【22卒最新版】 就活生に人気企業ランキングTOP200 | 損害保険大手の順位が上昇傾向!

この記事を読めばわかること
  • 2022年卒の就活生に人気の企業ランキングの傾向は、損害保険大手が急上昇
  • 【総合ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP200
  • 2022年卒文系の就活生に人気の企業ランキングTOP10
  • 2022年卒理系の就活生に人気の企業ランキングTOP10
  • 安定性のある企業は就活生から人気が高い
  • 就活生に人気のある企業に内定するにはやるべきことが3つある

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、2022年卒の就活生に人気の企業ランキングTOP200について解説していきます。

就活生のみなさんは、2022年卒の就活生に人気の企業ランキングには、どんな傾向があると思いますか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

うーん、やっぱり給料が高くてかっこいいイメージの商社は、就活生からの人気が高いのではないでしょうか。

就活生ちゃん

就活生が、文系か理系か、男子か女子かによっても、企業の人気ランキングは変わりそうですよね。

2022年卒の就活生に人気の企業ランキングの特徴的な傾向は、損害保険大手が急上昇したことです。

就活生から人気を集めている企業の傾向について、総合・文系・理系・男子・女子のランキング順位をもとに詳しく分析してみましょうか。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこで、この記事では2022年卒の就活生に人気の企業ランキングの傾向総合・文系・理系・男子・女子の人気企業ランキングTOP10を紹介します。

就活生から人気を集めやすい企業の5つの特徴について、詳しく解説していきます。

この記事を読めば、2022年卒の就活生のみんなが、どんな企業に注目しているのかがわかりますよ。

人気の企業ランキング順位と傾向を、企業選びの参考にしたい就活生の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に伝えておくと、人気企業の内定をもらうためには、徹底した企業研究が非常に大事です。

そこで企業研究に役立つ就活サイトOfferBox」をおすすめします。

人柄・経験などのプロフィール入力するだけで、資生堂・JCBなどの人気企業から、直接選考のオファーが来ます。

無料の就活サイトなのでぜひ一度使ってみてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

目次

 

2022年卒の就活生に人気の企業ランキングの傾向

2022年卒の就活生に人気の企業ランキングの傾向で、特に印象的と言えるのは、損害保険大手の人気が急上昇したことです。

「就活の教科書」編集部 小渕

キャリタス就活2022の調査結果によると、2022年卒の就活生に人気の企業ランキングでは、損害保険大手3社が大躍進。

大幅に順位を上げ、各社ランキングTOP10入りを果たしました。

人気ランキングTOP10入りした損害保険大手3社
  • 東京海上日動火災保険:前年10位 ⇒ 1位
  • 損害保険ジャパン:前年103位 ⇒ 2位
  • 三井住友海上火災保険:前年30位 ⇒ 4位

 

損害保険企業の人気ランキングが大幅に上昇した理由は、新型コロナウィルスの影響が大きかったためと考えられます。

新型コロナウィルスの影響で採用予定人数を引き下げる企業が多い中、人気ランキングTOP10入りを果たした損害保険大手3社は、ほぼ例年通りの人数の募集

就活生の人気を集め、人気企業ランキングTOP10に入る結果となりました。

また、就活生に人気の企業ランキングの順位は、文系・理系か、男子・女子かによっても、傾向が違うことが読み取れます。

 

今から、就活生のカテゴリ別の人気ランキング順位と傾向分析について、詳しく解説していきます。

就活生に人気の企業ランキングの順位と傾向が知りたい方は、ぜひ続きを読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【総合ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP200

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングTOP200は、次の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

順位 企業名 Point 前年順位
1 東京海上日動火災保険 2158 10
2 損害保険ジャパン 2156 103
3 伊藤忠商事 1870 1
4 三井住友火災海上保険 1712 30
5 日本航空(JAL) 1616 9
6 全日本空輸(ANA) 1580 6
7 ソニー 1439 12
8 三菱商事 1438 3
9 サントリーグループ 1379 4
10 トヨタ自動車 1369 2
11 東日本旅客鉄道 1288 15
12 三菱UFJ銀行 1259 5
13 資生堂 1253 7
14 JTBグループ 1169 8
15 味の素 1108 19
16 三井住友銀行 1023 28
17 三井物産 1004 11
18 パナソニック 982 14
19 講談社 954 42
20 楽天 953 22
21 日本生命保険 950 58
22 キリン 933 17
23 野村総合研究所 929 23
24 日立製作所 928 18
25 旭化成グループ 919 38
26 アクセンチュア 915 13
27 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ) 890 21
28 東海旅客鉄道 887 25
29 住友商事 873 29
30 ニトリ 867 35
31 みずほフィナンシャルグループ 866 20
32 コーセー 851 56
33 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ 843 27
34 丸紅 829 16
35 オリエンタルランド 815 33
36 NTTデータ 813 123
37 Sky 792 57
38 明治安田生命保険 788 52
39 富士フイルムグループ 754 43
40 富士通 729 40
41 アサヒビール 697 45
42 第一生命保険 695 68
43 花王 693 26
44 三井不動産 685 32
45 集英社 681 53
46 デンソー 671 39
46 ジェーシービー 671 78
48 オリックスグループ 658 51
49 ソニーミュージックグループ 622 48
50 凸版印刷 619 67
50 サイバーエージェント 619 60
52 キーエンス 610 50
53 三菱地所 607 41
54 西日本旅客鉄道 599 79
55 日本郵政グループ 585 24
56 NTTドコモ 565 47
57 電通 561 36
58 三菱電機 558 34
59 ホンダ 555 37
60 バンダイ 550 86
61 野村證券 545 44
61 関西電力 545 107
63 住友生命保険 542 128
64 カゴメ 536 72
65 三井住友信託銀行 524 105
66 NTT東日本 515 31
67 日本放送協会(NHK) 513 113
67 住友化学 513 76
69 大和証券グループ 503 84
70 りそなグループ 495 89
71 SCSK 489 104
72 三菱重工業 474 54
73 双日 469 66
73 ロッテ 469 80
75 日本郵船 457 93
76 川崎重工業 456 68
77 大日本印刷 447 87
78 あいおいニッセイ同和損害保険 445 171
79 ソフトバンクグループ 442 74
80 日清食品グループ 439 71
80 バンダイナムコエンターテインメント 439 95
82 村田製作所 432 75
83 グーグル 429 125
84 クボタ 427 153
85 日本アイ・ビー・エム 425 61
86 KADOKAWA 420 81
87 アビームコンサルティング 419 55
88 NTT西日本 405
89 みずほ証券 404
90 三菱ケミカル 398 144
91 森永乳業 397 65
92 日本製鉄 396
93 ベネッセコーポレーション 394 96
94 パソナグループ 391 46
95 小学館 388 100
96 ワコール 383 115
97 東急 381 136
98 任天堂 380 140
99 PwCコンサルティング 373 62
100 SMBC日興証券 369 151
101 清水建設 363 120
102 三井住友カード 360 146
103 キヤノン 357 49
104 島津製作所 356 73
105 デロイトトーマツコンサルティング 355 63
106 日本銀行 349
107 大成建設 348 116
108 AGC 346 129
109 第一三共 344 101
110 東京地下鉄(東京メトロ) 342 121
111 サッポロビール 337 98
112 阪急阪神ホールディングス 334 188
112 オリンパスグループ 334 76
114 京セラ 331 102
115 アサヒ飲料 330 132
116 東宝 329 148
116 東レ 329 145
118 アイシン精機 326 153
119 豊田自動織機 325 90
120 カネカ 323 117
121 森永製菓 320 107
122 アシックスグループ 315 199
122 アマゾンジャパン 315 83
124 オービック 314 178
125 TOTO 311 81
126 日本政策投資銀行 309 114
126 一条工務店 309
128 ジョンソン・エンド・ジョンソン 303
129 日本電気(NEC) 300
130 ライオン 299 70
131 中外製薬 297 163
131 商船三井 297 127
133 ファンケル 294
134 中部電力 288 161
134 ブラザー工業 288 135
136 日鉄ソリューションズ 285 129
137 日産自動車 283 92
138 タカラトミー 282 159
139 読売新聞社 281 91
140 伊藤忠テクノソリューションズ 277
140 セキスイハイムグループ 277 110
142 ユニ・チャーム 276 191
142 JXTGグループ 276 174
144 雪印メグミルク 275 183
145 三菱UFJ信託銀行 274 131
145 キユーピー 274
147 大林組 273 164
148 三井化学 270 155
149 朝日新聞社 269 124
150 山崎製パン 268
151 ヤクルト本社 267
152 鹿島建設 266 171
153 日本政策金融公庫 265 164
154 ANAエアポートサービス 264 88
155 キッコーマン 261 139
156 エイベックス 258 98
157 豊田通商 257 85
158 東芝 253
158 九州電力 253
158 KDDI 253 134
161 カネボウ化粧品 250 193
162 川崎汽船 247 171
162 JFEスチール 247
164 竹中工務店 246
164 ポニーキャニオン 246
164 エイチ・アイ・エス(HIS) 246 193
167 住友林業 244 182
167 ミズノ 244
169 大和ハウス工業 242 188
170 西日本鉄道 241 169
171 ヤマハ 240
171 JALスカイ 240 59
173 大塚製薬 236 147
173 Zホールディングス 236 97
175 マツダ 235 142
175 NTTデータ・アイ 235 112
177 日本ガイシ 233
178 コクヨ 232 149
179 日本テレビ放送網 231 136
180 テルモ 228
181 三菱UFJニコス 227
182 東急不動産 223 152
182 積水ハウス 223 181
184 森ビル 219 111
185 フジテレビジョン 217 156
186 協和キリン 215
187 ふくおかフィナンシャルグループ 208
188 長谷川香料 202
188 国際協力機構(JICA) 202
190 ブルボン 201 195
191 オムロン 198 106
192 良品計画 197 198
192 国際石油開発帝石 197
194 富士ゼロックス 196
194 ハウス食品 196 122
196 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 193
196 DMG森精機 193
198 九州旅客鉄道 191
198 ヤマハ発動機 191 164
200 野村不動産 190 184
200 日本旅行 190 143
200 ANAウイングス 190 179

■調査方法
就職情報サイト「キャリタス就活2021」会員のうち、調査対象大学に在籍する大学3年生及び修士1年生を対象に実施。インターネット上のアンケートで就職希望企業をデータベースから志望度順に最大10社(5位までは必須選択)まで選択してもらい、1位:10ポイント、2位:9ポイント、3位:8ポイント、4位:7ポイント、5位:6ポイント、6位:5ポイント、7位:4ポイント、8位:3ポイント、9位:2ポイント、10位:1ポイントとして換算。ポイント数によって就職希望企業ランキングを決定(学年は調査開始時点、企業名は2019年9月時点のもの)。

出典:「キャリタス就活2022」https://job.career-tasu.jp/2022/guide/study/ranking/1_1.html

 

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングTOP200について、傾向分析の結果は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 小渕

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析
  • 傾向分析①:損害保険の大手が急上昇
  • 傾向分析②:航空大手2社がランクイン
  • 傾向分析③:メーカーが全体的にランクダウン

それでは、2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析について、詳しく解説していきます。

ランキング結果の理由について知りたい方は、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析①:損害保険の大手が急上昇

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析1つ目は、「損害保険の大手が急上昇」です。

以下3つの損害保険企業が、総合ランキングTOP10入りしました。

  • 1位:東京海上日動火災保険(前年10位)
  • 2位:損害保険ジャパン(前年103位)
  • 4位:三井住友海上火災保険(前年30位)

 

損害保険ジャパンと三井住友海上火災保険は、ランキング圏外から人気が急上昇してランクイン。

例年にないほどの人気企業ぶりが伺えます。

損害保険企業の採用人数の多さや、比較的高い給料が人気の要因だと考えられます。

近年の災害の多さも、損害保険企業の人気を後押ししているのかもしれません。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析②:航空大手2社がランクイン

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析2つ目は、「航空大手2社がランクイン」です。

  • 5位:日本航空(前年9位)
  • 6位:全日本空輸(前年6位)

 

航空大手の日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、前年も総合ランキングTOP10入りしており、就活生からの人気が安定して高い企業です。

ソニーやサントリーグループ、トヨタ自動車といった人気メーカー各社を抑え、5位&6位にランクインしました。

コロナウィルスの影響が出始めた頃(~2020年3月中旬)までが調査期間のランキングなので、就活生からの人気には大きく影響しなかったと考えられます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析③:メーカーが全体的にランクダウン

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析3つ目は、「メーカーが全体的にランクダウン」です。

  • 7位:ソニー(前年12位)
  • 9位:サントリーグループ(前年4位)
  • 10位:トヨタ自動車(前年2位)

 

ソニーは12位から7位に順位を上げているものの、サントリーグループとトヨタ自動車は大きく順位を下げました。

人気ランキングTOP10圏外のメーカーについても、以下の通り、全体的にランクダウンしているのが印象的です。

  • 13位:資生堂(前年7位)
  • 18位:パナソニック(前年14位)
  • 22位:キリン(前年17位)
  • 24位:日立製作所(前年18位)

前年に比べ、安定志向の就活生が多いことが、人気企業ランキングの順位から伺えますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

2022年卒文系の就活生に人気の企業ランキングTOP10

2022年卒の就活生に人気の企業・文系ランキングTOP10は、次の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

1位 損害保険ジャパン
2位 東京海上日動火災保険
3位 三井住友海上火災保険
4位 伊藤忠商事
5位 日本航空
6位 全日本空輸
7位 三菱商事
8位 三菱UFJ銀行
9位 JTBグループ
10位 三井住友銀行

(参考:キャリタス就活2022 https://job.career-tasu.jp/2022/guide/study/ranking/1_2.html#anc)

2022年卒の就活生に人気の企業・文系ランキングTOP10について、傾向分析の結果は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 小渕

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析
  • 傾向分析①:損害保険大手3社が上位独占
  • 傾向分析②:商社・航空・メガバンクも根強い人気
  • 傾向分析③:JTBグループはランクダウン

それでは、2022年卒の就活生に人気の企業・文系ランキングの傾向分析について、詳しく解説していきます。

ランキング結果の理由について知りたい方は、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析①:損害保険大手3社が上位独占

2022年卒の就活生に人気の企業・文系ランキングの傾向分析1つ目は、「損害保険大手3社が上位独占」です。

以下3つの損害保険企業が、文系の人気企業ランキングTOP3を占める結果となりました。

  • 1位:損害保険ジャパン(前年72位)
  • 2位:東京海上日動火災保険(前年6位)
  • 3位:三井住友海上火災保険(前年14位)

 

損害保険ジャパンと三井住友海上火災保険は、前年の人気企業ランキングTOP10圏外からランクインです。

人気企業ランキングの1位から3位までを損害保険企業が独占するのは、異例のこと。

損害保険企業に対する人気は、2022年卒の文系就活生の、特に大きな特徴だと言えます。

損害保険ジャパンのランキング順位上昇の仕方が印象的ですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析②:商社・航空・メガバンクも根強い人気

2022年卒の就活生に人気の企業・文系ランキングの傾向分析2つ目は、「商社・航空・メガバンクも根強い人気」です。

商社・航空・メガバンクは、文系の就活生からの人気が根強く、4位~10位の高い順位を守っています。

【商社】

  • 4位:伊藤忠商事(前年1位)
  • 7位:三菱商事(前年2位)

 

【航空】

  • 5位:日本航空(前年7位)
  • 6位:全日本空輸(前年5位)

 

【メガバンク】

  • 8位:三菱UFJ銀行(前年4位)
  • 10位:三井住友銀行(前年18位)

商社・航空・メガバンクの安定した就活生人気を、損害保険企業が飛び超えていった構図です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析③:JTBグループはランクダウン

2022年卒の就活生に人気の企業・文系ランキングの傾向分析3つ目は、「JTBグループはランクダウン」です。

JTBグループは旅行大手の企業ですが、コロナウィルスの発生を受けてか、人気順位を下げる結果となりました。

  • 9位:JTBグループ(前年3位)
その他、旅行関連の競合企業の人気ランキング順位は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

  • 20位:楽天(前年16位)
  • 93位:エイチ・アイ・エス(前年100位圏外)
  • 100位圏外:KNT-CTホールディングス

旅行業界が人気というよりは、JTBグループの知名度の高さが、文系就活生の人気を集めているものと思われます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

2022年卒理系の就活生に人気の企業ランキングTOP10

2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングTOP10は、次の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

1位 ソニー
2位 トヨタ自動車
3位 パナソニック
4位 日立製作所
5位 旭化成グループ
6位 サントリーグループ
7位 資生堂
同率8位 デンソー
同率8位 NTTデータ
10位 野村総合研究所

(参考:キャリタス就活2022 https://job.career-tasu.jp/2022/guide/study/ranking/1_3.html#anc)

2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングTOP10について、傾向分析の結果は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 小渕

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析
  • 傾向分析①:上位4社は人気をキープ
  • 傾向分析②:メーカーが大人気
  • 傾向分析③:NTTデータが急浮上

それでは、2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングの傾向分析について、詳しく解説していきます。

ランキング結果の理由について知りたい方は、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析①:上位4社は人気をキープ

2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングの傾向分析1つ目は、「上位4社は人気をキープ」です。

理系の就活生人気企業ランキングは、1位~4位まで若干順位の入れ替わりはあったものの、企業の顔ぶれは変わりませんでした。

  • 1位:ソニー(前年2位)
  • 2位:トヨタ自動車(前年1位)
  • 3位:パナソニック(前年3位)
  • 4位:日立製作所(前年4位)

理系の就活生人気企業ランキング1位と2位のソニー、トヨタ自動車が順位を入れ替えたのみで、上位4社は安定した人気です。

高い技術力を持つ企業は、理系就活生からの人気が安定して高いですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析②:メーカーが大人気

2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングの傾向分析2つ目は、「メーカーが大人気」です。

文系に比べ、理系の就活生人気企業ランキングでは、ものづくり企業の人気が高い傾向にあります。

2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングTOP10の10企業中、上位8企業がメーカーでした。

  • 1位:ソニー(前年2位)
  • 2位:トヨタ自動車(前年1位)
  • 3位:パナソニック(前年3位)
  • 4位:日立製作所(前年4位)
  • 5位:旭化成グループ(前年18位)
  • 6位:サントリーグループ(前年5位)
  • 7位:資生堂(前年10位)
  • 同率8位:デンソー(前年12位)

理系は、技術・開発職を志望する就活生が多いことから、メーカー企業の人気が高いですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析③:NTTデータが急浮上

2022年卒の就活生に人気の企業・理系ランキングの傾向分析3つ目は、「NTTデータが急浮上」です。

NTTデータは、システム開発や情報処理サービス事業を展開しており、IT業界の中では、就活生からの人気が安定して高い企業です。

前年の調査ではランキング順位48位だったNTTデータですが、2022年卒の理系就活生にはとても人気で、一気に同率8位へ急浮上しました。

  • 同率8位:NTTデータ(前年48位)

事業の成長性や、福利厚生面の充実が、就活生からの人気を集めたと考えられます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【男子ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

2022年卒の就活生に人気の企業・男子ランキングTOP10は、次の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

1位 伊藤忠商事
2位 ソニー
3位 損害保険ジャパン
4位 トヨタ自動車
5位 東京海上日動火災保険
6位 三菱商事
7位 東日本旅客鉄道
8位 三井住友海上火災保険
9位 三菱UFJ銀行
10位 日立製作所

(参考:キャリタス就活2022 https://job.career-tasu.jp/2022/guide/study/ranking/1_4.html#anc)

2022年卒の就活生に人気の企業・男子ランキングTOP10について、傾向分析の結果は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 小渕

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析
  • 傾向分析①:損害保険大手3社が急浮上
  • 傾向分析②:伊藤忠商事が1位にランクアップ
  • 傾向分析③:金融・メーカー・商社が人気

それでは、2022年卒の就活生に人気の企業・男子ランキングの傾向分析について、詳しく解説していきます。

ランキング結果の理由について知りたい方は、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析①:損害保険大手3社が急浮上

2022年卒の就活生に人気の企業・男子ランキングの傾向分析の1つ目は、「損害保険大手3社が急浮上」です。

前年の就活生男子の人気企業ランキングでは、TOP10内に損害保険企業は入っていませんでした。

ところが、2022年卒の就活生男子の人気企業ランキングでは、以下の損害保険大手3社が急浮上しています。

  • 3位:損害保険ジャパン(前年95位)
  • 5位:東京海上日動火災保険(前年18位)
  • 8位:三井住友海上火災保険(前年39位)

2022年卒の就活生全体の傾向として、損害保険企業の人気が上昇しています。

就活生男子の人気企業ランキングにも、損害保険企業人気の傾向が表れています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析②:伊藤忠商事が1位にランクアップ

2022年卒の就活生に人気の企業・男子ランキングの傾向分析の2つ目は、「伊藤忠商事が1位にランクアップ」です。

前年は人気ランキング2位だった伊藤忠商事が1位にランクアップしました。

就活生男子の間では、大手商社が高い人気を獲得しており、三菱商事も人気ランキング6位の結果でした。

  • 1位:伊藤忠商事(前年2位)
  • 6位:三菱商事(前年3位)

伊藤忠商事は、5大商社の中でも、繊維・食品・機械などの非資源分野に強い商社です。

ここ数年の安定した経営と、今後の商社業界の「資源 ⇒ 非資源転換」の流れを踏まえての人気だと考えられます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析③:金融・メーカー・商社が人気

2022年卒の就活生に人気の企業・男子ランキングの傾向分析の3つ目は、「金融・メーカー・商社が人気」です。

2022年卒男子就活生の人気企業ランキングTOP10において、金融・メーカー・商社企業は10社中9社を占めています。

【金融4社】

  • 3位:損害保険ジャパン(前年95位)
  • 5位:東京海上日動火災保険(前年18位)
  • 8位:三井住友海上火災保険(前年39位)
  • 9位:三菱UFJ銀行(前年4位)

 

【メーカー3社】

  • 2位:ソニー(前年5位)
  • 4位:トヨタ自動車(前年1位)
  • 10位:日立製作所(前年8位)

 

【商社2社】

  • 1位:伊藤忠商事(前年2位)
  • 6位:三菱商事(前年3位)

前年の人気企業ランキングを見ても、男子就活生の間では、金融・メーカー・商社企業に人気が集中しやすい傾向があります。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【女子ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

2022年卒の就活生に人気の企業・女子ランキングTOP10は、次の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

1位 東京海上日動火災保険
2位 損害保険ジャパン
3位 資生堂
4位 日本航空
5位 全日本空輸
6位 三井住友海上火災保険
7位 JTBグループ
8位 伊藤忠商事
9位 サントリーグループ
10位 コーセー

(参考:キャリタス就活2022 https://job.career-tasu.jp/2022/guide/study/ranking/1_5.html#anc)

2022年卒の就活生に人気の企業・女子ランキングTOP10について、傾向分析の結果は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 小渕

2022年卒の就活生に人気の企業・総合ランキングの傾向分析
  • 傾向分析①:損害保険大手3社が上昇
  • 傾向分析②:航空2社は根強い人気
  • 傾向分析③:化粧品メーカー2社がランクイン

それでは、2022年卒の就活生に人気の企業・女子ランキングの傾向分析について、詳しく解説していきます。

ランキング結果の理由について知りたい方は、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析①:損害保険大手3社が上昇

2022年卒の就活生に人気の企業・女子ランキングの傾向分析1つ目は、「損害保険大手3社が上昇」です。

特に損害保険ジャパンは人気上昇が激しく、前年は100位圏外だったところ、2022年卒女子の就活生人気ランキングでは2位まで急上昇しています。

  • 1位:東京海上日動火災保険(前年9位)
  • 2位:損害保険ジャパン(前年100位圏外)
  • 3位:三井住友海上火災保険(前年27位)

人気企業ランキング1位の東京海上日動火災保険と、2位の損害保険ジャパンの人気は僅差でした。

東京海上日動火災保険は前年もTOP10入りしていることを考えると、損害保険ジャパンの人気上昇率はすさまじいですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析②:航空2社は根強い人気

2022年卒の就活生に人気の企業・女子ランキングの傾向分析2つ目は、「航空2社は根強い人気」です。

以下の通り、2022年卒の女子就活生の人気企業ランキングでは、航空大手2社は安定した人気を獲得しています。

  • 4位:日本航空(前年4位)
  • 5位:全日本空輸(前年3位)

世界各地を航空機で飛び回る、客室乗務員の仕事に憧れる女子就活生は多いようです。

男子の人気企業ランキングTOP10に航空業界の企業は入っていないので、男子と女子の傾向の違いが明らかですよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

傾向分析③:化粧品メーカー2社がランクイン

2022年卒の就活生に人気の企業・女子ランキングの傾向分析1つ目は、「化粧品メーカー2社がランクイン」です。

以下の通り、2022年卒の女子就活生の人気企業ランキングでは、化粧品メーカー2社がランクインしました。

人気企業ランキング3位の資生堂は前年度も1位を獲得しており安定した人気です。

10位のコーセーは、前年22位から大きく躍進し、2022卒の女子就活生の間で特別人気の高いことが伺えます。

  • 3位:資生堂(前年1位)
  • 10位:コーセー(前年22位)

化粧品メーカーは、日頃から製品を使う機会の多い女子就活生にとって身近な存在。

企業の知名度の高さが、就活生からの人気を後押ししている印象です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活生から人気を集めやすい企業の5つの特徴

就活生くん

「就活生に人気の企業ランキング」を見ていると、就活生からの人気の高い企業には共通点がある気がしますね。

就活生ちゃん

ランキングのTOP10に入っているのは、どれも名前を知っている企業ですし、すんなり納得できる人気ランキング結果でした。

就活生くんの言う通り、就活生からの人気の高い企業には共通点があります。

そこで、就活生から人気を集めやすい企業の5つの特徴を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生から人気を集めやすい企業の5つの特徴
  • 特徴①:大企業
  • 特徴②:有名企業
  • 特徴③:給料・待遇が良い
  • 特徴④:安定性がある
  • 特徴⑤:技術力が高い

それでは、就活生から人気を集めやすい企業の5つの特徴について、ひとつずつ詳しく解説していきます。

就活生からの人気の高い企業は、優良企業が多い反面、選考での競争率が高くなりやすいので、注意が必要です。

就活生のみんながどんな企業に注目しているのか知り、企業選びの参考にしたい就活生の方は、ぜひ続きを読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴①:大企業

就活生から人気を集めやすい企業の特徴1つ目は、「大企業」です。

大企業の定義は色々ありますが、目安としては、従業員数300人以上の規模の大きい企業を指します。

大企業は、経営が安定している・給料や福利厚生が好条件であるという特徴を持つ場合が多いです。

「大企業に就職するメリットは大きい」と考える就活生は多いため、大企業は就活生から高い人気を獲得しています。

大企業の正社員という肩書は、社会的信用が高いという点も見逃せませんよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴②:有名企業

就活生から人気を集めやすい企業の特徴2つ目は、「有名企業」です。

就活生からの知名度の高い有名企業は、名前が知れている分、人気を集めやすい傾向にあります。

テレビCMなどの広告を打っている企業や、BtoC(消費者向け)の製品を扱う企業は、就活生からの人気も高くなりがち。

当然、有名企業は、選考における競争率も高いです。

有名企業かどうかよりも、自分の価値観に合う企業を狙う方が、就活は成功しやすくなりますよ。

就活を成功させたいなら、有名企業ばかりにエントリーすることはおすすめできません。

自分の価値観に合う企業を探す方法は、以下の記事で詳しく解説しているので読んで参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴③:給料・待遇が良い

就活生から人気を集めやすい企業の特徴3つ目は、「給料・待遇が良い」です。

企業の給料や福利厚生などの待遇は、企業の採用ページ・四季報・ネット検索などで簡単に調べられるため、給料・待遇の良い企業には人気が集中しやすいです。

給料・待遇の良さは、仕事のやりがいと同じくらい、モチベーションの維持に関わる大切な要素。

給料・待遇の良さを重要視する就活生が多いのも、うなずけますね。

特に商社やメガバンクは、給料の高さから、就活生の人気を集めやすい傾向にあるようです。

平均年収が高い業界ランキングTOP64について、以下の記事で詳しく紹介しています。

給料・待遇の良さを重視したい就活生の方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴④:安定性がある

就活生から人気を集めやすい企業の特徴4つ目は、「安定性がある」です。

リーマンショックや東日本大震災、コロナウィルスのような、マイナス要因の影響があっても経営破綻することなく、雇用人数も安定している企業は、就活生からの人気が高いです。

人気企業ランキングの順位を見ると、2022年卒の就活生は、特に安定志向が強いことが伺えます。

2022年卒の就活生の人気企業ランキングで、損害保険企業の人気が急上昇しているのは、損害保険企業の「安定雇用」が一因となっていると見られます。

せっかく就活をするのであれば、安心して長く勤められる、安定性のある企業に就職したいですよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴⑤:技術力が高い

就活生から人気を集めやすい企業の特徴5つ目は、「技術力が高い」です。

ソニーやトヨタ自動車など、技術力が高く、世界を市場にものづくりをしている企業は、就活生から根強い人気を集めています。

特に理系の就活生の人気企業ランキングには、理系の就活生が、企業の技術力の高さを重視している傾向が反映されていました。

2022年卒の就活生の人気企業ランキング全体では、メーカーの人気順位は若干下がった印象ではありますが、高い技術を持った企業の人気は高いままであることが読み取れます。

「高い技術を持つ企業で、開発の仕事がしたい」と考える理系の就活生が多いようです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活生に人気の有名企業に入社するためにやるべきこと3つ

就活生くん

僕も就活生に人気のある大企業・有名企業に入りたいです!
どうすれば入れるんですか?

人気のある有名企業や大企業に入社するためにやるべきことは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生に人気の有名企業に入社するためにやるべきこと

それぞれこれらがなぜ大切なのかなどについて詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

やるべきこと①:徹底して自己分析する

就活生に人気の有名企業に入社するためにやるべきこと1つ目は、「徹底した自己分析」です。

人気企業の内定を得るには、自己分析を徹底して行わないと、うまくアピールできず、他の就活生に負けてしまうからです。

就活生に人気の有名企業に内定する就活生は、自分の強み・弱み、志望動機などをしっかり言える人が多いです。

そういう就活生に勝つにはやはり、徹底した自己分析が必要であると言えます。

徹底した自己分析をするには、客観的に自分を分析する必要があります。

例えば自己分析ツールキミスカ適性検査」では、150の質問に答えるだけで、41観点の診断結果で、強みや職務適性など自己分析してくれます。

無料で数分で診断してくれるのでぜひ一度使ってみてください。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

「他の自己分析のやり方を知りたい」就活生は、以下の記事で自己分析のやり方や自己分析ツールおすすめ一覧を紹介しているので合わせて読んでみてください。

 

やるべきこと②:徹底した企業研究

就活生に人気の有名企業に入社するためにやるべきこと2つ目は、「徹底した企業研究」です。

企業研究をしておかないと、会社のことについて質問された時に答えられず、志望度が低いと思われてしまうからです。

就活生に人気の有名大企業を内定する人は、ほとんどの人がしっかり企業分析を行っています。

面接で何を聞かれても、自信を持って全ての質問に答えられるようにしておきましょう。

企業研究・企業選びにはスカウトサイトOfferBox(オファーボックス)」を活用するのがおすすめです。

あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業を選べます。

就活生人気No.1の「OfferBox」を使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

「企業研究のやり方について詳しく知りたい」就活生は、以下の記事で企業研究のやり方や役立つおすすめサイト一覧を紹介しているので合わせて読んでみてください。

 

やるべきこと③:入社したい企業にOB訪問をする

就活生に人気の有名企業に入社するためにやるべきこと3つ目は、「入社したい企業にOB訪問をする」です。

OB訪問をすることによって、実際の会社説明会や面接では聞きづらい給料や休暇などの情報を知ることができるため、働くイメージが湧きやすいからです。

他にも入社したい人気企業のOB/OGが、ES添削や面接対策などをしてくれます。

働くイメージをつけるのにOB訪問は最適なので、OB訪問はした方がいいですよ。

例えば「ビズリーチ・キャンパス」では、日本を代表する有名企業で働く社員に、オンラインでOB訪問できます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

「OB訪問について詳しく知りたい」就活生は、以下の記事でOB訪問のやり方や役立つおすすめサイト一覧を紹介しているので合わせて読んでみてください。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

まとめ:就活生からの人気ランキングも参考に企業選びをしよう

2022年卒の就活生の間では、損害保険企業の人気が急上昇していることが伺える、ランキング結果でした。

就活生からの人気企業ランキングの結果も参考にしながら、エントリーする企業を選んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:【傾向分析】2022卒 就活生に人気の企業ランキングTOP10

◆2022年卒 | 就活生に人気の企業ランキングの傾向 ⇒ 損害保険大手が急上昇

 

◆【総合ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

  • 傾向分析①:損害保険の大手が急上昇
  • 傾向分析②:航空大手2社がランクイン
  • 傾向分析③:メーカーが全体的にランクダウン

 

◆【文系ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

  • 傾向分析①:損害保険大手3社が上位独占
  • 傾向分析②:商社・航空・メガバンクも根強い人気
  • 傾向分析③:JTBグループはランクダウン

 

◆【理系ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

  • 傾向分析①:上位4社は人気をキープ
  • 傾向分析②:メーカーが大人気
  • 傾向分析③:NTTデータが急浮上

 

◆【男子ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

  • 傾向分析①:損害保険大手3社が急浮上
  • 傾向分析②:伊藤忠商事が1位にランクアップ
  • 傾向分析③:金融・メーカー・商社が人気

 

◆【女子ランキング】2022年卒の就活生に人気の企業TOP10

  • 傾向分析①:損害保険大手3社が上昇
  • 傾向分析②:航空2社は根強い人気
  • 傾向分析③:化粧品メーカー2社がランクイン

 

◆就活生から人気を集めやすい企業の5つの特徴

  • 特徴①:大企業
  • 特徴②:有名企業
  • 特徴③:給料・待遇が良い
  • 特徴④:安定性がある
  • 特徴⑤:技術力が高い

 

就活生に人気の有名企業に入社するためにやるべきこと3つ

  • やるべきこと①:徹底して自己分析する
  • やるべきこと②:徹底した企業研究
  • やるべきこと③:入社したい企業にOB訪問をする

 

◆就活生からの人気ランキングも参考に企業選びをしよう

 

「就活の教科書」では、色々な視点から企業のランキングを解説する記事もたくさん紹介しています。

他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【特徴別】就活生に人気の企業ランキング

strong>就活生におすすめの人気企業ランキングを特徴別に一覧でまとめています。

気になった企業ランキングの記事をチェックして、企業選びの参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー

新着記事