじゃない」です。

就活中は友達にも状況を打ち明けにくく、自分だけがうまくいかないと思ってしまいがちです。

しかし、周りの就活生も同じように、就活で悩んでいます。

就活がうまくいかないのは、あなただけじゃありません。
困った時には、周りの友達に相談しても良いんです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

選考に落ちてもあなた自身は否定されていない

就活がうまくいかないと感じている人に伝えたいこと2つ目は、「選考に落ちてもあなた自身は否定されていない」です。

選考に落ち続けると、自分自身を否定された気がして、「自分はだめなんだ」と落ち込んでしまいがちです。

しかし選考に落ちたのは、企業と合わなかったことが原因かもしれません。

たとえ選考に落ちたとしても、あなた自身が悪いのではありません。

志望企業の選考に落ちると、つらいですよね。
でも反省すべき点を振り返った後は、「企業と合わなかっただけ」と切り替え、次の選考を受けましょう!

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

うまくいかないと感じても大丈夫

就活がうまくいかないと感じている人に伝えたいこと3つ目は、「うまくいかないと感じても大丈夫」です。

就活がうまくいかないと、「このままずっと就活が終わらないのかな…」と不安になることもあります。

しかし、就活は早く終われば良いという訳ではありません。

自分と合う企業から内定をもらえるよう、自分のペースで就活をしましょう。

最初から就活がうまくできる人は少ないです。
就活がうまくいかなくても、あなたのペースで頑張りましょう!

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

[matomeue_column]

 

まとめ:就活がうまくいかないのはあなただけじゃない

今回は、就活がうまくいかない10の原因を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活がうまくいかない時の5つの対策も紹介しました。

今回の記事をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

今回の記事で学んだこと

就活がうまくいかない10個の原因

  • 原因①:自己分析ができていない
  • 原因②:企業研究ができていない
  • 原因③:ビジネスマナーが守れていない
  • 原因④:大手志向になっている
  • 原因⑤:エントリーシートや履歴書の完成度が低い
  • 原因⑥:コミュニケーション能力が不足している
  • 原因⑦:面接練習ができていない
  • 原因⑧:嘘をついている
  • 原因⑨:自分の良いところばかり言う
  • 原因⑩:就活での失敗を反省しない

就活がうまくいかない時の5つの対策

  • 対策①:第三者と自己分析をやり直す
  • 対策②:志望業界の見直しをする
  • 対策③:選考後にフィードバックをもらう
  • 対策④:少し就活を休む
  • 対策⑤:就活エージェントを使う

就活がうまくいかないと、本当につらいですよね。
でも就活を早く終わらせたいと思い、焦って取り組んで欲しくないです。
就活は自分が大きく成長する機会として、一生懸命取り組んで欲しいです。
応援しています!

「就活の教科書」編集部 ユイ

新着記事